« キソケイの花 | トップページ | オオキンケイギク »

2006/06/09

夏椿 一番花咲いた

今日6月9日、関東地方も梅雨入りとなりました。これからまた、雨や曇りの日々が
約1ヶ月続くのかしら?雨や曇りの日が多かった5月に引き続いての梅雨。
今年は長い「雨季」とでも思っておきましょうか。

060609natutubaki_kaikasengen 梅雨入り初日の雨に打たれながら、
 「ナツツバキ」の一番花が開花。
 雨が小止みになったとき、記念にと 
 撮ってきました。
 
 毎年梅雨入りの僅かばかり前に 
 咲き始めるのですが、今年は少し遅れ 
 梅雨入りと同時の開花となりました。
 
 この夏椿は、狭い我が家の庭に何か木を
 植えたいと思ったとき、悩んだあげく
 究極の選択をして決めた株立ちの1本。
 わが愛しの貴婦人なのです(^^) 
 これからしばらく、毎日咲き続け 
 楽しませてくれるでしょう。
 
060607himesyara_hana
 こちらは、造園屋さんのストック場で
 咲いていた「ヒメシャラ」です。
 直径2cmほどの小振りの花を 
 たくさん咲かせます。
 
 「ナツツバキ」は直径5~6cm。 
 どちらも一日花で、そのままの姿で
 ぽっとり花を落とします。
 
 
ナツツバキ:ツバキ科ナツツバキ属
       (別名「シャラノキ=沙羅樹」とも。沙羅双樹はまったく別のもの。)
ヒメシャラ :ツバキ科ナツツバキ属 
       (別名「コナツツバキ=小夏椿」 姫ナツツバキとは言わないらしい…)

|

« キソケイの花 | トップページ | オオキンケイギク »

コメント

ナツツバキが雨に濡れているのもいい風情ですね。
花弁に少し緑が入るのも面白い特徴ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/06/09 23:07

下のキソケイを見て、あとでコメントしよっと、と思っていたら、もうナツツバキの記事が。はやっ。
いえね、「キソケイ」を「キンケイ」と読んでしまって、検索したら鳥の「金鶏」が出てきたというだけの話で(ポリポリ)。

ナツツバキが咲きましたか。
こりゃ、例のお寺も見てこなければ。
つやつやした蕾もきれいけど、花もきれいだぁ。
花の大きさは5~6センチ。蕾の大きさから、もっと大きいのかなぁと想像してました。
小さなヒメシャラも可愛い。これまだ見たことないんですよ。

投稿: あまもり | 2006/06/10 00:03

ポージィさんが愛してやまない夏椿が咲き始めたのですね。
しばらくの間は楽しめますね。
明日は天気がよさそうなので、久し振りに夏椿をターゲットにして、出かけてみようかな~~

投稿: goro's | 2006/06/10 01:12

愛しの貴婦人だなんて、素敵ですねぇ。
庭の花や木は季節の移ろいを感じさせてくれたり
目を楽しませてくれたり、共に時間を過ごしているという共有感が
更に愛着を沸かせるゆえんでしょうか。

投稿: tomona | 2006/06/10 01:48

ポージィさん、こんにちは。
ナツツバキ、きれいですね。

訂正に来ました。
6月のお誕生日リスト間違えており、
明日はtonaさんのお誕生日でした。
ご本人にはお詫びに行きましたが、
お友達でいらっしゃるのでお知らせまで。

投稿: 未歩 | 2006/06/10 09:38

★コメントありがとうございます★

◆横浜のおーちゃんさん ♪

雨の雫のついた夏椿、なかなか風情がありますね。カンカン照りと雨模様と
どっちが似合うかといったら、雨模様の方が似合う花かもしれません。
花弁の緑は何でしょう?ガクの緑が染まったかのようですね(^^)


◆あまもりさん ♪

エヘヘ いつもは一日一記事アップですが、昨日は特別に☆
myナツツバキの一番花をどうしても当日中にアップしたかったんです(^^)

「キソケイ」は夢閑人さんも「キンケイ」と読んでしまわれました~。
漢字表記も付け加えておくべきですね。あとで修正しよう…

横浜のおーちゃんさんの記事を拝見して、うちの夏椿はまだよね~、と
ふと窓の外を見たら咲いていたんですよ(^^)写真に撮ったこの花は
今日はもう地面に落ちてしまっています。
あまもりさんが蕾を見せてくださったお寺の夏椿も、咲き始めているかも
しれませんね。花の大きさは木によって多少の差があるかもですよ。


