« ニンジンの花畑 | トップページ | 星の精 »

2006/07/21

ハルシャギク

今日は明るい花色でいきましょ。

060703harusyagiku
 
 去年はたくさん見かけたのに 
 今年はさっぱり見かけなかった 
 「ハルシャギク」
 それでも、小さな一角で 
 群れ咲いている姿を 
 見ることができました。 
 風にそよぐ姿がいい感じ。
 
 
060708harusyagiku_mi 

 
 少ししてまた見に行くと 
 花後はこんな形に
 なっていました。 
 これから実が熟していくと 
 どんな姿になるのでしょう。
 

|

« ニンジンの花畑 | トップページ | 星の精 »

コメント

花弁の真ん中の模様が無ければコスモスみたいですよね。葉も似てるような気がします。
とんがり帽子の実がやがて丸くなる?
この花が一面に咲き誇っていると人の目を惹くこと間違いなし。きれいだろうなぁ。
野生化していると聞いてるけど、淀川、神崎川にはまだやって来てないようです。こちらではまだ個人の庭先でしか見たことありません。
川の堤防は一見野放図に見えて、ある程度管理されているのかもしれないと最近そう思うようになりました。

投稿: あまもり | 2006/07/21 12:07

わ~きれいですね。
元気がもらえそうな花色です。
こんなお花を部屋に飾ったら、
ちょっと落ち込んでいる気持ちも
明るくなりそうです。

投稿: koko | 2006/07/21 12:07

ポージィさん、
ちょうど蓮を見に行ったときに
たくさん咲いていたんですよ。
名前がわからなくて聞いたら、コスモスの種類だよ
って言われたんですが、違いますね。
「ハルシャギク」、覚えました。
中に表が黒味がかった赤で裏が黄色のものも
混じっていたんですよ。
それが1割ぐらいあったんですね。

投稿: 未歩 | 2006/07/21 12:11

ハルシャギク、今年は少なかったですね。
花後を見たいと思ってもどこで見られるか分からないぐらいです。
来年の咲き具合はどうなのでしょうか。ちょっと興味があります。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/07/21 17:30

わぁ~明る~い♪
黄色に赤、、生活の中ではあり得ない配色ですが
kokoさんと同じく 気分も変わってきます(^^)v

散歩に行くと色んな花に出会えますが名前がわかりません
ここへ来ると 本当お勉強になります
ただ、、忘れてしまうのは許してください(^_^;

投稿: miki | 2006/07/21 21:08

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ほんと、コスモスによく似ていますね。私は初めてこの花を見たとき、
初夏に咲く新種のコスモスかと思いましたよ。マジで(^^)
この、とんがり帽子の実は今後どうなるでしょうね。
確かめる間もなくある日忽然と姿を消すかも(^^;)

野生化するほど丈夫らしいですね。でも、ちょっと意外なことに
夏の暑さが苦手なんですって。ですから、暑くなる前に種を落として
その種がちゃんと冬越しして芽を出せたらOKですが、そういかなかったら
今季限りということになるのかも。
地下茎で生き残る多年草のオオキンケイギクのように大繁殖とまでいかない
理由かもしれませんね。
堤防の花に誰かの意図が働いている可能性、あるでしょうね。
うちの近くにある川沿いにも、ある年から突然コスモスが咲き始めましたヨ(^^)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

花の真ん中の蛇の目模様がいいアクセントでしょう?(^^)
初めて見たときから気に入った花なんですよ。
気持ちや天気が暗いときには、こんなふうな明るい花が
気持ちを引き立ててくれますね。


◆未歩さん、ありがとうございます ♪

蓮をご覧になりに行かれたとき、ヒメジョオンだけでなく
このハルシャギクもありましたかー(^^)覚えてやってください。
そうですね、コスモスとは科は同じでも属が違いますね。「似て非なる」です。
私は出会ったことがないのですけれど、園芸種には蛇の目模様のないもの
褐色のものなどの種類もあるそうですよ。
未歩さんがご覧になった色の濃いのはそうした中の一種かもしれませんね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんも、少ないと思われましたか?種が落ちてまた生えなければ
お終いのようですから、その関係で今年は少なかったのでしょうか?
来年は全く見かけない、なんてことになるかもしれませんね。
そんなのはちょっと寂しいですけれど。

