« 初めましての「ガガイモ」 | トップページ | 花一輪 »

2006/08/30

蜂の事情

060822hatinosu_kara わがやの2階の浅い軒下に
 作られたアシナガバチの巣 
 ベランダから手が届く位置です。 
 7月半ばに忙しく働く6~7匹の 
 働き蜂を見つけ、
 どうしたものかと悩みつつ 
 そのまま放置していました。 
 先日そっと見てみると、 
 あらら もぬけの殻… 
 いったい何があったのでしょう 
 
060822asinagabati_su
一方こちらは、向かいにある
3階建て事務所兼住宅の軒下。 
これが目いっぱいのズームで 
よく見えませんが、直径10cmは 
ありそうなアシナガバチの巣です。 
こちらは、複数の働き蜂がせっせと 
お仕事中でした。 
 
 
 
わがやに掛けられた巣が、なぜ見捨てられたのか気になるところです。 
(こちらとしてはうっかり刺される心配も減り助かりましたけれど ^^;)

|

« 初めましての「ガガイモ」 | トップページ | 花一輪 »

コメント

ポージィさん こんにちは♪

蜂の巣、見捨てられていてよかったですね~
我が家でも、何回か蜂の巣がかけられていて
消防署の方に取ってもらった事があります
洗濯物の中に入り込んでいて
取り込んでから大騒ぎしたことも・・^^;

投稿: glenn | 2006/08/30 12:01

1.女王様がお亡くなりになった。
2.ヘッドハンティングで集団脱走。
 (お向かいの女王様に色目を使われた)
3.引っ越し
 (向かいの方が過ごしやすく、敵からも狙われにくい)
4.建設途中で資金が尽きて倒産。
四択です(^○^)

投稿: あまもり | 2006/08/30 12:15

私が子どもの頃住んでいた古い家は木の雨戸だったからか、
よくアシナガバチを見かけました。
もちろん、巣も。雨戸が巣作りの材料になっていたのでしょう。
でも、刺された記憶はないですね。

息子の小学校には、よくスズメバチが出没します。
年に何度も先生方がハチの巣の処理に追われているようです。
自然の少ない場所なのに、
蜂にとってはそんなのは関係ないのでしょうか。

アシナガバチさん、お引越ししてくれてよかったですね。

投稿: koko | 2006/08/30 12:54

あまもりさんの1番に一票(^^)/□

この春我が家も風呂場の窓の外にスズメバチだかアシナガバチが巣作りをはじめました。
幸いというか働いているのがまだ女王蜂1匹だけだったので
お出かけして留守の間に巣を鋏でチョッキン、
すぐ女王蜂が帰ってきたけど暫く元の場所をうろうろしていたけど
諦めて立ち去りました。
ちょっと可哀想だったけどさすがに風呂の外ではおちおち窓も開けられません(^^;)

投稿: 平家蟹 | 2006/08/30 13:07

あまもりさんの四択、面白く拝見しました。
そして平家蟹さん、早く見つけて上手に退治されたのですね。
ポージィさんの写真を見ますと、怖いです。
でもお向かいに行ってくれてよかったですね。心がけが良かったんですね。運のいいポージィさんです。分けて!

投稿: tona | 2006/08/30 16:13

我が家も先日、2階の浅い軒下に窓から手が届く位置にアシナガバチの巣の建設工事が始まりました。
無許可だったので工事を中止してもらいましたが、諦めきれないのか近くで工事再開の動きを見せたので再度中止命令を出しました。
 

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/08/30 17:06

◆glennさん、ありがとうございます ♪

勝手にいなくなってくれてほんとホッとしました。
あ、うちも1回業者さんに取ってもらった事がありますよ。
高い位置でよく見えなかったのですが、あまりに蜂が大きかったので
てっきりスズメバチかと思ったのです。実はアシナガバチでしたけれど。

そうそう、洗濯物に紛れ込んでくるのがいちばん厄介ですよね。
秋になってちょっと涼しくなってくると、お布団や洗濯物で
日光浴するのが増えますから~。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ウヒャヒャ 楽しいなぁ~。
あまもりさんってば、どうしてこういう楽しいことお考えになれるの(^^)
4択ですか?えー、どれにしよう。
真面目に答えるなら「1」かしら。
「4」もいいかなと思ったんですけど、蜂の資金って何だろうって、
それこそ真面目に悩んじゃいました。

あまもりさんご自身はどれをお選びになりますか?


