« 葉波 | トップページ | twin's »

2006/09/05

アオイ科の花

あるサイトさんで「アオイ科植物はメシベとオシベが合着している特徴がある」と拝見し、
改めて花の真ん中に注目してみました。 さぁさ 寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

【アオイ科の花のメシベ・オシベの特徴】
 ・メシベとオシベが途中まで合着して柱状になって長く飛び出ている。
 ・メシベの柱頭は5つに分かれ、その下に雄しべが群がっている。
これを頭におきながらご覧ください。(いつもながら写真が小さいですが)
 
 「ムクゲ」↓
060716mukuge 060716mukuge_up
 「フヨウ」↓
060827fuyou2 060827fuyou1up
 「モミジアオイ」↓
060827momiziaoi 060827momiziaoi_up

な~るほどね(^^) 

|

« 葉波 | トップページ | twin's »

コメント

およびですか?

投稿: LiLA管理人 | 2006/09/05 12:13

ほほ~~ぅ。な~るほど。

そして、私の頭の中に 「!!」が。
一番下の、モミジアオイ。
これ、何の花かな~と最近ずっと思っていたんです。
またしても、ポージィさんありがとう!

投稿: koko | 2006/09/05 12:24

目を寄せてみて見ました。
なるほど、良く分かりました。
とくにムクゲは書いてある通りです。
いやー、本当に今まで気がつきませんでした。
すぐ近所に行って見てしまいました。
こんなことが今まで何度もありましたね。

投稿: tona | 2006/09/05 15:37

あ、花の真ん中がハイビスカスみたい(それしか覚えられなくて)。
と思って検索してみたら、
「学名:Hibiscus(アオイ科フヨウ属の総称)」とありました。
私もな〜るほど!です。
きっと過去記事で取り上げてらっしゃるとは思いますが、み〜んなお仲間なんですね。(^o^)

投稿: nanbu | 2006/09/05 15:59

本当ですね今まで当たり前のようにのんきに見ていました。
ハイビスカスなど何べんもその辺をアップで撮っていました。
一つ解るとなんかスッキリしますね。
有難うございました。
と言って別のお花のときものんきにしていますから、また
教えていただくことに~甘えております。(^o~)…☆

投稿: | 2006/09/05 16:49

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ムハハハ お呼びしたの聞こえました~?
ムクゲにフヨウときたら、LiLA管理人さんは
必然のメンバーですよ(^^)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

ほほ~~ぅ ですよね。
オシベ・メシベが花の真ん中に突き出ているのは知っていても、
途中までくっついているなど、見ているようで見ていないものです。

あらっ!また「何だろう?」の答えが偶然に?
kokoさんの声がテレパシーで届いたのかなぁ(^^)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

私も見ているようで全然気付いていませんでした。
飛び出ているのが特徴よねー、止まりで(^^;ゞ
ブログを始めて3年目。見慣れた花でもまだ発見があって楽しいです。
(言い換えると、いかにいいかげんな見方をしているか
 って事なんですけどね~ 苦笑;)

tonaさんご近所のを見に行ってきてくださったのですか。
こういう、tonaさんのフットワークの良さ、見習わなくては(^^)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

そうです、そうです。ハイビスカスもお仲間の一人。
アオイ科フヨウ属の植物はなんと200種ほどもあるそうですよ~
今の時期にうちの近所で見かけるのは、今日アップした3種が主です。
初夏の頃に咲いていたタチアオイやゼニアオイもお仲間。
そうだ、オクラもお仲間ですね。

それじゃもう一度ご一緒に 「な~るほど!」
(ザ・ワールドと続けたくなっちゃう…)


◆玲さん、ありがとうございます ♪

私も同じですよ。ご近所でさんざんフヨウやムクゲを見ているのに、
この特徴は気付きませんでした。
気付かせてくれたサイトさんに感謝です~(^^)
(どこか分からなくなってしまいましたが)

玲さんはハイビスカスを撮って載せていらっしゃいましたね。
過去記事のお写真を拝見したら、見事にこの花の芯がアップで
激写されていました(^o^)
綺麗なお写真なので、すごくよく分かって感激しました。
(gooブログは、ブログ内検索ができて便利ですね!)

投稿: ポージィ | 2006/09/05 17:57

特徴がよく分かりました。
フヨウのシベは私も撮りましたが、ほかの花はシベに注目していませんでした。もう少し調べてみます。
モミジアオイはメシベまで赤いですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/09/05 18:11

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

私は、普段細かい観察をしない方ですが(するのを忘れます)、
今回は「へーそうなんだ」と、身近に咲いている花で確認してみました。
本当は、ムクゲも一重のものを持ってくるべきでしたね(^^;ゞ
モミジアオイはシベまで真っ赤。まるで染まっているかのようですね。

投稿: ポージィ | 2006/09/05 21:06

私は花の構造にはあまり興味を持たないようにしてますが(調べだしたら泥沼に入りそうなもので)、確かにハイビスカスなどは、長~いシベだなとは思ってました。

>メシベの柱頭は5つに分かれ、その下に雄しべが群がっている。

フヨウを見ると、よくわかりますね。

下向きに咲いてる花の覗き込みは得意なんですが、ただ覗くだけです(笑)。

投稿: goro's | 2006/09/06 00:24

おはようございます
綺麗に咲いてるというだけで、気にもとめたことがありませんでしたが、
本当にあれだけあでやかに咲くには、子分をいっぱい引き連れているのですね。
今度よーく見てみます。

投稿: あやや | 2006/09/06 09:33

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうなんですよね~ 
種別の見極めですら『ま、どっちでもいいじゃん』と思っている部分がある私も、
花の構造に注目するのは珍しいことです(^^;)
今回たまたま知ったことを確かめられる花が身近にあったので、
飛びついてみました。フヨウ科の花たちをアップするネタがほしかった
という一面もありますよ~(なんせ3年目に入ってますから…-_-;)

そして改めて思ったこと…。 花の顔をまじまじと見ることもあるんですけれど、
後で思い出そうとすると、細かいところは何も思い描けないということが
ほとんどです。まじまじと長い時間、私はいったい何をどの部分を
見ていたのだろうと我ながら首を傾げます。構造じゃないことは確かですね。


◆あややさん、ありがとうございます ♪

ムクゲやフヨウがご近所で咲き始めると、毎日のように見ているのに、
細かいところは何も見ていなかったことに改めて気付きました。
今回は、たまたま訪れたサイトさんで特徴を読んで確かめてみて、
『あ~本当だ~!』と単純に喜んでいます(^^)
あややさんもご覧になって「本当だ~」と歓声をあげてくださいね。

投稿: ポージィ | 2006/09/06 10:04

我が家にも芙蓉の花が咲き誇り、最近は妻がせっせと、芙蓉のちぎり絵を作成しています。そういうこともあって、芙蓉の花はよく観察しています。見れば見るほど、不思議なおしべ、めしべだなと思っていました。ポージィさんの解説で、なるほどそういうことかと、一寸分かったような気がしています。

投稿: 茂彦 | 2006/09/06 19:50

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

今あちこちで咲き誇っています。
茂彦さんのお宅の白とピンクの芙蓉も、見事でしょうね。
奥様はちぎり絵に精を出され、お二人して芙蓉を熱心に観察して
いらっしゃる様子が目に浮かびます。
オシベ・メシベの様子に気付いていらっしゃったのですね(^^)
私は今回初めてちゃんと見ました。
オシベとメシベが途中まで合体しているのは、珍しいようです。

投稿: ポージィ | 2006/09/06 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11663916

この記事へのトラックバック一覧です: アオイ科の花:

« 葉波 | トップページ | twin's »