« きのう 散歩のときに | トップページ | 葉波 »

2006/09/02

移りゆく季節

060829kuzu 秋の七草のひとつ「葛」の花が
 8月下旬から隣の空き地でも 
 咲き始めました。 
 今年はあちこちの葉陰に、去年より 
 多くの蕾が見え隠れしています。
 写真は、うちの窓からズームで 
 撮ったもの。
 ほとんどが高い場所で咲くので、 
 間近で見ることは叶いません。
 
060822kuzu 060822kuzu_up

濃い赤紫の花が、花穂の下から先端へと咲き進んでいきます。
 
同じ頃、ススキの穂が出ているのも見つけました。
季節は確実に秋へ向かっている…と実感した瞬間です。
そういえば、日の入りも随分と早くなりました。
秋の到来はセンチメンタルな季節の到来をも意味します。(←私にとって ^^) 

|

« きのう 散歩のときに | トップページ | 葉波 »

コメント

リキの散歩道の林の木に、上まで巻きついています。
下に花びらが落ちています。上を見ると赤紫色の花が咲いています。生命力旺盛で毎年その勢力を伸ばし、次々と林を覆っていきます。
ガラに似合わず花はきれいです。

投稿: 夢閑人 | 2006/09/02 10:42

葛の花って実際には見た事ないんですが。
花は近くで見られないし、旺盛な繁殖力ときたら、あんまり嬉しくないですよね。(^^;)
こうやって見ると、シックでなかなかキレイなんですけど。

ホント、日の入りが早くなりましたね。
花火の頃は7時半にならないと暗くならなかったのに、今はもう6時半頃には暗くなっちゃって。
それだけで、急かされるような気がします。

投稿: nanbu | 2006/09/02 11:41

葛の花って記憶にないんですが,高い所に咲くんですね.どうりで.
葛と言えば嫌われ者ですよね.アメリカやヨーロッパに持ち帰った人がいるらしいんですが,そこで手に負えないほど繁殖してしまい,いまでは困ったちゃん植物の代名詞になってます.英語でもドイツ語でも,そのままKuzuと呼ばれているんですよ.

投稿: LiLA管理人 | 2006/09/02 13:24

これ、葛の花なんですか!
実は通勤途中に見かけるのです。
何かな~と思っていました。
がけ下から這い上がっていて、
ガードレールのところ、すぐ目の前に見えます。
勉強になりました。

実は昨日の記事にもコメントをつけたのですが、
あとでみたら私のコメントがない・・・。
どうも、送信しわすれたみたいで。
ちょっとショックでした。

投稿: koko | 2006/09/02 15:38

葛ってセイタカアワダチソウみたいに強いですね。
葛って鉄道沿線、崖とつながってしまいます。
でも花はきれいだし、根からはあの上品なくず粉が取れるのですから、あなどれませんね。
LiLA管理人さんが仰っていますが、外国に行ってしまって困っている植物の代表なのですね。
逆のことばかり考えて、強い外国種をうらめしく思っていました。

投稿: tona | 2006/09/02 16:40

新芽をよく採りますが、こんなお花が咲くのですか?
道路脇に沢山あるのですが、お花は気がつきませんでした。
葛も新芽はとても可愛いのですが大きくなると葉もツルも一寸気持ち悪いですね。
お花は見てみたいです。

投稿: あやや | 2006/09/02 19:19

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

夢閑人さんの情景描写に、リキ君の散歩道の林の様子が目に見えるようでした。
地面に落ちた花びらに気付き、高みに目を向けられる夢閑人さんのご様子も(^^)

ほんと、生命力旺盛ですね。わがやの隣の空き地が葛に覆われています。
今年は15mくらいある高い木の、ほとんどてっぺんまで這い登り、
空き地のすぐ向こうにある栗畑の栗の木も覆い尽くされています。
こちらは家を覆い尽くされないよう、防戦の日々です(^^;)

「ガラに似合わず花はきれい」のお言葉に思わず笑いが出ました。
そうなんですよねー。色合いもシックでなかなかの美しさです。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

デジカメのズームとトリミングで、なんとか花の姿を見ることができました。
でも肉眼では色と大まかな形までしか分かりません~。
なかなかシックな色合いできれいな花ですよね。
ところが、やがて晩秋ともなると豆が鞘ごと舞い落ちてくるのです。
それがまた春に芽を出して…と考えるとうんざりします(^^;)
今年は花が多いですから、庭に降ってくる豆もきっと去年の数倍。ゥギャ~

