« キンシバイとビヨウヤナギ | トップページ | 名前が分かりません… »

2006/06/17

濃いピンクの花たち

今日は散歩中に出会った「濃いピンク」の花たちをまとめてご紹介します。 
濃いピンクは、私の好みの色ではないですけれど、それぞれの美しさや可愛らしさは
十分感じます。 花たちは、いつでもみな誇りと自信を持って咲いていますね。 
 
 060524zeniaoi_s  060524zeniaoi_l
< 「ゼニアオイ(5/24撮影)」 去年が初めての出会いでした。  
  濃い紫の筋が特徴。 6月に入り、よく似た「タチアオイ」も咲き始めています >
 
 060525musitorinadesiko1  060525musitorinadesiko2
<「ムシトリナデシコ(5/25撮影)」花の下の茎の一部に粘液を分泌していますが、
  食虫植物ではありません。切り花では属名の「シレネ」で出回るようです。 
  幼い時母に名前を教わった思い出の草花で、実家の庭で毎年咲いていました。> 
  
060510imokatabami_cook 060606imokatabami
             < 群れ咲く「イモカタバミ」たち > 
060510imokatabami
 「イモカタバミ」 (5/10撮影)
 群れになって生えていたり 
 植えられているのを見かけます。 
 よく似た「ムラサキカタバミ」とは
 花の中心部で見分けられるそうです。 
 「イモカタバミ」の中心部は濃い紫で 
 オシベの葯の色が黄色、
 「ムラサキカタバミ」は中心部黄緑色
 オシベの葯の色は白、です。 
 
060612murasakikatabami
 
 
 「ムラサキカタバミ」(6/12撮影)
 
 ムラサキカタバミも見つけることが
 できました。上のイモカタバミとの
 違いにご注目! 

|

« キンシバイとビヨウヤナギ | トップページ | 名前が分かりません… »

コメント

昨日のキンシバイとビヨウヤナギ。別々の場所で今年初めて見ました。
どちらも、それまでは植えられてなかったと思います(ちょっと弱気ですが)。(^^;)
ビヨウヤナギは写真を見た瞬間わかったのですが、キンシバイの方は花びらの先端の切れ込みを今日確かめて来ました。(これで名前を覚えられたらいいんですけど。)

と思ったら、今日もまた見覚えのある花たち。
去年こちらで拝見してから気がつくようになりましたが、ゼニアオイなのかタチアオイなのか。
はたまたイモカタバミかムラサキカタバミか。
明日また見て来なくっちゃ。(笑)

投稿: nanbu | 2006/06/17 16:54

ゼニアオイにタチアオイ、今たくさん見かけます。
ムラサキとイモカタバミは芯と葯でわけられる見分けられるのですね。今度注意してみます。
古い話ですが、七つ木神社近くのブラシの木は神社から東勝寺を行き過ぎてしばらくの所のお宅でした。今日近くを歩いたのですが、去年は自転車だったので近くと思い違いしていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/06/17 19:21

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ヒペリカムの仲間達も、この頃植栽として植えられるのが増えつつある
ようですから、nanbuさんのご記憶が正しいのですよ、きっと。(^^)
キンシバイでも、今年私が撮ったのは西洋キンシバイといわれるもの…
ご覧になったのは、元々のキンシバイかこちらか、どっちでしょうね。
悩みだすと夜眠れなくなりますのでご注意くださ~い(^^;)

ゼニアオイとタチアオイは見分けが付きやすいと思います。
タチアオイの方が花が大きくふわりと咲いて優しい感じです。
色は赤系・ピンク系など色々あります。
イモカタバミとムラサキカタバミは花の中心に注目すると、こちらも
すぐわかりますヨ。明日のウォーキング時の課題ですね(^^)あ、雨かな?

はぁ~… すぐわかる わかりやすいって 好き☆


◆横浜のおーちゃんさん、ありがとうございます ♪

ゼニアオイやタチアオイ、おーちゃんさんもたくさん見かけられますか。
丈も葉も大型で、空に向かってズドーンと立ち上がっている姿には、
いかにも夏の草花だなと思いますね。

ブラシノキのあるお宅の情報、ありがとうございます。
東勝寺よりもうちょっと南となると、その辺りはもう数年通って
いないかもしれません。
おーちゃんさんは、今日あの辺りを歩かれたのですか?
田んぼ横のあの道路はクネクネしていて細いのに、自動車の往来が激しくて、
自転車や徒歩ではちょっと怖いですよね。
田んぼや境川沿いサイクリングロードへ出るときは、私もあの道を
少しだけ歩くのですが、クックは抱っこして、自分は始終後ろや前を
キョロキョロ確認しながら歩いています。

投稿: ポージィ | 2006/06/17 22:07

私はタチアオイ好きです。
去年のポージィさんのブログで名前を知りました。
なんか凛としていて存在感ありますよね。
ゼニアオイもキレイですね。
シレネはよく切花で見ますけど、白しか見たことないですね。
ムシトリナデシコって言うんですか?覚えやすい。
また一つお利口になりました。
カタバミもかわいいですね。
私は、やっぱりピンク好きです。

