« リンドウで遊ぶ | トップページ | 空に映すきもち »

2006/10/19

ウォーミングアップ

朝晩が少し寒く感じられるようになったある朝、じっと動かない虫たちを見かけました。
きっとウォーミングアップをしていたんですね。
060930agehatyou 060930kiirosuzumebati
   < 葛にとまるアゲハチョウ >       < ベランダの黄色スズメバチ; >
060930uraginsizimi_osu 061003uraginsizimi_mesu
 < 葛にとまるウラギンシジミ 雄 >     < 葛にとまるウラギンシジミ 雌 >
 
みんな、窓から手持ちで、カメラの限界までズームして撮ったものをトリミングで
アップにしてあります。ちょっとぼやけて不鮮明なのはそのせいです。

下の2枚の「ウラギンシジミ」は、9月末頃から10月初め頃よく見かけました。
羽の裏側が、名前の通り銀白色なのです。ベニシジミなどと比べるとかなり大きく、
モンシロチョウよりは小さいといったところだったと思います。遠くで眺めているので
確かなことは分かりませんが。 雄と雌でこんなに模様の色が違うのですね。
雄と雌の大きさは、写真↑ではあたかも違うかのようですが、実際は同じくらいです。
この蝶を窓から見られたのは、多分お隣の葛の海のおかげ。 
文句ばかり言っていたけれど、こんなプレゼントを貰ってしまいました。

(この記事は10月上旬に書きました。最近では葛の海上空を飛ぶ虫もめっきり減り、
虫たちの活動の時期も終わりを迎えようとしているのが感じられます。)  

|

« リンドウで遊ぶ | トップページ | 空に映すきもち »

コメント

ポージィさんの窓からは、色々なものが見えるのですね。
以前コメントで、イナゴ捕りをしたことを書きました。
イナゴをたくさんつかまえるには、朝早く出かけて、寒さでじっと動けないところを狙うのがポイントです。お日様が高くなるとイナゴの動きが活発になり、つかまえようとしても逃げられてしまうのです~。
この写真の虫たちも、体を温めていたのでしょうね。

投稿: koko | 2006/10/19 12:20

ほんとうに蝶はあまり見かけなくなりましたね。
シジミチョウのような小型の蝶はまだ見かけるけど
アゲハのような大型の蝶はすっかり姿を消しています。
トンボもすっかり見かけなくなったしもう昆虫界は晩秋なんですかね。
それにしても1年の立つのはほんとうに早いわ(^^;)

投稿: 平家蟹 | 2006/10/19 12:29

葛の海は昆虫の楽園でもあったのね。
葛の広い葉っぱは虫たちの寝床のよう。まだ眠っている?
みんな低血圧なんだ(-.-)
ポージィさんちのベランダのスズメバチ。
よいっしょっと、ふ~ようやく辿り着いた。
そんな感じです(^。^)
羽を使わず、壁をよじ登ってきたに違いない(笑)
確かに蝶やハチは少なくなりました。
こないだまで飛んでいたトンボもいつの間にかいなくなっている。

投稿: あまもり | 2006/10/19 14:22

こちら、またイヌツゲが咲き始めて(今年2度めです)ハチがブンブン。
畑は青虫だらけ。。。そのせいかモンシロチョウの多い事。
先日出かけた先はモンキチョウの大群が。。。
朝晩冷え込むようになったけど、日中はまだ半袖短パンでOKのこちら。
虫さんたちも元気です。
キンモクセイにしてもそうだけど、今年はこちらいろんなモノが遅れ気味です。
夫なんてこのまま冬が来ないんじゃないか?って(笑)
狂い咲きも凄まじく、畑の梨もチラホラ花が。。。どうなってるの?

投稿: ちょびママ | 2006/10/19 15:42

虫の名前は難しいので撮る枚数は少ないですが、窓から見えるところに虫のグラウンドがあると楽しいでしょうね。葛さまさまでしょうか。
虫は気温に敏感なのですね。その割りに林の薮蚊は元気で困ります。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/10/19 18:04

今晩は。
スズメバチにぎょっとしました、家にもあのホソバヒイラギナンテンに来ていました。
後は可愛いですね、沢山来てくれてよく撮れてよかったですこと。
蜂以外の訪問者は歓迎ですよ。
だんだん寒くなるので皆一生懸命ですね。

