« ツワブキの咲く光景 | トップページ | クック こっち向いて »

2006/10/31

ムクロジの実

去年ムクロジの記事をアップしたのは12月19日のことでした。
黄葉もすっかり落ちてしまっていたのですが、そのとき初めて知ったのが
ムクロジの実が羽根衝き遊びの羽の玉に使われたこと、そして石鹸代わりに
使われたこと…  これらのことを皆さんに教えていただきました。
ご近所のムクロジの木は今年も青々と葉を繁らせ、たくさんの実をつけました。

8月にはこんな双子の若い実がよく落ちていました。
060815mukurozi_mi1 060815mukurozi_mi2
 
10月、大きくなった実が落ちてくるようになりました。右は木に生っている様子。
061017mukurozi_mi 061014mukurozi_mi
実を開けてみると、中には真っ黒の硬い種が一粒。カッチンカッチン!
実の直径は2cm、種の直径は1.2cmでした。
 
試してみました…
061017mukurozi_mi_hane 061019murozi_eki
左:手近にあった羽根は「赤い羽根」1枚。それでもなんとか雰囲気が分かるかな。
  添えて置いただけです。このカチカチの種に穴を開けるのはかなり大変そう…
右:皮をちぎって水に入れて揉んでみたら、ちゃんと泡が立ちました。
  ちょっと乾きすぎていたみたい。もう少し萎びていなかったらもっと泡立ったかも。
  酸っぱいような特有の匂いがしましたよ。実が熟していたせいかもしれませんが。
 

|

« ツワブキの咲く光景 | トップページ | クック こっち向いて »

コメント

お洒落な容器のような実ですね。
何かに使ってみたいけど2cmじゃね。
ちょっとした飾りにはなりそう。
泡だった水は石鹸の代わりになるんですか。

投稿: 平家蟹 | 2006/10/31 12:24

おお~すごいですね!
しっかり実験?まで。
実が気に入りました。
蓋のようになっているんですね。
で、葉っぱがのっているのは頭に葉をのせたタヌキみたい^^。
赤い羽根がご愛嬌♪
確かに羽根衝きの玉ですね。

投稿: koko | 2006/10/31 12:33

ムクロジの実が落ちる季節になりました。
カッチンカッチンでしたか。たしかに羽根突きができそうですね。
双子は青いうちに落ちやすいのでしょうか。惜しいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/10/31 16:30

約束したとおりちゃんと実験をされたんですね、両方共に。
その上、実から種を取り出すまでを順番に並べた写真まで。感激です。
種を取り出す時は皮の上部をカッターで切ったんですか?
丁寧な作業にポージィさんの性格が出ています。
赤い羽根の追い羽根、固い種なのによく刺せたもの。それともボンドで?
皮はほんとに泡立つんですね。びっくり。正真正銘の一番地球に優しい石けん。
ポージィさん、検証してくれて嬉しい。ほんとにありがとう(^O^)

投稿: あまもり | 2006/10/31 18:06

◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

これがもっと乾燥すると、ちょっとくたびれた黄葉の葉っぱの
ような色合いになり、道路上で車などに踏み潰されて、
中の黒い種が転がりでています。
種を取り出せばカラカラに乾いた容器のようですが、
2cmじゃ何かを入れるには小さすぎますね。

泡立った水は石鹸水代わりになるそうですが、私が試したのは
少なすぎたみたいです。
手にボールペンで線を描いて洗ってみたら確かに取れましたが、
その後、水だけで同じようにしても取れました。
よって、何の証明にもなりませんでした~(^^;ゞ


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

去年から、ずっとこの時を待ちわびていたのですよ。
↑写真の実が蓋のようになっているのは、ゴメンナサイ説明不足です。
黒い種を取り出すために、私がカッターで切り開いたんです。<(_ _)>

道路に落っこちた実は、車などに轢かれて外側が割れ、
黒い種が飛び出ていました。
小さな葉っぱのように見えるものは種を包んでいる外側の部分の一部で、
どうも、大きくなれなかった双子の片割れの痕跡のように見えました。

