« イチゴたち | トップページ | ホタルブクロ見つけ »

2006/06/23

ナス科の花3種

散歩中に見つけたナス科の花を3つご紹介します。そっくりさんたちですよ~(^^)

060531zyagaimo_hana
 最初はコレ。ごく淡い紫色でした。
 とっても身近な食物の花ですよ。 
 でも品種は何十種もあるようで
 私はその辺りは全く素人です。 
 なんというのかな… ?
 
 
 
060601fuyusango 060601fuyusango_mi
野生化しているようで、歩道橋の足元のわずかな土に生えていました。
右の写真に、ヒントになる実が写っていますよ。この緑の実がだんだん色づき
赤や橙色になります。花より実を楽しむ園芸種の植物です。 
 
060601turuhananasu
 
 6/1 に今年初めての花を見ました。 
 名前に「ナス」が入っています。
 咲き始めは淡青紫でだんだん白く 
 なっていくので、色違いが混ざって 
 咲いているような変化が楽しめます。
 
 「ヤマホロシ(山保呂志)」の名前で
 流通していることも多いようですが、
 本物の「ヤマホロシ」は山野草で
 同じ仲間の別の花、とのことです。 
 
 
 
たまたま見つけたナス科の花を脈絡なく並べましたが、名前おわかりでしたか?
それではここで正解発表です!!
上段 : ジャガイモ (品種名不明) 中段 : フユサンゴ(冬珊瑚)
下段 : ツルハナナス(蔓花茄子)  

身近なナス科の植物は、野菜ではトマト・ピーマンなどもありますし、 
観賞用ではホオズキ・ペチュニアなどがそうです。
属は色々と違っていても、どれも似たような花を付けるのが面白いです。

|

« イチゴたち | トップページ | ホタルブクロ見つけ »

コメント

本当にナス科はよく似ています。
私もワルナスビを撮ったのでフユサンゴなどを含めて特集しようかと思っていましたが、まとまりませんでした。
ジャガイモの品種と花色の関係なんて、とても分かりませんよね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/06/23 11:00

本当にそっくりさんたちですね!

私は以前市民農園を借りていたので、
ナス科=連作不可
とすぐ考えてしまいます。
でも、ジャガイモとか茄子、ピーマン、獅子唐トマトなど、
ナス科には栽培したいものがたくさんあって困りました。
区画を細かく区切って輪作していましたが。
それでも無農薬で野菜を栽培するのは難しかったです。
そういえば、マリーアントワネットはじゃがいもの花を愛でていたのではなかったでしょうか?
あれ?違ったかな?

投稿: koko | 2006/06/23 12:38

こんにちは。
ナス科の花は良く似ていますね。漠然と見てきていましたが
ジャガイモは白と記憶にあるのですがこのようなオシャレな~
正解を見てもへーと思うばかりです。
でもお花みなきれいですね、お役目もあるでしょうから。

投稿: | 2006/06/23 13:09

難しー。全部そっくりさんです。葉っぱに特徴があるので、そっちを見た方が簡単かも。
先日、茄子の英語名(egg plant)の話題が出てたんですが、茄子にも色々あって玉子型ばかりじゃないですね。

投稿: LiLA管理人 | 2006/06/23 13:55

一面に咲くジャガイモの花は見事なものでした。(いつか見た思い出)種類によって花色が違うみたい。

ジャガイモとフユサンゴはわかりましたが、ツルハナナスははじめて見ました。

うちのなす、きうりにトマト、今どんどん生りはじめました。

投稿: 夢閑人 | 2006/06/23 14:55

名前なんてさっぱり・・・
あっ、最後に正解が載ってました。
この正解がなければ、いずれがジャガイモかフユサンゴです。
どれもワルナスビにそっくり。
違った、ワルナスビがこの花たちに似ていたのだった。
去年、河原で見つけた小さなワルナスビの花が強烈な印象があったので、すぐにワルナスビに結びつけてしまう(^_^;)

投稿: あまもり | 2006/06/23 16:06

★コメントありがとうございます★


◆横浜のおーちゃんさん ♪

ひと目で「きみはナス科だね」って分かってしまうものが多くて
なんだかくすっと笑ってしまいます。
ワルナスビ、って鋭い棘があるんでしたっけ?
幸か不幸か、まだ出会ったことがないんですよ。
出会ったら棘に要注意ですね。

ハイ、ジャガイモの花と品種なんて全く分かりません(^^)


◆kokoさん ♪

ほんと、夏の野菜にナス科のものって多くてびっくりです。
連作はよくない、と言われても場所のやりくりに困りますよね(^^;)
kokoさんは、それでも頑張って色々作っていらしたんですねぇ。
(私はキュウリを1回作ったことがあるだけです。)
しかも無農薬でとは。虫たちとの闘いも大変だったでしょう!
でも自分で作った野菜を食べる喜びもまた大きいですね。