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

うちの実家も木の雨戸だったんです(^^)
幸い戸袋の中に巣を作ったことはなかったと思いますが、
父は外で植木などの手入れをしていて、毎年のように刺されていました。
秋になると巣別れするのか、ちょっと攻撃性が増すような気が…。
私は、去年庭の手入れをしていて、昨夜kokoさんが蚊に刺された辺りを
蜂に刺されたし、父の蜂アレルギーがひどかったのでちょっと
神経質になっているかもしれませんー。

え、小学校にスズメバチが?それは勘弁して欲しいですね。
スズメバチの中には、街中や人家近くを好む種類もいるらしいですよ。
攻撃性が強いといわれるスズメバチが出没しては、生徒を預かる
先生方も気が気ではないでしょね。


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

あ、平家蟹さんもあまもりさんの4択ご参加ですね。「1」をご選択~(^^)

よりによって、裸といういちばん無防備になる場所の窓に…
そんな場所に作らないでよー、ですね。
発見が早く、平家蟹さんにとってもその蜂にとっても最小被害で
幸いでした。
私も、一度女王蜂が作り始めたばかりの巣を、ちょん切って
捨てたことがあります。お出かけから戻ってきた女王蜂、切り取った軸に
しばらく止まっていて、ちょっと可哀想でした。
そのうちにいなくなりましたけれど。平家蟹さんのパターンと同じですね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんの4択、楽しいですねー(^^)
平家蟹さんのように、まだほんの作り始めに気付けると、お互いに
被害がなく解決できるのですが、たいていは何匹かがぶんぶん飛び始めて
気付くんですよね。夏の初めにカロライナジャスミンの中に作られた巣を
ひとつ壊して捨てたので、またやるのは嫌だなぁと思っていたのですが、
勝手にいなくなってくれて助かりました。
私の心がけが良かったのでしょうか?案外わがやの毒気にあてられて
ほうほうのていで逃げ出したのかもしれません(どんな毒気じゃ…)。
tonaさんは、洗濯物に紛れ込んでいた蜂に刺されたことがおありなんですよね。
これから秋は、特にお気をつけくださいね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おやおや、うちと同じようなところに作り始めたのですね。
一度中止命令を出されてもなお粘るとは、よっぽどその場所が
気に入ったのですねぇ。
「だって、ここがいいんだも~ん!」
と女王蜂が言ったかどうかはわかりませんが。
今度こそ、命令を聞き入れてよそへ移動してくれたでしょうか(^^)

投稿: ポージィ | 2006/08/30 17:29

うちも何の蜂かわかんないんですけど
木に穴を開けて出入りしてるんですよ。
庭の隅の農具置き場の小屋なんですけどね
私のゴム長の中に粉々の木屑がたくさん入ってて
ん?って見上げると蜂が何匹も出入りしてるんですよ。
私もお引取り願いたいです。。。
何はともあれ、いなくなってくれて良かったですね。

投稿: ちょびママ | 2006/08/30 17:45

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

それって、前に書いてくださってた蜂の巣のことですか?
「木に穴を開けて」っていうのが気になりますねぇ…何蜂でしょ?
攻撃してこなければほっといても構わないでしょうけれど、
うっかり刺激して襲われないように気をつけてくださいね。
うちのと同じようにいなくなってくれるといいですけどね…
勝手にいなくなってくれるのがいちばんです~(^^)

投稿: ポージィ | 2006/08/30 17:59

子供の頃、我が家でもポージィさん家と同じように、途中で蜂たちがいなくなった巣をよく見かけました。
部屋数?が10個ぐらいの、小さいものもありました。
子供心に、成長して飛び立ったんだろうな~~って思っていたんですが、そうですよね、そんな訳無いんですよね。
鳥の巣立ちじゃないんですからね。
あまもりさんの4択だと、1ってことになるんでしょうか?
疑問にも思わなかったことが、時空を越えて氷解しました~~(大袈裟?)

投稿: goro's | 2006/08/31 01:48

おはようございます
我が家でも、倉庫の中とか軒下に作られていますが、
いつの間にかいなくなっています。
家族が増えて大きい家にお引越しかな?
と思っていますが、蜂には蜂なりの事情があるのでしょうね。

投稿: あやや | 2006/08/31 06:53

幸いにも、私はまだ刺された事がないんですが。
ポージィさんは去年刺されているし。
お父様は毎年のようにですか?
庭の手入れをしていて、というところが他人事とは思えません。
ちっとも神経質じゃないと思いますよ。
私も時々、熊蜂みたいのに威嚇されますが、ホント蜂は勘弁して欲しいです。(T_T)
もし、巣の建設現場を発見したら、私も即刻退去していただきます。

投稿: nanbu | 2006/08/31 07:45

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

途中放棄された蜂の巣、悟郎さんもよくお見かけになっていたんですね。
あはは、そうですね。鳥の巣立ちとはちょいと訳が違いますね。
でも、子供心にはそう思いますよ。
いやぁ、長い年月を越えて疑問が解けることほど爽快なことはありません!
(これもオーバー? ^^)

