« フウセンカズラ | トップページ | 垂れクック »

2006/08/26

落果

060813kuri
 
 
 
 
 
     小さな秋 

     転がり落ちてきた 
  
 
     もうすこし待って… 
 
 
 
 *…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* 
 
上の栗の実とは無関係ですが、転がり落ちたということで
冥王星が惑星のグループ分けから外れたことを思い起こしました。 
ニュースや新聞では「惑星から〝格下げ〟」という表現がされていますが、
惑星ではなくなることがどうして〝格下げ〟なのか、とっても不思議に感じました。
「太陽の惑星」ってそんなに偉いの?

もうひとつ、インタビューに答える人の中には、あたかも今日限りで冥王星が
宇宙から消滅してしまうような言い方をする人が大勢いたことも不思議です。
名前が変わるわけでも位置が変わるわけでも、存在しなくなるわけでもないのに…
私たちの地球と同じグループではなくなるというのが何となく寂しい、という気持ちは
分かるけれど「冥王星自体は変わることなくそこにあるのよ」と言ってあげたく 
なりました。
 

|

« フウセンカズラ | トップページ | 垂れクック »

コメント

栗の果実、リキの散歩道の林に栗の木があり、今朝も道に落ちていました。なんだろうとリキ鼻を近づけたはいいけれど、「チクリ」おーこわ…
もうしばらくすると、熟した実が落ちる。早い者勝ちでなかなかおこぼれに与れない。

冥王星が、太陽系の惑星から発見から76年ぶりに外された。今まで惑星は太陽に近い方から「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星」(スイ、キン、チ、カ、モク、ド、テ、カ、メ)と覚えてきた。一番最後が無くなったので覚えるのに変わりはない。途中が抜けるとちょっと…
教科書が変わる。大変だろうが、お偉い人たちの決めたこと。

冥王星は今日も太陽の周りを地球と一緒に回っている。地球の二百何十倍と言う年月をかけて。勲章が一つ無くなっても、厳然として生き続ける。 

投稿: 夢閑人 | 2006/08/26 12:09

え,「ドテカメ」なんですか.僕は「どてんかいめい」と呼んでました.これからは「どてんかい」ですね.なんだか関西弁のよう.
惑星で無くったって,名前の付いた一つの星というだけなんだから何も変わる事は無いですよね.星占術の人たちは困るかもしれませんけど.

投稿: LiLA管理人 | 2006/08/26 13:56

ポージィさん こんにちは♪

暑い暑いと言っていても季節は確実に
過ぎていっているのですね
心なしかセミの声も淋しげに聞こえます

冥王星事件(笑) 冥王星にとって何一つ変わる事ないし
宇宙としても変わらないのにね~
太陽系の惑星の仲間から外されたって、
それってなに? かもしれませんよね~

大変なのは教科書を作っている会社でしょうね!

投稿: glenn | 2006/08/26 14:30

本当に今頃になって何故?と思うくらいに決まりましたね。
「矮惑星」ですって。
まあ、お陰さまで冥王星の命名者を知ることが出来ましたが。

栗ではありませんが、今日まだ青い小さな柿が落ちていました。さぞ渋いだろうなと思いながら横目で見て通り過ぎました。ドロップアウトのこの子たちは兄弟と生存不可だったのかとかわいそうに思いながら。

投稿: tona | 2006/08/26 15:28

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

栗の青い実、よく落ちていますね。
リキ君、大切な鼻先をチクリとやられましたか(^^)
うちのクックも、くんくん…とにおいを嗅ぎにいって
飛びすさったことがあります。あれもチクリ!だったのでしょうね。

夢閑人さんも惑星の並びをそうやって頭の字で覚えられたのですね。
私は、何故か暗記させられた覚えも習った覚えもないんですよ。
先生が宇宙の話はさらりと流してしまったのかしら?
宇宙の話は地学でしょうか?高校のとき地学は習ったはずなのですが…

そうそう。教科書などの変更が大変ですが、冥王星は「厳然として生き続け」て
いますよね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

LiLA管理人さんもそうやって並び方を覚えられたのですね。
ただし、遠い3つは頭2文字。
はい、「ドテンカイ」は、関西弁風ですね。「どてんかい、われ」とか?(^^;ゞ

惑星の定義から外れたことが、そんなに冥王星にとって不名誉なこと
なのかしらん、って感じの報道ですけれど、実は何も変わりませんよね。
占星術の方たちも、星の並びや軌道がが変わるわけじゃないので
影響ないんじゃないでしょうか?


