« ゴーヤのフェンス | トップページ | ひまわり どちらを向く »

2006/08/16

エノコログサ

060722enokorogusa
 
 道端のあっちでもこっちでも、 
 ネコジャラシこと「エノコログサ」が 
 この世の春(夏?)とばかりに
 揺れています。 
 
 まだ花なのか、もう実なのか 
 よく分からないけれど 
 たいていこんな具合に 
 細い茎の先に頭を垂れて 
 ごあいさつ はい、こんにちは 
 
 
060707enokorogusa2
 
   こんなのも見つけました。 

   穂の先が3つに分かれているの… 
   まっすぐ立っていました。
   そりゃそうよね、どっち向きに
   頭を垂れたらいいか困ってしまうもの 
 
 
 
 
 
 
060726semi_nukegara
 
  
 そして… ある葉裏には
 
 セミの抜け殻が 
 しがみついていましたよ 
 
 こんな場所でよく踏ん張れたね 

|

« ゴーヤのフェンス | トップページ | ひまわり どちらを向く »

コメント

ご無沙汰してました~
エノコログサ。
子どもは大好きですよね^^。
それにしても、三又に分かれているの。すごい。
セミの抜け殻は、夫の実家で見てきました^^。

投稿: koko | 2006/08/16 12:51

珍しいw(゚o゚)w<三つ又のエノコログサ
エノコログサはどこにでも生えているからあまり撮る気もしないけど
こう言うのを見かけると、また改めて見直すかも(^^;)

投稿: 平家蟹 | 2006/08/16 13:47

先端が3つに分かれたエノコログサ、初めて見ました~。
こんな突然変異もあるんですね。びっくり。
猫じゃらし、そう言えば似てますね。
私の子どもの頃はケムシと言っていました。
犬コロがなまったとか、犬の尾がなまってエノコロとなったと以前検索した時に出ていたけど、犬の尾と言うより、猫が興奮したり怒ったりした時の尻尾のほうが似てるんだけどなぁ。
真っ暗闇の土から出てきて、しっかりした木までは辿り着けず、ええいっ、もうしゃあない、とばかりに草にしがみついて羽化したような蝉の抜け殻。ちゃんと子孫が残せたのかなぁ。

投稿: あまもり | 2006/08/16 14:57

年と共に、エノコログサが美しいと感じるようになりました。
青々とした姿はすがすがしいし、黄金色に夕日に光ってるのも好きです。
でも、三つに分かれてるのは始めて見ました!
(これはスクープ映像ですね♪)

セミの抜け殻の写真も、とっても奇麗に撮れてて。
夏の切なさみたいなものを感じてしまいました。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/08/16 15:18

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

お帰りなさい(^^)
私も、エノコログサが好きな子供だった一人です。今でも好きです。
見つけると、わけもなくちぎって振り回したり、犬や猫の鼻先をくすぐったり、
手に包み込んでニギニギして毛虫~、なんてしたくなります。

セミの抜け殻、kokoさんも見ていらしたんですね。


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

どこにでもある珍しくない野草ですものね。見慣れすぎているかも。
私はコレ結構好きで、歩きながらいつもジーッと見てます(^^;)
アハハ 三又エノコログサで、見る目が変わりました?


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

こういう変異って、その個体にとっては決して嬉しいことでは
ないのでしょうけれど、やっぱり珍しいわね、って楽しんで見ちゃいます。
植物相手だからできることですね。(^^;)

あ、あまもりさんは「猫じゃらし」って呼んでいらっしゃいませんでした?
去年エノコログサを記事にしたときコメントを下さった方たち、
猫じゃらしって、呼んでいるという方が多数でした。
そうそう。私も犬に由来の名前と知ったときは、似てな~い、って
思いましたよ~。ボッ!と膨らんだ猫の尻尾のほうが似てますよね。

この場所、草避けに地面にカーペットが敷いてあった場所で、
野草達はその間をすり抜けて出てきているのですが、蝉が出てくるような
地面は見えていないんですよ。近くに穴も見当たらなかったし…
いったいどこから這い出てきたのやら。
でも、綺麗に抜け殻になっていましたから、きっと力強く飛び立って
ちゃんと子孫も残したんじゃないかと思います(^^)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

>年と共に、エノコログサが美しいと感じるようになりました

わぁ、全く同じです。
子供の頃から親しんできたエノコログサですが、この頃はその美しさに
惹かれるようになって(^^)
仰るように、まだ小さな初々しい頃のものから、黄金色に輝く頃まで
たくさんの魅力を持っていますね。
アハハ、三又はスクープ映像ですか?「私は八つ又を見た!」っていう
人もいらっしゃるかもしれませんね~

セミの抜け殻って、見るとなんだか切なさが伴いますね。
地上に出てからの命の短さを知っているからでしょうか。

投稿: ポージィ | 2006/08/16 17:57

これを見せてもらったあと外へ出かける用事があったので、道すがらエノコログサたちをずーっとチェックしましたが、三又も二又も見つかりませんでした。
やはりすごい発見のようです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/08/16 18:17

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

まっ、ご近所のエノコログサをチェックしてくださったのですね!
三又も二又もありませんでしたか。
私もこの時以外は見たことありませんし、…ふーむ
これはほんとにスクープ映像なのかも~~(^o^)

投稿: ポージィ | 2006/08/16 20:32

エ~~ッて、画面を見て喜んじゃいました。
こんな三又くんがいたんですね。
今年はエンコログサはいいかと思ってましたが、見る目が俄然変りましたね。
そこそこレベルで、チェックして見ます(笑)。
セミくんたち、草でも何でも利用するんですよね。
もう必死なんですかね。
よく見かけます。

投稿: goro's | 2006/08/17 02:59

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

思いがけず皆さん珍しがってくださって、ちょっとびっくり。
本当に珍しいものだったんですね~ (・_・) エノコログサ復権!?

