« 御柳梅(ギョリュウバイ) | トップページ | クレマチス 花と実 »

2006/06/06

ブラシノキ(キンポウジュ:金宝樹)

おなじみ、散歩コース途中にある造園屋さんストック場で、ブラシノキが満開を
迎えているのを見つけ、道よりちょっと引っ込んでいるのですが、ちょっと失敬して
踏み込んで近くまで見に行ってきてしまいました。
 
060531burasinoki 近づいてみたところ、 
 あらら ブラシノキの花は
 蜜が多いのでしょうか。
 ミツバチは多数ぶんぶん飛び交い 
 あっちの花こっちの花には
 ハナムグリたちがもぐりこんで
 一心不乱に蜜を(花粉を?)舐めて
 いる模様。
 
←潜って行くコアオハナムグリ 
 
060531burasinoki_tubomiオーストラリア原産・フトモモ科 
昨日アップのギョリュウバイと 
原産地も科も同じ、仲間ですね。 
 
ブラシの毛のようなものは
オシベの花糸(かし)で、花びらや萼は 
開花後すぐに落ちてしまうそうです。
 
             こちらは蕾→

|

« 御柳梅(ギョリュウバイ) | トップページ | クレマチス 花と実 »

コメント

ポージィさん こんにちは~

家の方でもブラシの木、満開を迎えてます
遠くから見て、何だろう、あの真っ赤な花は・・・と
思いましたら、ブラシが沢山(笑)
蕾は見たことがないので、貴重な写真です

投稿: glenn | 2006/06/06 11:47

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
真っ赤で遠くからでもよく目を引きますよね。
で、近づいてみると、たくさんのブラシが枝に引っ掛かってる!?

蕾をご覧になるの初めてでしたか。
実は私はこの蕾、ちょっと苦手の部類です~。
glennさんもこの手は苦手かなーと思いましたが、大丈夫でした?
小さい写真なので大丈夫だったかなー

投稿: ポージィ | 2006/06/06 13:41

葉っぱがユーカリに似てますね。やっぱりオーストラリアだから?

えーっと、ブラシノキでなんか言わないといけないんでしたね。

ブラシの木
  赤く染めたる
    コアラの歯

おそまつでしたー

投稿: LiLA管理人 | 2006/06/06 14:08

よく蕾のところまで近づかれましたね。
私が初めてブラシノキを知ったのは、去年の今ごろ境川の近く七ッ木神社あたりでした。
今年はあちこちで気づくようになりました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/06/06 16:27

ブラシノキ、この前お店に入ってきて水遣りをしたところ、水がぜんぜん土にしみこんでいかず、鉢からあふれ出るんです。
土がちょっと違うみたいで軽いし…。
「なんだこれ?」って思ってるあいだに1週間位で花はパラパラと散り始め、売れずに処分価格品になりました。
ポージィさんが見たブラシノキの土はどんなでした?
土なんかみてないですよね。

投稿: てる | 2006/06/06 16:33

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

そうですね、ちょっとユーカリ似 と思ったら、
ユーカリもフトモモ科でしたよ。属は違いますけれど。

次回に期待してます、なんて書いたもんだから苦しめてしまったかしら?
ごめんなさい~~。 (でも楽しいんですもん)

>ブラシの木 赤く染めたる コアラの歯

「はぁ~?」なんちゃって。(^o^)
ユーカリのお食事したコアラが歯磨きしたんですか?
染まると同時に、歯の間にいっぱい挟まっちゃいそうですよん。


◆横浜のおーちゃんさん、ありがとうございます ♪

このブラシノキ、まだ小さくて2mくらいだったんです。それで花も蕾も
目の前で見ることができました。ラッキー♪

あらら 七つ木神社の近くにブラシノキありましたっけ?
思い出せないです~。見たら、これねーって分かるかもしれませんね。
私は赤いブラシノキはちょこちょこ見かけますが、白にはまだ会ってません。


◆てるさん、ありがとうございます ♪

普通のお花屋さんでブラシノキの鉢植えを売ることもあるんだね。
真っ赤に綺麗に咲き誇る期間はちょっと短めだから、売り捌きが
難しそう。
その鉢植え、どうして水を吸い込まなかったんだろう??
うちにある鉢物は、根が思いっきり回ると水が沁み込み難くなるように
感じるけど、それも同じ状況だったのかなぁ。
土が軽かったのは水が全然沁み込まなくて乾ききっていたからとか…?
鉢の土に棒みたいなもの刺そうとして刺さらなかったら、かなり
根が回っているかもよー。
水が全然やれないんじゃ枯れちゃうね。

