« キキョウソウ -道端の草花- | トップページ | ジューンベリーの収穫 »

2006/07/03

ドクダミ

ドクダミの花を「綺麗・可愛い」と思って見るようになったのは、いつ頃からだったのか…
何か、ドクダミの花の可愛らしさに触れた文を読んだか、絵を観たのがきっかけで
目から鱗が落ちるように、その可愛さに目覚めたのだったような気がします。

060526dokudami
 「ドクダミの植栽」?
 元々はサツキの植栽だったのが、
 いつのまにかドクダミにとって
 代わられていました。 
 ドラッグストアの横なので 
 薬と結びついて丁度いいかも…(^^;) 
 
 
  
060526dokudami_up 060606yaedokudami1
  < 普通の一重の「ドクダミ」 >      < 「ヤエドクダミ」 > 
 
ドクダミの白い花弁に見えるところは、実は葉に近い性質の総苞片で、真ん中に
突き出た黄色の棒状の部分が本当の花で、小さな花が密集しています。
 
八重ドクダミは、花を教わっている先生にいただきました。
十字形の花も清楚で素適ですが、八重は可愛らしさが強調されますね。
うちの狭い庭にドクダミを蔓延させるわけにはいかないので、鉢に植えました。
そのうち大きめの鉢に植え替えたら、来年はこんもりとした八重ドクダミを楽しめる 
かも、と密かに期待していますが、冬に地上部が枯れて消えてしまうのが
ちょっと寂しいかな。 この辺りのドクダミ、そろそろ花期が終わろうとしています。 

|

« キキョウソウ -道端の草花- | トップページ | ジューンベリーの収穫 »

コメント

何処にでもある「ドクダミ」、繁殖力は強い。
こんなに広く、一面にあると結構映えますね。
ちょっと珍しい風景です。
八重のものは、写真では見ても現物は見たことなしです。

園芸品種で班入りの葉っぱのものを見たことがあります。

子供の頃、おできの吸出しに焼いて柔らかくした葉っぱを付けてもらった記憶があります。でもあの臭いはすごい。

投稿: 夢閑人 | 2006/07/03 09:56

ドクダミを可愛いを思う者がココにも降ります\^o^/
八重のものはまだお目にかかったことないのですが
写真からも十二分に愛らしさが伝わってきますよ。
来年、こんもりした姿が楽しみですね。
ドクダミにどんな効果があるのかわかりませんが
お年寄りが世話してる畑のふちにドクダミが植えられています。
もしかしたら害獣や虫除け効果があるのかもしれませんね。

投稿: ちょびママ | 2006/07/03 10:53

ポージィさん、こんにちは。
閉鎖花してたnanbuです。(^^;)

ドクダミって、けっこうシックな姿なのに、名前でソンしてますよね。
それとも、臭いのせいでしょうか。(怖くて触った事はありませんが。)
十字形の花弁に見えるところは総芳片なんですか。
そんな目で見ると、真ん中の黄色の部分は、ミズバショウとかカラーの肉穂花序にも似てますね。(^^)

八重の花は初めて見ましたが、ほんとドクダミとは思えない可愛らしさですね♪

投稿: nanbu | 2006/07/03 10:54

これがポージィさんのヤエドクダミなのですね。
ドクダミは、勝手に生えているのか、わざわざ植えているのかわからないくらい、見事に繁っているところが多いですね^^。
こちらでも、ドクダミはもう終わりのようです。
今朝見たら、半分くらいの花は茶色くなってしまっていました。

投稿: koko | 2006/07/03 12:52

このドクダミの群生、宇治の三室戸寺に行く途中で何カ所か見ました。ドクダミもこうして固まって咲いているときれいだなぁなんて思いましたが、自分の家の周りでは見たくないとも。
いくら花が可憐でも、あの草の匂いがダメ(+_+)
草抜きで、このドクダミが生えていると後ずさりしてしまふ。
あの白い花弁は、花弁じゃなく葉に近い総苞片とは。
花になりたい願望の葉っぱや萼がけっこうあるんですね。
いや願望じゃなく、これはより目立つための策略か。

投稿: あまもり | 2006/07/03 14:49

ポージィさん こんばんは

どくだみの花は確かにネーミングの割には可愛らしいですね
けどね、あの匂いがね・・ どうも苦手です
でも、先日母が鼻がつまったときにどくだみの葉をもんで
ちょっと鼻にいれてました 驚くほど鼻が通るらしいです
匂いに耐えられる方はぜひ試してください

投稿: glenn | 2006/07/03 22:24

★コメントありがとうございます★


◆夢閑人さん ♪

丈夫で、放っておくとよぉ~く増えますね!
おっしゃるとおりで、一面に広がっていると結構見栄えがします(^^)

斑入りの葉の五色ドクダミは、私もネット上の写真でだけみたことがあります。
(そうそう、夢閑人さんもご存知のtonaさんもアップしていらっしゃいましたね)
あれは、花後も葉を楽しめていいですね。うちのは葉だけになったら
かなり地味~な様子になりました。

おできの治療に実際に使われたことがあるのですね。においはかなりきついです。
焼いて柔らかくした葉… ぉぉっ~~相当におったことでしょう(^^;)