セミくんたち、土の中から這い出てくるだけで疲れきってしまうのも
いるのかもしれませんね。どこでもいいからとにかくつかまって
脱皮するもんね、っていう気分なのかも(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/08/17 11:26

こんにちは。
暑いです。湿度が85%というと冷房の中でないと暮らせなくなりました。
エノコログサ、子どもの頃友達にこれでくすぐられた思い出があります。良く見ると雑草ながら味わいがありますね。
三つ又のよく見つけられたこと。楽しい発見ですね。突然変異でしょうか。
蝉は木にしがみついて脱皮するものとばかり思っていたので驚きですね。
10円玉の効果抜群で今年は本当に蚊が少ないです。

投稿: tona | 2006/08/17 14:04

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

こんばんは。今日の湿度はすごかったですね!
朝、暑くて暑くてすぐに冷房を入れてしまったのですが、
そのとき湿度88%と出てヒェェェ~~(^^;)私も高湿度はダメです。

エノコログサは遊び心を誘われる草ですね。私もよく遊びました。
この頃は、初夏から秋まで色々な表情を見せてくれるのを楽しんでいます。
三又のを見つけたのは全くの偶然でしたが、珍しいみたいですね(^^)

おっ!10円玉効果抜群ですか。良かったですね。(^^)v

投稿: ポージィ | 2006/08/17 21:14

ポージィさん こんばんは~

猫じゃらし派で~す
エノコロ草なんてハイカラな名前ブログを
見るようになって知ったような気がします
うちのみゆはいまだに遊びます(すぐ飽きるけど・・)

なんの具合で三叉になったのでしょうね?
ちょっと恐いような・・・

投稿: glenn | 2006/08/17 22:41

今晩は。
不思議な三叉、凄い発見かも知れませんが、その内これが多くなったら~
かわいい感じも致しますね。これでネコジャラシは豪華です。
何処にじゃれていいか解らないとか。
蝉の抜け殻私もUPしましたがよくぞふらふらの所でと思いますね。何か動くのを利用して脱皮してるのでしょうか。
本能や心理はどうなのでしょうね。

投稿: | 2006/08/18 19:50

◆glennさん、ありがとうございます ♪

お返事遅くなってすみません<(_ _)>

は~い、glennさんは「ネコジャラシ」派でいらっしゃいますね。
「エノコログサ」も「犬っころ」からきている、という説のある
名前なんだそうですよ。
みゆちゃんはちゃんとじゃれてくれるんですね(^^)可愛い~
そうですね。突然変異でしょうから、ちょっと…という気もしますね。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

三又ネコジャラシ、猫ちゃんたちは目の前でプラプラ揺れるのが
増えて、楽しみが倍増…じゃなくて3倍増!(^^)

あ、玲さんがアップされたセミの抜け殻も拝見しました!
玲さんが見つけられたのも、木の葉っぱという揺れる不安定な
場所にしがみついたものでしたね。
こういう場所を選んだセミ達の本音を、聞けるものなら聞いてみたいですね。

投稿: ポージィ | 2006/08/18 21:25

どう咲きゃいいのさこの私、
今はどうなっているのかしら??

蝉も最近は揺れる葉ッぱの裏で脱皮してる
姿を見つけますが、それだけ
木がすくなくなったのかしら?

投稿: あやや | 2006/08/19 08:21

◆あややさん、ありがとうございます ♪

「どう咲きゃいいのさこの私」には吹き出しました(^。^)
ほんとですねぇ。そんなぼやきが聞こえてきそうです。

草の葉にしがみついた抜け殻、あややさんもよくご覧になりますか?
こんな場所は不安定で…と思いますが、蝉としてはやむをえず
次善の策という場合もあるのかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2006/08/19 09:49

「ネこジャラシ」について少し調べてみようかな、などと思ってインターネットで検索しました。しかし、ネコジャラシという植物についての解説はなく、「ネコジャラシ」というタイトルのブログがいろいろ出て来ました。それはそれで結構面白いブログもあるのですが、みんな猫を話題にしたブログです。いやー参りました。ほんとは、純粋にネコジャラシを調べたかったのに・・・(笑)

投稿: 茂彦 | 2006/08/19 10:14

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

「ネコジャラシ」で検索してご覧になったのですね(^。^)
へぇ、ブログタイトルになっていることが多いのですか。
あ、そっか。猫好きの方たちのね。納得ですー。
思いがけなく、別方向の「ネコジャラシ」の知識が得られてしまいましたね。

「エノコログサ」で検索すると、その中に「ネコジャラシ」の通称も
登場しますヨ(^^)

投稿: ポージィ | 2006/08/19 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11367608

この記事へのトラックバック一覧です: エノコログサ:

« ゴーヤのフェンス | トップページ | ひまわり どちらを向く »