« ヒメジョオン -道端の草花- | トップページ | ドクダミ »

2006/07/01

キキョウソウ -道端の草花-

画像でしか見たことのなかった「キキョウソウ」を初めて間近で見ました。
感激です~(^^) 場所は、とある乾ききった土の駐車場でのこと…。(6/19撮影)

060619kikyousou 北米原産の帰化植物だそうです。 
 小さな紫の花は「キキョウ」そっくりですね。
 花の直径は1.5cm程度、ニョロニョロと
 40cmほど伸ばした茎の先のほうに 
 咲いていました。どうやら茎の下のほうから 
 上へと茎を伸ばしながら咲き進むよう…
 
 何と、このキキョウソウもスミレと同じように 
 閉鎖花をつけるのだそうですよ。 
 ただし、スミレとは順序が逆で、 
 キキョウソウは春先から閉鎖花をつけ、
 夏になってやっとこうして花弁をつけ
 花を咲かせるのだそうですよ。
 面白いですね! 
 (花の右側の細い筋は別の植物です) 
 
風に揺れる長ーい茎をつかまえての片手撮り。今ひとつの写真ですし、葉の部分が
写っていませんね。茎をぐるりと取り囲むように…そうそう、ホトケノザのような感じで 
小さな葉が付いています。 

|

« ヒメジョオン -道端の草花- | トップページ | ドクダミ »

コメント

オキジムシロと同じようにキキョウソウも数の少ない帰化植物なんですね。
よくぞ見つけられたものです。
この花も子孫繁栄に知恵を絞った進化型なんだぁ。
スミレの閉鎖花は、ひっそりと子供だけを残す控えめ型。
キキョウソウは先に子供を残し、それを確認してから花開く自己主張型。
やはりアメリカの植物は主張するところはきっちりする(笑)
葉を検索して見てきました。お皿のような葉っぱから顔を出す蕾は親指姫のようでした。

投稿: あまもり | 2006/07/01 12:08

ここにあるJacob's Ladderというのに似ているような。。。
でもあれは雄しべが黄色なんですよね。

そうですか帰郷植物ですかいやなんでもないです。

投稿: LiLA管理人 | 2006/07/01 13:31

キキョウソウ、どこかで見ながら写真を撮れず、その後再会できないでいます。
閉鎖花も見たかったですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/07/01 19:47

よく見つけましたね。私にとっては、すべてが初めてで珍しいものばかりです。紫の可憐な花ですね。
これもワルナスビと同じ帰化植物ですか。

投稿: 夢閑人 | 2006/07/01 20:57

★コメントありがとうございます★


◆あまもりさん ♪

キキョウソウの閉鎖花は自己主張型ですか?なるほど~~ウムウム

見つけられたのは偶然だったんです。ラッキー以外の何ものでもないかも。
帰化植物というと、昨日のヒメジョオンのように大繁殖するイメージが
強いですけれど、あんまり増えないものもあるようですね。(^^)
この「キキョウソウ」なんてなかなか可愛いので庭に欲しいくらいです。
あまもりさんの「親指姫」みたいという表現、すごーく気に入りました(*^^*)
ホトケノザが蓮華座に座る仏様なら、キキョウソウは睡蓮の葉の上の
親指姫というわけですね。ええ、親指姫のように可憐な花でした。


◆LiLA管理人さん ♪

LiLA管理人さんが撮られた「ヤコブの梯子」拝見しました。
面白い名前に似合わず(?)可愛いですね!
「キキョウソウ」の方は別名「段々桔梗」というのだそうですよ。共通点あり。
花も似た雰囲気ですね。でも、キキョウソウのほうが花びらの先端が
とがっているし、ご指摘のとおりおしべの色も違いますね。
写真の花の後ろに見えているのが葉っぱですか?だとすると葉っぱは
かなり違う形をしていました。

ええ、帰郷植物だそうです。んん? 違う違う、桔梗植物ですってば。
あれ?


