« クリの花満開 | トップページ | 濃いピンクの花たち »

2006/06/16

キンシバイとビヨウヤナギ

暗い空の下で、ひときわ明るく輝いて見えるのは黄色の花たち。
6月の初夏の季節には、植栽の「キンシバイ」や「ビヨウヤナギ」の黄色の花が
あたりをパッと明るく照らして、そこだけ眩しいようです。
 
060605kinsibai 「ヒペリカム・ヒドコート」 ←(多分) 
 オトギリソウ科・ヒペリカム属
 「キンシバイ」の園芸種で、
 「キンシバイ」より大きく華やかな
 花を付けます。
 これは直径6~7cmの花を
 たくさん咲かせていました。

 「キンシバイ」は漢字で「金糸梅」
 まさにそのものの花姿ですね。
  
060607biyouyanagi1 060607biyouyanagi2
「ビヨウヤナギ(美容柳)」 オトギリソウ科・ヒペリカム属 
一見「キンシバイ」にとてもよく似ていますが、花びらが細くて重なり合わず、
なんといってもおしべの長さが際立っています。 
「美容柳」のほかに「美央柳」とも。「柳」とつくのは葉が細長くて柳に似ている、
ということなのでしょうね。

|

« クリの花満開 | トップページ | 濃いピンクの花たち »

コメント

キンシバイの「ヒペリカム・ヒドコート」。
この花でした。城北菖蒲園で見たキンシバイは。
おーちゃんにもヒドコートだろうと言われたましたが、間違いないです。
写真を撮ったものの、ぶれまくりでUPはできなかったけど、こうしてポージィさんのキンシバイを見るとなんだか懐かしく思えるから不思議(笑)
ビヨウヤナギは「柳の葉に似ているところから」と検索したサイトで見た時、おや?と思いました。城北のビヨウヤナギの葉は細くはなく幅広で短いものだったので。
ポージィさんの画像のビヨウヤナギの葉は細長い。これなら柳の葉に似ているとの形容に納得です。花は雄しべの長さといい、花弁が細く重ならないところといい全く同じ。(花の大きさを書いてなかったですね。直径は5センチほどでした)
城北のビヨウヤナギは立て札に書かれていたものを鵜呑みにしたんですが、ヒペリカムと呼ばれる園芸種だったのではないか・・・とずーっと悩んでいます。夜も眠れず昼寝して(こればっかり)。
ビヨウヤナギの園芸種は沢山あるようですね。
城北の花は、ビヨウヤナギと呼んでも間違いないのかどうか知りたいのです。

投稿: あまもり | 2006/06/16 11:24

二度目です。何度もごめん。
今Webけんさくして、城北菖蒲園の花は、「ヒペリカム・カリシナム」かもしれないと分かりました。
あの花をビヨウヤナギと書くのは、やはり間違いになるのですか?

投稿: あまもり | 2006/06/16 11:31

今アジサイに負けないぐらいたくさん咲いて黄色が梅雨空を明るくしてくれます。
ヒペリカムの花びらは同じ傾向がありますが、金糸梅ヒドコートはもっともよくクビレて特徴がありますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/06/16 11:46

近所のショッピングモールの植栽にもあります、キンシバイ。
こちらでもそろそろ咲くということですね。
それとももう咲き始めているかな?
ここ数日、その近くに行っていないので未確認・・・。
明日見てこようっと。

投稿: koko | 2006/06/16 12:07

ポージィさん、こんにちは。
キンシバイ、ビヨウヤナギ、きれいですね。

お願いがあります。
閉鎖花のことブログで紹介させてくださいませんか。

ポージィさん、愛知出身なのですか。
ドラゴンズファンがいなくて・・・うれしいです。
今、首位なんです。
去年は交流戦散々だったのですが、応援よろしくです。

投稿: 未歩 | 2006/06/16 13:24

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ただいま頭混乱・お手上げ状態です~。
かっては「キンシバイ」と「ビヨウヤナギ」だけだったのに、いつの間にか
「西洋キンシバイ(ヒペリカム・ヒドコート)」だのなんだのと
園芸種が増えて大混乱。公園などの表記も必ずしも正解じゃないものも
あるそうで、何を信じていいのやら(^^;)

あまもりさんもご覧になった、大振りのキンシバイは
「ヒペリカム・ヒドコート」で決定のようですね。これはそれでヨシと!

