« ホタルブクロ見つけ | トップページ | 「ベニガクアジサイ」の色づき »

2006/06/26

ツユクサたち

夏の風物詩ともいえる「ツユクサ」といえば、皆さんはどんなツユクサを
思い浮かべられるでしょか。わがやの近くで見つけた3種類のツユクサです。
 
060525murasakituyukusa 060525murasakituyukusa_up
                「ムラサキツユクサ」 多年草 
北米原産の園芸植物で、青紫系・赤紫系・白…と、色がいくつかあるようです。
 
060526tokiwatuyukusa
 「トキワツユクサ」 多年草
 木陰の薄暗い場所で群生して 
 いたものです。 
 暗がりでぼぉっと咲いていました。
 ちょっと幻想的な光景でした。 
 
 かって園芸植物として導入され 
 その後野生化したそうですよ。
  
060612tuyukusa
 
  おなじみの 「ツユクサ」 一年草 
  今年はなかなか花開いているものに
  出会えずにいましたが、やっと… 
 
  この花の「青」は真に「青い」と
  いえるものだと思っています。
  「潔い青」と感じます。
 
 
 
 
 
 ブログ「横浜のほほん」の横浜のおーちゃんさんが「露草」で 
 もっと詳しい観察をしていらっしゃいます。

|

« ホタルブクロ見つけ | トップページ | 「ベニガクアジサイ」の色づき »

コメント

露草とか花菖蒲とか、なんとなくじっとりした季節を思い出します。こういう雨の季節は、青や紫の花が似合いますね。あじさいなんかも。

投稿: LiLA管理人 | 2006/06/26 10:45

つゆくさにもいろんな種類があるのですね。我が家の庭にはびこっているのは「ムラサキツユクサ」のようです。なにしろ繁殖力が強いらしく、次々と勢力を拡大します。ほっておいたら、一面ツユクサばかり。いままでは目の仇にしていました。妻がちぎり絵の題材に使ってから、少しは見直しましたが・・・。 見た感じではトキワツユクサがよさそうですね。一度見たいものです。

投稿: 茂彦 | 2006/06/26 11:32

ポージィさん、ありがとうございます。

実は、ずっと何だろうな~と思っていた花があったんですが、
ポージィさんのこの記事で、ムラサキツユクサだとわかりました。
これ、かなりのっぽさんですよね。

投稿: koko | 2006/06/26 12:49

リンクにTBをありがとうございました。
3品種とも一緒で、偶然でしたね。
うちの近くでは、ツユカサがいっぱいでトキワツユクサは少ないです。小さいので見つけてないだけかもしれませんが・・

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/06/26 13:03

ツユクサだー!!!
実はこれ、ずーっとずーっと探していたんです。
小さい頃に祖母の家(山形)で毎年見ていた光景が忘れられず、
(祖母はツユクサが好きで、庭中に繁殖させていました。
 私が青い花に執着あるのは、血かしら?!笑)
母に「山形でツユクサを見つけたら、掘り上げてきてくれ」と
頼んでいたのですが、見つけられずに早何年。。。
この写真(一番下)は、ポージィの家の近所ですか?
藤沢にも咲いているんですねぇ。感動。
種とか取れるものかしら?

投稿: tomona | 2006/06/26 13:32

ポージィさん、こんにちは。
普通の露草は一年草なのですね。
トキワツユクサは多年草ですか。
白も素敵ですね。
子どものころはよく見たのに最近はお目にかかれません。
アスファルトの道路が増えたせいですね。

投稿: 未歩 | 2006/06/26 13:41

こんにちは。
露草(ムラサキ)得意です、(笑)何しろ3色揃い踏みですので
それ以上~これ異常?
今も元気で何より元気で増え続けています。
茎も太くなり整理は大変になるのですよ。鎌、万能、力など
必要に…
トキワツユクサは良く見ていないような見ているのかも。

投稿: | 2006/06/26 13:47

露草や つわものどもが 夢の跡
・・・・???
あっ、あれは「夏草」でした(笑)
(↑こんなわざとらしいことを書き出すともう歳です)
もう一度。
梅雨草や 電車の中で 傘忘れ
↑お粗末すぎまっせ(^_^;)