赤い羽根でも、なんとか羽根衝きの玉に見えました?よかったです(^^)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

コロコロとよく転がり落ちています。
黒い種は初めて手にとってみましたが、ほんとに、よくまぁこうも
と思うほどに カッチンカッチン でした(^^)
羽根つきして遊んだらコン!コン!と小気味いい音が響きそうです。

夏のうちに落ちてくる実は、上の写真のように双子ばかりでした。
双子だと大きくなりきれずに淘汰されてしまうのかもしれませんね。
秋になって落ちてきたものも、片割れがいたかのような痕跡がみられます。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

実験は中途半端なものでしたが、喜んでいただけてこちらこそ嬉しいです。

実の上部は、ご明察!カッターで切りました。けっこう硬かったですよ。
道路上では、車などに踏みつけられて割れ、種が転がり出ています。
赤い羽根は添えてあるだけで、刺しても貼ってもないんです~(^^;ゞ

皮は本当に泡が出て面白かったですよ。でも、拾った実が熟し過ぎ、
且つ乾き過ぎだったのか、思ったほどには泡が立たず、酸っぱいような臭いが
立ち込めたのがちょっと…。もっと若い実だったらよかったのかなと思います。
でも、背の高ーい木。私には落ちてきたのを拾うしか術がありませんが。

こうしたサポニンを含んだ植物を石鹸として使っている人々も、
今でも実際にいるんですよね。優しい洗剤ですね。

投稿: ポージィ | 2006/10/31 18:25

ポージィさん こんばんは♪

去年の記事も読ませていただきました
自分のコメントを読み返すのってちょっと恥ずかしいですね

はねつきの羽の黒いところの感触を思い出しました
硬くて真っ黒で、あれが種からできているなて不思議ですね~

投稿: glenn | 2006/10/31 20:05

こんばんは。

ご無沙汰しておりました。
ゴローさんが消息不明なので、なんだか僕も張り合いがなく、いよいよ花だけに特化したブログの準備にかまけております。

それにしてもムクロジの実、面白い構造ですね〜♪
まるで、入れ物。
それも可愛らしい!

投稿: noodles | 2006/10/31 20:40

ムクロジの実。実がなるということは、花も咲くのでしょうね。(愚問)葉っぱも大きく立派ですね。羽根つきの玉に使われたり、石鹸にもなったり、昔の人はいろいろよく考えているなと感心しました。

投稿: 茂彦 | 2006/10/31 20:42

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんばんは(^^)
去年の記事も読み返してくださってありがとうございます。
あ、わかります。自分の何ヶ月も前のコメントを読み返すときの
こっぱずかしさは、私も時々味わってます~~

羽根つきの羽根の玉、感触を覚えていらっしゃいますか。
ムクロジの種は、ツヤなしの真っ黒で微かにざらつきがあります。
形は少し歪んだ球体です。
ほんと、この球体だけ見せられたら、とても種とは思えません。
種も割って中を見てみたい気がしますが、怪我をしそうでやめています。


◆noodlesさん、ありがとうございます ♪

悟郎さん、どうなさっちゃったんでしょうか。
何だか日増しに心配な気持ちが募ってきています。このムクロジの実も
是非見ていただきたい記事なのですけれど…。
noodlesさんまでも更新が滞りがちになられて、お仕事が忙しいのかなぁと
思っていたところです(←今朝)。お越しくださってホッとしました。
ブログ、とうとうお料理とも切り離されて花だけになさるのですか?
楽しみなような寂しいような…。両方お邪魔すればいいのですけれどね。

ムクロジの実、初めてご覧になりましたか?
面白いですよね。これがもっと大きかったら、noodlesさんのことですから
柚子味噌でもお入れになりたくなるのではないですか?(^^)


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

花も咲くと思いますよ。いえ、初夏の頃咲いていました(^^;)
でも、あまりに高い場所なので全然見えなかったんです。
葉っぱ大きくよく繁って、夏には素晴らしい木陰を作っていましたよ。

