« スベリヒユの花 | トップページ | サイクリング花紀行 その1 »

2006/09/16

秋の味覚「秋芳梨」

山口県に住む夫の両親が、今年も「秋芳梨」を送ってくれました。

060908nasi
 「秋芳梨」とは、「20世紀梨」の
 ブランド名で「しゅうほうなし」と
 呼ばれています。
  
 スーパーで買って食べていた
 20世紀梨は水っぽく大味ということも
 多かったのですが、秋芳梨は
 どれもがしっかりとした美味しさです。
 
 
060908nasi_bun 美味しさの秘密はミネラル分を 
多く含むカルスト台地に育つから 
と言われていますが、科学的に 
証明されているわけでは 
ないそうです(^^)
でも、ほんとに美味しいです。
 
この頃では、スーパーで
20世紀梨を見かけることは 
ほとんどなくなりましたね。 

|

« スベリヒユの花 | トップページ | サイクリング花紀行 その1 »

コメント

あら、スーパーで二十世紀を見かけませんか。
こちらでは、まだまだ二十世紀が花盛りですよ。
秋芳梨の名前は初めて知りました。
がっしりとした美味しさ・・・どんな味なのか食てみべたい!
名前も秋芳洞の秋芳梨で、実にわかりやすい(^○^)

gooが突然マウスオンアルバムのタグを拒否するようになり、昨夜から記事をUPするのに無駄な時間を取りました。また作り直しです(;_;)

投稿: あまもり | 2006/09/16 12:24

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

20世紀をあまり見かけないのは、行きつけのスーパーがたまたまなのかも
しれませんけれど、幸水・豊水といった皮の茶っぽい梨が中心です。
大阪では20世紀が花盛りですか。お店による違いか地域による違いか
ちょっと興味深いですね。
「秋芳梨」検索してみたら、20世紀梨のなかでもかなり優秀株のようでしたよ。
それ読んで、心していただかねばと気持ちを引き締めました(^^;)

アハハ…「がっしりとした美味しさ」じゃなくて「しっかりとした美味しさ」って
書いたのですよ。うぷぷぷ(^.^) 前に「どれもが」なんて
紛らわしい言葉をおいて、読点を打たなかった私がいけないんです~

え、gooブログがマウスオンのタグを拒否?それでせっかく打ち込んで
作られたものが無駄になってしまったのですか?それはガックリきますね。
今まで大丈夫だったものがどうして急に…。
 

投稿: ポージィ | 2006/09/16 15:52

そういえばこちらでも20世紀は見かけません。
ほとんど豊水、幸水です。地域差があるんですね。

妻の妹婿の実家が九州日田の近くで梨園をやっているのですが
なんという種類かは知りません。かなり粒が大きいです。収穫したものを保存し、正月によく贈ってくれますけど、味はおおざっぱ、甘いけどこくがない感じ。(こんなことを言ったら義妹に悪い)

昔、実家にも裏の畑に梨の木がありました。粒は小さいけど20世紀で甘くておいしかったです。鹿児島でも梨と言えば20世紀が普通でした。関東に来て幸水、豊水を知りました。
要は名前はどうでもいい、おしけばいいんじゃない。

カルスト台地のミネラルで育った「秋芳梨」肌色もつやつやしておいしそう。ダーリンに感謝!感謝!。


投稿: 夢閑人 | 2006/09/16 16:21

先ほど食べたのも幸水でした。この近辺では二十世紀は見かけませんね。あまもりさんによれば、関西には多いのですか。ところ変われば品変わるですね。
上のチラシに適熟果の採取と書かれていますが、これが大事なことなのでしょう。せっかくの丹精だから一番美味しいのを食べられると一層嬉しいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/09/16 17:29

がガーン(*_*)
がっしりとしっかりじゃ感じ方が違うがな。
「ところ」を外せば「がしっかり」じゃないか。
「がしっかり」てなんやねん、ですね(ポリポリ)。
読点を入れなくてもわかる文章ですよん。しっかり読んだら(笑)

