« シキブさんたちのその後 | トップページ | たからものの引き出し »

2006/10/02

イチイの実

久々に横を通った造園屋さんのストック場で目に留まった、なにやら小さく赤いもの。
 
060915ichii2 060915ichii3
 
小さいけれど、ぷっくり赤くて、なんだか美味しそう~。これは何?
 
060915ichii1 帰ってから調べたところ、これはどうやら
 「イチイ」の実のようです。
 もぎとって口に放り込んで食べていたら、
 もしかしたら今ここにいなかったかも…(^^;)
 
 赤くて美味しそうな部分(仮種皮)は 
 ねっとりとして甘くて美味しいのだそうです。
 この部分は食べても大丈夫♪ 
 問題は内側にある種で、アルカロイド系の毒
 タキシンを含んでいるため死を招くことも。
 
 私が、イチイの実に毒があることを初めて
 知ったのは、アガサ・クリスティーの
 ミステリーの中でした。
題名を忘れてしまったのですが、ミス・マープルのシリーズの1冊だったと思います。 
 
そう、その中でイチイの実の毒が殺人に使われていたのです。(真似してはダメヨ!)
どんな木でどんな実なんだろうと思ったものの、そのままに。
それが今回たまたま知ることができたというわけです。1cmほどの小さな実です。
 
見過ごしにしてきた「イチイ」、今回調べて、他にもいろいろなことを知りました。
「イチイ=一位」という名前(和名)は、高官の用いる笏(しゃく)を造るのにこの木が 
使われたことに由来すること。
そして、別名を「アララギ」「オンコ(←北海道で多く呼ばれる)」ということ。
 
私の両親は、晩年「三河アララギ」という短歌の会に入っていたのですが、
「アララギ派」「アララギ会」などの「アララギ」の意味をついぞ知らずにいたなんて。
あぁ、知らぬをそのままにしていることの、なんと多いことか…!!(-_-;)
「アララギ」って「イチイ」のことだったんですね!
(知ってたよ、って? そうですね、知らぬは我ばかりなり です。)
 

|

« シキブさんたちのその後 | トップページ | たからものの引き出し »

コメント

アララギってイチイのことだったのですか。
全く意味も知らずアララギ派という言葉だけ知っていました。学校の勉強はこういうところがあります。
もっともイチイという植物を知ったのは最近ですから、つながらなくても仕方ありません。
近所の生垣で1週間ほど前に見かけました。運良く食べていません。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/10/02 09:24

ですよね!
写真を観て、花音痴の僕にもピンときました。
そう、北海道ではオンコの実です!
よく、食べました〜。
甘くて美味しいんです。
種は無意識に吐き出していたんでしょうね、きっと。
だって、こうやって生きていますから(笑)。

投稿: noodles | 2006/10/02 13:35

アララギにはホトトギスでまたまた正岡子規が・・・
イチイもその別名のアララギも知りません。単にアララギ派という名前だけ知っているだけです。
ミスマープルシリーズにイチイの毒を使ったものがあるのですか。これも知らなかった。
ポワロシリーズはよく読んだんですけどね。
小説に登場する果物や植物、実際には知らない物が多いですよね。小説家は随分と植物に詳しいと感心しています。小説を書くために徹底的に調べるのでしょうが。
ポージィさんが誘惑に負けてイチイの実を食べなくて良かった良かった。
あら、種さえ出せば、実を食べても大丈夫なようですね。
それでも実に包まれた種に毒があるとわかれば、いかに美味しそうでもちょっと手を出せませんね。
野生の木に生っている実は気になっても小鳥さんに譲りましょう(笑)

投稿: あまもり | 2006/10/02 15:03

イチイがアララギとは知りませんでした。
以前北海道の方からオンコと言う名前で戴いて植えました。
今はありませんが。雄花と雌花があるのでしょうか。実はなりませんでした。
ミスマープルシリーズの映画、全部録画してあるので、今題名から考えたけれどもわかりませんでした。短編もありますからね。

投稿: tona | 2006/10/02 16:47

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんもご存じなかったのですね。ホッ(^^;)
学校ではアララギって何のこと?てことは教えてくれませんよね。
背景やアララギの名前がついた由来などもひとこと教えてくれると、
ぐんと興味が増すでしょうに~
イチイという木をお知りになったのは、そのご近所で見かけられたものが
最初ですか?とすると私と同じような時期にお知りになったのですね。
よかった!おーちゃんが丸ごと味見されたりしていなくて。


◆noodlesさん、ありがとうございます ♪

まぁ、そうなんですか!noodlesさんはオンコとしてこの木を
良くご存知なのですね。それどころか実をよく食べていらした!!
そうですか、やっぱり美味しいんですか。
食べてみたい気持ちが強まってきましたけど、うっかり種まで食べちゃったら
と思うと、やっぱりちょっと勇気が出ません。(^^;)
noodlesさんは無意識に種をお食べにならなかったのか、
あるいは大人か年長のお友達がちゃんと教えてくれたのか…
中毒になられなくて良かったです~


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

「アララギ派」、はからずも正岡子規がらみでした~。
そうですか、あまもりさんもアララギ派の名前だけご存知でしたか。
私なんて親がアララギ会に入っていたのに、いかに無関心だったか
ということですよね(^^;ゞ 二人は知っていたのかしら??

