« エノコログサ | トップページ | 見られてる »

2006/08/19

ひまわり どちらを向く

060708kominka_himawari 
 
 古い民家の隣に咲いていたヒマワリ 
 古びた木造の板壁の暗い色調に
 映えるパッと明るい花色
 なんだかちょっと郷愁を誘われました。
 
 「ヒマワリ」は漢字で書くと「向日葵」
 いつもお日さまを追いかけて
 花の向きを変える、といわれていますが 
 このヒマワリ、3本3方バラバラです(^^;)
 
 
 
 
ところで、ヒマワリがお日さまを追いかけて花の向きを変える、というのは本当?
実は、ヒマワリの徹底した「お日さま崇拝」は、花が咲くまでの間だそうですよ。
花が咲くと「御来光礼賛」に変わります。
つまり、苗が育ち生長し蕾をつけるまでの間は、ちゃんと東から西へと首を
巡らすけれど、花が咲くと揃って東向き停止で動かなくなるのだそうです。
それで、広いヒマワリ畑のヒマワリたちは皆同じ方向を向いているのですね。 
そしてそれは東ということに。 
映画「ひまわり」の一面のヒマワリ畑のシーンを思い出します。

では、上の写真のヒマワリのような、スプレータイプはどうなるんでしょう?
どなたかご存じありませんか?(^^)

|

« エノコログサ | トップページ | 見られてる »

コメント

お日様崇拝のおはなし、興味深く読ませていただきました。
そうなんですね~。

私が子どもの頃は、ひまわりといえば背丈が2mほどもあり、花の後にはびっしりと種がつくものでしたが、最近ではミニで一本立ちのもの、ミニでつぎつぎ花をつけるスプレー咲きのもの、切花用に花粉の出ないものなどなど、いろいろな種類が出回っていますね。
ポージィさんのお庭にひまわりはないのですか?

投稿: koko | 2006/08/19 11:18

なるほど!3つ花があれば、どれかの花は必ずお日様方向にあるので、首を回さなくてもすむわけですね。。。
リス用に向日葵の種を沢山買っているんですが、連中、たまに何処かに埋めて忘れてしまうらしく、春になると思わぬ所から向日葵が芽を出します。

投稿: LiLA管理人 | 2006/08/19 12:08

ひと夏だけ ひまわりの種を蒔いたことがあります
(ほんと ただ蒔いただけです(^_^;))
あんまり日当たりが良くなかったのに 元気に育ってくれたおりこうさんでした
でも その年は台風が何回もやって来て倒れてしまい・・

背の高い花は 雨風との勝負に勝たないといけませんね
やっぱ我が家には 私に合わせて小さい花の方が向いてるかも(^_^)

投稿: miki | 2006/08/19 13:36

なるほど~、ヒマワリは花が咲くまでお日様を追っかけるのか。
私はてっきりあの大きな花が太陽に向いて動くのだとばかりに。
近所のヒマワリは東に向いているようで南にも向いているようで、う~んこれはちゃんと確認せねば。
スプレータイプは一番最初に咲いたが勝ちのような気がします。後から咲いた花はしかたなく他に向かざるを得ないと。みんな同じ方角を向いているとなにせ、根も茎も一つ。ちょっとした風で倒れてしまいそうでバランスが悪い。なんて説はどうでっしゃろか(^_^;

投稿: あまもり | 2006/08/19 14:41

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

なんですって。面白いですね(^^)
私は小学3年生の頃1度だけ、1本が2mくらいになる大きなヒマワリを
育ててみたことがあるんですけれど、そのときはどちらを向くかなんて
気にも留めませんでした(^^;)
でね、そのとき種が実るのを待っていたら盗まれてしまって、
それ以来育てたことがないんですよ~~ 
もういいかげんそのトラウマからは脱していますから、また育ててみたいなぁ
と思いつつ、まだ果たせていません。

今ではほーんと、いろんな種類が増えましたね。草丈30cm足らずで花を
咲かせているものを見かけたときは、なんだかなーと首を傾げてしまいました。
やっぱりヒマワリはある程度背丈があって欲しいです(^^)


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

あぁ、なるほど!そういう考え方もできますね。
確かに、3つあればどれかがお日さまのほうを向いていますよね(^^)

リスたちのしまい忘れのヒマワリが芽吹いて花を咲かせるって
楽しいですね。出てくる場所は毎年バラバラですか?
それともだいたい似たような場所?
「リスが貯蔵しておきたくなる場所の条件」なんて研究はできないでしょうか?


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

蒔いただけ、日当たりがよくなくても育った、こういうお話を聞くと
とたんにやる気が出てくる私です。来年は蒔いてみようかなぁ(^^)
背が高くなるヒマワリは、やっぱり風に弱いですね。
台風の風にはとても太刀打ちできなさそう。
来年蒔くなら、しっかと支えてやれる場所を選ぶべし、と。
身の丈に合わせるなら、うちも小さな花向きで~す(^^)
見下ろせるほうがラクチンでもありますね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

子供のとき、ギリシャ神話の中で、太陽の神アポロンに恋した水の精が
いつもいつもアポロンを見つめ続けていてとうとう大輪の花になってしまった
という物語を読んで以来、ヒマワリ花はいつも太陽のほうに顔を向けて
首を巡らしているのかと思っていました。
花が咲くまで、ということは大人になってから知ったのですが、
それでも、それまでの間は太陽を追いかけ毎日首を巡らすヒマワリが
なんだかいじらしいです。

なるほどなるほど!スプレータイプは最初に咲いた花が勝ち、そうかもしれませんね。
うんうん、あまもりさんの説はかなり有力、という気がします(^^)

