« やっと会えたね ヤブラン | トップページ | キバナコスモス »

2006/09/23

虐めないでね…

060903mamakonosirinugui_hana 久し振りに川沿いへと 
 足を運んだところ、 
 今年はたくさん見つけました。
 「ママコノシリヌグイ」
 …酷い名前を付けられた野草。
 漢字で書くと「継子の尻拭い」。
 こんな発想が生まれるほど、継子は
 酷く虐められていたんでしょうか。
 そんなこと信じたくありませんが。
 
 直径1cmくらいの蕾のかたまりは、色といい形といい「金平糖=コンペイトウ」 
 そのものですね。 
 花が開くとこれまた可愛いのですが、残念ながら開いていませんでした。 
 
060903mamakonosirinugui_toge 
 下向きに生えた鋭く硬い棘。
 引っかかれると、僅かな刺激でも
 傷ついてすごく痛いのです。
 これでお尻を拭いたりしたら
 泣くくらいでは済みません… 
 ヒェェェ~~(;_;)
 
 
 
 「ママコノシリヌグイ」とよく似たものに「ミゾソバ」や「アキノウナギツカミ」といった
 イヌタデ属の仲間がいます。皆さんトゲトゲの持ち主です。 
 
060903mamakonosirinugui_ha 
 「ママコ…」と「ミゾソバ」は 
 本当によく似ていますが、
 葉の形が少し違います。
 「ミゾソバ」の方が葉のラインが
 丸みを帯びていて「ママコ…」は
 直線的で尖っているとのこと。 
 私が見つけたのは、多分
 「ママコ…」だと思います。 
 
 
 「ママコノシリヌグイ」 : タデ科・イヌタデ属  別名「トゲソバ」
                (こちらを本名にすればいいのに ↑) 

|

« やっと会えたね ヤブラン | トップページ | キバナコスモス »

コメント

本当にむごい名前ですね。継母の方がまま父より怖そうですね。こんな棘のあるのでお尻を拭くなんて。
名前とはうらはらになんて可愛い色と形でしょうね。
なるほど金平糖ですね。
アキノウナギツカミというのもへんてこな名前ですね。
来年になると今年覚えたこの花の名前、忘れているのが多いのです。

投稿: tona | 2006/09/23 19:30

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

継母と継父と、実際のところ怖い人が多いのかは分かりませんが、
何かというと槍玉に挙げられるのは継母のほうですね。
優しい方もたくさんいたでしょうに。

この植物だって、こんな名前をつけられていい迷惑ですよねぇ。
アハハ(^o^)アキノウナギツカミは、トゲトゲがあるのでこれを使えば
ウナギがつかめるだろうということのようですよ。
それにしてもへんてこりんな名前ですね(^^)

私も、ほかの方のブログで拝見したのはすぐ忘れますし、自分で調べたのすら
忘れることがありますよ~
忘れていただいたほうが、何度も同じ花を載せられて、
ネタに困らなくていいかもしれません~~(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/09/23 21:13

ママコノシリヌグイは見つけると、開花しているのを撮ろうとしていました。
こういうふうに開花前の姿のほうが可愛いかもしれません。
今度やってみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/09/24 09:27

こんにちは。
ママコノシルヌグイと言うのですか、驚いてビックリ(笑)
なんと云う名のつけ方なのでしょう。
可愛いお花なのに、信じられましぇーん。
コノ棘には何か意味があるのでしょうね、凄いから。
あーこわ~

投稿: | 2006/09/24 10:30

思わず吹き出してしまうような名前ですね。
野草ってお花が可愛らしいのに、
どうして名前が変なのでしょう。
生まれも育ちも悪いから・・・
野草だってお花なのに
オオイヌノフグリ、ヘクソカズラ
なども可愛らしいのに本当にかわいそう。

投稿: あやや | 2006/09/24 11:09

なんという名前がついてるんでしょ( ̄0 ̄;)

「継母」と書くとそうでもないのに
「ママはは」という言い方はイメージ悪いですよね
シンデレラの物語にはあったかな、、

今時 言う人も居なくなってるし

>(こちらを本名にすればいいのに ↑)