◆glennさん、ありがとうございます ♪

もう秋は確実に近づいてきていますね。私の心にも早くも寂しさが
忍び込んできています。

名付けて「冥王星事件」ですか!(^。^)ウフッ
一部の方たちにとっては、まさしく一大事件でしょうね。
教科書会社の方たちなどなどには…
でも、人間が勝手に決めた所属グループが変わったからといって、
宇宙における冥王星の立場は何ら変化はありませんよね。


◆tonaさん、あいがとうございます ♪

これまでにも、冥王星を惑星とするのを疑問視する声は出ていたらしいですね。
同じような小さな惑星っぽい星が発見されたこともあって、
曖昧なところのあった「惑星」の定義づけをはっきりさせ、冥王星も
新たに発見の小さな星も、惑星ではないということになったのでしょうね。
「矮惑星」というのもなんだかヘンテコな名前。

青い柿の実もよく落ちています。うちの近所の柿の落果は、アスファルトの上で
ぐしゃっと潰れています。青いのに熟柿が落ちたときのような様子です。
ドロップアウトの子達、どういう理由で一緒に生長できなかったのでしょうね…

投稿: ポージィ | 2006/08/26 17:59

おっしゃるとおり冥王星は不変です。惑星の定義ひとつしっかり決められない人間のほうが、フラフラしていますね。
私の子供のころの記憶は、ドッテンカイメイです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/08/26 18:58

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ほんとに、人間の方がフラフラと軌道が定まりませんね。
おーちゃん、うまいこと仰います(^^)

おっ、おーちゃんは「ドッテンカイメイ」ですか!
ここへ毎日来て下さっている悟郎さんも「ドッテンカイメイ」
だったそうです。

投稿: ポージィ | 2006/08/26 21:14

ただいま~。昨日の夜に帰ってきて、大阪の暑さに既にだれています。
テレビで「どってんかいめい」と言うのを聞いて、思わずこけそうになりました。一時期「どてんめいかい」になった時も慌てましたけど(笑)
冥王星を矮惑星にしたのは、他のセレスやカロン、それから数字が一杯並んだ星の扱いに困った結果でしょうね。これらが惑星の仲間に入るとしたら、肝心の「すいきんちかもくどてんかいめい」が崩れてしまう。どうなるんだろうと心配(余計な)していたので、なんだかほっとしてます。別に教科書関係じゃないんですけどね(笑)
落ちた青い栗の実のアングルと短い詩、う~んうんまい!と思ってたら、これに冥王星の格下げを引っかけてるとは、もう最高~です!

投稿: あまもり | 2006/08/26 22:42

「スイキンチカモクドテンカイメイ」で覚えました。
不思議なもので今でもいえるから不思議~
九九なんて忘れちゃってるのに。
七の段なんてかなりヤバイ(笑)
ポージィさんの仰る通り、冥王星は不変です。

まだ青い栗がころんと落花してる写真、素敵ですね。
30秒くらい見入っちゃいました♪

投稿: ちょびママ | 2006/08/27 02:13

ドッテンの悟郎で~~す(笑)。
今回の太陽系惑星問題で、一番得をした人は誰でしょう?
なんと冥王星をなんとか惑星として残そうと、あの手この手の妙案をひねり出した国際天文学連合の議長さんです。
結果は彼(ら)の思惑とは正反対にはなりましたが、彼の名前は、新しい惑星の定義を決めた議長として、歴史に名を残すことになったとさ。
メデタシメデタシ。

投稿: goro's | 2006/08/27 03:45

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

わぁ~い、あまもりさんだ!お帰りなさい(^^)
旅先では涼しく過ごしていらっしゃったのですね。
帰ってきてみれば大阪は相も変らぬ厳しい残暑… こりゃ参りますよね。

んん?「どってんかいめい」とお聞きになって「ドッテ~ン!」と
こけるところだったのですか?危ない危ない。
あ、そうですね、一時的に「どてんめいかい」にもなったのでした。
私はこの並び方を暗記した覚えが全く何のですが、皆さん一生懸命
覚えられた方ばかりなんですね。
スイキンチカモクドテンカイメイの間にセロカロが入ったら
メイが無くなるだけよりはるかに修正が大変そうです。
教科書の作り変えも記憶修正も(^^;)

この青い栗の実の写真、自分でもお気に入りなんです。
お褒め下さってありがとうございます。うれしぃ~(*^^*)
最初は冥王星のことは書いてなかったのですが、思わず書き加えてしまいました。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ちょびママさんは「ドテンカイメイ」で覚えられたのですね。
「ドッテンカイメイ」は珍しいかと思ったら、夫は「ドッテン」だったそうです。
私は暗記した記憶がないんですよ~。なんでだろ…
ウフ 思わず九九を唱えてしまいました。「7×9=36」と呟いて
慌てて「63」と言い直しました。私も怪しいもんです(^^;)

栗の写真、ちょびママさんも気に入ってくださって嬉しいです(*^^*)
自分でもお気に入りなんですヨ。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

「ドッテン」さんがもう一人増えました。夫にも聞いたら、彼も「ドッテン」でした~

え?いちばん得をした人??
さぁー誰かしらと思ったら、なるほどね。そういうことになりますか。
確かに歴史に残る変更といえますから、その議会を率いた議長も
名が残りますね。
個人ではありませんけど、天文学もにわかに脚光を浴びて人気が高まりそう(^^)

投稿: ポージィ | 2006/08/27 14:26

娘たちは、セーラームーン世代なので、冥王星は、一大事のようです (笑)

投稿: 753 | 2006/08/27 16:41

今日、車で移動中、道端にポージィさんの写真のような青いイガグリが数個落ちているのをみました。
夫と、去年のキャンプのとき、キャンプ場で拾った栗を焼いて食べたことを思い出し、「おいしかったよね」と話していました。
ああ、キャンプに行きたいなぁ。