私が見たこのブラシノキは地植えなのよ。造園屋さんが地面に苗木を植えて
ストックしている場所のものなの。だから土は普通の畑みたいな土(^^;ゞ

投稿: ポージィ | 2006/06/06 21:33

あのブラシの毛のようなものは雄しべだったんですか。ふむ~。花弁はいずこへ。
雄しべが長くたくさんある花、ビヨウヤナギを今日見てきました。こちらは花弁を無視していませんけどね。
はぁ、ブラシの蕾がきらい・・・・ということはトウモロコシも苦手?

投稿: あまもり | 2006/06/06 22:09

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

いま、あまもりさんのハナショウブを拝見してきたところです。
コメントは後日書かせていただきますね。

ブラシノキの花弁、私も見たことないんですよ。写真を撮った時点では
咲いてすぐに落ちちゃうなんて知りもしなかったし(^^;)、
ハナムグリとハチに気をとられてましたし…ろくすっぽ観察しませんでした。

うんうん、ビヨウヤナギもおしべが長いですね。花弁も大きくしっかり
主張してます(^^)

この蕾、蛙の卵がぶつぶつとくっついているように見えません?
基本的に小さなぶつぶつがびっしりというのが苦手なんですよ…
でも、何でもかんでもだめかというとそうでもなくて、とうもろこしは大好き、
ブロッコリーだって大好き、でも子持ち昆布はダメ、ってな感じで
もうひとつ何か条件があるんでしょうね。蛙の卵は大丈夫なものもあります。
葉裏にびっしり産みつけられた虫の卵とか、ずらりと並んだ毛虫の幼虫
などを見てしまったら、しばらく背中のゾワゾワが続きます~。
ブラシノキの蕾はちょっと苦手系だけど大丈夫な方です(^_^)

投稿: ポージィ | 2006/06/06 22:28

コアオハナムグリですか?一心不乱に潜ってますね。
余程おいしいものがあるんでしょうね。
こちらでもブラシノキ咲いてます。終ったものもあります。
このあとも何番花か、咲かせてくれるものもあります。
白花を見つけるぞと意気込んでいたのですが、出会えませんでした(泣)。
今年も駄目だったか・・・残念!

投稿: goro's | 2006/06/07 01:01

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

あ、実を言うとハナムグリの名前はちょっと自信がないんです(^^;)
濃いメタリックグリーンに白い斑点があるハナムグリでしたよ。
ハナムグリの成虫は花粉や蜜を食べるそうです。

白花のブラシノキを探していらしたのに、見つかりませんでしたか。
白花のほうがはるかに珍しいのでしょうね。それとも植えるときに選ばれるのは
やはり赤花が多いということなのかな? 私も白花は会ったことないんです。
そのうち、なんだこんな所にあったのか!と、意外な場所で発見されるかも
しれませんね(^^)

投稿: ポージィ | 2006/06/07 10:56

ブラシノキという花、やはり「ブラシ」から来ているのですか?そういえば、私が花菖蒲の下見に行った途中の道で見た花はこれだったのでしょうか?公園に行く途中でもいろいろな花がありましたから、もっと注意して観察したり、写真を撮ったりしたかったのですが、遅れ遅れになるので、一寸遠慮していました。後悔しています。(~_~;)

投稿: 茂彦 | 2006/06/07 19:34

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

「ブラシノキ」の「ブラシ」は、そのとおりです!コップなどを洗うブラシに
そっくりだ、というのでこういう名前になったようですよ。
ちなみに英名は「Bottle brush」 洋の東西で意見が一致したようです(^^)

茂彦さんのスライドで、表紙画像の次に登場するのがまさにブラシノキですね。
道沿いに咲く花をちゃんと見たいと思うと、ゆっくり歩いている人の
足の運びですら早いんですよね~
私も夫と一緒にクックの散歩をすると、時々置いてけぼりをくいます(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/06/07 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10391896

この記事へのトラックバック一覧です: ブラシノキ(キンポウジュ:金宝樹):

« 御柳梅(ギョリュウバイ) | トップページ | クレマチス 花と実 »