さてさて、次なるあまもりさんがビヨウヤナギでアップされたもの。
拝見したときは疑問にも思わず…近所のビヨウヤナギには実がならないなぁ
とぼんやり思った程度でした。
あまもりさん、観察力が鋭いですね。確かに私がビヨウヤナギとして
アップしたのが本来の「ビヨウヤナギ(ヒペリカム・チャイニーズ)」のようです。
「ヒペリカム・カリシナム」というのを調べてみると、キンシバイと
ビヨウヤナギのあいの子みたいな特徴を持っているんですね。
実について書いてあるものは見当たりませんでした…。
実が綺麗に赤くなるものとしては「ヒペリカム・アンドロサエムム」
というのがあるそうですが、これは花の直径が2cmくらいとの記述が…
あまもりさんのは直径5cmくらいだっとのことですから、違うみたい…
では、実のことはさておいて「ヒペリカム・カリシナム」ということになると、
「ビヨウヤナギ」が中国原産なのに対し、こちらはブルガリア・トルコが
原産地なのだそうです。従って、「ヒペリカム・カリシナム」である場合、
「ビヨウヤナギ」と呼んでしまうのは、やや乱暴<かも>しれません。

散々ぐちゃぐちゃ書いた挙句の結論は、といいますと
「わからない~!(T_T)」です。こんなお返事でごめんなさい。
あ~~今夜眠れなくなりそうです。やばい、明日昼寝してる間がありません。


◆横浜のおーちゃんさん、ありがとうございます ♪

ヒペリカムの仲間達もいつの間にやら園芸種がたくさん出回って、
こんなに複雑なことになっているとは知りませんでした。
私は「キンシバイ」「ビヨウヤナギ」のふたくくりで纏められると
思っていたのに…(^^;) 
元祖「キンシバイ」「ヒペリカム・ヒドコート」と元祖「ビヨウヤナギ」が
私に見分けられる限界かもです。
ヒドコートは、くびれもはっきり、花も大きく華やかで「西洋金糸梅」の
別名に大きくうなずけますね。
梅雨空をおおいに明るくしてくれています。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

ショッピングモールの植栽にですか。楽しみですね。
咲き始めていたらモール全体を明るく演出してくれて
いることでしょう!
元祖「キンシバイ」か、もっと大きく華やかな「西洋キンシバイ」か
さて、どっちでしょう~ 
頭の中が種類のことでパンパン状態です(^^;)
 
 
◆未歩さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
お日さまの光が見られなくて、薄暗い日が続いていますが、
この花たちが咲いていると、その場所はパーッと光が差しているように
明るく見えます。(^^)

閉鎖花のことをご紹介くださるとのこと、ありがとうございます。
よろしくお願いします。

あらら?未歩さんのブログを訪れる方の中に、他にドラゴンズファン
いないんですか?あれ~どうしてかしら。
私は今は監督と勝敗くらいしかわからなくなってしまっていますが、
かってよく中継を見たころは、田尾さん、平野さん、宇野さん、牛島さん
あたりを応援していたんですよ~。だいぶ古い話ですが(^^;)
もちろん、応援していきます!