賛成(^^)v 

投稿: miki | 2006/09/24 12:49

アキノウナギツカミとミゾソバは見たことあるのですが、残りのこのママコノシリヌグイは見たことないのです。ここで見られてこれで3種そろい踏みだ(笑)
アキノウナギツカミやミゾソバよりもこのママコノシリヌグイのトゲが鋭いし多いように見える。
でもワルナスビやイシミカワより増しかな?上には上があります。

投稿: あまもり | 2006/09/24 17:58

いいなあ、ママコノシリヌグイに出会えて~~
この泣き言、あちこちのブログでコメントしてます。
実は私がママコノシリヌグイと信じて追っかけていたものは、実は別物だったということが、つい最近判明しました。
今年も出会えずに終りそうです(泣)。

投稿: goro's | 2006/09/24 19:18

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんはもう何度か見つけていらっしゃるのですね。
蕾のままでも可愛いですけど、咲いた様子をよそのサイトさんで
拝見したら、それもと~っても可愛らしかったです(^^)
おーちゃんの「ママコ…」も楽しみにしていま~す!


◆玲さん、ありがとうございます ♪

ママコノシリヌグイ…すごい名前を付けられた植物ですね。
私も、図鑑で初めてこの名前を見つけたときは驚き桃の木山椒の木でした。

この棘は、虐待をするためのものではなく(^^;)、他の植物に
つかまって上っていくためのもののようですよ。
人が山登りをするときピッケルを使うようなものでしょうか…


◆あややさん、ありがとうございます ♪

まったくですね…。野草にはおかしな名前を付けられてしまったものが
色々あります~。
私は色々ある中でも、この名前がいちばん嫌いです。
この植物にも、継母さんたちにも悪いイメージしかもたらさないんですもの。
もうちょっと考えて命名するべきでしたよね。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

あ然としてしまう名前ですよね。
植物にも継母さんたちにも失礼ですよ。昔の日本人の間では
こういう考えが一般的だったってことでしょうかねぇ…(-_-;)
あ、シンデレラでも白雪姫でも継母は悪い人になってましたね。
じゃ、世界的に?(><)

命名した人は、これがユーモアのつもりだったのかなぁ…


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あ~私はあまもりさんと逆です。アキノウナギツカミとミゾソバを
見たことがありません~
あまもりさんには3種そろい踏みしていただけて良かったです(^^)v
ほぅほぅ、ママコノシリヌグイの棘は特に鋭いですか?
つい先日また見かけて、そっと指で触れてみたんですが、確かに、
細く硬く、そっと触れただけでスッと刺さってくる鋭利さでした。
そうですね。ワルナスビなどのあの猛烈な棘は、よっぽど厚手の
ものを身につけないと防御できそうにないですから、こちらの棘は
まだまだかわいい方ですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

あれ~?
悟郎さんが楽しみにしていらした、あの葉っぱの主…
ママコノシリヌグイではなかったんですか?
ん、まぁそうですねぇ。コレ↑とはちょっと葉の形は違いましたが。
それじゃ、正体はなんだったのでしょう?

う~ん、どんなところを好んで生えるんでしょうか。
ひょんなことから見つかるといいですね。

投稿: ポージィ | 2006/09/24 20:29

私も皆様と同様の意見です・・・
で、ポージィさんの文章に、またしても「ほーーーう」です。
野草って、ほんとにすごい名前のものが多いですよね。
とってもかわいらしいのに、ハキダメギクとか?

投稿: koko | 2006/09/24 23:23

ポージィさん こんばんは~

これがかの有名な「継子の尻拭い」ですか~
可愛い花なのにね~
逆さに生えているとげというのがビミョウですね

こんな名前がつくくらいだから
昔の継子虐めは陰湿なものがあったのでしょうね
いやだね~

投稿: glenn | 2006/09/25 00:20

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

そりゃないだろう、っていう名前の野草たちいくつかありますね。
そうそう。ハキダメギクも最初知ったときにはびっくりしました。
いくら、窒素分を多く含む土を好むからって…それがゴミ捨て場だったからって
こんな名前を付けられちゃ気の毒ですよね。(><)