潔い青、いい表現です。見てみたい。
一番上のムラサキツユクサだけ葉の形が違うようですけど。
それともトキワツユクサの葉だけが他と違うのかなぁ。

投稿: あまもり | 2006/06/26 15:14

ポージィさん、こんばんは~

ちょっとだけ、ご無沙汰してました

つゆ草、懐かしいですね~
昔は、最後の写真の青いつゆ草、
いたるところにあったように思いますが
この頃はちっとも目にしませんね
土曜日に私もつゆ草の写真を撮りました
ポージィさんのとはちょっと色が違うのですよ
後でアップするので、お暇な時に見てくださいね

投稿: glenn | 2006/06/26 19:41

★コメントありがとうございます★


◆LiLA管理人さん ♪

LiLA管理人さんにとって露草・花菖蒲・紫陽花といった花は、
じっとりとじめついた梅雨の季節と密接に結びついているようですね。
じとじと じめじめ むしむし(^^;) の季節は
こうした青系や白の花が爽やかさと涼を感じさせてくれます。
せめて目だけでも~~
そちらは、じとじと じめじめ むしむし とは縁なく過ごせそう…。
このところの九州地方は、まさに雨雨雨のようですよ。


◆茂彦さん ♪

「ムラサキツユクサ」、奥様のちぎり絵の題材になっていましたね。(^^)
放っておくとそんなにはびこるんですか。繁殖力の強い植物なんですね。
あんまりに逞しく増えすぎると、ちょっと小憎らしく感じてしまうもの。
お庭の中では量を調整するしかありませんよね。

トキワツユクサは白い花でなかなか清楚です。でも、これも放っておけば
増えるようですよ。この写真を撮った場所では群生していました。


◆kokoさん ♪

何のお礼を言っていただいたんだろう??って思いました(^^)
そうだったんですか、思いがけず疑問が解決☆よかったです~

そうですね、ムラサキツユクサは結構のっぽさんでした(^^)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

事後承諾の形でリンク&TBさせていただいてすみません。(^^;)
取り上げていた種類まで同じ3種で、思わず「あれぇ~一緒だ~」と
声を上げて拝見しました。
おーちゃんさんのほうが1日早くアップしておいででしたが。

うちの近くでも、トキワツユクサはそんなに多くないように思います。
今年写真を撮ったところでは、たまたま冬のうちから群生を見つけて、
咲くのを待っていました。


◆tomonaさん ♪

んふ(^^) 前にもツユクサへの思いをコメントしてくれたこと
ありましたね。つくばではまだ見かけませんか?
かってはどこでも見られたものなのに、この頃は減ったという声を耳にします。
そもそも「野草の生える道端」自体、減ってきてしまっていますものね。
今回写真を撮ったのは、どれも家から歩いて5分くらいの場所ですよ。
種はどうなんでしょう?ツユクサは一年草ってことですから、当然種も
あるはずですよね。種のこと意識して見たことありませんでした。

庭中にツユクサを繁殖させていらしたというお祖母様の感性、素適です。
ツユクサも雑草とひとくくりにされる植物のひとつですから…

うんうん、tomonaさんの「青」好きは血筋かもね(^^)


◆未歩さん ♪

子供の頃見たもの、私は「ツユクサ」しか印象に残っていないんです。
「トキワツユクサ」もあったのかしら??
「トキワツユクサ」は「トキワ(常盤)」の名前の通り常緑の多年草です。
この写真のものは冬にちょっと霜にやられつつもずっと葉をつけていたのを
見つけておいて、「本当に常緑だ~」と思いながら、花が咲くのを
待っていました。(^^)
馴染み深かった「ツユクサ」ですが、この頃では減ってきたという声を
聞きますね。未歩さんがおっしゃるように、アスファルトで固められた
道路が増えたせいかもしれません。


◆玲さん ♪

何を隠そう、私が「ムラサキツユクサ」を初めて見たのは、去年
玲さんのブログでのことでした(^^)
今年は3色揃い組みで見せていただきましたね。そうそう、ぼかし入りのものも。

えぇっ、そんな「鎌、万能、力など」駆使しないと抜けないほど
逞しくなるのですか!繁殖力も旺盛と聞きますし、お庭で量を調整するのは
なかなか大変そうですね(^^;)