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさんもどこかでご覧になったことがあるのですね!
でも、そのとき限り?
私もこの写真を撮った、そのとき限り。他では見かけたことがありません。
このあたりでは珍しいのでしょうね。
周りに全然ないのに、このキキョウソウは一体どこからやってきたのか…謎です。

閉鎖花も見てみたかったです。いえ、もしかしたらあったのかもしれませんが、
閉鎖花を付けると知ったのは後のことだったので、咲いている花にばかり
気をとられて下の方をちゃんと見なかったのです。失敗でした。


◆夢閑人さん ♪

野草たちを見つけては調べると、実に帰化植物が多いことが分かります。
このキキョウソウはあまり自己主張も強くないし、なにより桔梗に
花が似ているので在来種かと思ったら、やっぱり帰化植物とのことでした。

これを見つけたのは本当に偶然です。遠くから紫の点を見つけ、
なんだろうと近づいてみたら、ネット上で見たことのあった花だった
というわけです。夢閑人さんも会われたことがないのですね。
可憐な花で、庭に欲しくなりますよね(^^)

投稿: ポージィ | 2006/07/01 21:45

私もサイトのあちこちで見かけてて、出会いたいと思っている花です。
まだ一度も出会っておりません。
帰化植物だったんですね。
桔梗という名前に、すっかり騙されて、山野草の1種だとばかり思ってました(また思い込みだ)。
気長に出会える時を待ってます。

投稿: goro's | 2006/07/02 01:37

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

会いたいと思いつつ会えずにいらっしゃいましたか~。
全く同じですね。あちこちのサイトで見かけて、可愛いなー見てみたいなー
と思っていた花。私は偶然の出会いが果たせました。
悟郎さんも、あるときひょいと出会われるかもしれませんね。
そのときは、1本2本ではなくたくさんとのような予感がします(^^)

小振りの桔梗の風情で咲くこの花、山野草に思えますよね。
よく似たのでヒナキキョウソウというのもあるそうです。
もっと増えないかな~なんていったら、お叱りを受けるかしら。

投稿: ポージィ | 2006/07/02 11:04

桔梗のお花にそっくりなのに ソウがつくとずいぶんと違うのですね。
ポージィさんはいろいろ小さなお花に気を配り
よく見つけられます。
私には始めてのお花がいっぱいです。

投稿: あやや | 2006/07/02 14:32

キキョウソウというのは一見したところではキキョウですね。どこがどう違うのやら?先日、珍しい閉鎖花について教えていただきましたが、キキョウソウも閉鎖花をつけるのですか?ほんと不思議な世界ですね。人間にも閉鎖人というのがあるかもしれません。朝から晩までパソコンに向かっていると、いまに閉鎖人になるかもしれません。気をつけねば・・・

投稿: 茂彦 | 2006/07/02 19:30

◆あややさん、ありがとうございます ♪

咲いた花は桔梗のミニチュア版ですよね。でも他はずいぶん違う(^^)
ネットで見た時点で可愛いなぁと気に入ったのですが、実際に見て、
さらに気に入りました。

自分の家の庭が猫の額ほどもないので、道端やよそのお宅の庭先などで
お花を探すのが楽しみになっています。
それで、たまに思いがけない出会いがあるのかもしれませんね。
ブログ記事のネタ集めのために、鵜の目鷹の目でキョロキョロしている
せいかもしれません~~(笑)


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

桔梗は直径3~4cmのもう少し淡い紫色の花を咲かせますよね。
このキキョウソウは直径1.5cmほどの花で、葉なども桔梗とは
全く違います(^^)
キキョウソウも閉鎖花を付けるというのは、他の方のサイトで知りましたが、
ほんと面白い生態ですよね。
閉鎖花を付ける植物は、まだ他にもあるようですし、地中で閉鎖花を
付けるものもあるそうですよ(^o^)

閉鎖人ですか?(笑)あれ~耳が痛いです。気をつけなくちゃ!

投稿: ポージィ | 2006/07/02 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/10624217

この記事へのトラックバック一覧です: キキョウソウ -道端の草花-:

« ヒメジョオン -道端の草花- | トップページ | ドクダミ »