◆glennさん、ありがとうございます ♪

はい~ 可哀想な名前の野草ってことで、かなり有名になってますよね(^^;)
ほぉんと、可愛い花です。
他に似たのがいくつかあるのに、これだけが謂れない避難を浴びせられて
いるようで気の毒~

やっぱり、こんな名前がつくということは、陰湿なのがあったのでしょうか。
最近は、交際女性の子供を虐待して死なせた男、の事件が多いですね。
あぁ~いやだいやだ。

投稿: ポージィ | 2006/09/25 09:34

「ママコノシリヌグイ」とは…そんなに継子はにくいのでしょうかね。初めて名前を知りました。

しかし「ミゾソバ」とそっくり。葉でも一寸見分けはつきません。こんな花はすべてミゾソバと思っていました。科も属も同じですから。微妙です。

投稿: 夢閑人 | 2006/09/25 09:55

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

「ママコノシリヌグイ」の名前、初めてでいらっしゃいましたか。
この頃では実子の虐待事件が後を絶ちませんが…(><)

葉の形が少し違うくらいで「ミゾソバ」とそっくりのようですから、
ご覧になったことが、実はおありなのかも知れませんね。
ミゾソバのほうが葉の輪郭ラインがくびれのある曲線を描いていて、
その形から「ウシノヒタイ」とも呼ばれるそうですが…
確かにとっても微妙です(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/09/25 10:22

あらら、ゴローさんのは違ったのですか??

僕の撮ったものは、書かなかったですが三浦半島の方なので開花に合わせて再訪できるかわかりません。

いっぱいあるとのこと、羨ましい。。。

投稿: noodles | 2006/09/25 14:05

◆noodlesさん、ありがとうございます ♪

>あらら、ゴローさんのは違ったのですか??

どうやらそのようですよ。
悟郎さん、がっかりしていらっしゃることでしょう。

noodlesさんは三浦半島のほうで…。ちょっと見に行く、には遠いですね。
徒歩10分でもなかなか頻繁には行けませんのに(^^;)
去年まではほんの少し見かけただけだったのが、今年は急に殖えていました。
何かの拍子に種がばら撒かれたのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2006/09/25 15:00

わあー ポージィさん、ありがとうございます。
私も写真に撮ってきたのですが、名前がわからず・・・。
そのままにしていました。
ピンクで可愛い花ですよね!こちらは少し開いていましたよ。
またUPしたいと思います。
えっ 葉っぱですか?帰って確認します。(^^;)

投稿: 池田姫 | 2006/09/25 21:13

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

あら、タイミングよく、でしたか?(^^)
咲いた状態をお撮りになれたのですか。良かったですねぇ。
アップされるの楽しみにしています。
そうそう、葉っぱの微妙な違いにご注目♪

可愛い花ですよね。思わず手を伸ばしてしまって、
予想以上に鋭い棘に
ゾリッ! いったぁ~い! となります~(;_;)

投稿: ポージィ | 2006/09/25 22:49

ポージィさん、リンクしていただきありがとうございます。
ようやくママコちゃんを記事にしました。
ほんとにね、この名前なんとかなりませんかね?(怒)
花が可愛過ぎます!
ではポージィさんのお陰で名前がわかったので、
記念のTBをさせていただきますね。

投稿: 池田姫 | 2006/09/27 17:07

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

リンクの件、事後承諾で失礼しました <(_ _)>
TBしてくださってありがとうございます。

ママコちゃんをアップなさったのですね。
少し花が咲いた様子、また見せていただきに伺います~。
似たようなのが多い中で、これだけにママコイジメの
道具にされたような嫌疑を押し付けて…
かわいそうですよね。

投稿: ポージィ | 2006/09/27 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11768874

この記事へのトラックバック一覧です: 虐めないでね…:

» ママコノシリヌグイ [池田姫のきままLife]
       継子の尻拭い(ママコノシリヌグイ) タデ科 まあ、なんという名前なんでしょう ポージィさんのブログで名前を知った時は衝撃が走りました こんな可愛い花なんですよ 可愛い花、きれいなものにはトゲがあります ママハハ(継母)がこの...... [続きを読む]

受信: 2006/09/27 17:09

« やっと会えたね ヤブラン | トップページ | キバナコスモス »