トキワツユクサは、うちの近くではある所にはあるが無い所にはさっぱり、
という感じです。…って、どのツユクサも同じなので全然説明に
なっていませんね。ポリポリ


◆あまもりさん ♪

さらりと読んだらそのまま受け入れちゃいそう~(^^)
「露草や つわものどもが 夢の跡」
でももし本当に古戦場跡に露草の青い花が咲き乱れていたら、
花色が美しいが故に、無性に切なくなりそうな気がします。
「梅雨草や 電車の中で 傘忘れ」
アハハ(^o^)楽しい一句!こんな光景があちこちで見られそうです。

「ツユクサ」の花は朝のうちに咲いて半日くらいでしぼんでしまいますから
狙い時は朝です(^^)
秋までに、どこかでこの潔い青をご覧になれるといいですね。

葉の形は「ムラサキツユクサ」だけ細長くて違っていますね。
一方花の形は「ムラサキツユクサ」と「トキワツユクサ」で似ていて
「ツユクサ」だけちょっと違っています(^^)


◆glennさん ♪

こんばんは(^^)
う~ん、やっぱりglennさんも「ツユクサ」減ったとお感じですか。
夏の風物詩と感じている「ツユクサ」の青い花が見られなくなる日が
来たりしたら、寂しくて落ち込みそうです~(^^;)

glennさんが撮られたツユクサの色、どんななのかしら。
拝見するのが楽しみです。

投稿: ポージィ | 2006/06/26 21:58

こんばんは。
お久しぶりです。

ツユクサの「青」は本当に貴重ですよね。
紫色とか藤色の花はいっぱいあるのに、青い花って
少ないですね。
以前「花博」に行った時「青いバラ」というのがありましたが
どうみても青には見えませんでした。
本当の青って、虫の色彩認識力から見て見にくいとか
本能的に好きな色では無いのでしょうか?
最近、そんなことを考えます。
一番新しい「近所雑記」に「ジャガイモの花」とコメント
いれましたが、よかったでしょうか?

投稿: RAKUとび | 2006/06/26 23:17

子供の頃、青い花といったらツユクサしかありませんでした。
ワスレナグサを見たのは、中学生になってからでしたから。
ポージィさんいうところの「潔い青」、生活時間の違いで、萎んだものにしか出会えません。
生えてる場所も少ないですし。
なんとか出会います。

投稿: goro's | 2006/06/27 03:00

◆RAKUとびさん、ありがとうございます ♪

お久し振りです。覚えていてくださったんですね、感激です。
実は私はしばらくご無沙汰していて… いま、訪問してきたところです。
やっぱりRAKUとびさんが撮られる写真、好きです(*^^*)
久し振りに触れたRAKUとびさんの花や動物etc.へ向けられる優しい視線や
感動、それにくすりと笑っちゃうコメントに触れて、このところ自分が
ちょっと忘れがちになっていた、花を見たときの喜びや驚きといった、
カメラを向け始めたそもそもの動機を思い出しました。(^^)
「ジャガイモの花」も拝見してきましたよ。薄紫色のジャガイモでしたね。

真っ青な花って、ほんとに少ないですね。青いバラや青いカーネーションは
青の色素を持ってはいるそうですが、見た目には紫系に見えますよね。
必死で青い青いと言い聞かせながら見ても、やっぱり紫系に見えます。
自然界にある、この透き通ったようなまじりっけなしの澄んだ青(真っ青)は
とても貴重だと思います。
でも確かに、どうして青の花は少ないのでしょう…?
虫たちにあまり好かれないとしたら、生き延びてくるのは大変
だったでしょうし。特定の虫だけを誘っているのでしょうか。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

小さい頃周りにあった唯一の青い花がツユクサでしたか。
私も多分…春のオオイヌノフグリと夏のツユクサだけだったのでは
ないかと思います。
潔い青を、私はツユクサとデルフィニウム(マリンブルーなど)
以外には知らないような気がします。
(オオイヌノフグリはちょっと白が混じっているし…)

あぁ~~そうですね。
悟郎さんが咲いているツユクサに出会うためには早起きなさるしか
ありませんね。生活リズムが狂ってしまう~。
でもご覧になれるといいですね(^^)

投稿: ポージィ | 2006/06/27 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10506206

この記事へのトラックバック一覧です: ツユクサたち:

« ホタルブクロ見つけ | トップページ | 「ベニガクアジサイ」の色づき »