« 今年出合ったホオズキは | トップページ | 乙女たちのさざめき »

2006/09/27

タマスダレ bouquet

8月の終わり頃から目を引くようになってきた、「タマスダレ」の白い花。
これは、ちょっとした空き地に残され自生しているらしき一群れです。
だんだん数を殖やし、かたまって咲く姿は、まるで自然の手によって束ねられた
ブーケのように感じました。 (え、ちょっと無理があります? ^^;)
 
060909tamasudare 060909tamasudare_up
    < こんもり 純白のブーケ >         < 近づいてみると… >
 
「タマスダレ」:ヒガンバナ科・ゼフィランサス属、南米原産
         有毒ですから食べてはいけませんよ。 

|

« 今年出合ったホオズキは | トップページ | 乙女たちのさざめき »

コメント

ポージィさん、こんにちは。(^o^)
しっかり計算されてたnanbuです。(当たり前ですね♪)

これはまた、花数も多くて見事ですね!
まさに「自然の手によって束ねられたブーケ」がピッタリの形容だと思います。
植物にとっては、一番効率良く日照を得ようとしただけなんでしょうけれど。
それが、結果的に美しい姿になっているのも面白いですね。

投稿: nanbu | 2006/09/27 11:05

タマスダレと聞いて
すぐに さて、さて、さて、さては南京と歌ってしまいます。
これも有毒なのですか?
可愛くて清楚なお花って見かけによらないのですね。
スズランもそうでしたね。

このひとかたまりは、ブーケに見えますが、胸に抱えたら
一寸怖いブーケなのですね。

 

投稿: あやや | 2006/09/27 11:18

これ・・・タマスダレだったのね。
いえね、近所に咲いているこの花を見て、あれ?今頃スイセン?なんて思っていたのです。
ようく見たらスイセンとは花の中心の形が違いますよね(^^ゞ
あ~私の花知らずをバラしてしまった~。
ブーケに見えますよ。2輪ほど摘んで可愛いグラスに挿せばポージィですね。
有毒の花って美しい。ヒガンバナにしろ、トリカブトにしろ。

投稿: あまもり | 2006/09/27 11:44

自生すると、こんな風に広がるのですね。
庭や玄関先で見られるものは、たいてい横一列に並んでいます。
これもいい感じです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/09/27 13:18

華やかなブーケより、タマスダレのブーケの方がいいな♪
タマスダレってよくよく見ると非常にキレイな花ですよね。
見つけると必ずしゃがみ込んで、花が「ええ加減にせい!」ってくらい中までのぞきこみます(笑)
おーちゃん仰るように大体横一列に並んでるのしか見た事ないです。
ブーケに例えるあたりに、ポージィさんの乙女チックな面がチラホラ♪

投稿: ちょびママ | 2006/09/27 14:16

僕もこの秋、大好きになりました。
名前の由来はかなり無理がありますが(笑)、かたまって咲いていると本当に素敵だと思います♪
うちの周りにも沢山咲いていて、歩くのが楽しみです。

ところで、お願いがございます。
僕の方にこちらをリンクしても、よろしいでしょうか?

投稿: noodles | 2006/09/27 14:17

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

すみませ~ん、しないように、と釘を刺されていたのにしてしまって。
でも、こっちの事もばれちゃいましたね(^^;ゞ タラリ~ン

これ、年々殖えてきてついにこんな風になりました。
自然の手によるブーケと見ていただけました?よかった(^^)
ほんとですね。植物達は形を意図しているわけではないのに、
何やら美しい形が出来上がることがあって面白いです。


◆あややさん、ありがとうございます ♪

ウフフ 南京たますだれ♪ 口ずさんでしまいますね。同じです。

身近にある植物で、見た目は可愛らしくても有毒のもの、色々あるみたいです。
そうそう、スズランもしかりですね。
ちょっと怖いブーケですか?手に持ったブーケのお花を深読みしたら
ちょっと怖いブーケだった、ということが結構あるかもです~(^^;)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ご近所にもあるんですね(^^)
スイセンとはちょっと違いましたね。こちらは真上を向いて咲いていますし。
私も白状しますと、この花の名前を知ったのはつい2年ほど前のことです(^^;)

ブーケに見えますか?よかった。 
おぅ!ちっちゃな花束にしてポージィ! 嬉しいです(*^^*)

美しい花で有毒のもの、結構ありますね。毒にも薬にもなるものも。
トリカブトはまだ出会った事がないんですけど、とても綺麗だそうで
是非見てみたいです。そういえば、大分前にトリカブトの毒を使った
殺人事件までありましたが、専門家の手によって調整されると
強心や鎮痛の薬にもなるそうですね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

そうそう、よく見かけるのは玄関先などにライン状に
植えられた姿ですね。
鱗茎の分球が外へ外へと広がった結果でしょうか。
程よい大きさに丸くまとまって、なかなかいい感じでした(^^)


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

タマスダレのブーケ、いけますよね。
豪華絢爛の華やかブーケより、持ち手も花もお互いに引き立てあうかも(^^)