投稿: あまもり | 2006/09/16 19:04

地元なのに知らなかった(^^;)
梨と言えば二十世紀と思っていた世代σ(^_^)
偶々今日ローカルニュースで秋芳梨を放送していました。
台風が接近するため落果する前に収穫しておこうと
農家の方が雨の中忙しそうに作業していました。
農家の方も大変やね。

投稿: 平家蟹 | 2006/09/16 19:20

カルスト台地で育ったその名も秋芳梨、本当に美味しそうですね。
さすがこの辺には売っていませんね。
そういえば、20世紀梨どうしちゃったのでしょうね。

写真でご馳走になります。

投稿: tona | 2006/09/16 20:38

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

あ、20世紀はやっぱりお見かけになりませんか。フームフム
私の行きつけのスーパーだけではなかったですね。

遅い時期に採れて大きな梨といったら、私が知っているのは
「新高(にいたか)」だけですが、やっぱり秋のものの方が
美味しいと感じました。義妹さんの所で作っていらっしゃるのも
新高か、それと同じような種類かもしれませんね。

はい、結局見た目も名前も同でも良くて、ようは「味」です。
夫の両親に感謝、夫に感謝です(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんは今日、幸水をお食べになったところなのですね。
やっぱり20世紀はお見かけになりませんか。フーム、地域的なもののようです。
おーちゃんのお言葉どおりで「ところ変われば品変わる」(^^)

そうですね。「適熟果の採取」これは美味しさの追求ではとても大切な
ことだと思います。


◆あまもりさん、ありがとうござます ♪

「しっかり」読んでくださってありがとうございます。
えへへ(^^ゞ 重箱の隅をつつくような指摘をしちゃって
ごめんなさい。
「がっしり」だとちょっと逞しすぎのきらいはあるけど、
でも「がっしりした味」でもあながち外れてもいないかなと、
先ほど食べながら思いました~(^^)


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

そうですよねー、私が育った愛知でも、かっては梨といえば20世紀、
というくらい売り場面積を占めていた時代がありました。今はどうなんでしょ?
(完全に姿を消したのは長十郎…)
おっ、「秋芳梨」ご存知ありませんでしたか。
それなのに、今日ニュースとここでダブルで「秋芳梨」を
ご覧になったのですね。
台風…とんでもないヤツが接近中ですね。農家の方のご苦労も大変ですが
平家蟹さんもどうぞお気をつけください。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

そうですね。こちらでは売っていないでしょうねぇ。
山口の地元の農家さんの通販でなら買えると思いますが。

tonaさんも20世紀梨はあまりお見かけになりませんか。
どうも皆さんのコメントを拝見するに、関東圏では20世紀はほとんど
出回らないけれど、大阪では今もたくさんで回っているという
地域による差があるようですね。

お分けできなくてごめんなさーい(^^)

投稿: ポージィ | 2006/09/16 21:17

こんにちは
20世紀はほとんど見たことありません
秋芳梨 秋吉台の梨、カルロス台地の梨というだけで何かおいしそうです。
ミネラルたっぷりの感じそのままです。
私もかおりと言う鎌ケ谷のなしを頂きました。
今年は一寸小さめで1個800グラム
それでも他の梨と比べす大きい
20世紀と同じ色をした、かおりの高いなしです。
でも今年は甘みが今一のようでした。
この梨もやはりm販ではでていません。

投稿: あやや | 2006/09/17 11:17

◆あややさん、ありがとうございます ♪

20世紀梨は、あややさんのお宅の辺りでもお見かけにならないのですね。
今日スーパーへ行ったとき、改めて梨売り場を眺めてみましたが
やはりありませんでした。

あややさんのお宅にも梨の贈り物が届きましたか。その名も「かおり」と
いうのですね。1個800gは大きいですねー。例年だともっと大きいのですか。
お味の方は…今年の天候は農家さん泣かせでしょうねぇ。

投稿: ポージィ | 2006/09/17 13:47

こちらは20世紀梨、売られてますよ。
梨ね、今年は当たり年ですかね、いつもの年より甘いです。
去年は正直、ハズレが多かったのですが。。。
愛媛のフルーツの産地の内子までドライブがてら果物を買いに行くんですよ。
道路沿い、あっちゃこっちゃに直売所があって試食がてら食べ歩くとお腹いっぱいに♪(笑)
秋芳梨ですか。。。これは初耳です。
収穫できる数が少なくて貴重ゆえ、一般にお目見えしてないんでしょうか?