投稿: てる | 2006/06/17 22:33

おっ。きょうは画像が沢山。大サービス。
タチアオイは随分昔ですが、見たことがあります。
その時思ったことは、葉っぱは、徳川家の葵の御紋に似てない!と。
後で、葵の御紋は双葉葵がモデルだったことを知りました。
うちでUPした菖蒲園の花たちの中にムラサキカタバミも仲間に入れたけど、もう太鼓判を押してもらったような気分。嬉しい。
ムラサキカタバミに比べて、イモカタバミは嫌われていないのね。
ムラサキカタバミも可愛いよね。閉じたり開いたり。
イモカタバミはクックちゃんが比較モデルになってくれているから高さがよくわかるけど、ムラサキカタバミに比べて随分と背が高いのね。

投稿: あまもり | 2006/06/17 23:00

◆てるさん、ありがとうございます ♪

こっちにもありがとう(^^)
タチアオイの名前はここで?そうだったっけ…嬉しいな。
すくっ!とまっすぐ立ち上がった姿は、そうね、凛としています。
大きいだけに存在感もバッチリ☆
ゼニアオイは苦手な人もいるようだけれど、花の色合いとか深みがあるね。
私は切り花として売られているシレネを見たことがないんだけど、
白ばかりなの?そうなんだぁ。なんでかな。
ムシトリナデシコの名前は覚えやすいでしょう?(^^)

てるさんはピンク好きなんだね。私も嫌いじゃないけれど濃いのは
ちょっと好みからは外れちゃう。淡くて白に近いくらいのピンクの方が好み。
それもグラデーションやぼかしが入っていたら最高。そういう色合いを
ポージィカラーと呼ぶ方も…(^o^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

そうなんです、今日は画像がいっぱい。持ち分の容量が減る~と心配しつつ(^^;)

タチアオイとアオイがついたら、徳川家の御紋を連想しちゃいますよね。
そのときご覧になったのがモミジアオイだったりなんかしてたら、
これっぽっちも似てませんから、思い切りつっこまれただろうなー。(^^)

イモカタバミとムラサキカタバミ、そういえば、うちの近所で植えられているのは
全部イモカタバミでしたねぇ。たまたまなのか分かりませんが。
クックと一緒に映っているイモカタバミは、ひょっとしたら地面が少し
斜めになっているかもしれません。
でも、みんな結構大きく育っていましたよ。
栄養がいいのか20cmくらいはあったと思います。
ムラサキカタバミのほうは、…えーと、それでも15cmはあったと思います。

投稿: ポージィ | 2006/06/17 23:29

ゼニアオイは年を取ったから好きになった花です。
子供の頃は、ちっともいいと思わなかったんですけどね。
年は取ってみるもんだ(笑)。
カタバミの写真みて、イモカタバミにはあまり出会わないと、そう思っちゃいました。
ムラサキカタバミとハナカタバミは、よく見かけるんですがね。
それとも気が付かなかっただけなのかな?

投稿: goro's | 2006/06/18 01:42

ゼニアオイの色、なんとも言えない色ですね。
カタバミ、ムシトリナデシコなど、小さい花もいっぱい集まると見事です。グランドカバーになる花は好きです。
クックちゃん、カタバミの花に見とれてる。
「うーん、きれいな花だな」

投稿: 夢閑人 | 2006/06/18 09:48

ゼニアオイという花は、先日歩いている時見かけました。なんという花かな、と一緒に歩いていた方たちに聞いた記憶があります。ムシトリナデシコという花、虫取り植物ではないのですか?粘液を分泌しているということは、昔は実際に虫を取って
食していたとか。その機能が退化して、今は取らなくなったとか。勝手にいろいろ想像しています。想像をたくましくするのも楽しいですね。

投稿: 茂彦 | 2006/06/18 10:53

イモカタバミの群生は凄いですね、雑草と違い園芸種でしょう、何処と無くお品というかお澄まししているように見えますよね。
家の庭に出たカタバミはムラサキカタバミでしょうか、
それとも~庭に出てもう一度見ないと(笑)雑草と思っていました。
ゼニアオイはまだ近くには無いので、きっと車で走っている時に見たくらいです。きっちり主張していますね。

投稿: | 2006/06/18 18:33

タチアオイはよく見かけますが、ゼニアオイは見たことないかも。
でも素敵なピンクですね。
ワインレッドや紫が好きな私にはとっても好物な色です(笑)

イモカタバミの群生も見事ですね~。
我が家の庭に、植えてみようかしら。

投稿: tomona | 2006/06/18 21:21

★コメントありがとうございます★

お返事遅くなってごめんなさい。


◆悟郎さん ♪

ゼニアオイは、子供受けする花とは言えませんね。
私自身は、子供の頃個の花を見た記憶がないのでなんとも言えませんが、
多分見ても「好き♪」とは思わなかっただろうと思います(^^;)
年を重ねてきて、良さが分かってくるものってありますね!
私もいいな、って思えるものの範囲がずいぶん広がったような気がします。

