« 垂れクック | トップページ | 蜂の事情 »

2006/08/29

初めましての「ガガイモ」

060810gagaimo 馴染みの花の科名や、他のブロガーさんの 
ところで目にしていた「ガガイモ」という植物。
以前ご紹介した「ブルースター」もガガイモ科
ですから、ぜひ「ガガイモ」本体の実物を 
見てみたいと思っていました。
日本全土で見られるということなのに、 
見かけることがなかったのですが…
嬉しいことに、先ごろ見つけたのです! 
 
初めての出会いの「ガガイモ」をここに 
記録しておこうと思います。 
 
ガガイモ:ガガイモ科・ガガイモ属
      花の直径約1cm、花期8月頃
 
060810gagaimo_hana 060810gagaimo_ha
    < 毛むくじゃらの花 >           < 葉っぱの形 >
 
秋、ふわふわの綿毛(種髪=しゅはつ)を持つ種ができるそうですが、 
種ができるときまで残っているかなぁ… (写真は8/10撮影のものです)
「ガガイモ」は、「古事記」の国造り神話の中にも登場する、古くからある植物 
とのことです。(ご興味のある方は「古事記 ガガイモ」で検索してみてください)

|

« 垂れクック | トップページ | 蜂の事情 »

コメント

ガガイモがみつかって良かったですね。
元気が良さそう。
種が飛ぶところまで見てくださいね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/08/29 12:26

縦に割れば舟の形になるガガイモの実に乗って大陸から出雲の国にやってきたと言われる少彦名命。
日本の薬祖神と言われているこの神さんも元を辿れば中国人だったのかと改めて思いました。
いえね、大阪の江戸時代からある薬の町、道修町(どしょうまち)に、神農(しんのう)さんと呼ばれている少彦名神社があるんですよ。
中国の薬祖神である神農氏と日本の薬祖神である少彦名命が祀られているんですが、ガガイモの実の逸話から両方とも中国の薬祖神だったのかと。
ガガイモの舟から、一寸法師がいきなりガラス玉に出てきた~。
ガガイモの舟に乗っている少彦名命は、中国から出雲へ。
お椀に乗っている一寸法師は、大坂から京へ。
漕いだ距離はかなり違うけど、よく似た話。一寸法師の話は古くからあった少彦名命の逸話からとったものかもしれないと。
ガガイモから勝手に想像の花が開きました(^○^)

投稿: あまもり | 2006/08/29 14:43

この花,なんだかヒトデみたいです.きっとクローズアップで写真を撮ると,ヒトデそっくりですよ.うへーっとなりそうなので,撮らないでおいてください.
それにしても旺盛に茂ってますね.まるでクズのようですね.

投稿: LiLA管理人 | 2006/08/29 15:30

こんにちは。また暑くなりましたね。
昨日のかわいい垂れクックちゃんはお元気ですか。
もしかしてお昼ね?

ガガイモは皆さんのブログで随分お見かけします。
残念ながら私はまだ1度も見られません。
いつか見たい花の1つになりました。
実を袋果とも言うのでしょうか、面白い形で中の種子が白い毛とともに飛んでいくのですね。
古事記の植物も今見てきたところです。いろいろあってホウズキなどもあったのですね。お陰さまで楽しませていただきました。

投稿: tona | 2006/08/29 16:50

ガガイモの花はよく見かけるけど袋果はまだ見たことがない。
あのフワフワの綿毛が詰まっているのを是非見てみたいんだよね。

投稿: 平家蟹 | 2006/08/29 19:16

 ガガイモの実、私も見たかったのですが・・・先日市より依頼を受けた業者が、道路の草刈りにやって来て・・・すべてきれいに片づけられてしまいました。
 いや・・・その他の雑草もなくなり、すっきりとはしたのですが・・・残念です。

投稿: もりかみ | 2006/08/29 20:46

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おかげさまで、やっと実物を見ることができました(^^)
元気は良さそうでしたが、蔓を伸ばしている場所がコニファの苗木の上、と
よくありません。見つかったら即とられてしまうでしょうね。
果たして実も見られるかどうか!?