投稿: ポージィ | 2006/07/21 21:21

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

あ、たしかに~ 普段の生活の中にこの配色のものがあったらちょっと
どぎつすぎるかも。(^^;)
でも、花としてならOKですね。その場も気持ちもパッと明るく(^^)

私、忘れることも楽しみを増やしてくれるんじゃないかと思っています。
一度読んだ本でも忘れちゃうと、次にまた新鮮な気持ちで読めますし。
って、これじゃ負け惜しみでしょうか~~(笑)
でも、マジな話、1回アップしてそれを見てくださった方が完璧に
覚えてしまわれたら、すぐにネタが尽いて面白みがなくなっちゃいます。
ですから、どんどん忘れてくださいね(^o^)

投稿: ポージィ | 2006/07/21 21:30

ハルシャギク、今年はまだ見ていません。
実もかなり面白い形ですね。
もともと私の環境では、ポージィさんの写真のように、咲き誇るような状態のものを見られる花ではなかったのですが、昨年に較べると少なくなった外出チャンスと、この雨のせいもあって、出会えておりません。
明日の天気はどうなのかな~

投稿: goro's | 2006/07/22 01:14

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんもご覧になっていませんか?明らかに去年より減ったと思いますよ。
少なくともうちの近所では、ですけれど。
唯一見かけたここは、市の小さな事務所の敷地の端っこ。
わずか1平方メートル四方程度の場所にわっと咲き乱れていました。
もっと広い場所のように見えちゃいますね(^^;)

今日のお天気は…「曇り」あたりでしょうか。
まだ大雨の続く地域もあるようですし、梅雨明けは平年よりだいぶ
遅くなりそうですね。

投稿: ポージィ | 2006/07/22 10:30

一見、コスモスに見紛う花ですね。葉っぱはコスモスみたい。
初めて見ました。

調べました。オオキンケイギクと同族なんですね。
葉が糸のように細長いのは、「イトハルシャギク」とありました。

投稿: 夢閑人 | 2006/07/22 10:37

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

ほんと、コスモスそっくりです。真ん中の模様がなかったら、ぱっと見には
見分けが付かないかもしれません。(^^;)
ご覧になるのは初めてでいらっしゃいましたか。
そうなんですね、オオキンケイギクと同じ属ということです。
「イトハルシャギク」の名前は知りませんでした。
教えてくださってありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2006/07/22 14:14

ハルシャギクというのですか?ということは、やはり菊科?
コスモスにも見えるし、私には小型のひまわりに見えたのですが、やはり違いますよね。よく見ると、ひまわりには似てないです。どこでも見れる花ですか?

投稿: 茂彦 | 2006/07/22 19:30

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

ピンポン~ キク科です。大正解。
キク科・ハルシャギク属(またはコレオプシス属)だそうですよ。
コスモスには似ていますねー。小型のヒマワリですか?花色は確かに
ヒマワリとも似ていますが、他の部分はヒマワリよりずっと繊細です(^^)

去年は近所のあちこちで見かけたのですが、今年はこの写真を撮った場所
1ヶ所でしか見かけませんでした。
全国的にはどうなのでしょう…??

投稿: ポージィ | 2006/07/22 20:47

 はじめまして。旅人誠太郎と申します。今日4月13日の誕生花の「ハルシャギク」を探している時にポージィさんのブログを見つけました。ポージィさんのブログは、花々が本当にきれいですね!すこしプロフィールを見せて頂きましたが、私もボーっとするのが好きです。ボーっとしすぎかもしれませんが!
 そうそう、「ハルシャギク」を紹介する為にリンクさせて頂きました。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 旅人誠太郎 | 2007/04/13 03:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10947660

この記事へのトラックバック一覧です: ハルシャギク:

« ニンジンの花畑 | トップページ | 星の精 »