« いつかトンブリに? | トップページ | 美術工芸品<ヤブミョウガの実> »

2006/10/13

庭で色づく秋

先日ご近所の方が、お庭の〝秋〟を見せてくださいました。
皆さんにもご披露でーす。(夕方だったためピンボケ写真です。ご容赦を…)
 
061010binankazura_mi_1 061010akebi1_1
 
061010hototogisu2_1 左上:「ビナンカズラ(美男葛)」の実。
     別名を「サネカズラ」と言います。
     蔓の皮をはいで潰し、水を加えた
     ネバネバの粘液を整髪料や
     シャンプーとして使ったことが
     「ビナンカズラ」の名の由来だそうです。
 
 右上:アケビの実。「ミツバアケビ」かな?
     名前の由来の一説となっているように
     ぱっくりと口を開けた実、開け実です。
 
 左下:「タイワンホトトギス」
     斑点が少なく、ブルーのぼかし入り。
     ニュアンスある素適な色合いでした。 
  
 
「ビナンカズラ」と「アケビ」は、植えられてからもう何十年にもなるそうです。
このお庭で、長い間大事に守られ、毎年花や実をつけ楽しませ続けてきてくれた
植物達は、かけがえのない〝宝物〟だなぁとの思いを抱きながら拝見しました。
 
素適なものを見せていただき、ありがとうございました(^^)
 

|

« いつかトンブリに? | トップページ | 美術工芸品<ヤブミョウガの実> »

コメント

何十年も守られてきた実は味がありますね。
一度ビナンカズラでシャンプーしてみたいものです。
美男しか使えない?そこをなんとか・・

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/10/13 10:22

ビジョカズラはないのですか?
美女しか使えない?そこをなんとか(^∧^)
↑おーちゃんのまねしです(笑)
(「まねし」は関西弁で、マネをする人という意味)
ポージィさんの庭の花かと思ったら、ご近所の庭だったのですね(最初にちゃんとことわっているではないか、ですね)。
亡くなられた橋本元総理も、このビナンカズラをつけていたのかな?(^_^)v

投稿: あまもり | 2006/10/13 11:57

美男葛という名前に釘付けになりました^^;。
どんなに美男なのかと思ったら、
ちょっと拍子抜けの理由でした・・・。

秋は色鮮やかなものが多いですね。
バラの花も、二季咲きのものは秋のほうが美しいと言いますし。

投稿: koko | 2006/10/13 12:45

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

仰るとおりですね。
見せていただきながら、とても大事にされているのだな、と感じました。

ビナンカズラのシャンプーや整髪料は…
「美男しか使えない?」
いえいえ、これを使って美男になったということのようですよ(^-^)
おーちゃん、さらに男を上げられますか?


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ウフフン 「ビジョカズラ」で検索すると、「どうしてビナンだけなんだ」
「どうしてビジョカズラはないんだ」という疑問の声が聞こえてきます(^^)
おーちゃんへのお返事にも書きましたが、この整髪料を使って
美男になったってことみたいですから、あまもりさんがお使いになったら
絶世の美女が誕生するんじゃないでしょうか(^^)v

故・橋本元総理も…には爆笑でした~~ あの光沢の具合はそうだったのか!
彼が総理になった頃、背は小さいけど、外国の要人の中に出しても
まずまずの見栄えのする容姿だという声が出ていたような…

私も愛知で「まねしっこ」とか言ってました。方言じゃなさそうですが。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

美男に弱いkokoさん、思わずこの名前に期待が高まりましたか(^^)
これを使って髪を(鬢を)整え、美男になったということのようですよ。
ご主人に勧めて男前度をアップしていただきますか?