マリー・アントワネットの話、知りませんでした。バラとか百合などの
豪華な花ではなくジャガイモの花というのが、なんとも…(^^)
マリー・アントワネットは素朴なものも愛せる人だったのでしょうね。


◆玲さん ♪

ナス科のもの、改めて注目してみるとたくさんありますね。
それでもって、みんなよく似ていて可笑しくなります。(^^)

ジャガイモの花は私も白と思っていましたが、この頃では色々見かける
ようになって、今回たまたま撮れたのはこんなおしゃれな色でした。
おしゃれして虫たちを誘っているのかもしれませんね。


◆LiLA管理人さん ♪

花に注目して撮っていますから、これだけで当てるのは難しいです。
実際に目にするときは、花も葉も全体の大きさも、茎の伸び方も、
総合的に見て判断していますものね。

そうでした、茄子は英語で「egg plant」ですね。日本で食べるのは
卵に似ているのの方が少ないような気がしますが、英語圏(英国)では
コロンとした丸ナスが一般的なんでしょうか??


◆夢閑人さん ♪

夢閑人さんのお宅では、野菜も作っていらっしゃるんですか(^^)
夏野菜が、次々と収穫できますね!

かってはジャガイモの種類といったら、男爵とメークイーンくらいしか
知りませんでしたが、この頃では見慣れない名前のものもよく
見かけるようになってきました。
北海道ではなんと40種類も作られているんだそうです。
一面のジャガイモ畑といえるほどの広いジャガイモ畑は私は見たことが
ありません。夢閑人さんはどこでご覧になったのでしょう。
びっくりです。それぞれ花も違うのでしょうね。

ツルハナナスは初めてでしたか。この写真のものはかなり年数が
経っているようで、太い木質化した蔓が巻きついていましたよ。


◆あまもりさん ♪

あまもりさんの思い出のワルナスビ(^^)、そんなにも印象深かったのですね。
ワルナスビも含めて、ほぉーんとみんなよく似た花をしていますよね。
私は、ワルナスビはまだ出会ったことがないんです。
写真で見るとすごく鋭い棘を持っているので、あんまり出会いたくない
ような気もしますけれど。(^^;)

そうそう、イヌホオズキらしきものも見つけたのですが、駅の近くで
あまりに人通りが多く、そこでしゃがみこんで写真を撮る勇気が
出ませんでした。

投稿: ポージィ | 2006/06/23 22:54

Motoちゃん
やりましょうかね。暑気払いも込みで。
詳細を詰めてみますよ。
乞、ご期待!

管理人さん
よかったじゃん、子供と一緒にいられて。
嫌われないように、ちゃんと大人でいてくださいね~
恒例行事になるかどうかは、第1回の成果が問われますな。
うんと楽しい時間が過ごせるよう、しっかり準備しなくっちゃ!
下見カラオケ、こっそり行っちゃおうかな~~
ナス科、侮り難し。

投稿: goro's | 2006/06/24 03:12

ナス科の花たちってちゃんと調べたら一体どれくらい種類あるんでしょね~
野菜を外してもかなり種類あるでしょね。
丈夫だし花も可愛くていいですよね。
と言いながら、我が家にはナス科の花ってないかも。。。
ツルハナナスって白いのありますか?
それとも花が咲いて時間が経つと白くなるんでしょうか?
ナス科、一度しかと勉強せねば!

投稿: ちょびママ | 2006/06/24 06:59

ジャガイモもナス科?
お花は何となく似ていますが、
実のったものは全然違う
イチゴも沢山の種類があるのですね。

長ナス、丸ナス、人の顔と同じにいろいろ


投稿: あやや | 2006/06/24 11:19

 ナス科の植物って、なんていうかバラエティ豊かですなぁ。
 たしかミステリーでおなじみの毒薬の数々もナス科の植物っての、多いですもんね。チョウセンアサガオとかベラドンナとか。
 花の知識ゼロでそのうえ食い意地のはっている僕は、ナスビと間違って食べてしまいそうで怖いです。

 しっかし。
 他の植物は実がなんとなく似ていないでもないからわかるけれど、ジャガイモだけは納得できん(笑)。アレは根っこだよ。分類した責任者、出て来いって言いたくなります。


 看護婦さんを英語でいうと?
 ナースか?
 地上絵で有名なところ。
 ナスカ。

 発作的オヤジギャグです。ごめんなさい。

投稿: ろぷ | 2006/06/24 12:15

★コメントありがとうございます★


◆悟郎さんへ ♪

あれ~?? 悟郎さん、このコメントって悟郎さんのメモ書きかしら…
最後の「ナス科、侮り難し」だけが、私の記事宛ですよね(^^;)
あい、ナス科侮り難しでっす。
そのうち悟郎さんのナス科の花コレクションが登場しそうな
予感がしますよん。