投稿: ポージィ | 2006/08/19 16:18

ヒマワリとお日さまとの関係、初めて知りました。
オヘソが横についてるもんで、子供の頃かお日さまに向いて首を回すなんて、全然信じていませんでした。
じゃ、夜の間にもとに戻ってるのかよって、屁理屈こねてましたからね。
「御来光礼賛」だったんですね。納得です。
圧倒的に見かけることの多いスプレータイプですが、あっちこっち向いてますよ。
私も、先に咲いたモン勝ちだと思います。

投稿: goro's | 2006/08/19 19:30

◆吾郎さん、ありがとうございます ♪

初めてお知りになって、スッキリされたでしょうか、それとも…?(^^)
(私はこれを園芸会社の方のお話として聞きました。)

花が咲く前まで、東に昇り西に沈む太陽を追いかけて向きを変えることは
本当なんだそうですよ。それでね、夜の間にちゃんと西から東へ
向きを戻すんですって。面白いですね。
子供時代の吾郎さんは、へそ曲がりでもなんでもなく正しいことを
考えていらっしゃったんですよ~ うふふん
開花後「御来光礼賛」だけに絞る理由も知りたいものです。

スプレータイプの場合は、先に咲いたもの勝ちと、吾郎さんも
思われますか。そんな気がしますね(^^)

投稿: ポージィ | 2006/08/19 20:35

へぇ~、ひまわりってそんな秘密があったんですね。
知りませんでした。
子供の頃、怖がりだった私はひまわりの花に何度もビビらされてます。
友達んちのトイレを借りて何気なしに見た窓からトイレをのぞくひまわり(笑)
夜道、恐怖のあまり帰宅を急ぐ私の目に、塀から花の部分だけを出して風に揺れる幾つものひまわり。
何故かいつも見られてるって気になるんです。
そういえば、あの映画「ひまわり」のウクライナの地に一面さくひまわりの下には戦争で命を落とした兵士たちが。。。
あまりにも哀しい墓標ですよね。
そのせいではないと思うけど、夜、遠目に見るとひまわりって人の形に見えるんです。

投稿: ちょびママ | 2006/08/19 20:51

ほんと、茶色の板壁とひまわりの黄色の対比が綺麗ですね。
最近は板壁の外壁もあまり見かけないし。
いつか見た風景のような郷愁、私も感じます。
(麦わら帽子と虫捕り網が似合いそう)
でも、太陽を追い掛けるのは、蕾の時だけというのは知りませんでした。(・o・)

投稿: nanbu | 2006/08/20 07:44

近所のヒマワリは全部が下を向いていました。病気かも。
太陽を追っかけて顔を動かして夜の間に元に戻るというのはヒマワリが特に有名ですが、ほかの花も成長期は同じようなことをしているそうです。最近ある先生に教えてもらいました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/08/20 09:20

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ひまわりの花にびびらされたエピソードの数々、笑えました~(^^)
いやいや、でも分かりますよ。
私たちが子供だった頃、ひまわりと言ったら背高のっぽの大きな花と
決まっていましたもんね。あのデッカイ花顔が、思いがけない場所にあったら
ギョッとするのも無理ありません。(^。^)ククク…

映画「ひまわり」の一面のひまわり畑は、悲しみの標ですね。
明るく大らかなひまわりの花だけに、一層悲しみが増す映像です。
 
 
◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

この板壁のお宅、空き家になっているけれど、家の前にアサガオを植えたり、
ヒマワリを植えられたりしてオーナーさんが管理していらっしゃるらしいのです。
古い木造家屋とヒマワリの対比に感じた郷愁を、nanbuさんにも
分かっていただけて嬉しいです(^^)

>麦わら帽子と虫捕り網が似合いそう

そうそう!半ズボンにランニングシャツの少年が目に浮かびます。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ご近所のヒマワリは全部下向き…あらら うなだれていましたか。
たまにそういうのも見かけますね。茎が曲がる種類なのか、頭が重いのか、
おーちゃんが仰るように病気なのか。はて真相はいかに?

まぁ!そうなんですか。他の植物も生長期は太陽を追っかけて首を
巡らすのですか。それは知りませんでした。
面白いですね。生長期にはそれだけ日光を求める(光合成のため)
ということかしら?
ヒマワリは、あの太陽を思わせる花の形から、特に有名になったのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2006/08/20 10:11

一頃向日葵の模様の洋服などがはやりましたね。
確か1,2年で廃れましたが。すぐ飛びついて、すぐ飽きる日本人の本質が表われた現象でした。
向日葵は本当に夏の代表でしかもインパクトの強いお花ですね。
ポージィさんのお陰ですっきりと向日葵の向きに関して解決しました。ありがとうございました。もう咲く前のが見当たらないですが、咲いているのは東が多いです。
写真の三方に向いているの、面白いですね。
映画「ひまわり」よかったです。

投稿: tona | 2006/08/20 16:44

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

向日葵模様の流行… そう言われればあったような気がします。
その流行には乗らなかっとみえて、あまり記憶に残っていませんが…
ほんと、日本人は猫も杓子もワッと飛びついてシュ~ッと飽きますね(~ ~;)

向日葵の向きのこと、私も他の方に教えていただいたのですヨ(^^)
tonaさん、ご近所の向日葵の向きを確かめてくださったのですね。
東向きが多かったですか。よかった~ホッ

映画「ひまわり」は名作ですね。

投稿: ポージィ | 2006/08/20 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11428505

この記事へのトラックバック一覧です: ひまわり どちらを向く:

« エノコログサ | トップページ | 見られてる »