« キバナコスモス | トップページ | タマスダレ bouquet »

2006/09/26

今年出合ったホオズキは

今年はご近所の畑で「ホオズキ」が見られませんでした。
代わりに?家のすぐそばに生えてきたのが「イヌホオズキ」 (^^)
「イヌ○○」と名の付くものは、「○○に似て非なるもの、劣るもの」といった意味合い
のようですね。「イヌホオズキ」も「ホオズキに似ているけれど役に立たない」と
いったところでしょうか。犬もこの植物も見下げられたものです。
でも、「イヌホオズキ」って、ちっとも「ホオズキ」に似ているとは思えないのですけれど…
 
花が咲き始めた頃から、実が黒く熟すまでを追ってみましたのでご覧ください。

060722inuhozuki 060811inuhoozuki
060811inuhoozuki_mi 060823inuhoozuki_kuromi

花の咲き初めが7月下旬(7/22撮影)、緑の実を確認したのが8月中旬(8/11撮影)、
そして黒く熟したのが8月下旬(8/23撮影)のことでした。

実は「イヌホオズキ」も「アメリカイヌホオズキ」などお仲間がいくつかいて、区別が
ちょっと難しいようなのです。今回実がツヤツヤしていないことなどから「イヌホオズキ」と
しましたが、間違っていたらごめんなさいです。

この記事は9月の初旬に書きました。
下旬の今、道路には実がコロコロとこぼれ落ちていますが、まだ花も頑張っています。

<追記>
 「イヌホオズキ」「アメリカイヌホオズキ」:ナス科
 ↑上の写真のもの:花の直径-約1cm、実の直径-約6㎜

|

« キバナコスモス | トップページ | タマスダレ bouquet »

コメント

あ、私もコレ、去年初めて見ました。
パッと見た瞬間は、小型の茄子って感じで。
でも、花は白いからピーマンみたいだし。
実はミニトマトを黒くしたような。
あんまりホオズキって感じはしませんよね。(^^;)

順を追っての写真で、実になるまでの過程がとっても良くわかりました。

ところで、今年はコスモスを見かけないなぁと思ってたら、
いつも咲いてた駐車場が、建て売り住宅になってたんでした。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/09/26 10:53

いつものごとく、
「へ~。ほ~。」っと感心させられる内容でした。
でもって、nanbuさんの、

>パッと見た瞬間は、小型の茄子って感じで。
>でも、花は白いからピーマンみたいだし。
>実はミニトマトを黒くしたような

というコメントに、「そうそう!!」と^^。

で、疑問なのですが、
これは勝手に生えているものなのですか、
それとも植えられているのですか?
ポージィさんの文章からは、
前者かな~と思うのですが?

投稿: koko | 2006/09/26 12:22

イヌホオズキは、以前から興味ある野草です。
稲作と共に入ってきたんじゃないかと言われていますよね。
イヌホオズキを辿っていけば稲作のルーツも探れると。
でも私は学者じゃないので、そんな根気あることはできませぬ。
なんでホオズキなのか?
う~む、確かにnanbuさんが仰るように黒いミニトマトですね。
赤いホオズキの殻(?)を取り払った中の実に似てません?
ホオズキのように、実の中に種がいっぱい詰まっているのかなあ。
モミモミして中身を出したらホオズキの替わりになるとか?

投稿: あまもり | 2006/09/26 14:00

イヌホオズキの花から黒い実まで見せていただき有難うございます。
本当に途中全然赤くならないでホオズキらしくないですね。
青いのはまるでミニトマトの青いのみたいですね。
中にホオズキみたいな種が詰まっているのか興味が湧きます。

投稿: tona | 2006/09/26 16:54

またまた 初めての植物とご対面です♪
これはホオズキのように 口で鳴らしたりはできないんですね
それにしても、、

>犬もこの植物も見下げられたものです。

そういう意味なんですかぁ、、
確かに「畜生」って表現する人も居ますよね
犬の素晴らしさを知らないで名前をつけた可哀想な人だ
と思ってあげることにします(^_^)

投稿: miki | 2006/09/26 17:56

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

nanbuさんもご覧になったのですね~(^^)
小型のナス、ピーマン、ミニトマト…うふふ 
次々とナス科の野菜の名前が登場しましたね。ホオズキもナス科。
色んなナス科の特徴を寄せ集めたみたいなイヌホオズキ。
と思ったら、何だか可笑しくなっちゃいました。

あらら… nanbuさんのコスモス・スポット、建て売り住宅に
なってしまっていたんですか?
楽しみにしていらしたでしょうに、残念ですね(><)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

nanbuさんの的確な表現には、私も大きくうなずきました(^^)
観察の視点が移動していく様子が分かりますね。

これも野草で、こんな名前を付けられているように「人間様」の
役には立たないようです。
ということで、たいてい鳥さんの落とし物などから発芽して
勝手に生えてきたものなんですよ。
これ↑も、去年はなかったのに今年アスファルトの隙間から
勝手に生えてきたものです。
車にも轢かれず、人にも踏まれず生き延びてます(^^;)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

まぁ!そんなに古くに稲作と一緒に海を渡ってきた植物なんですね。
史前帰化植物とか言いましたっけ?違ったかな…記憶が曖昧。
イヌホオズキと稲作のルーツをたどる研究には、膨大な時間と
根気が要りそうですね。学者さんたちにお任せしましょう。