◆ちょびママさん ♪

ちょびママさんもドクダミを愛でるお一人ですね(^^)
八重ドクダミ、かなりのお気に入りです。八重にとかくありがちなくどさが
まるでないのが気に入りました。
今年はいただいたものを植えて1週間ほど楽しめたでしょうか。
来年が楽しみです。

ドクダミの効能について「最強の薬草」「日本三大薬草のひとつ」といった
記述が見られます。薬効も幅広く、かっては民間薬として広く利用された
のではないでしょうか。
その名残が畑の縁のドクダミなのかもしれませんね。
虫除けや害獣除けの効果についてはどうなのでしょうか。


◆nanbuさん ♪

こんばんは。閉鎖花から通常開花に戻られましたね(^^)
閉じたお花の中で行われていたことは無事収束されたでしょうか。

「ドクダミ=毒矯み」「ドクダメ=毒溜め」の呼び名が一般的ですが…
「ジュウヤク=十薬」なら、いかにも薬効があるぞという名前ですね。
「ドクダミ」が一般的になったのは、やはり強烈なにおいのせいでしょうね。
でもあのにおいにこそ、強力な抗菌作用があるのだそうですよ。

ほんとですね、花の部分を見ているとだんだんカラーの花に見えてきます。
(ってことはないか… ^^;)
八重の花かわいいですよね~ nanbuさん's ガーデンにもいかがですか?
大丈夫触れても手ににおいは残りませんから。


◆kokoさん ♪

はい、そうです。この前コメントに書いたわが家の八重ドクダミでーす(^^)

薬局に行くとドクダミ茶を売っていますから、なかには栽培している
というのもあるかもしれませんね。
うちの敷地の隣でも、いつの間にか生えてきて放っておくとどんどん
殖え広がっていきます。

暗い色合いの葉色に真っ白な十字が映えてきれいでしたが、もうほとんど
茶色くなってしまいましたね。うちのも茶色くなってとろけてきたので
摘み取りました。葉っぱだけになると一重と八重の区別が付きません(^^;)


◆あまもりさん ♪

群生している様子の写真、ネット上でもいくつか拝見しましたが、
なかなか素適でした(^^)

あまもりさんはあのにおいが苦手ですか? 私は少しなら大丈夫ですが、
むしったりして濃厚に匂うとちょっと気持ち悪くなることもあります(^^;)
でも、あの強烈なにおいには強力な抗菌作用があるのだそうですよ。
十も薬効があるというので「十薬」という名前があります。
ほぉら、だんだんいい匂いに感じてきた~~

ほんとですね!花びらに見えて実は…っていうの多いですね。
花になりたい願望が強いのか、花がしっかりしないから仕方なく
目立つことにしたのか、どちらでせう。


◆glennさん ♪

こんばんは。
私は「可愛い花~」と思うようになってから、以前ほどにおいが気にならなく
なりました。といっても、まだ濃厚なのを嗅ぐと気持ち悪くなりますが(^^;)

へぇーっ、鼻詰まりにもそんなに効果があるんですね。
鼻が詰まっているときなら、においもわからなくて大丈夫かも!(^^)

私は、ちびまるこちゃんの作者のさくらももこさんがエッセイの中で、
痔になったときドクダミを揉んで肛門に詰めたらよく効いたと書いてあったのが
すごーく印象に残っています(笑)

投稿: ポージィ | 2006/07/03 23:02

大好きです、子供の頃から!
みんなは臭い臭いと敬遠してましたが、この匂いがあるからいいんだと、そう思ってました。
八重のドクダミ、ほんと仰る通り、八重のくどさがなくって、すっきりしてますよね。
今度は枯らさないでくださいね~~
ドクダミパワーで、夏をのりきりま~~す!

投稿: goro's | 2006/07/04 02:36

八重ドクダミは1箇所でしか見たことがありませんが、可愛い感じがしますね。
八重の繁殖力はどうなのか興味があります。あちこちで見かけるわけでないので観察はできそうにありません。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/07/04 10:17

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんはドクダミのにおい、へっちゃらなんですよね(^^)
いやいや、植物のあるがままの姿に理解がおありなのですね。
あのにおいがあるからいいというのは、まさしくその通りのようですね。

あ、去年いただいたのも、枯れていませんでした!他よりだいぶ遅れて
ひっそり1輪だけ咲いていました~(^^)
去年のはうちの敷地の外に植えてしまったんですが、そこ(国のものらしい)は、
うちが草取りするために足を下ろす以外まず誰も入らない場所。
八重の株をうっかり引っこ抜かないように気をつけていたら、来年以降
増えていくかもしれませんね。

だいぶ暑い日が続いています。ドクダミ茶パワーで乗り切ってくださいね。
血圧が高めの私も飲んだほうがいいかなぁ…


◆横浜のおーちゃんさん、ありがとうございます ♪

おかえりなさ~い(^^)

八重ドクダミ、私はいただいたこれしか実物を見たことはないんです。
くださった先生のお宅では「どんどん殖える」そうですが、自生株が
群生しているような場所もあるのでしょうか?どうでしょうね。
八重ということは種にあまり期待できず、地下茎で殖えるしかなさそう。
となると、離れた場所にどんどん勢力を広げるのは難しいのかも…
とも思いますが、実際はどうなのか私もわからない知らないことだらけです。

投稿: ポージィ | 2006/07/04 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10710437

この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミ:

« キキョウソウ -道端の草花- | トップページ | ジューンベリーの収穫 »