投稿: ちょびママ | 2006/09/17 16:59

お久しぶりです。
なんか普段見る梨より青い気がしますね。
いいなぁ~。
梨とか桃ってすごく好きだけど、高いイメージがあるからなかなか食べません。
今度スーパーに行ったら気にしてみてみよー!

投稿: てる | 2006/09/17 17:04

こんにちは。おいしそうな梨ですね。
こちらは「幸水」という品種が出盛りです。たま~に新高梨を見かけます。20世紀梨に似ているなぁと思ったけど、やはり近い品種みたいですね。
実家に梨の木の長十郎と20世紀梨があります。どちらも古い木なので食べられる実が減りましたが、見た目でどんな実がおいしいか判断できます。食いしん坊の私なので。

投稿: てるてる | 2006/09/17 17:23

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

愛媛では20世紀梨も売られているんですね。やっぱり地域による差だなぁ
と確信するに至ってきました。(^^)

この秋芳梨は、今年は粒が小さめだけれど味は美味しい、とのことです。
ちょびママさんがお食べになる梨は愛媛産?やっぱり美味しいのですね。
あはは、試食しながら歩くとお腹一杯ですか?いいなぁ~
直産店がよっぽどたくさん並んでいるんですね!

秋芳梨は秋吉台のふもとで作られる、となると広さも限られるでしょうから
やっぱり数も限られて、広く出回ることはないのでしょうね。


◆てるさん、ありがとうございます ♪

お久し振り~
家に届いたときはこんな感じで緑っぽいんですよ。
着いて2~3日のうちに少し気色味を帯びてきて、その頃が
ちょうど食べごろらしいです。
お裾分けしてあげられるとよかったんだけどね…。

うん、桃はすんごく高いというイメージがあるよね。実際高い!
今年は1回しか食べなかったよ~~
その点、梨は桃の半額~それ以下で買えるかな。
でも、あともう一歩安くなってくれると気兼ねなく買えるよね。
果物は全般的に高いのよね…ふぅ~

(メールを送ったので読んでくださいね。それと、20日の日付で
アップしてあるお知らせ記事も読んでね。)


◆てるてるさん、ありがとうございます ♪

てるてるさんの方では「幸水」が出盛りですか。
今日スーパーへ行ったときに見たら、その店には「豊水」のみでした。
収穫時期と地域によって店頭に並ぶものが色々違ってくるようですね。

↑この秋芳梨は、20世紀梨のなかで秋吉台のカルストロ台地ふもとで
採れるものだけを、こう呼ぶようですよ。

てるてるさんのご実家には梨の木もあるのですか。
「長十郎」!わぁ、懐かしい。私が子供の頃お店で売られている梨は
「長十郎」と「20世紀」でしたよ。
あの頃の時代をになってきた梨の木なんですね。
その梨の木の実を毎年ご覧になって育たれたてるてるさんは、
すっかり梨の目利きになられたのですね。(^^)v

投稿: ポージィ | 2006/09/17 21:31

ポージィさんだけでなく 皆さんのコメントを読んで
二十世紀梨がポピュラーでないこと知ってビックリです
こちらでは 20世紀、豊水、幸水 どれも並んでいます

山口にはちゃんとしたブランド梨があるんですねぇ
お隣なのに知らなかった(^_^;
神戸に住んでた頃は鳥取が近いので
二十世紀梨を1番良く食べていたと思います
豊水、幸水は甘味が強くて美味しいですが
あのシャキっとした歯ざわりは二十世紀には勝てないと思いますよ~♪