ハナカタバミ=オキザリスですか… ひょっとして私がムラサキカタバミと思って
アップしたのはハナカタバミ・ボーウィ?と自信がグラグラしています。
ぽちっと単独で生えていましたが。

群生させてあったイモカタバミの特徴を持った花たちも、ひょっとしたら
園芸種かもしれませんね。
あぁ、またまた園芸種に悩まされるのかしら。これが続くと疲れちゃうな~


◆夢閑人さん ♪

ゼニアオイの深みのある色、はっきり通った濃い筋。好き嫌いが分かれそうですね。
小さい花たちはひとつひとつを見ても可愛いですが、群れると別の美しさを
発揮しますね。グランドカバーになる花…といえば、そうそう、
オオイヌノフグリをグランドカバーとして取り入れられたのでしたね?

クックは果たして花に見とれていたのでしょうか。だといいのですが、
あるいは、写真を撮る私に「はよせんかい!」とイラついていたのかも…(^^;)
ドキリ


◆茂彦さん ♪

ゼニアオイ見かけられたばかりでしたか。実際にご覧になって、ここでも見て
いただいて、しっかり茂彦さんの植物のページに刻み込まれましたね(^^)

ムシトリナデシコの粘液は、虫を獲って食べるためのものではないようですよ。
花に這い登ってくる小さな虫たちを(例えば蟻とか)防ぐのが目的では
ないかという説が有力らしいです。変な虫たちは来るな~蝶々さん来てね~
ということなのかも(^^)

茂彦さんの考えられたように想像を膨らませるのも楽しいですね。
昔々のムシトリナデシコの姿など分からないのですから、もしかすると
本当に虫を捕らえて食べていた可能性だって捨て切れませんよね。


◆玲さん ♪

ここのイモカタバミの群生、すごいです。あるお宅の塀際なので
家の方が植えられたものだと思いますが、玲さんが仰るように
園芸種のものかもしれませんね。
園芸種なら、オキザリス・別名ハナカタバミと呼ばなくちゃいけないかしら?

玲さんのお庭に咲いたのも先日見せていただきましたよ(^^)
花の中心が黄緑色でがオシベの葯の色が白っぽかったので、ムラサキカタバミ
だろうな~と思って拝見しました。かわいかったです。


◆tomonaさん ♪

ゼニアオイは初めての可能性ありですか?私も去年初めて出会ったんですよ。
うむうむ、tomonaさんの「好物な色」っていうの、うなずけました。
深みのある赤紫の筋がなかなか良い味出してます(^^)

イモカタバミの群生は幅1.5mくらいでしたけど、見事でしたよ。
カタバミの園芸種(オキザリス=ハナカタバミ)には色々な種類が
あるみたいね。イモカタバミでもいいけど、それらの園芸種から選んで
塀の際など隅っこの方に群生させてみるのも楽しいかも(^^)

投稿: ポージィ | 2006/06/18 21:53

ポージィさん、こんにちは。
ピンクの花、可愛いですね。
イモカタバミとムラサキカタバミの違い
よく分かりました。

閉鎖花の記事、TBが反映されませんでした。
リンクさせていただきありがとうございました。

投稿: 未歩 | 2006/06/19 09:46

◆未歩さん、ありがとうございます ♪

イモカタバミとムラサキカタバミ、パッと見は同じような大きさで
同じようなピンクで、違うものには見えません(^^)
近寄って花の中を覗いて初めて違いがわかりました。

「閉鎖花」へのリンクをありがとうございます。
TBができなかったというお話、前に別の方からもありました。
原因は不明です。
記事の下の「トラックバック」という文字をクリックして
下に現れた「この記事のトラックバックURL:○○○…○○○」のURLをコピーして
持ち帰っていただき、ご自分のブログからTB先URLに入れていただけば
できると思うのですが。
また、特定記事へのリンクは記事下の「固定リンク」をクリックして
現れたページの、ブラウザのアドレス欄に表示されているアドレスを
コピーしてリンク先URLにいれていただくという方法で記事のトップに
リンクできます。

投稿: ポージィ | 2006/06/19 14:15

ありがとうございます。
トラックバック用で送ったのですが、
goo同士でもできないときがあるんですよ。
明日、もう一度やってみますね。
ダメならリンクを貼らせていただいたということで
ご了承くださいね。

投稿: 未歩 | 2006/06/19 14:53

◆未歩さん、ありがとうございます ♪

お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。

TB成功されましたね。やった~!
たまたまそのときのシステムの状況などでうまくいかないことが
あるのでしょうね。

改めて、ありがとうございました(^^)

投稿: ポージィ | 2006/06/20 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10464889

この記事へのトラックバック一覧です: 濃いピンクの花たち:

« キンシバイとビヨウヤナギ | トップページ | 名前が分かりません… »