« 蛾と蝶 蝶と蛾 | トップページ | みもの -郁子と椿- »

2006/07/26

すばらしき造形美

ステキなものを見つけたんですよ~。
皆さんにも是非見ていただきたくて色々な角度から撮ってきました。 
面白いな、綺麗だな、素適だな と思っていただけるでしょうか。
まずはご覧くださいな。
 
060623sotetu_up1060623sotetu_up2060623sotetu_up3

   060623sotetu_up4   060623sotetu

右下の1枚で正体がお分かりになったでしょう(^^)
「ソテツ」の新芽の様子でした。ソテツといえばその葉の先端は肌に刺さるほど鋭く
硬い葉ですが、新芽は柔らかく産毛に覆われ、こんなすてきな幾何学的模様を
描いているのですね。初めての発見でした。

|

« 蛾と蝶 蝶と蛾 | トップページ | みもの -郁子と椿- »

コメント

うわ~!きれいですね!!
ポージィさんの感動が、写真から伝わってきます。

ソテツといえば、実には毒があるんですよね?
私は子どもの頃から動物が好きで、
よく学校の図書館からシートン動物記や、
椋鳩十さんの本を借りてきて読んでいました。
椋鳩十さんのお話の中の、犬の物語のひとつに、
ソテツの実をさらしていた水を飲んで、
死んでしまった犬の話がありました。
ソテツというと、私は必ずその話を思い出します。

投稿: koko | 2006/07/26 12:05

ホント奇麗ですね!
唐草模様って言うと和風に感じちゃいますが、
見事なアラベスクになってて。
ポージィさんが感激したのもわかります。
まさに自然の造型美ですね。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/07/26 12:25

こんなにきれにカールして。
まるでフランスの社交界にデビューするレディの髪ようですよ。素敵だ~。淡い緑色がまたきれい。
近くの堺市に、ソテツを並木にして、フェニックス通りと名付けられた道路があるんですが、そこも今こんなふうな新芽が見られるのかも。しかし、場所をはっきり覚えていない(^_^;

投稿: あまもり | 2006/07/26 12:30

こういう新芽の曲線は、数学的には解析的ハインリッヒ曲線になることが知られているんですよ。不思議ですね。自然のものなのに。。。。

嘘です。そんな曲線ないです。

投稿: LiLA管理人 | 2006/07/26 13:03

綺麗♪
いつも思うのですが、ポージィの視点はなかなか面白くて
植物を愛する気持ちがよく伝わってきます。
よく観察してないと、見逃してしまいそうな風景です。

投稿: tomona | 2006/07/26 17:02

イヤー、凄いカール!びっくりです。
みんなこうなるのかしら。それともこれだけ?
我が家のはまだ小さいので観察できないけれども
いつか大きくなったら見てみます。
植物の葉も赤ちゃんは軟らかいのですね。
素晴らしいカールに感激しました。

投稿: tona | 2006/07/26 20:17

★コメントありがとうございます★


◆kokoさんへ ♪

わーい、綺麗だと思っていただけた~(^^)
ソテツというと、硬い葉の先端でちくちく肌を刺される記憶がほとんど
だったのですが、新芽はこんなにも芸術的でしかも柔らかいんだと
感動しましたよ。

そうそう、ソテツには毒があるそうですね。実を食べるにはよくよく
水にさらすか、じっくり熱を通す必要があるとか…
なんと、椋鳩十さんのお話にはそのさらし水を飲んで犬が死んでしまう
ものがあるんですか!
人間も中毒死する人がいたということですが…悲しいお話ですね。
(シートン動物記は、私も愛読書でした ^^)


◆nanbuさんへ ♪

紋様にお詳しいnanbuさんにも是非お見せしたいと思っていましたが、
ご覧になっていただけてよかった(^^)

唐草模様というと、反射的に緑や紺の風呂敷を思い出してしまう私…(^^;)
でも、そうですね!幾何学模様というより唐草模様・アラベスクです。
人の作り出す模様の多くは自然界のものからヒントを得ているのですよね。
もしかしたら、このソテツの新芽もどなたかのヒントになっているかも。


◆あまもりさんへ ♪

クリンクリンの綺麗なカールですよね(^^)
「フランスの社交界にデビューするレディの髪」ですか。
あまもりさん、またファンタジー心を掻き立ててくださいますね。
だんだん、そのレディーが手に持つ扇の縁にも見えてきました。
まぁ堺市にはフェニックス通りなんて南国風の通りがあるんですね。
夏の始めの頃、フェニックス通りでは一斉にレディーが社交界デビューを
果たしているかもしれません(*^^*)


◆LiLA管理人さんへ ♪

なぬなぬ ハインリッヒ曲線? そは何ぞや!!??
クルクル曲線を描く新芽には、そんな法則があったの??
LiLA管理人さんって、私の知らないことたくさんご存知なのね

…って本気にしたぢゃないですか~ (^^;ゞ


◆tomonaさんへ ♪

綺麗よね~(^^)
ん、私の植物への愛がですか? 
クフッ ちょっとくすぐったいけど嬉しいお言葉です。
ブログを始める前は、私もきっと見逃していたんだと思います。
いまだにボーっとしてはいるけれど、長年気付かずに見過ごしてきたことに
少しは気付けるようになってよかったなって思ってますヨ。