何気なくさらっと咲いているので、つい見過ごしにしてしまいがちですが
甘すぎない美しさで、しかも主張しすぎないところがまたいいですね。
ウフフ、ちょびママさんにそこまでじっくり見つめてもらって、
タマスダレは嬉し恥ずかしですね。

エヘ、乙女チック・ロマンチック・ファンタジーな世界に
すぐふらふらと足を踏み入れてしまいます~(もうすっかりバレてますね)


◆noodlesさん、ありがとうございます ♪

おぉ、noodlesさんもファンでいらっしゃるんですね。
俯いて、花に微笑みかけながら歩いていらっしゃる姿が目に浮かびます(^^)
可愛いけれど甘すぎない、綺麗だけど派手ではなく清楚感がある
…といった微妙なバランスが魅力かなと思っています。

リンクの件、ぜひお願いします。ありがとうございます♪
私の方はお願いにも上がらないうちに、リンクブログ・リストに
入れさせていただいてしまいました。事後承諾をいただく形ですみません。

投稿: ポージィ | 2006/09/27 14:59

あややさんと同じく「さては南京たますだれ~」が出てきてしまったmikiです
そして 最近よく見かけるこの花の名前が「タマスダレ」ということも初めて知りました(^^)

見た目の可憐さとは違って有毒とは・・
えっ、すずらんもですか!
知らなかったぁ(^_^;

投稿: miki | 2006/09/27 15:45

今晩は。タマスダレはブログで覚えました、そして外出した時塀の脇などに咲いているものがこのお花なのかと見ていますが
写真の方が早く実物はそれから~色々勉強になります。
大きさ的にピンとこないでいました、サフランかななど、最近多く植えられているのでしょうか?
気にしてみるからでしょうね。今頃丁度で、丈夫でもあるのでしょうね。

投稿: | 2006/09/27 20:03

先日の巾着田の近くの農家で1列に咲いているのを写しました。そう、1列なんです。
ブーケ風珍しい植え方ですね。
さすがポージィさん、表現というか見方がお花の先生です。

ああ、ヒガンバナ科なのですね。そして毒なところも同じ。

投稿: tona | 2006/09/27 21:14

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

あ、さて、さて、さては南京玉すだれ 
耳についちゃってしばらく鳴り続けそうです~~(^^;)

mikiさんのほうでも咲いているんですね。さりげなく門の脇に
植えてあったりしませんか?細いボーダー花壇になっていたり。

毒を持っている植物、っていうのは、身近に意外とたくさんあるんですよ~。
スズランもヒガンバナもそうですし、スイセン、福寿草、朝顔、
アセビ、チョウセンアサガオ類も。ちょっとびっくりでしょう?
毒の強さは色々なのかもしれませんけれどね。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
きっと玲さんも見かけていらっしゃると思います(^^)
そうでした、大きさを書いていませんでしたね!
花が開いた状態で直径5cmくらい、草丈は20cmくらい、と
いったところです。葉は細長くてすっと伸びています。
常緑の多年草で寒さに強く、丈夫でよく殖えるそうです。
うちの辺りでは、門扉の脇のちょっとしたスペースなどに
植えているお宅をよく見かけますよ。

仰るとおりで、サフランに似た雰囲気がありますね。

投稿: ポージィ | 2006/09/27 21:16

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

巾着田のほうでご覧になっていらしたばかりでしたか。
狭いスペースに植えられるので、ちょっとした隙間にラインで
植えていらっしゃるお宅が多いようですね。
私が見かけたこれは、いちばん最初のことは知りませんが、
空き地の真ん中に生えて(植えられて?)いて、年々殖えて
円形が大きくなってきました。自然とそうなったみたいですよ。

ヒガンバナ科のものは毒を持つものが多いですね。
ヒガンバナ、タマスダレ、スイセン…

投稿: ポージィ | 2006/09/27 21:25

私もそろそろアップしようかなと、準備してたところでした。
ほんとですね、こんもりといい感じに広がってますね。
ブーケそのものです。
私が見かけるものも、ほとんど一直線ばかりです。
この株だと、主役でいけますね。

投稿: goro's | 2006/09/28 00:45

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんはタマスダレの花を何に例えられるのかしら…?
楽しみです。これまで貴婦人などありましたが(^^)

毎年そこに咲くのを知っていると、その姿が当たり前に
なってしまうのですが、改めて思い起こしてみれば、
他の場所では大抵ライン状に植えられていますね。
自然にこんもりまぁるくなってきた殖えてきた様子を
見られたのは、貴重なことなのかな。
その価値をもっと認識しなきゃいけませんね(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/09/28 09:49

きれいですね!
硬そうな地面なのに、きれいに咲きそろっていて、
ほんとにブーケみたいです。

投稿: koko | 2006/09/29 12:55

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

この空き地、草が生えていないところを見ると、草取りの手入れは
されているみたいです。
が、このタマスダレは自然のままに任せてあるようなんですよ。
年々円が大きくなってきて、今年はちょうどこのまま束ねて
ブーケにしたくなるような大きさになりました。

投稿: ポージィ | 2006/09/29 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11890408

この記事へのトラックバック一覧です: タマスダレ bouquet:

« 今年出合ったホオズキは | トップページ | 乙女たちのさざめき »