投稿: miki | 2006/09/17 23:06

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

秋芳梨はご存知ありませんでしたか。
お隣といっても秋吉台はかなり西、随分距離が離れてますもんね。

20世紀梨、かってはとってもポピュラーだったはずなんですけれど…
こちらではいつごろから数が減ってきたのかしら?
関東圏の消費者の好みが、豊水・幸水系なのか、流通の関係か、
たまたまか?
広島ではみ~んな仲良く揃っているのですね。
確かに!歯ざわりのよさとサッパリした後味は20世紀梨に軍配ですね。

投稿: ポージィ | 2006/09/18 10:08

こんにちは。
私ははじめて見る梨ですね。家のほうは幸水、豊水が主流ですが、何十年も前は20世紀が殆どでして、今はあまり目にしていないですね。
美味しそうですねなど、美味しいでしょうが。

一つ一つティッシュに包んでビニール袋に入れておくと10日は大丈夫と書いてありましたがその様にしなくても、もう
頂いてしまったことでしょうね。
梨は美味しいのでつい食べ過ぎてしまいます。


投稿: | 2006/09/18 10:10

山口県の秋芳梨ですか?美味しそうですね。ブランド梨といった感じです。私のところも鳥取県の親戚から、毎年沢山梨が来ます。例年、近所に配るので、心待ちにしておられる方も多いです。今年の梨は特に美味しいように思いましたね。

投稿: 茂彦 | 2006/09/18 12:40

◆玲さん、ありがとうございます ♪

秋芳梨はお店では見かけませんし、ご存じない方が多いかもしれませんね。
玲さんのほうでもやはり「幸水」「豊水」が主流ですか。こちら神奈川もです。
そうそう。20世紀が大勢を占めていた時代もありましたよね。
いつの間にか勢力交代が起きていたようです(^^;)

梨の保存法、いいことを教えていただきました。
いえ、まだ残っているのですよ。2人なので大事に頂いていましたが
熟れすぎてはせっかくの味が落ちてしまいますね。
早速、残っているものはこのようにすることにします(^^)


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

秋芳梨も20世紀梨の一ブランドではありますが、20世紀梨といえば
鳥取県の名産品なのですよね。ご親戚から届くのも20世紀梨でしょうか?
今年の鳥取の梨は「7月下旬から8月中旬にかけて天候がよく糖度が上がった」とか。
きっと美味しいでしょうね。
ご近所に配られて心待ちにされるほど送られてくるとは、羨ましいです(^^)

投稿: ポージィ | 2006/09/18 17:49

たった今、実家がある秋芳町から送ってきた秋芳梨を子供と一緒に頂きました。いろんな所で作られた梨を食べたりしましたが、私はやっぱり秋芳梨が好きです。農林水産大臣賞 名誉賞はだてじゃありませんですよ~。出荷は山口県内と東京(高級果物店)と兵庫におろしているみたいです。昔は山口県だけだっ気がします。あ~、もう一つ食べたいな~。でも寝る前だしな~。。。

投稿: 空 | 2006/09/29 22:31

◆空さん、ありがとうございます ♪

こんにちは!
秋芳梨、お食べになったのですね。
おぉっ!なんとご実家がずばり秋芳町とは!!
うちはもう、すっかり食べ終えてしまいました。美味しかったです~~。
えぇ、ほんと。各賞受賞はだてじゃありませんね。名実共に美味☆
栽培農家の方々の、長年の努力あってのことだと思います。
通販か限られた場所でのみ手に入る貴重な梨ですね。
夫の両親に改めて感謝です。ごちそうさまでした。

寝る前の梨の誘惑には打ち勝てたのでしょうか~(^^) 

投稿: ポージィ | 2006/09/30 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11877571

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の味覚「秋芳梨」:

« スベリヒユの花 | トップページ | サイクリング花紀行 その1 »