あまもりさんの4択は、やっぱり「1」とお思いになります?
盛んに活動するはずの時期に突然空っぽですから、女王蜂死亡説が
有力という気がしますね。


◆あややさん、ありがとうございます ♪

あややさんのお宅は緑がいっぱいですから、
虫たちもたくさん集まりますよね。
蜂も当然のことながら…。
やっぱり途中放棄の巣がありますか。
場所が気に入らなくなって引越し、女王蜂死亡、… …
蜂には蜂の事情があるのでしょうね。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

蜂は本当は人間にとっては「益虫」と言われているんですけれどね。
できれば人間の家の近くには巣を作らないで貰いたいものですね。
ついでにいうなら、間違って家の中に飛び込んでくるのもやめて欲しいです~
先日、ふと見上げたら天井のあたりをでっかいアシナガバチが
ぶんぶん飛んでました(汗;)
そっと追い立てて(クイックル○○パー使用)退出願いましたが。

そうそう、よく花の蜜を吸っているコロリンと丸っこい体形の
大きな蜂(クマバチ、マルハナバチ)は、攻撃性が低く穏やかな性格だそうです。

投稿: ポージィ | 2006/08/31 09:33

蜂、怖い~なぜって何度か刺されていますので今度刺されたら
アウトかもしれない、その様なことになってます。
どこかへお引越しする蜂の巣はよく見ますね。
後は小さいうちに撤去します、大きくならないうちに。
でも見事な建築物ですよね、努力家でもあるし、
蜂は高度な頭脳(本能)持ってますね。

投稿: | 2006/08/31 11:23

みなさん、ノリがいいですね。
のってくださったみなさまありがとうございます。

私はどれかって?
4の資金が尽きるです。
自分にとって現実的なんで(笑)
やはり1の死亡説が有力なようで。
女王さまが亡くなると働き蜂たちはどこへ行くのでしょう。
離れ蜂?
そんなのあり?

投稿: あまもり | 2006/08/31 17:51

◆玲さん、ありがとうございます ♪

ぅわ~ 何度も痛い思いをされたんですね(><)
蜂は1度刺されたら、もうこりごりって思う痛さですのに。
どうぞもう刺されませんよう、お気をつけください。

そう!蜂の巣は玲さん仰るとおり見事な建造物ですね。
アシナガバチの↑これも、スズメバチのもトックリバチのも…
地道な努力で少しずつ作られた芸術品。
巨大なスズメバチの巣を飾っているお宅もありますよね。
一度空になった巣にはもう戻ってこないと聞きましたので、うちのは
まだぶら下げたままにしてあります(^^;)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんの4択、皆さん楽しんでくださいました~(^^)

あまもりさんご自身は「4」ですか?
ぉぉ…そんな現実問題と照らし合わされてのご選択、身につまされますぅ。
けど、蜂にとっての資金って何でしょうね…?

女王蜂死亡説が正解の場合の、働き蜂の行方も気になります。
はぐれ蜂になって単独で生きていくのか、変異して自分が女王蜂に変身するのか、
はたまたよその巣にこそっと紛れ込むのか…。
今夜は、暑さのせいじゃなく眠れなくなりそうです。

投稿: ポージィ | 2006/08/31 18:50

いつ拝見してもポージィさんのブログ、そしてそのコメント、楽しいですね。話題もいろいろだし。ハチと聞いただけで恐ろしくなるような臆病者です。ましてやすぐ近くに巣があるとなると、余計怖い。しかし、みなさんのコメント、読んでいると愉快ですね。
アシナガバチとは一体どのようなハチなのか調べたら、面白いこと書いてありました。スズメバチの巣は強靭で洋紙、アシナガバチの巣は和紙にたとえられるとか。最大の天敵はスズメバチ。おとなしいハチだが、刺されると「アナフィラキシー・ショック」を起こすこともあるようです。

投稿: 茂彦 | 2006/09/02 07:05

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

私自身は話題性に乏しい人間ですけれど、皆さんのコメントで
盛り上げていただいて感謝してます(^^)

茂彦さんも蜂に痛い目に遭わされたご経験が?
それそれ、その「アナフィラキシー・ショック」のことがあるから
余計に怖いです。刺激しないようにさえすればいいのですが
知らず知らずに刺激していて怒りを買うことがほとんどですものね(^^;)

蜂の巣の性質を紙に例えた例、面白いですね。
スズメバチは洋紙でアシナガバチは和紙に、なるほど~と思いました。

投稿: ポージィ | 2006/09/02 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11583405

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂の事情:

« 初めましての「ガガイモ」 | トップページ | 花一輪 »