投稿: ポージィ | 2006/06/16 14:10

両方とも花びらとおしべの形が違うけど、よく似てます。
誰かの言葉じゃないけど「花もいろいろ、名前もいろいろ」
ますます解らなくなる。

黄色い花をつける花木、草花、「レンギョウ」「カロライナジャスミン」「エニシダ」「オオキンケイギク」など、黄色は目立ちます。

この頃、次々と園芸種が開発されて区別がつかなくなります。
「ペチュニア」「サフィニア」「プリエッタ」の如し。

投稿: 夢閑人 | 2006/06/16 16:15

ポージィさん、いろいろ書いてくださっておおきに。
私のつまらない質問にこれだけ丁寧に書いてくださるとは感謝感激雨あられです。
(梅雨といえど、雨あられはいらない(^_^;))
ヒペリカム・アンドロサエムム、見てきました。葉っぱの形は似ています。でも花が2センチぐらいとは。こんなに小さくはありませんでした。
カリシナムの方はオシベの葯が赤いらしいし、あんなに密集してはいませんでした。(再検索かけて、見たサイトに載っていた花を見る限りは)
ビヨウヤナギでないことは確かなようですね。葉も幅広だし、花の周りに赤い実がいっぱいついていまし。ヒペリカムと書いたほうが正解かもしれませんね。
あら~ポージィさんを眠れなくしてしまったぁ。早く寝て夢の中で探してください。
人に頼むな、自分で探せ! はい。
ほんといろいろとありがとうございました。

投稿: あまもり | 2006/06/16 18:54

「ヒペリカム」と覚えていただけで
「ビヨウヤナギ」という名前は初めて知りました
(やっぱしここはお花の勉強になる♪)
実はうちにもあって、、正確には「あった」です
毎年 咲いた後に一気に散るのがイヤだなぁと思っていたら
今年は病気にやられたみたいで(ほらね?ほったらかしだから(^_^;))
今確認したら たった3個しか咲いてませんでした(T_T)
いい加減 ちゃんと世話しろっ!ですね

投稿: miki | 2006/06/16 19:26

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

ほんと「花もいろいろ、名前もいろいろ」ですね。
園芸種はサッパリわかりません。完全に遅れてます、私。
「ペチュニア」「サフィニア」「プリエッタ」…全然見分け付きません。
園芸屋さんは全部覚えて見分けていらっしゃるのでしょうか??
天才的だと感心してしまいます。切り花の方がよっぽど楽(^^;)

仰るとおりで、黄色の花がわーっと咲いているものは、遠くからでも
よく目立ちますね。
近くのある畑の真ん中で咲き続けている大きなエニシダがあるんですよ。
何十メートルも離れたところからしか見られないのですが、それでも
その場所を通りかかるたびにパッと黄色が目に飛び込んできます。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

結局はっきりした答えを出せなかったのに、感謝感激に雨あられまで
降らせて下さってありがとうございます。(^^;)
あまもりさんが疑問を呈してくださったおかげで、私自身も
わからないなりに勉強になりました。
知らない間に園芸種がこんなに広まっていたなんて…

そうそう、綺麗な実がなるのは、アンドロサエムムのほかに、
「ヒペリカム・イノドラ(ル)ム」「ヒペリカム・ピンキーフレア」「ヒペリカム・ミスティックフレアー」
などがあるようですが、それぞれの特徴や見分け方は全然わかりませ~ん。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

いやー私はこの春まで「キンシバイ」と「ビヨウヤナギ」しか知りませんでした。
「ヒペリカム」は私の中では切り花の「実もの」でしたし。
ちょっと調べてみたら園芸種やらなんやらいろいろあって、頭大混乱。
えっ、mikiさんのお宅にもヒペリカムが?ヒペリカムのうちのどれでしょうね。
病気になっちゃったのは残念。じめっとした日が多いからかなぁ…。
お世話の仕方、私は知らないんですよ。 mikiさん、頑張ってください(^o^)/

投稿: ポージィ | 2006/06/16 21:47

ポージィさん こんばんは♪

ビヨウヤナギはとても思い出深い花なんです
庭に植えているのですが、かれこれ30年くらい前に
いただいた株です。毎年きれいに咲いてくれます。
長いおしべが目立ち繊細な感じのする花ですね