日の入りは、これからどんどん早まっていきますね。
センチになっているところへ追い立てられる気分で拍車がかかります。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

この辺りの葛を見回してみると、高く這い登った蔓の先のほうで、
しかもちょっと葉の陰になったような場所に咲いていることが多いです。
これであまり目に付かないですよね。
すごい勢いで伸びる蔓と葉のほうが目立ちますし。

アメリカへ緑化のために持ち込まれたという話、私も聞きましたよ。
それが、あまりの繁殖力の強さに必要ないところまで覆い尽くされて
今ではすっかり嫌われ者だそうですね。
わぁ、そうなんですか! 英語でもドイツ語でもkuzuですか!!(・。・)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

コメントを書いたのに送信ボタンを押し忘れ…私も経験あります。
それも何度か…(T_T) がっくりきますよね。

通勤途中にご覧になっていらっしゃいますか、この花。
すごく勢いのいい、大きな蔓草でしょう?そう、葛なんですよ~。
花はなかなか綺麗ですね。秋の七草に加えられるのもうなずけます。
でも、この生命力のすごさは いやはや…。
調べると10m以上も蔓を伸ばすことがある、と出てきますが、
うちの隣の葛はもっと伸びているものがあるような気がします。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

鉄道沿線と崖には、たいてい葛が勢力を拡大していますね(^^)
そうですそうです、すんごく強いので、うちのほうへ伸ばしてきた蔓は
気兼ねすることなくちょきんちょきん切っています(^^;)
1日に30cmくらい伸びているんでは?と思えるくらいです。

実は、葛粉が採れ、丈夫な蔓は紐や籠などを編むのに使え、葛根湯の材料として
薬にもなり、と随分役立ってもいるのですよね。
でも、このものすごい勢いを見ると、葛を管理するのは並大抵では
ないと思えます。

アメリカなどへ渡った葛は、あちらではすっかり嫌われ者になっていますね。
他にも、日本から渡った植物が、先方の在来植物を脅かして嫌われている
ものがあるそうですよ。


◆あややさん、ありがとうございます ♪

大きさ5cmにも満たない若い葉は可愛らしいですね。
花もなかなかいい色合いで素適です。

でも見る見るうちに大きくなって!(^^;)
蔓も太いものは直径1cm以上ありそうですし、
結構硬い毛がびっしりと~。
毎日30cm近くも蔓を伸ばして、背の高い木もあっという間に
覆いつくし、わがやへも蔓先を伸ばしてくるので脅威です。

投稿: ポージィ | 2006/09/02 21:21

花つきがよく、花の姿がよく見えますね。高く伸びているからでしょうか。
フェンスで横に伸びているのは蔓や葉が何重にもなっているようで、花が葉の蔭に隠れていたりします。
ずいぶん涼しいので、このまま秋でしょうか。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/09/02 21:57

ポージィさん
きれいな葛の花をアップなさいましたね。
量感たっぷりで、花の柔らかさが伝わってきます。
でもねって話は、昨年来、あっちとこっちで何度もやってきてますよね(笑)。
それにしても空地の持ち主は、何の処理もしないんですか?
大迷惑ですね。どうにかして欲しいですよね。

季節が確実に一歩進んだこと、雲を見てもそう思います。
何か嫌だな。
また寒い季節がやってくるのか・・・
マジそう思ってます(笑)。

投稿: goro's | 2006/09/02 22:50

うわ~、遠いのによくこれだけアップできましたね。
なるほど、外に出て近づいたとしても高いところで咲くから撮れない。で、家の窓から狙ったというわけですね。ツルまではっきりと写っている。葛の花って下から上へと開いていくのね。ようくわかる写真で嬉しいな。
暑い暑いと言いながらも確実に秋が近づいています確かに。今日はクーラーを消しました。

投稿: あまもり | 2006/09/02 23:06

葛の花を見て・・・( - ゛-) ジッー

あっ!葡萄食べたい。。。ヽ(*^^*)ノ
って思った私、
食欲の秋到来ですね♪

例年なら夏が終わるといよいよ寒い雪の季節が来る・・・と嫌〜な気分になりますが、
今年は帰国が控えているので、ワクワク感でいっぱいです。
日本の秋は・・・綺麗でしょうね〜と妄想してます。笑