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

さすが、歴史通のあまもりさん。鋭い観点と考察です(^^)
とっても面白いお話で、興味深く読ませていただきました。
私は少彦名命のこともつい最近知ったばかりです。
少女時代に読んだ古事記物語には出てこなかったので…(^^;)
神話やおとぎ話はつながりのあるものも多いかもしれませんね。
一寸法師のご推察、大当たりなのではないでしょうか。
あまもりさんの心の中を映すガラス玉もすごい~ウフ


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ほんとですね~~
普通に見るだけなら小さくてうへっとはなりませんが、
アップで見ると、ヒトデにそっくりそのまま、って感じですね。
高いところに咲いていたのでアップでは撮れなかったんですけど、
よそのサイトさんで10倍くらいの大きさのをしっかり見ちゃいました。
ちょっと花の真ん中に食われそうな気がしました…(^^;)

これでも、うちの辺りではクズのほうが断然優勢です~


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

垂れクックは、朝寝・昼寝・夕寝・夜寝…と、散歩とご飯のとき以外
ほとんど寝ています(^^;)今もどこかで。

ガガイモの花、私も今年が初めてでした。それも去年はなかった場所で。
tonaさんも思いがけない場所でヒョイと発見なさるかもしれませんね。

実は正確には袋果ですか?見てみたいですよね。
私が見つけたこの場所はコニファの苗木が並んでいる所なんですよ。
いつまで残っていられるか…


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

そうですか、花は見れど袋果には会えずですか。
花が多いのにどうしてでしょうね。実りにくいのでしょうか。
でも、今年こそは出会いがあるといいですね。
見つけたら舟遊びやクッション作りをしたくなりそう~
(って、それは私だけかしら? ^^)


◆もりかみさん、ありがとうございます ♪

もりかみさんが見つけられたガガイモも、拝見しましたよ。
白花のタイプでしたね。
あらま…草刈り清掃隊の手にかかってあえなく消滅してしまいましたか。
ガガイモさん、生えてきた場所が悪かったですね。
きれいにはなったものの残念。はい、そのお気持ちよーくわかります。
私の撮ったこのガガイモもいつまで残っていられるやら。

投稿: ポージィ | 2006/08/29 22:30

これですね、ポージィさんの出会われたガガイモは。
私も今年が初見ですから、ガガイモ同級生ってとこですかね(笑)。
ほんとですね、コニファに絡み付いてますね。
やっぱり実の季節までは無理なんでしょうか。
私も諦めてます。
側を通る度にチェックはしてますけどね(今日はまだありました)。
それと、2株目のガガイモにも出会ったのですが、今回はポージィさんと同じ、赤っぽい花でした。
白花には失礼なんですが、やっと人並み?のガガイモに出会えたと、喜んでおります(勝手ですね)。

投稿: goro's | 2006/08/30 03:01

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ん、そうですね!ガガイモ同級生(^^)/
実を見るのは、私もほとんど諦めてます。残念ですけどね。
悟郎さんはもう一株との出会いがおありになったのですか、やった!
これは期待できるかもしれませんよ。
って、期待しすぎてがっかりしてもいけなので、淡い期待をば~。
2株目は赤っぽい花だったんですねぇ。
おやおや、ふだんは白花好きの悟郎さんなのに(^^)

投稿: ポージィ | 2006/08/30 11:04

ポージィさん、こんにちは。
カガイモ、初めて知りました。
ブルースターと一緒の科だったのですね。
可愛い花ですね。

クックちゃんも可愛いです。
暑さももう少しの辛抱ですね。

投稿: 未歩 | 2006/08/30 13:47

◆未歩さん、ありがとうございます ♪

未歩さんも初めましてのガガイモだったのですねー(^^)
あるところにはいくらでもあるけれど、ないところには全然ない、という
タイプなんでしょうかね。(←今ひとつ意味が分かりませんが ^^;)

ブルースターとは、花の形が星型というところと茎を傷つけると
白い液が出るということが似ています。ふわふわの毛がつく種も。
あ、でもLiLA管理人さんの下さったコメントを拝見して以来
ガガイモの花はどーしてもヒトデに見えますが…(^o^;)

投稿: ポージィ | 2006/08/30 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11524184

この記事へのトラックバック一覧です: 初めましての「ガガイモ」:

« 垂れクック | トップページ | 蜂の事情 »