« ハルジオン -道端の草花- | トップページ | この道は »

2006/05/19

キンメツゲの生垣

生垣によく使われている「キンメツゲ」の新芽の色が、今年はことのほか美しく
あちこちで目を引きました。 
(「キンメツゲ」というのは、おそらく「イヌツゲ」の園芸種のひとつの流通名ではないかと 
 思いますが、確かなところは知りません。)

060509kinmetuge 060509kinmetuge_up

小さな写真、それも曇り空の下でのもので、ちゃんと美しさをお伝えできませんが、
通常濃い緑色(深緑色?)をしている生垣がいっせいに芽吹いたとき、
表面を覆ったのは白っぽい黄緑色の新芽だったのです。明るい色に包まれた生垣は
それまでとはガラリと様相を変え、初々しく明るく輝きを放っているかのようでした。
この明るい黄緑色とも黄色ともいえる新芽の色を金色とみなし「キンメツゲ」と 
呼ぶようです。    (金芽米じゃぁなくってよ ^^;)

イヌツゲの生垣は、もう何年も見ているのに、こんなに新芽が美しかったのは初めて
のような気がします。散歩途中に見かけるどのイヌツゲの生垣もみな美しいのです。
気象の関係なのか、それとも単に私が気付かなかっただけなのかは謎です。 

|

« ハルジオン -道端の草花- | トップページ | この道は »

コメント

キンメツゲというのですか。
最近どこかの生垣でみたような記憶があります。
金色に輝く日差しがほしいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/05/19 11:16

キンメツゲですか。こちらでも時々見かけます。
あっ、花が咲いていると思って近寄ると葉っぱだけで
ちょっとがっかりしたりします(^^;)
生け垣のカナメモチ(レッドロビン)の赤が目立つ中で
この色は新鮮です。これから流行するかもね。

投稿: 平家蟹 | 2006/05/19 11:53

ポージィさん、こんにちは。
キンメツゲ、我が家の庭の垣根に使っています。
通院日、外にでてお天気のいい日にみてみますね。

5/21はお誕生日でしたね。
また誕生花を持ってお祝いに来ますね。

投稿: 未歩 | 2006/05/19 12:44

クシの材料となるツゲとはまた違う種類なんですよね。
なんでイヌなんて名前を付けるのかなぁ。
犬は猫以上に人の役に立つのにね。古代中国の影響かなぁ。
キンメツゲという名前のほうが断然いい!
この生け垣はうちの近所にもあります。小さな白い花を咲かしますよね。

投稿: あまもり | 2006/05/19 19:58

★コメントありがとうございます★


◆横浜のおーちゃんさん ♪

こういう生垣、結構あちこちにあると思いますよ。
って、うちの近くがたまたま多いのかしら?

正しくは「イヌツゲ」かもしれませんが、ネットで調べていたら
「キンメツゲ」にであって、これだ!と思いました。
この春の新芽の美しさは、まさに金芽と呼ぶに相応しかったですから(^^)


◆平家蟹さん ♪

そちらにも多いですか?
>あっ、花が咲いていると思って近寄ると…

そうそう、そうなんですよね。遠目にはぱぁっと白っぽく輝いて見えて
一面に花が咲いているように見えます(^^)

おや?レッドロビンはもっと多いのですね。赤い葉っぱ達の隣では
さぞかし映えるでしょうね!


◆未歩さん ♪

おおっ、未歩さんのお宅はキンメツゲの生垣でしたか(^^)
こちらでは明るかった新芽の色がだいぶ緑色に色づいてきましたが、
未歩さんのお宅のはどうでしょう。通院の日、ぜひお確かめください。

はい、いつの間にか明後日に迫ってました。
加齢による変化が気になるようになって幾年(^^;)それでもおめでとうと
言っていただくのはやっぱりうれしいものですね。ありがとうございます。


◆あまもりさん ♪

櫛の材料になるツゲに似ているけど、そんな風に役には経たないよ、
っていうんで「イヌ」ツゲなのだそうで…(^^;)
変ですよね~犬や猫をはじめ家畜は古くから人間の傍にいておおいに
役立っていたというのに、どうしてこうも卑下する言葉として
使われるんだか…
それに、イヌツゲだって櫛にはならないかもしれないけれど立派に
生垣として役立っているのに~~変だ変だ!

ご近所にもあるんですね。そうでうそうです、小さな花を咲かせますね。
もう、小さな粒のような蕾がついてます(^^)

投稿: ポージィ | 2006/05/19 21:57

キンメツゲという名前なんですか、初めて知りました。
私も花だと喜び勇んで駆けつけた口です(笑)。
きれいですよね。
美味しそうにも見えました。
もちろん、食べてませんよ~

投稿: goro's | 2006/05/20 03:05

我が家はイヌツゲをまぁるく刈り込んでるのが幾つか有ります。
私も今年、えらい新芽がキレイやなぁって思ってました。
雨が多かったせいでしょうかね?
めっちゃ小さい花と黒い実をつけるんですよね。
うちのは毎年すごい数の実をつけるんですよ。
植木屋さんが実を取ってやらないと木が枯れるなんて言うけど、何て事無く元気に育ってます。

投稿: ちょびママ | 2006/05/20 08:01

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

「キンメツゲ」なる名前、私も今年初めて知りました。
今年こんなに新芽が綺麗じゃなかったら、まだ知らずにいたと思いますよ。

やっぱりね~悟郎さんも駆けつけられましたか。小さな花が満開かと
思っちゃいますよね(^^;)
美味しそうといえば、私はツヤツヤの若葉はみんな美味しそうに見えます~
(いえいえ、口には入れてませんヨ)


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

イヌツゲって、刈り込みがきくんですよね。時には動物の形のを
見かけたりします。鶴とか…(^^;)
ちょびママさんのお宅のは、こんもりまぁるくなんですね。
やっぱり今年は新芽が綺麗でした? 雨や雲の多さのせいかもしれませんねぇ。
そうそう、ちぃちゃい花とまん丸の黒い実。へぇ、植木屋さんが心配するほど
たくさんの実がなるんですか。生命力あふれてるって感じですね!

投稿: ポージィ | 2006/05/20 13:54

キンメツゲ、イヌツゲなどなど、やはり実物見ないと感触がよく分からないです。いずれにしても、ツゲという名前がついているということは、要するにツゲの木ですね。(自分で何を言っているのか分かりません)我が家にあるのはタマツゲとか言っていますが、正しいのかどうですか?

投稿: 茂彦 | 2006/05/20 22:23

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

茂彦さんのお宅にはタマツゲがあるんですか?
葉っぱが丸く膨らんで(反り返って)いるものは「マメイヌツゲ」で、
一般に「タマツゲ」とか「マメツゲ」と呼ばれているそうですよ。
「イヌツゲ」はこの、葉の丸い反り返りがありません。

櫛の原料になる「ツゲ(本ツゲ)」は、ツゲ科ツゲ属なのに対して、
「イヌツゲ」「マメイヌツゲ」はモチノキ科ツゲ属だそうですよ。

あ~~ややこしい~ 私は「本ツゲ」は見たことがないです。

投稿: ポージィ | 2006/05/21 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10110675

この記事へのトラックバック一覧です: キンメツゲの生垣:

« ハルジオン -道端の草花- | トップページ | この道は »