袋もなくてホオズキに似てないんですけど、この実の中には
ホオズキと同じように粒々種がびっしり入っているようですよ。
あまもりさんの予測大当たりです(^^)v
もみもみして種を出して…何せ実が6㎜とか7㎜とかですからねぇ。
よっぽどおちょぼ口の人じゃないと吹くのは無理そうです。
(それに、毒があるから食べてはダメと書いてるページも発見。
 やめといた方が良さそうですね。)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

去年は写真の撮りづらい場所でしか見かけなかったのですが、
今年は家のすぐ傍に生えてきましたので、毎日観察ができました(^^)

ホオズキには似てないなぁと思っていたのですが、実の中には
種がびっしり入っているようで、その点はホオズキと一緒でした。
緑の実はプチトマトそっくりですね。やっぱりナス科でお仲間だなぁ
と思います。
でも、検索したら「毒があるから食べてはダメ」と書いてある
ページがありましたから、味見はしない方が良さそうです。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

mikiさんは初めてでしたか。う~ん、たしかにどこでもかしこでもっていう
野草ではないかな。私も年に1~2箇所でしか見てません。

小さな実ですから、これをホオズキのようにして吹くには、
とってもちいちゃなお口でないと無理かもしれません~(^.^)
(毒があると書いてあるページがありましたから、やめといたほうが
 よさそうです)

植物には、役立たずの意味で「イヌ」って付くものがあるんですよ…
犬って、古くから人間のお友達でしっかり色んな役目を果たしてきてくれたのに
どうしてこんな評価になっちゃうんでしょうね。
mikiさんの仰るとおり、犬の素晴らしさを知らない人だったんですね、きっと。

(例の内緒の話ですが…あれ?それじゃ4つ違いかしら… ←まだ言ってる ^^)

投稿: ポージィ | 2006/09/26 18:58

イヌホウズキ、ここにきてまた勢力を盛り返してきてます。
こちらではよく見かけられる野草です。
私も名前を確認してて、アマリカイヌホウズキ、オオイヌホウズキ、テリミノイヌホウズキという存在を知ったのですが、調べれば調べるほど、訳わかんなくなっちゃいました。
この黒い実は少々くすんでいますよね。
イヌホウズキでいいんじゃないでしょうか?
どっちにしても、「イヌホウズキのお仲間」には違いありませ~~ん。

投稿: goro's | 2006/09/26 19:31

僕も日曜に鎌倉で見つけましたが、どのイヌホオズキなのか自信がありません。。
実がついていれば、ポージィさんの見分け方ができたんですね〜。残念。。

投稿: noodles | 2006/09/26 20:37

わけのわからないスパムはバッサリですね(^^)v

さて これだけ、、

内証の話ですが(まだ言います(^^))
多分ポージィさんは 息子に言った「26歳」に反応されたのでは?
10の位を変えた数字が真実だと思ったのではないでしょか
それでいくとですね

>それじゃ4つ違いかしら

正解だと思います(* ̄m ̄)

投稿: miki | 2006/09/26 21:06

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そちらでは勢い盛り返してきてますか。
この、うちのそばのは大分終わりに近づいてきた感じなのですが…
でも、そういえば去年見かけたのは随分遅い時季までありましたっけ。

そうそう!悟郎さんが挙げて下さったようなお仲間がいて、似てるんですよね。
私もしばらく悩んだ末、「イヌホオズキ」ってことに断定!
悟郎さんにも賛成していただけて自信が持てました(^^)

余談ですが、悟郎さんのところで山茶花がもう咲いたと紹介されて
いましたが、今ちょうどニュースで、群馬でツツジが咲いたと言ってました。


◆noodlesさん、ありがとうございます ♪

noodlesさんも、特定に悩んでいらっしゃるんですね。
私もかなり…(^^;)
最後は、いつものことなんですが「ええい、ままよ!」と。
植物学者じゃないも~ん、と言い訳しつつ。

あれ~、まだ実がついていなかったんですか?
夏の盛りに芽吹いた若い株だったのかもしれませんね。


◆mikiさん、ご再訪ありがとうございます ♪

あのスパムメール、この前に続いて2度目です~ 
今日は断りも入れずにバッサリ行きました。

さて(^_^)d
そうです、26歳に「おっ!」と反応しました。
ナイショ話についに結論が出ましたね~ お互いにバレちゃった。
やっぱりそんなに離れていませんでしたね。

ひとつ明らかになったことが…。
nanbuさんのコーラの記事で、私たち2人とも
しっかり計算したってことですね。エヘヘ

投稿: ポージィ | 2006/09/26 21:18

いまだにホオズキの名前は解せません。
いくつかの実が一点からでなく、少しずれて付いていますからイヌホオズキで良いのだろうと思います。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/09/26 22:09

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

同じナス科といえども、ホオズキとは大きさも色も形態も
ずいぶん違いますよね。どうしてホオズキなのやら…

おーちゃんにも「イヌホオズキ」と認めていただけて
よかったです。安心しました(^^)

投稿: ポージィ | 2006/09/26 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11612603

この記事へのトラックバック一覧です: 今年出合ったホオズキは:

« キバナコスモス | トップページ | タマスダレ bouquet »