« 風の中に… 続編 | トップページ | 虐めないでね… »

2006/09/22

やっと会えたね ヤブラン

今年、わがやの近辺は、どうも植物達にとって暮らしにくい年だったようです。
木々の葉は例年になく虫に食われ穴だらけ、サルスベリもムクゲも花付きが今ひとつ。
ヤブランも葉が傷んだものが多く、綺麗なものになかなか会えませんでした。
やっとまずまずのものに出会えたのが、下の写真の株でした。
 
060914fuiriyaburan_up 060914fuiriyaburan
< 花のアップ 丸っこくて可愛いね > < 葉はやはりだいぶ傷んで… >
 
斑入りのヤブランです。去年ここで、斑入りタイプは実がつかないのでは、と話題になり
その後ヤブランを見かけるたびに眺めていたことを思い出します。
観察の結果、斑入りのものにも実はついていました。でも、ついてもすぐに落ちてしまう
ようで茎に実が僅かでも残っているのを見かけたのは、ほんとにまれなことでした。
斑入りのものは遺伝的に子孫を残し難いのでしょうか…?
(あくまで昨年私が見た範囲でのことですので、間違っていましたらご容赦ください)
 

|

« 風の中に… 続編 | トップページ | 虐めないでね… »

コメント

金木犀、開花しましたね。
近所でも斑入りヤブランが花盛りです。
実を確認されましたか。私も気をつけていましたが見つけられませんでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/09/22 11:46

お隣のポスト下の植え込みに、班入りのヤブランの花がいっぱい咲いて見事です。うちにあるのは白のヤブランでしょうか。
昨年買ってきて、今年初めて花が咲きました。株が次第に増えていきます。

外に出ると金木犀のいい香りが漂っています。いっせいに咲き出しました。

投稿: 夢閑人 | 2006/09/22 14:24

今年の秋は、西より東の方が進み具合が早いようですね。
大阪も秋らしくはなりましたが、まだまだ日中は暑いし、どうかしたらクーラーを入れる時もあります。
下のキンモクセイの香りの訪問読みました。クリより大歓迎ですね。
こちらのキンモクセイはまだまだ咲きそうにもないですよ。
ヤブラン、実は仕事場にしているマンションの入り口にもあるんですよ。班入りだったと思います。今度確かめてみますね。
班入りのヤブランは遺伝的に子孫を残しにくい、のですか。
なんだか、三毛猫の雄が遺伝的に生まれにくいのと似てる?かな?

投稿: あまもり | 2006/09/22 15:48

ポージィさん、こんにちは。
去年、話題にしてしまったnanbuです。(^^;)

僅かでも、まれでも、斑入りタイプの実が残っているのを発見できたなんて、羨ましいです。
私はまだ、棒状になった茎しか見た事ないんですよ。

>どうも植物達にとって暮らしにくい年だったようです。

あ、やっぱりそうですか。
ウチも、何年も元気だったアイビーが枯れちゃったり、アチコチで。
水のやり方がイケなかったのかなぁ、とか反省してたところです。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/09/22 19:19

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

はい、金木犀の開花、しっかり確認できました(^^)

フイリヤブラン、ご近所でもちょうど花盛りですか。
おーちゃんのご近所では、葉の傷み具合はどんなでしょうか。
かなり何ヶ所かで見てみて、なんとか1株か2株に実がついて(残って)
いるのを目撃しました。ほんと稀でしたよ。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

まぁ、そうですか!
お隣のフイリヤブラン、元気に見事に花を付けられて良かったです(^^)
夢閑人さんのお宅には白花のものがおありなんですね。
私は白花のものには出合ったことがありません。珍しいのではないですか?
だんだん殖えて行くのが楽しみですね。

外ではあちらでもこちらでも金木犀が香ってきますね。
思わず何度も深呼吸してしまいます。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

そうですね、秋の訪れは東の方が一歩早いみたいです。
金木犀の開花、まだ先になりそうですか?
>クリより大歓迎ですね。
ウヒャヒャ 覚えていらっしゃいました~?クリの花のにおいが
嫌いだーって文句書いてたの。
初夏の頃、風が栗の便りを届けてくれる度、道を歩いていてにおってくる度、
うっときていたのとは大違いです(^^;)
金木犀の方は大歓迎。何度も深呼吸繰り返しています~

お仕事場に斑入りヤブランが?もしそうだったら、この先実がつくかどうか、
あまもりさんも検証なさってください。お願いします!(^^)
せっかく実をつけても未熟なうちにすぐに落ちてしまうとあっては、
種で殖えるのは苦手ということですよね。地下茎という別の手が
あるかもしれませんけれど。
おぉ…三毛猫の雄の出生率の低さと。なるほどぉ。
何か共通する理由がありそうな気もしてきますね。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

うふ、興味深い話題を提供してくださったnanbuさん、いらっしゃいませ。
去年も棒状の茎の状態しかご覧になれなかったのですね。
あれは哀しい姿ですね…見栄えもちょっと(^^;)
私が見かけたもの、実が残っていたといっても、本当にほんの僅かでしたよ。
哀しい姿に変わりはありませんでした。

nanbuさんの植物たちも元気がないのが多かったのですね。
やっぱり… 冬はしばらくぶりに厳しい寒さでしたし、
春からはずーっと延々と日照不足気味の天気の方が多いですし。
かと思えば気温のアップダウンも激しいし。大繁殖した虫もいるし。
植物達もいいかげん消耗しますよね。
アイビーもちょっとしたバランスの崩れから立ち直れなかったのかも。
何年も元気だったものが急に枯れてしまうのは、がっかりですね。