投稿: glenn | 2006/06/16 23:29

今まさに、真っ盛り状態で咲いてますよね。
小さな公園などでも、黄色い一角が出来上がってて、キンシバイ、ビヨウヤナギとチェックするだけでしたが、なになに、ヒペリカム・ヒドコートですか、そんな品種もあるんですか?
いかにいい加減にしか見ていなかったことがわかりました(笑)。

投稿: goro's | 2006/06/17 03:45

キンシバイとビヨウヤナギ。
これ以外に種類があった事、先日のおーちゃんのブログで見てUPしようとしてたとこ、待ったかけてます。
ちゃんと見て調べてからUPしないと、違いの分かる女(になりたい)の名が廃ります(笑)
って言いながら、ややこしいなぁって気持ちもチラホラ。
何であんなに次々と品種が増えるんでしょう。
愛でる花が増えて嬉しいけどちょい哀しいような。。。

投稿: ちょびママ | 2006/06/17 14:15

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは、お返事遅くなりました。

30年間glennさんとともに歳月を過ごしてきたビヨウヤナギがおありですか。
素適ですねぇ… 愛着もひとしおでしょう(*^^*)

ふわぁっと立ち上がった長いオシベはもちろん、少し幅の狭い花びらと
その微かなねじれも、繊細さを感じさせるお花ですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

!?コメントを下さった時間を見てびっくりですよ。夜が明けそうな時間!!(・o・)

公園などの植栽にもこれらの花たち増えましたよね。
パァッと華やかな色だけによけいに目に付きます。
「ヒペリカム・ヒドコート」な~んていうのがあるんですよぉ。
私も今年初めて知りました。悟郎さんと同じで、これはキンシバイね、
こっちはビヨウヤナギね、っていう区別しかしていなかったんですから。
複雑すぎて、踏み込んだことをちょっと悔やんだりしてます(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/06/17 14:27

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

キンシバイ・ビヨウヤナギ、だけだとちょびママさんも思っていらっしゃいました?
私もだったんですよ。そう、ありゃ違うのがあるのねって調べてみたら
頭大混乱です(^^;)
長々と書いたコメントを読んでいただけたとしたら、私の混乱振りが
お分かりいただけると思います…
うちにある本には、キンシバイ・ビヨウヤナギ・ホソバビヨウヤナギの
3種類しか載っていないんですよ。検索かけても、結構皆さん混乱して
いらっしゃるようで、どれが真実かがイマイチはっきりしません。
大きな図書館にでも行って、信用できて且つ最新の植物大辞典でも
あたらないとダメかもしれません。
違いが分かる女のちょびママさんはどんな手を打たれるのか…
コイツは手ごわいですよ~ なんちゃって。
でも、次々出てくる園芸種を全部把握して見分けるなんて、
それぞれの種の栽培の専門家でもなくちゃ無理だと思います。
(も、私は投げちゃってます 苦笑)

投稿: ポージィ | 2006/06/17 15:21

切花のヒペリカムとは違うんですか?
なんか葉っぱがちがうような。でも花は切花のヒペリカムと似てます。
この花がおわって、あのかわいい実になるんですよね?

投稿: てる | 2006/06/17 22:28

◆てるさん、ありがとうございます ♪

切り花のヒペリカムもお仲間よ~

あのきれいな実がなるのは、「ヒペリカム・アンドロサエムム」とか
「ヒペリカム・イノドラム」とか」「ヒペリカム・ピンキーフレア」
「ヒペリカム・ミスティックフレアー」とかの種類らしいです。
(全っ然覚えられない ^^; 上のコメントからコピペしただけ…)
お花はみんな黄色くておしべが目立ってよく似ているみたいですよ。

植栽のキンシバイやビヨウヤナギは、切り花のヒペリカムのような
かわいいきれいな実は生らないみたい。

投稿: ポージィ | 2006/06/17 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10534227

この記事へのトラックバック一覧です: キンシバイとビヨウヤナギ:

« クリの花満開 | トップページ | 濃いピンクの花たち »