« 夕景 その1 | トップページ | ちょっといい感じ »

2006/10/27

夕景 その2

 -- 夕日と共に ---

061015silhouette_tatemono
 
  秋や冬の季節
  夕日のきらめきや 
  夕刻の景色は 
  胸に沁みる
  美しさに心震わせながら 
  この寂寥感は 
  どこからくるのだろう 
 
 
 
 
061010susuki_1  061015tikurin_yuuhi

|

« 夕景 その1 | トップページ | ちょっといい感じ »

コメント

川のさざ波に夕日が散らばる風景。
木々の間に沈む夕日。
夕日を浴びて黄金色に輝くススキ。
みんな素敵な写真です。
夕日には、その日の喜びも悲しみも全て包み込んでくれるような暖かさがある。
「夕景その1」は窓に差す夕日を浴びて、「夕景その2」はその夕日を見ながら一日の来し方を思う。

窓の日を浴びて犬のぬいぐるみになったポージィさんが、そのままの姿で歩いている姿がガラス玉に映っています。
でも誰も振り返らない。なぜだろう。夕日の柔らかい日差しがその姿を包み込んで隠しているらしい。クックちゃんも気づいていない・・・(久々の怪しげな占い師)

投稿: あまもり | 2006/10/27 15:27

お邪魔できないでいた間にすっかり詩の世界になっていました。
写真がぴったりして、いいですね。
夕方の風景は何かを感じさせます。秋は寂寥感かもしれませんね。
蔓延っているセイタカワダチソウが、ススキに遠慮して少しだけ顔を出しているのも面白いですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/10/27 16:19

某占い師(太木数子)がですね
女性は夕日を見てはいけない 運気が落ちるとか
訳のわからないこと言ってました

私は好きだなぁ。。
何も言わず じ~っと見つめているだけで心が落ち着きます

投稿: miki | 2006/10/27 18:32

朝陽より夕陽
春・夏より秋・冬
淋しく感じますね・・・。
これから暗くなる、これから寒くなるからでしょうか?
立ち止まって今日1日のこと、これからのこと、自然のこと、
いろいろと感じてみたいです。
とても素敵な時間になると思います。

投稿: 池田姫 | 2006/10/27 18:33

こんな風に夕日に光るススキの穂、好きなんですよね。
同時に、ちょと寂しくもなって。
そんな時は、ゆったりと構えて、のんびり行けるといいですね。

投稿: nanbu | 2006/10/27 20:15

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

写真をお褒めくださってありがとうございます(^^)嬉~☆
「さざ波に夕日が散らばる」…いいなぁ。素適な表現なさいますね。

ほんとですね、この季節の夕日には優しい柔らかさがあります。
窓から差し込む夕日に誘われ、そのまま夕暮れの中へと歩き出した私。
ぬゎんと 縫いぐるみのワンコ姿ですか。誰にも気付かれず?
包み込むような柔らかい夕日の光にはそんな魔法の力があったのですね。
クックはすぐ近くにいても目で見るより鼻で感じているのでしょうし、
家の中で見慣れたワンコぐるみが傍らを歩いていても、不思議にも思わないのだゎ。

ひょっとしたら、あまもりさんのガラス玉には私の願望が映し出されて
いるのやもしれませぬ。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

(^^;ゞ ちょっとこのところ詩モドキを続けてアップしてしまいました。
秋の物寂しさは、私をにわか詩人にかりたてます。
写真と合ってましたか?よかった…
秋の夕景には、私はやっぱり寂寥感を感じます。切なさも。

ススキの横のセイタカアワダチソウ、よくお分かりになりましたね。
あの先っぽだけでそれとお分かりになるとは!(^o^)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

え~っ、太木数子占い師はそんなことを言ってたんですか?
『なんでよー』プリプリ 反発心がむくむくと頭をもたげます。
清少納言だって秋は夕暮れって書いてるのに。

ふ~ん、夕日が目にとまると必ずしばらく眺めている私の運気なんて、
もう地に落ちているのかな。
時には寂しくなるけれど、優しい気分や落ち着いた気分にもなるし
美しいものを見て運気が下がるなんて納得できないなぁ~


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

そうそう。 「朝陽より夕陽 春・夏より秋・冬」 ですよね。
物悲しさや淋しさを感じてしまいます。
池田姫さん仰るように、暗い夜や寒さに向かうのも一因でしょうね。
(こういう感覚は全世界の人類共通なのか、それとも日本人的情緒の
 ゆえなのか、聞いて回ってみたい気もします。)

あわあわとした夕景のなかに身を置いて、様々なことに思いを馳せ
様々なことを感じてみる。 うん、そうですね。
…素適なひとときになると思います。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

是が非でも撮りたかったんです。夕日に輝くススキ。
nanbuさんもお好きなのですね。気に入っていただけたのだといいのですが。
何度目かの試みの末、やっと撮れましたよ。
そして、撮るときに間近で見た光景にも、自分で撮った写真の光景にも、
綺麗だと思うと同時に寂しさもしみじみ感じています。

そうですね。寂しさや悲しさが芽生えたときこそ、ゆったりのんびり、
解き放っていきたいものです…

投稿: ポージィ | 2006/10/27 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12317377

この記事へのトラックバック一覧です: 夕景 その2:

« 夕景 その1 | トップページ | ちょっといい感じ »