冥王星。
ポージィさんのおっしゃるとおり。
人間がどう思おうと、星ぼしにとってはどうということはなく。
これからの季節は空気も澄み、星が美しく見えますね。

投稿: koko | 2006/08/27 20:28

◆753さん、ありがとうございます ♪

お~なるほど! お嬢様たちにとっては一大事☆
私はセーラームーンは題名しか知らないのですが…
ヒロインが月と関係あるなら、他の星々たちも関連ありそう。
大丈夫ですよ~人間の勝手なグループ分けが変わっただけですから。
安心してください(^^)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

kokoさんもお見かけになったのですね。青いいがぐりの落果。
そうですか、そんな思い出が…(^^)
キャンプ、行けるといいですね。うちの夫も9月になったら行きたい!と
言ってますよ。

冥王星のこと、無くなっちゃうの!?とびっくりした子供たちには、
そんなことないよ変わらないよと、周りの大人たちが優しく教えて
あげてほしいです。

秋になると、星々も月も夜空に冴えるようになりますね。

投稿: ポージィ | 2006/08/27 21:59

実は私も、惑星の名前を覚えた覚え?がありません。(^^;)

おととい、今年初めてのツクツクボウシの鳴き声を聞きました。
奇麗だからこそ悲しく感じる時がありますけど。
この栗も、青々としてるから、よけい寂しく感じられますね。
画面左上の大きな余白に、ポージィさんの「もうすこし待って」っていう気持が詰まってるように感じました。
秋は、星も月も綺麗に見えますね。
9月になったら、ご主人と一緒に素敵な秋を見つけに行って下さいね♪

投稿: nanbu | 2006/08/28 06:54

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

安心しました。nanbuさんも惑星の暗記の記憶なし、でいらっしゃるのですね。
皆さん一生懸命覚えられたみたいなのに、どうして自分だけ?と、
覚えたという事すら忘れたのかと少々不安を覚えていたところです(^^;)

ツクツクボウシが鳴き始めると、秋はもうすぐそこですか?
今感じている私のこの気持ち、nanbuさんにはお見通しですね。
nanbuさんがご覧下さったレイアウトは自分が作ったレイアウトと
ちょっと違ってしまっているようですが、空間を開けて意図したことは
ドンピシャリつかんでくださっています。感激…(*^^*)

寂寥感に浸るばかりでなく、素適な秋も見つけられるといいのですが。

投稿: ポージィ | 2006/08/28 09:58

そろそろ、ポージィさんの記事もお花から・・・実のお話が聞けますね。

考えてみたると今年は自分自身、道ばたの草花に目を向けることが減ったような・・・
それが3年目の自分の心情を表しているのかもしれません。
気持ちに余裕が無かったんでしょうね。笑

日本に帰ったら、ちょっと一度深呼吸して、周りをもう一度見渡してみようと思います!(ってまた準備でバタバタしそうですが・・・笑。でも緊張感はこことは違いますからね)

投稿: SAKURA-MOCHI | 2006/08/28 11:42

皆さんのコメント見ていると、皆さん冥王星とか、惑星とか、いろいろ詳しいようですね。私は、どうもこの分野はあまり知らなくて恥かしい思いをしています。ニュースで見ていると、関連ある業界では大変なようですね。考えてみると、この世の中、知らないこと、分からないことがあまりにも多くて、この年になってもまだ右往左往しています。(-_-;)

投稿: 茂彦 | 2006/08/28 13:42

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

そうですね…もう秋がすぐそこに。(;_; ←暑さにへたばりながらも、
秋が来るのは無性に寂しいのです)
これから、道端の花はいよいよ少なくなっていって、今度は実の季節ですね。

SAKURA-MOCHIさん、今年はとてもお忙しそうでしたからね。
色んなことで心が占められているとき、どうしても道端にまで
目が行かなくなりますよね。
そんな中、多分大きな決断を下されてのご帰国されることに決定。
渡米も、そして今度の帰国も大きな変化のときということになりますね。

ご帰国されたら、少なくとも周りで飛び交うのは日本語。
その分だけでもリラックスできますよね(^^)
まずは日本の晩秋を眺めて深呼吸。それから、さぁ!と掛け声をかけて
新たなスタートを切れますように、と祈ってます。(まだちょっと早すぎ?)


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

ええ、びっくりですね。みなさんしっかり惑星の並びを暗記していらして。
私は宇宙のことはからきしダメですし、ほとんど習った記憶もないんですよ。

世の中のありとあらゆることを個人で全て知るのは無理ですよね。
知らないことは、決して恥ずかしいことではないと思います。
自分が知らないことがある、と知っている限りは。
ソクラテスも「無知の知」を説いていますし(^^)

教科書その他もろもろ、改訂を余儀なくされる会社などはさぞかし
大変でしょうね。想定外の出費に頭を抱えているかも…です。


投稿: ポージィ | 2006/08/28 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11569482

この記事へのトラックバック一覧です: 落果:

« フウセンカズラ | トップページ | 垂れクック »