◆悟郎さん ♪

はい~いちばん愛している夏椿が咲き始めました(*^^*)
そんな予定は全くないのですが、引っ越してよそへ行くことを想像すると
この木とお別れすることがとにかくいちばん辛い、などと思ってしまいます。
家自体は別にどーでもいいんですよ。可笑しいでしょう(^^;)
悟郎さんも、咲き始めた夏椿の花との出会いが待っていますよ~


◆tomonaさん ♪

「愛しの貴婦人」エヘ… なんでかしらねー そう言いたくなるほど
この夏椿のことが好きなんですよ。
tomonaさんも本格的に庭造り・ガーデニングを始められて、これからどんどん
愛着が増していくでしょうね。
うちの場合はすんごく小さな庭なので、庭全体への思い入れなどは
少ないのですけれど、「個」に対する思いが深いです。

tomonaさんの「季節の移ろいを感じさせてくれたり目を楽しませてくれたり、
共に時間を過ごしているという共有感が更に愛着を沸かせるゆえんでしょうか」
の言葉、まさにまさにそのとおりだと思いますっ(^^)


◆未歩さん ♪

こんにちは。ナツツバキ、お勧めですよ~~(^^)
特に株立ちは風情が増します。

お誕生日についてのお知らせ、お気遣いくださってありがとうございます。
カレンダーに目をやったところ、二十四節気の「入梅」と書いてあり、
そういう時期にお生まれになったのだなぁと、しばし感慨にふけりました。

投稿: ポージィ | 2006/06/10 11:13

危うく、この記事を見逃してしまうところでした。(^^;)
ナツツバキが咲いたんですね。
大のお気に入りの一番花だったら、その日にUPしたくなっちゃいますよね。(^^)
しっとりとした風情があって、雨に濡れた姿も素敵です。
ヒメシャラも、姫ナツツバキと言いたくなるくらい良く似てますね。(まあるい蕾も)

投稿: nanbu | 2006/06/10 15:55

6月9日、とうとう入梅ですか。うっとうしいと云えば、うっとうしいし、天の恵みだと思えば、そのようにも思えます。「究極の選択、わが愛しの貴婦人」ですか?ほんと貴婦人のイメージですね。一度ほんものを見てみたいと思います。

投稿: 茂彦 | 2006/06/10 17:38

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

愛しの夏椿の記事にも気付いてくださってありがとうございます(^^)
いつもはあらかじめ用意しておいた記事から手を加えながら、という
アップ方法が多いですし、一日一記事がほとんどなんですが…
私の気持ちをご理解いただいて嬉しいです(*^^*)

ヒメシャラも可愛いですよね。実は最終選択で、ナツツバキかヒメシャラか
迷ったんですよ。結果、花の大きいナツツバキを選んだのでした。
よく似ていて、さすが同科・同属です。
でも、木全体を見るとヒメシャラの花は数のわりには目立たないようにも
思えます。


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

はい、梅雨入りしてしまいました。
いつもの年なら「雨は必要な自然の恵み」と思えるのですが、
今年はその前の5月が梅雨のようでしたので、いつもの年より
鬱陶しさの方が勝ってしまっています(^^;)

「貴婦人」のイメージにご賛同くださいますか?
わりと庭木に植えられていることも多い花木ですから、茂彦さんも
実はご覧になったことがおありになるかもしれません。
ちょうど今からしばらくの間が花期にあたります。ご近所を歩かれるときに
ちょっとキョロキョロなさってみてください(^^)見つかるかもしれません。

投稿: ポージィ | 2006/06/10 22:26

今晩は。
シャラノ木もヒメシャラも言葉の上でごちゃ混ぜにしていたかも知れません。
わが家に有るのはナツツバキなのでシャラの木でいいと思うのですが。
未だ蕾は固いですので去年はいつ頃UPしたかしら、と思いながら~です。
凄い数が開き落ちていきますよね。蕾の間が長いのは咲いてすぐ落ちるような気がします。椿もそうなのですね。
何となく和風の風情で庭には必需品のような~

投稿: | 2006/06/11 20:38

◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんばんは(^^)
ナツツバキ=シャラノキですね。玲さんのお庭のナツツバキの蕾、
以前アップしていらっしゃったのを拝見しました。
そのとき、うちのとそんなに変わらないなーと思っていたのですが、
こちらのほうが少し先に咲き始めたようですね。
花の盛りになると毎日ぽとぽとと落ちますね(^^)うちのは小ぶりなので
地面を埋め尽くすようなことはありませんが、大きな木になると
そのくらい咲いて落ちますね。玲さんのナツツバキはかなり大きいのでしょうか。
玲さんのお庭は和風とお見受けしていますから、ナツツバキは必需品
と私も思います(^o^)

投稿: ポージィ | 2006/06/11 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10452376

この記事へのトラックバック一覧です: 夏椿 一番花咲いた:

« キソケイの花 | トップページ | オオキンケイギク »