投稿: SAKURA-MOCHI | 2006/09/03 06:17

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

隣の空き地が葛の海になり始めたのは、たしか一昨々年頃からですが、
花が咲いたのは一昨年が最初だったと思います。
最初は数輪だったのが昨年はかなり増え、今年はたっくさん!です。
高い木にのびのびと這い登っているせいで花がよく見えるのかもしれませんね。

上空の高気圧が移動性高気圧に入れ変わったようですね。
晴れると昼間は暑いですが、朝晩ずいぶん涼しいです。
でも、太平洋上には強力な台風がいますし、また蒸し暑くなる日が
ありそうな気がします。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

お褒めいただいて…(^^:ゞ
窓からいちばん近くに見えたものを目いっぱいズームして撮って、
さらにトリミングでアップにしてます。
深みのある綺麗な色だなーと改めて思いましたよ。秋らしい色ですね。
うふふ、そうそう、「でもね」っていう話は散々しちゃいましたね。
お隣の土地の持ち主さんは、春にその土地の3分の1くらいの範囲に
除草剤をどばっと撒いたようですが(枯れたのを見て知りました)、
それだけです。でもね、日々進入してくる葛をちょん切りながらも
不自然な枯れ色に染まっているのを間近に見るのよりはまし、という気がします。

>何か嫌だな。
また寒い季節がやってくるのか・・・
 
↑私もマジでそう思ってますよ~。まだ十分に暑いのに(^^;)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

実はこの夏、新兵器を手に入れたのですよ。
新しいデジカメ。光学10倍ズームができるものを。今までの3倍では
到底無理だったものが、撮れる可能性が出てきました。
それで今回早速10倍ズームで撮ってみたのです。なにせ被写体が
すぐ隣にたくさんありますから。
肉眼で見るより様子がよく分かって、ふ~ん、こんななのねって
思ってます(^^)

ここ数日の晴天は、湿度が低くてカラリとしていますよね。
秋の空気になっているなぁと実感できます。


◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

葛の花をじっとご覧になって… 頭の中で180度くるりと回転して…
葡萄になりましたね!(^^)
花の色も「ボルドー」と呼びたくなるよな色ですし♪
(食欲の秋ですね! でも私に食欲の秋が訪れるのはかなりヤバイです~)

SAKURA-MOCHIさんが帰国される頃、関東辺りも紅葉を迎えているかしら。
久し振りに日本の秋をご覧になれますね!

投稿: ポージィ | 2006/09/03 11:00

ポージィさん、こんにちは。
葛ってきれいな花ですね。
日中は残暑厳しいですが確実に秋ですね。
最も過ごしやすい季節。
寒さに向かうけれど、好きです。

投稿: 未歩 | 2006/09/04 14:40

◆未歩さん、ありがとうございます ♪

葛、…深みのある色合いが美しい花ですね。

この数日、朝晩過ごしやすく吹く風は確実に秋のものでした。
未歩さんは秋がお好きなのですね。
今年の暑さはこたえられたでしょうから、涼やかさが戻ってきて
心も体もホッとなさっていることでしょうね。

秋になると、私は、過ごしやすさや秋という季節の美しさ以上に
物悲しさを強く感じて気分が沈んでしまうんです~(^^;)
そのせいで今ひとつ楽しめず、いちばん好きなのは春となっています(^^)

投稿: ポージィ | 2006/09/04 15:09

蔦の花ですか。じっくり見るとどんな花でも、それなり特色があって、美しいものですね。ポージィさんのブログを拝見していて、いろいろな草木、花の美しさを思い知らされることが多いです。なにげない写真、さらっとした筆運びに、いつも惹かれます。

投稿: 茂彦 | 2006/09/04 21:58

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

私も、色々な花の良さや美しさを改めて認識する日々です。(^^)
葛も、今年はこの深みのある赤紫色に新たな感動を覚えました。

いつも、そんなふうに仰ってくださってありがとうございます。
とても安心感がわいてきます。 嬉しい(*^^*)

投稿: ポージィ | 2006/09/04 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11569568

この記事へのトラックバック一覧です: 移りゆく季節:

« きのう 散歩のときに | トップページ | 葉波 »