◆tonaさんへ ♪

見事なカールは感動ものですよね。
多分ソテツの新芽はみんなこんな風になるんだと思いますよ。
このソテツは株の直径が1m以上になるものですが、まだ小さい鉢植えの
ソテツの新芽はどうなのでしょうね。ちっちゃなちっちゃなカールが
クリクリしていたりして(^^)
植物の新芽たち、たいていみんな柔らかくて初々しくて、可愛いですよ。
見かけると触らずにいられません。

投稿: ポージィ | 2006/07/26 22:23

小、中、高と、全て校門を入ったところにソテツがありました。
新芽が出る頃も見てるはずなんですが、こんなにカールカールしてたんですね。
ここまで伸びる前の、茶色い毛で覆われた新芽は記憶にあるんですけどね。
カールの微妙なズレ具合が、リアルですよ。
女性そのもののカールが伸びると、その後には本性が?
ウソウソ、女性を敵にはいたしません!

ヤブカラシの記事、リンクとTBさせて頂きました。
事後承諾、よろしくお願いします。

投稿: goro's | 2006/07/27 01:38

ポージィさん、始めまして。見事な造形美ですね。すばらしいです。ギリシャ彫刻のようです。が最後の写真を眺めていたら氣志團のリーゼント頭に似ているともふと思いました。スミマセン(笑)

投稿: はるきょん | 2006/07/27 09:49

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

小中高と!? 悟郎さん12年間もソテツをご覧になり続けたのですか!
そうそう。私も「茶色い毛で覆われた新芽」のほうが記憶にあります。
クリンクリンカールを見たのは初めてでした。
フフ…可愛い様子で油断させつつ、硬く鋭い切っ先を磨いているんですよ~(^o^)

ヤブガラシにリンクとTBですか?ありがとうございます(^^)
でも、あれれ?TBは成功していないみたいですね。


◆はるきょんさん、ありがとうございます ♪

初めまして!ようこそお越しくださいました(^^)

造形美に同感いただけて嬉しいです。
ギリシャ彫刻ですか、ぉおーなるほど!!
繊細な曲線がギリシャ彫刻の美しさと結びつきます。
…とニマニマ美の世界に浸っていたら、氣志團のリーゼント頭と
こられましたね。どれどれ?
最後の写真を見直して、思わず吹き出してしまいましたよ。
似てる~(^o^)

投稿: ポージィ | 2006/07/27 10:18

ポージィさん、きれいですね。
お写真に撮り収めていただいた
お気持ちよく分かります。
いかに見ていなかったか・・・。
こういうところにも着眼して教えてくださって
興味がわいてきました。
草としか知らなかったものも
名前をずいぶん覚えました。
ありがとうございます。

投稿: 未歩 | 2006/07/27 14:54

こんにちは。
ソテツ、懐かしい響きなのです。小中学生の頃より
我が家の店の中に大きな鉢でデンとありました。
子供の頃はただ大きい邪魔な物としか写らなかったのです。

確かに中心からは柔らかそうな葉が出ていましたね。
でもこの様に全体が柔らかそうではなかったので種類が違ったのかも、
凄く大きく先が尖っていましたから。

ステキな幾何学模様。それを上手く表現したポージィさんがステキです。

投稿: | 2006/07/27 16:29

◆未歩さん、こちらにもありがとうございます ♪

皆さんにいただいたコメントを拝見するうちに、もしかすると
このクルリンカールを見られたのは、相当ラッキーなことだったのかも、
という気持ちになってきました。私も初めて見ましたし。
皆さんにも見ていただけて本当によかったです(^^)

思いがけない発見というのはワクワクしますね。
未歩さんもお散歩のときに、そんなワクワクとお会いになれますように。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

玲さんのご実家はお店をしていらしたのですか。
そしてそのシンボルツリーがソテツだったのですね(^^)
それは懐かしいでしょうね。触れると痛い思いをしかねないソテツは、
元気に動き回る子どもにとっては、よけて通らなくてはいけない厄介者
だったかも、と思うとちょっと可笑しいような気持ちです。

私が写したのは中心の新芽の部分だけなので、全体が産毛があって
柔らかそうに見えますよね。
でも、この外側には硬く鋭くとがった葉がさらに大きく広がっていました。

お褒め下さってありがとうございます。こそばゆくも嬉しいです(^^)

投稿: ポージィ | 2006/07/27 18:51

ソテツの新芽
沢山押したものを持っているのですよ。
縦半分に切り押してあります。
どんな風に茂っているのかはまったく知りませんでした。
先輩の方が沢山持ってきてくださり押したのですが、一寸難しいです。
すばらしい画像を見せていただきました。
押したはいいですが、使い道がなく、でも大事にしています。

投稿: あやや | 2006/07/27 23:08

◆あややさん、ありがとうございます ♪

まぁっ!ソテツの新芽も押し花にしていらっしゃるんですか!?
でもイチゴだってできてしまうのですから、ソテツだってできるのでしょうね。
縦半分に切って、とのことですが柔らかな新芽といえど難しそうです。
やっぱりこんな風なカールを生かして押されたのでしょうか。
いつかパッとひらめくものがあって、あややさんの作品にソテツの新芽が
使われる日がきっとくるという気がします。楽しみですね。

投稿: ポージィ | 2006/07/28 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10824278

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしき造形美:

« 蛾と蝶 蝶と蛾 | トップページ | みもの -郁子と椿- »