秋は色とりどり、綺麗ですね。でもその色彩は寒い地域ほど味があるかも。
以前、どなたかが「秋の彩りは成熟した彩りだから心が落ち着くのだ」
と書いていらっしゃいましたよ。
春のエネルギーあふれる華やかさよりも、花も紅葉も実も、静かな熟成を
感じられる落ち着いた色合いの美しさ、ということでしょうか。
ナルホドね… 人もそういうのを目指せばいいのね。

投稿: ポージィ | 2006/10/13 18:45

いい秋のお土産、見させていただきました。
我が家にはホトトギスは咲いていますがアケビなど風情のあるものが欲しいですね。
「びなんかずら」にいたっては初めて知る名前でもありますね。どこかで見てみたいです。想像豊かにして(笑)
それぞれの秋、楽しみですね。

投稿: | 2006/10/13 20:39

◆玲さん、ありがとうございます ♪

玲さんのお庭もですが、ご自宅で四季を楽しめるっていいですね。
玲さんのお庭ではホトトギスが白も紫も咲き、ウメモドキにヤマボウシも
赤い実を楽しませてくれますよね。
蔓もののアケビとぱっくり割れる実は、それらとはまたちょっと
違った風情があって、変化をつけてくれるかもしれませんね。
花もなかなかいいですし、お仲間に加わる日も遠くないかも~?

「ビナンカズラ」は、よそのブログで拝見していたのですが、
まさかご近所で植えていらっしゃるお宅があるとは、思いもよりませんでした。

それぞれの秋、いいですね(^^)

投稿: ポージィ | 2006/10/13 21:27

風流なお庭というか、植物に対して手入れが行き届いているような気がします。ご近所のお宅で珍しい植物を拝見できてよかったですね。
私もアケビを今年も見たいと思って実家へ行くたび探しましたが、時期が悪かったのか今年は1つのアケビも見つけることが出来ませんでした。毎年同じ場所に出てくるはずなんですけどね・・・。

投稿: てるてる | 2006/10/13 23:11

ビナンカズラ、アケビ、ホトトギス、これらを植えて、丹精込めて育てている庭、なんとなく想像つきます。
和っぽいテイストですものね。
蔓系の植物を管理するのは、かなりの手間ひまが必要ですものね。
愛情込めて育てていっらしゃるのが、よくわかります。

投稿: goro's | 2006/10/14 04:10

ビナンカズラもアケビも名前は知っていましたが、
このようにまじまじと見るのは、初めてです。

我が家の近くも草むらが沢山ありまして
いろいろな野草の宝庫のようでしたが、
今は年々草を刈ってしまい、刈られても出てくるものと
出てこないものがあり、一寸残念です。
ビナンカズラの謂れもアケビの謂れも納得です。

投稿: あやや | 2006/10/14 06:58

◆てるてるさん、ありがとうございます ♪

昔からあるもの、新しいもの、色んな植物を植えられて楽しんで
いらっしゃる方なんですヨ。お庭も広~いです。
クックの散歩から帰ってきたときたまたまお会いして、見せていただくことに
なったんです。嬉しかったです(^^)

アケビって、実が生りやすい生り難いがあるんでしょうかねぇ。
私も、春に野生のアケビの花をたくさん見た場所をチェックしたのですが
実は一つも見つかりませんでした。
てるてるさんのご実家のアケビは、今年は蔓も見当たらなかったのですか。
どうしちゃったんでしょう。また来年に期待ですね。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

昔からのお宅なので和テイストの花木が多いお庭ですが、木々の足元に
クリスマスローズがあったり、フェンスにクレマチスが咲いていたり
門横に大きなヒマワリが登場したりしています。
いつもは、道路から見える範囲で楽しませていただいているのですが、
この日はパッタリお会いしたら急に見せていただけることになって、
嬉しい出会いが叶ったというわけです。
去年悟郎さんの所で最初に知ったビナンカズラが見られるとは!(*^^*)


◆あややさん、ありがとうございます ♪

ビナンカズラの実は、黄緑色がだんだんに赤く色づいていくようで、
グラデーションになっているものもありました。それもまた素適でしたよ。
アケビ共々ニュアンスのある実ものですね。
私も実物(じつぶつ)を見るのは初めてでした(^^)

ご近所に草むらが?やはり草刈がされるうちに生き残れるものと
そうでないもの、分かれていくのですね。
野草をそのままにしておけないというのも分かりますが、
馴染みのあったものが見られなくなるのは寂しいですね。

投稿: ポージィ | 2006/10/14 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12237296

この記事へのトラックバック一覧です: 庭で色づく秋:

« いつかトンブリに? | トップページ | 美術工芸品<ヤブミョウガの実> »