ほんとですねぇ。昔の人たちは、植物をその形態も性質も実によく観察し
うまく工夫して生活に取り入れていたものですね。
こうした知恵をたくさん持っているとサバイバルには強いだろうなー
なんてことを、ふと思ったりしました。

投稿: ポージィ | 2006/10/31 21:33

ムクロジの実も可愛いですが黒い種が羽根撞きの羽根になっていたとははじめて知りました。
黒いところと白っぽいところが確かに有りましたね。お写真の通りです。
硬いですね、よく昔の人はここに目をつけましたね、感心いたしまね。
昔は丸くする事はかえって難しい作業でしたでしょうから、自然の物を上手く利用した方がよかったのですね。
現代では逆のような感じさえします。

投稿: | 2006/10/31 21:54

◆玲さん、ありがとうございます ♪

羽根つきの玉としてご覧になると、見覚えがおありの様子ですか。
ほんとに、取り出してみましたらあまりにカチンカチンで
びっくりしました(^^)
私は羽根つき遊びをしなかったため、あまりよく知らなかったので余計に。
硬くて弾むので、羽根の玉に使われたのだそうですよ。

昔の人の目の付け所、感心しますね。
「昔は丸くする事はかえって難しい作業でしたでしょうから」との
玲さんのお言葉には、なるほどと納得です。
木などを苦労してぐりぐりくりぬくよりも、自然の素材でぴったりなものが
あるのですから、それを使わない手はありませんね。
今では、そういった自然の素材の方がむしろ貴重になってしまった
観がありますが…

投稿: ポージィ | 2006/10/31 22:58

わー、面白い実験。
ムクロジが近所にないので、私も参加してみたかったです。
におい、どんなかまったく想像つきません。

投稿: tona | 2006/11/01 21:27

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ご旅行から戻られたのですね。お帰りなさーい。

ムクロジの実験、tonaさんも試してごらんになりたかったですか?(^^)
もうすこし新鮮な実でできると、多分もっと泡が立って石けんらしかったので
しょうけれど、ちょっと発酵しかけていた(つまり腐敗が始まりかけていた?)
のじゃないかと思います。
酸っぱいようなにおい=すえたようなにおいでしたから(^^;)
手に付いたにおいをとるために、普通の石けんを使わなくちゃいけないかと
思いました。(なんとか水だけで取れましたが)

投稿: ポージィ | 2006/11/01 21:53

長らくのご無沙汰でした。
帰ってまいりました。
これからもよろしくです。

ムクロジ石鹸、やってごらんになったのですね。
ちゃんと泡立ってますね。
子供時代に遊んだ記憶が蘇りました。
実は私も2月頃、ムクロジの実拾いました。
すっかり熟れきって、オレンジ色のものですが。
固い黒い実を何とかしてみたいと思っているんですが、細工するには大変そうで、まだアイデアが出てきません。
集めて眺めて、時々転がしてるいるだけでも、結構時間は過ごせます。
何もしないほうがいいのかな。

投稿: goro´s | 2006/11/03 21:54

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

お久し振りでーす。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

私はリンゴマークさんのほうは全く触ったことがなく、見当もつかないのですが、
だいぶ勝手が違って大変そうですね。でも、ついに来ていただけたということは
順調に両刀使い化が進んでいるということでしょうか~(^^)

悟郎さんが、子供時代にムクロジの液でシャボン玉を飛ばしたと
コメントくださったことが印象深く、それも出来れば試してみたかったのですが、
拾った実がちょっと適さなかったようで、泡が立った、というレベルどまりでした。

悟郎さんも実を拾われていたのですね。何かに使いたくなるお気持ち分かります。
たくさん拾われたのですか?私が拾ったのは4つ。
その辺に転がしてありますが、時折テーブルの上に落として弾ませて遊んでいます。
いい音がして良く弾みますよね(^^)
加工するにしても、この硬さですから、気をつけないと怪我しそうです。
そのままにしておくか、何か思いつくか。のんびり眺めていくことにしましょう。

投稿: ポージィ | 2006/11/04 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12340199

この記事へのトラックバック一覧です: ムクロジの実:

« ツワブキの咲く光景 | トップページ | クック こっち向いて »