◆ちょびママさんへ ♪

う~ん、かなりの数になりそうですね。
うちには… 今年はナス科の花ありますよ。サフィニア・ブーケ(^^)
ペチュニアで何度も失敗してるんで、何年間か避けていたんですけど、
久し振りに&リッチにサフィニアブーケを購入~。でも唯一です。

ツルハナナスは咲き初めが淡い紫色で、日が経つにつれて白くなっていきますよ。
ニオイバンマツリなどと一緒ですね。
あら!ちょびママさんとこには「オオバンマツリ」があるんじゃ
なかったでしたっけ?あれもナス科ですよ~(^^)


◆あややさんへ ♪

ナスやトマトは地上で実がなるのに、ジャガイモは地中ですものね。
別物に思えるけれど同じナス科なのだそうですよ。

ナスの形、丸かったり長かったり、ほんと、人の顔かたちと一緒で
いろいろですね(^^)

イチゴも実に色んな種類があるようです。
私がやっとこさ見つけてアップした3つはほんの一部ですね。


◆ろぷさんへ ♪

フッフッフッフ クククク
発作的オヤジギャグですか? しっかりウケちゃいましたよ。
「ろぷさん、ろぷさん、ちょっと…」「な(ん)すか?」なんちゃって~(^^;;)

花の知識ゼロって仰いますが、チョウセンアサガオだのベラドンナだの
こわ~いのもちゃんとナス科だとご存知で。(^^)
ベラドンナといったら、私はミステリーの中でしか知りません。
どんな花が咲くのかな。(デルフィニウムの一品種とは別物ですね)
ろぷさん、間違っても食べちゃぁダメですよ!

ジャガイモがナス科って納得できませんか?無理もないですね~
地面の中にできますから。
でも実はアレ、塊茎といって茎なんですよ。って、これじゃ的外れ。
ちっともナス科の仲間だって説明にはなってませんでした。スミマセン

投稿: ポージィ | 2006/06/24 14:20

大変失礼なことをしてしまって、ほんとにごめんなさい。
コピーする場所を間違えてしまったようです。
自分のコメント返しをコピーしたようです。

「辛うじて3問ともわかりました。
1年間、花追っかけやってた成果です(笑)。
ハナツルナスは、昨年初めて出会った花です。
ナス科の花は見てすぐわかりますよね。
と思ってましたが、そろそろアップしようとニオイバンマツリを検索したら、この花もナス科だったので、驚いていたところです。」

まで書いて、コメント欄にコピーし(大間違い)、「ナス科、侮り難し。」と1行加えた結果、あんなとんでもないコメントになってしまいました。
冷汗もんです。
見苦しかったら、削除してくだい。
大変失礼しました。

投稿: goro's | 2006/06/25 01:56

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

いえいえ失礼だなんて思っちゃいませんから、お気になさらないでくださいね。
ちょっとした失敗なんて誰にでもあることです。(^^)
「見苦しい」とも全然思ってませんし、このまんまにしといてもいいですか?
後のコメントのつながり上。

全部名前お分かりでしたか。さすが!というかやっぱり!というか。
予想通り、ナス科の花たちのアップを準備なさっていたんですね。
ニオイバンマツリ、私は実物を見たことがないのですが、あれも
ナス科なんですよね~ ナス科侮り難しです。

投稿: ポージィ | 2006/06/25 11:09

ツルハナナスは薄いブルーが綺麗ですね♪
ナスの花より、ついつい実の方に気がいってしまって(笑)
あんまりじっくり観察したことはなかったですが、
野菜の花も(オクラの花とか)、よく見ると綺麗ですよねぇ♪

投稿: tomona | 2006/06/25 17:27

◆tomonaさん、ありがとうございます ♪

ツルハナナスの色味、実際はもうちょっぴり紫がかった色でした。
なかなか綺麗な色です(^^)
この写真を撮ったのは6/1で、先日23日に見に行ったら、
みんなすっかり白くなっていたけど、白もまたよかったよ~。
色が変わるのって変化を楽しめていいですよね。

そうそう、tomonaさんは野菜も作っているんでした。
ナスの花の紫って、すごく綺麗じゃない?
私は去年、よそんちのナスの花に見入ってしまいました。
うんうん、オクラの花も淡いクリーム色が綺麗でした。
やっぱりよそんちのを観察(^^)
野菜として育てると、どうしても実の方に気持ちがいっちゃうね。
無理ないと思うわ~。

投稿: ポージィ | 2006/06/25 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10465151

この記事へのトラックバック一覧です: ナス科の花3種:

« イチゴたち | トップページ | ホタルブクロ見つけ »