あ、そうだ!殖えたらさしあげますと言ってたヒメツルソバは、
横にばかり伸び葉っぱはやけに大きく緑、その上虫食いだらけで
全然可愛くないんです。今のところnanbuさんがお植えになりたくなるような
代物ではないのでお送りするのは控えてます。
その辺の道端に生えてるど根性ものの方がずっと可愛いです(;_;)
でも、ど根性ものは抜くと多分根が切れちゃうんですよね…

投稿: ポージィ | 2006/09/22 21:21

ヤブランの斑入り、気をつけて見ていませんでした。
今あちこちで見かけるので観察してみます。
写真で見ますととても可愛い花なのですね。
この点も観察しなくては。
いろいろ教えていただくことばかりです。1つ又新しいことが分かって嬉しいです。

投稿: tona | 2006/09/22 21:29

再訪。
仕事場のマンションのヤブラン、班入りじゃなかった・・・。
いかにちゃんと見てないかまるわかり(^^ゞ
このヤブラン、あまり手入れがされていないのかきれいに見えないんですよね。花序がいくつかヒョロヒョロと伸びているんだけど、葉が覆い茂って見栄えが悪いです。

投稿: あまもり | 2006/09/22 21:29

◆tonaさん、こちらにもありがとうございます ♪

フイリヤブランは、主に葉っぱを楽しむ植物でしょうね。
花も近寄ってみると可愛いですけれど、遠目には棒に見えますし。
今年は見かけられたときに思い出されましたら、実はあるかなと
ちょっとご覧になってみてください(^^)

私も、知らなかったこと、気づかなかったこと、考えてみなかったことなど
たくさんのことを、皆さんのブログを拝見することで良い機会を
いただけています。感謝です。


◆あまもりさん、再訪ありがとうございます ♪

わぁ、もう確かめてくださったんですか! 
斑入りではありませんでしたか。
それじゃ実付きの検証はしていただけませんね~。(^^)
葉っぱばかりが生い茂っているのでは、斑入りじゃなくても実は
期待できそうにないですね。
今年うちの近辺では、斑入りじゃない種類の方が、斑入りよりさらに
葉の傷みがひどく花付も悪いような気がしています。

投稿: ポージィ | 2006/09/22 21:56

よかったですね、出会えて。アップの花、きれいに可愛く撮れてますよ。
ヤブランのきれいなものに、なかなか出会えないって、そう仰ってましたものね。
斑入りのヤブランは、普通のものより少ないとは思いますが、昨年熟れた実を確認しましたよ。
青い実の数に較べると、熟れた実の歩留まりは悪いと思います。
実のない茎だけが残っている株のほうが多いです。
子孫を残すのは、地下茎のほうを主にしてるんじゃないでしょうか。

投稿: goro's | 2006/09/23 01:07

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

うちの辺りでは、今年は普通のヤブランよりフイリヤブランの方が
元気みたいです。
小さな可愛い花の顔を写し取りたくて、アップの写真は何枚も撮った
のですが、何とか見られる状態に撮れたのはこれ1枚きりでした(^^;)
悟郎さんにも認めていただけてよかった~

なんと!悟郎さんはフイリヤブランの「熟れた実」をご覧になって
いらしたんですね。
むむむ…私が見かけたのは緑の実どまりでしたよ。それも僅かです。
なかには、ちゃんと熟すまで頑張れるのもいるんですねぇ…
そうですね、やっぱり地下茎によって殖える方が主なんでしょうね。

投稿: ポージィ | 2006/09/23 11:09

ポージィさん、うちの近所にある班入りは実が生っていませんでした。
で、その画像をUPしましたので、ご覧ください。
それからTBをさせていただきました。事後承諾でごめんね。

投稿: あまもり | 2006/10/04 14:58

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ぅわ~い!確かめてくださったんですね。
そうですか、実はついていませんでしたか。
やっぱり難しいんだぁ…
TBもしてくださってありがとうございます!
あとで伺いますね☆

投稿: ポージィ | 2006/10/04 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11903618

この記事へのトラックバック一覧です: やっと会えたね ヤブラン:

» ヤブラン [あまもりのなんやかんや]
班入りヤブランに実が生るのか生らないのか。 ポージィさんの厳命 {/face_nika/} により近所にある班入りヤブランを調査してみました。 ↑ヤブラン(薮蘭)〈班入り〉〔ユリ科〕 9/23撮影 オーソドックスな青葉のヤブランの園芸種で、青葉に比べると葉っぱの幅が若干広くて、白あるいは少し黄が入った卵色で縁取られたヤブランを班入りといいます。藤色の花茎が伸びるまで、私はこの植物をずーっとオリヅルランだと思っていました... [続きを読む]

受信: 2006/10/04 14:55

« 風の中に… 続編 | トップページ | 虐めないでね… »