イチイの毒が使われた話が載っている文庫本を持っているはずなんですが、
手持ちのを片端からひっり返してみるのが面倒で調べてみてません。
なんだったかなぁ… 気になる木になる
作家さんたちは植物の知識が豊富なか、都度調べるか、でしょうね。
情景描写にも植物はしょっちゅう出てきますから。
下手なこと書いたら読者に突っ込まれること必至です~

noodlesさんのコメントを拝見して、食べてみたい誘惑がちょっと
強くなったのですが、やっぱりやめておくことにします。
小鳥さんたちの食糧を減らしちゃ悪いですしね(^^)ヘヘッ


◆tonaさん、ありがつございます ♪

よかった~tonaさんもご存じありませんでしたか。
でも、実はお庭に植えていらしたことがあったのですね。
やはり北海道では「オンコ」と呼ぶのですねぇ。
雌雄異株だそうですから、実がならなかったのは雄株だったからか
周辺に雌株がなかったからか、どちらかなのでしょう。

わ、すごい!tonaさんはミス・マープルシリーズの映画を全部
持っていらっしゃるとは。ファンでいらっしゃるんですね(^^)
何だかだんだん、手持ちの文庫本をひっくり返して探してみようか
という気分になってきました(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/10/02 17:54

オリーブみたい♪と思ったら毒があるんですか!

クリスティは好きですよ~(^^)
でもマープルよりポアロのを好んで読んでました
「ストリキニーネ」という毒があるのを知ったのもそれからです
怖い 怖い。。(^_^;

投稿: miki | 2006/10/02 20:13

これ、なんて名前だっけ?と 昨日思ったのです。
久しぶりに、お邪魔して ピッタンコて 感じです。
ワイヤープラントを、夏にからしてしまったのです。
で、思い切って刈り上げてみたら
以前より生き生きとした葉が伸びてきました。
私も負けずに頑張らなければと励まされました。
自然って すごいですよね・・・

投稿: 753 | 2006/10/02 21:01

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

あ、そうですね!この形はオリーブみたい~(^o^)

mikiさんもクリスティお好きなんですね。
私も一時かなりハマッて、彼女のばかり読んでたことがあります。
マープルさんのは、毎度読み始めはオバタリアンっぽいマープルさんの
行動においおい、って思いながら読み始めるのですが、ふと気付くと
それらすら全てが見事に冴えた推理の繫がりになっていて
お口あんぐりになっちゃいます。
灰色の脳細胞のポアロおじさんも大好きですよ。
自分を高く評価していて、時には鼻持ちならない言葉を吐きもしますが、
でも人の心というものの洞察が深く、実はとても情に満ちたおじさん。
亡命という苦難の道を歩いてきたポアロおじさんならではかもしれません。

はいはい。ストリキニーネね。よく登場しますね。砒素なんかも。
ミステリーやサスペンスなど読んでいると、毒や殺しの方法に
詳しくなれます…こわっ(^^;)


◆753さん、ありがとうございます ♪

お久し振りです。お体の調子はいかがですか?

おやま!すごいグッドタイミングだったのですね、お互いに(^^)

ワイヤープランツ、うちのも青息吐息だったんですよ。
どんどん葉が黄色くなって落ちてしまって。
原因は、うちの場合根詰まりだと思います。
でもね、大きな鉢に植え替えるといっても、そんなにどんどん大きく
するわけにいきません。
それで、地上部を思い切ってざくざく切り詰め、根も切り詰め、
新しい土を足して今までと同じ鉢に植えなおしました。
そしたらちゃんと綺麗な芽が出てきましたよ~
753さんのワイヤープランツも甦ったのですね。よかったですね!
こういうとき、素晴らしい逞しい生命力を見せてもらえますね。

投稿: ポージィ | 2006/10/02 21:20

イチイの実・・・子供の頃、沢山食べました。でも種までは食べませんでしたね。親も毒があるなんて教えてくれませんでしたし。もっとも、梅の実のあの硬い種の中身が美味しいなんて知ったのも、30歳を過ぎてだったように思います。

イチイ、床柱にも使われますね。なかなか趣のある断面をしています。ちなみにこの赤い実、子供の頃は"みねずぼ"って呼んでいました。

そうそう、全然関係ない話ですが、ギリシャ人って本当に左右の睫毛ではなくて、一本のつながった眉毛の人が多いんですよ。ポージィさんもギリシャの血が入っているとか...。

申し遅れました。
はじめまして、Papalinです。
よろしくお願いいたします。

投稿: Papalin | 2006/10/02 21:25

◆Papalinさん、ありがとうございます ♪

初めまして、ようこそお越しくださいました(^^)
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
tonaさん経由できてくださったのでしょうか。

Papalinさんもイチイの実を「沢山」!食べられたのですか。
沢山食べられても種は上手にお出しになっていたのですね。
種は出す、というのが実を食べるときの常識になっていたのでしょうかね。
種も美味しいかも…ガリ、ごっくん、となさらなくてよかったです。
そういえば、子供の頃はスイカやブドウの種を食べると盲腸になる、と
まことしやかに脅された覚えがあります。
スイカやブドウの種は害はなくても、あれも生活の知恵なのかも?

