« ユキノシタ(雪の下) | トップページ | 夢か幻か »

2006/05/23

蜜柑の花が咲いている

道を歩いていて、ふと鼻先をくすぐるフルーティーな甘い香りに気付きました。
『ん?何か咲いてる?』と辺りを見回して見つけたのは蜜柑の白い花。
まあるい形に葉を繁らせた2mほどの高さの木に蕾がたくさん付き、そのうちの数輪が
咲き始めて甘い香りを放っていたのでした。

060517mikan_tubomi 060517mikan

5/17に撮影した蕾と開いた花です。これは造園屋さんのストック場のものです。
大ぶりのオレンジ色がかった黄色の実が長く生っていたことを覚えています。 
でも、私には「甘夏」とか「だいだい」などの見わけができません。
 
よくご存知の方、この写真でお分かりになりましたら、なに蜜柑の花か教えてください。
わずか数輪咲いているだけで、とてもよい香りが漂っていましたよ。 

|

« ユキノシタ(雪の下) | トップページ | 夢か幻か »

コメント

さて、何のみかんの花でしょう? 見分けるのは難しい。

うちの「温州みかん」の花も今咲いていますけど、全く同じに見えます。めしべの根っこに小さな丸い玉が出来ています。
今年も甘いみかんになって欲しいです。

投稿: 夢閑人 | 2006/05/23 12:21

内の近所にも咲いています。
やはり種類が分かりません。実のときに覚えておけばよいのですが、実の区別もあやふやな私です。
ユズやシシユズもありますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/05/23 13:16

つい最近、ゆずの突然変異からできたと言われている日向夏の花を見ましたが、同じように見えます。
ミカンの花はどれもこれも同じようで、私には違いがわかりません(>_<)
ちなみに日向夏の画像のアップはこれ↓
http://www.geocities.jp/suipote/_gl_images_/hana-sakuranbo-2_022-hanbun.JPG
Myblogで常連さんのスイポテさんのブログです。

投稿: あまもり | 2006/05/23 13:42

み~かん~のはぁなぁが~~♪と
思わず歌いたくなりました^^
って、この唄を知っているのはかなり・・ですか?
どんな香りなんでしょうね~

夫の郷里は長崎のみかんの産地です
親戚もみかんや枇杷を作っているんですよ
でも、行くのはいつも夏休みなので
みかんの花はみたことがありません

投稿: glenn | 2006/05/23 18:27

蜜柑の花が咲いている・・という歌は今頃作詞されたんですね。
あちこちで夏みかん(私は一把一絡げにこう呼んでしまいます)がたくさん生っていたので明日でも花が咲いているか見てみましょう。
夢閑人さんが仰るには温州みかんも同じだそうですね。

そうそう、ユキノシタの花がいっぱい咲いていました。
ということでまたまた新しいお花の紹介ありがとうございます。

投稿: tona | 2006/05/23 18:56

★コメントありがとうございます★


◆夢閑人さん ♪

見分けるの難しいですね。手持ちの図鑑にも何種類かみかんの花が
載っていたのですがみんな同じに見えてしまって…(^^;)
この写真の木は温州みかんじゃないことは確かですが。

夢閑人さんのお宅には、なんと温州みかんまであるんですか!
いいですねぇ、自家製の温州みかんなんて。
甘い美味しい実がたくさん生りますように☆


◆横浜のおーちゃんさん ♪

そちらでも咲いていますか。やっぱり花では見分けが…(^^;)
いえいえ、私も実の見分けもダメです。庭などに植えられているものは、
夏蜜柑・八朔・甘夏・橙あたりが一般的でしょうけれど、さっぱり。
ユズやシシユズも、実はわかっても花となるとさっぱりダメです~


◆あまもりさん ♪

蜜柑たちの花はホントよく似ていますね。写真を見比べても違いがわかりません~

スイポテさんの日向夏のお花をご紹介くださってありがとうございました。
拝見したところ…う、これも似てますぅ。
でも、長いことぶら下がっていた実は日向夏ではなさそう。
橙か甘夏か夏蜜柑のどれかじゃなかろうかと思うのですが。
枝に棘があったら橙といえそうですが、それは未確認なんです(^^;)


◆glennさん ♪

「み~かん~のはぁなぁが~~さぁいて~いる~♪」
もうもう、蜜柑の花を発見した日から頭の中で鳴り続けていますぅ。
甘いけれどやはりシトラス系といいますか、フルーティーな味わいの
感じられるいい香りでした。
ご近所に植えていらっしゃるお宅があると、ちょうど今頃が花期なのですが。

ご主人様の故郷は、なんとなんと長崎の蜜柑産地ですか!
歌の舞台になったような蜜柑畑の丘が広がっているのでしょうか。
いつか、花の咲くころの帰郷もおできになるといいですね。


◆tonaさん ♪

「みかんの花咲く丘♪」の歌詞が作られたのは、初夏の今頃なのでしょうね!
tonaさんの見かけられた「夏みかん」の木にもきっと花が咲いていますね。
見に行かれたら、素適な香りもかいできてください。

日本で栽培されている柑橘類、みんなよく似た花を付けるみたいです。
蜜柑農家さんは花を見ただけでちゃんと見分けられるのでしょうね…

ユキノシタがたくさん咲いているの、ご確認なされたのですね。
たくさん群生しているところ、私も見てみたいです。

投稿: ポージィ | 2006/05/23 21:49

こちらでも咲き出してますよ。
柑橘系の花、どれもよく似てますね。
ご先祖さまが皆同じということなんでしょうかね。

>大ぶりのオレンジ色がかった黄色の実が長く生っていたことを覚えています。
 
という記事を手掛かりにしますと、夏蜜柑か甘夏でしょうね。
関東地方でよく見かけるのは、まず夏蜜柑です。
甘夏はフルネームを甘夏蜜柑といい(ほんとかよ)、夏蜜柑の改良種ですから、ほぼ夏蜜柑と同じです(乱暴)。
橙は実の色が、黄色というより、オレンジそのものですから。
それにある程度熟れちゃうと、落果してしまうと思うんですがね。
記憶だけを頼りに、勝手なことを書いてます。
この冬の実で、確認したいですね。

投稿: goro's | 2006/05/24 02:19

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そちらでも咲いているんですね。
ご先祖様が同じ…私もそう思いました。日本で栽培されている柑橘類は、
元をたどればみんなカラタチなのさー、とそれこそ乱暴なことを
考えてました(^^;)

悟郎さんの説、乱暴ですか?でも、その説にかなり傾いています~(^^)
うん、きっと夏蜜柑だヮ! エヘ

投稿: ポージィ | 2006/05/24 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10185797

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜柑の花が咲いている:

« ユキノシタ(雪の下) | トップページ | 夢か幻か »