ギリシャの方って眉毛の濃い人が多いんですか~。
私はいちお離れてますけどね(^^)遠い先祖にギリシャの血が
混じっていたりしたら面白いんですけどねぇ。残念ながらなさそうです。

投稿: ポージィ | 2006/10/02 22:23

ポージィさん、こんにちは。
イチイの名前も知りませんでしたが、アララギも、鳥の名前か何かだと思ってたnanbuです。(^^;)

ところで、もう文庫本を探しちゃったでしょうか?
検索してみたら、ミステリー作品に出てきた植物毒を紹介しているサイトさんで、こんな記述を見つけました。↓

http://www.geocities.jp/hakogamo/doku.html

<イチイ科>別名あららぎ・おんこ
出典作品『ポケットにライ麦を』(ハヤカワ文庫) アガサ・クリスティ著

投稿: nanbu | 2006/10/03 15:39

正岡子規を輩出した松山に住みながら、アララギとは何たるかを知りませんでした!(恥っ)
ポージィさん、ありがとう。
めっちゃお勉強になりました。
私、今回だけじゃなく、ポージィさんちでしょっちゅうお勉強させてもらってます。
ただ、悲しいかな、その全てを覚えてるかと言えば。。。(ごめんね)
このイチイの実ってホント美味しそうでそそられますね。
でも、頬張らなくて良かった。
私にも言える事ですが、幾ら美味しそうでも、ちゃんと下調べしてからお口に放り込みましょうね(笑)

投稿: ちょびママ | 2006/10/03 16:08

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ご存じなかった方が増えるほどに安心して喜んでる私って、
どうよ~って言われちゃいそうですね(^^;ゞ

なんとなんとー!nanbuさん調べてくださったのですね。
ありがとうございます。実は、私も今日の夕方見つけました(^^)
でも、ひっくり返すまでもなく、3冊目に手に取ったのがそうでした。
探し物をするときはきまって最後の方で見つかるのに、今回はどうしたことか。
それそれ、それです!「ポケットにライ麦を」でした。

ご紹介してくださったサイトさん、見てきました。面白かったです。
クリスティってそんなに毒殺名人だったんですねぇ。
読んでいるときはそこまで意識していませんでしたけれど。
久し振りにポアロさんやマープルさんの世界に遊びに行きたくなりました。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

正岡子規は松山でしたっけ。エヘ 私の知識なんて、調べた後でさえ
この程度です~~(^^;ゞ

いやいや、私のほうこそちょびママさんのところでいろんなこと
勉強させていただいていますよ。心の勉強もです(^^)
でもね…私もです。そのときどんなに感心したり感動しても、
哀しいかなコロッと忘れているんですよね。こちらこそゴメンナサイ。
きっと、同じものに対して何度も「初めて見ました!」って叫びます。

イチイの実、美味しそうでしょ~?よっぽど一つ失敬してみようかと
思いましたもん。でも、やっぱり知らないものをむやみに食べようと
思っちゃいけませんね。

投稿: ポージィ | 2006/10/03 21:04

ブログを始めてから、なんとかイチイの赤い実の出会いたいと思っているのですが、叶いません。
生垣で使われていることが多いという話は聞くんですが、生垣そのものが減っちゃってますからね。
20年くらい前に、白馬で食べたことはあります。
ちょっぴり甘かった記憶はありますが、濃厚というほどではありませんでしたがね。
北国のほうに多くあるようで、八戸の知人は、よく食べたそうです。
今だからこそ、食べてみたい赤い実です。

アララギがイチイだったとは。
アララギという音の響きで、意味も分らず納得してました。
何を納得してたんでしょうか?

投稿: goro's | 2006/10/04 01:59

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

何せ赤い実ですからね、悟郎さんはアップなさったんだったっけ?
と、悟郎さんのブログ内検索してみたら出てきませんでした。
(gooブログの検索機能いいですね!)
ご近所ではまだお会いになっていなかったのですね。
生垣にはキャラボクがという話も聞きますが、イチイにしろ
キャラボクにしろあまり見かけないかな…。
あっても、実がなるのは見たことがなかったり。雄株ってことですね。

あ、実はお食べになったのですね。種をちゃんと出されましたか?
ほんのり甘い実ですか。美味しそう…(まだ未練が ^^)
↑noodlesさん、Papalinさんはよく食べられたそうですよ。

>アララギという音の響きで、意味も分らず納得してました。
何を納得してたんでしょうか?

アハハ吹きだしました。でも笑いながら、妙に納得です。
私も多分同じだったんだという気がします。

投稿: ポージィ | 2006/10/04 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/11980960

この記事へのトラックバック一覧です: イチイの実:

« シキブさんたちのその後 | トップページ | たからものの引き出し »