投稿: | 2006/10/19 18:24

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

窓から見える景色はすごく限られているのですが、夏の間その大半を占める
葛の海は色んな虫の活動の場になっているんです。
気温が高いうちは忙しく動き回っていて、とてもカメラでなど追えませんでしたが、
気温が下がってきたら動きが鈍って…カシャッ!(^^)v

イナゴ捕りも、早朝の動きが鈍いときが狙い目なんですね。なるほど~
上の↑チョウたちはみな羽を広げていましたしね。日なたぼっこして
体温が上がるのを待っていたんだと思います。


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

平家蟹さんのエリアでも見かけなくなりましたか。
ちょっと前までは、まだアゲハがひらひらしていたのに、ふと気付くと
パッタリ見かけなくなっていました。
葛の海の周辺をたくさん飛び回っていた蝶もカナブンも蜂も、みんなどこへ
行ってしまったんだろう、というくらい何もいません。ジョロウグモだけ(^^;)

10月も下旬にさしかかろうとしていますものね。あと2ヶ月と10日ですか…


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

気温が高い間、葛の海上空には絶えず何か虫が飛び、葉っぱの上では
カナヘビ(トカゲ)が寛いでいましたが、今じゃジョロウグモだけに。
ウフフ 低血圧なのか低体温で動けないのか(^。^;)
こんな状態のときなら簡単に捕まえられそうですね。
スズメバチを見つけたときは、近くに巣があるのかとギョッとしましたよ~
そうそう、ほんとやっとこさたどり着いたって感じでした。
それでも、網戸をちょっと開けてそこからレンズ部分だけを出して、
いつでも逃げられる体勢で撮りました(笑)

やっぱり虫たち少なくなってきていますよね。田んぼの上に無数にいた
赤とんぼもすっかり少なくなっていました。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

日中はまだ半袖短パンでOKなくらい、暑くなるんですか?
あらまぁ。それじゃ、虫たちもまだまだ活発に活動していますね。
10月も下旬になろうというのに、モンキチョウの大群って…(・。・)
おまけにイヌツゲや梨の花が?? 
ほんと、その調子では冬が来ないんじゃないかと思えてしまいますね(^^;)
こちらでも、半袖短パンとはいかないですけど、このところこの時期にしては
気温高めの日が続いています。
今年の気象は、全体的にな~んかおかしいですね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

夏の間はまさしく虫のグラウンドでした。常に蝶がひらひらしていましたし。
でも、活発に動き回っている間はとてもカメラで追うことは無理で、
動きが鈍ってきたな、と上の写真を撮った直後くらいから、こんどは
パッタリ見かけなくなってしまいました。
葛の海の日当たりが悪くなったからかもしれません。
温度に敏感な虫たちがいる一方、藪蚊たちはしぶといですね~
毎日夕方近くなると、うちの玄関辺りでもうようよ飛んでいます(-_-;)


◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
玲さんのホソバヒイラギナンテンに来ていたのはスズメバチでしたか。
それは怖かったですね。秋の蜂は気が立っているようですし。
私も、これを見つけたときはギョッとしました。動きが鈍っているようでしたので
勇を鼓して(?)いつでも逃げられる体勢でシャッター押しました(^^;)
ウラギンシジミは初めて見る蝶だったので嬉しかったです。
冬眠しない昆虫達に残された時間は、もうわずか。一生懸命でしょうね。

投稿: ポージィ | 2006/10/19 21:34

昆虫の世界も、そろそろ終わりなんですね。
飛び立つ前に、ウォーミングアップの時間が必要な温度になってるってことですよね。
でもこの時期は、アップ写真が撮れるチャンスでもあるんです。
先週モンキチョウ?を撮りました。
子供たち、素手で掴まえていましたよ。

投稿: goro's | 2006/10/20 01:55

そういえば、私もその頃はやけにたくさん蝶を見ました。
もしかしたら、春の頃より多いんじゃないかと思ったくらいで。
それに比べて、最近はずいぶん減りましたね。

ウラギンシジミ、見たことないんですが。
初めて見る蝶を撮れたら嬉しいですよね♪
蝶って、たくさんの種類がある上に、羽の表と裏で色が違ってたりするでしょう?
私は撮るだけで、名前は分からないまんまですぅ。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/10/20 07:45

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

多くの昆虫達が、一生を終えたり冬眠のしたくをしたり、
の時期にさしかかっていますね。
おやおや、子供たちに素手でつかまえられるほど動けないんですね。
そうそう!動きが鈍くなっているこの時期はアップで撮るチャンス(^^)
悟郎さんも、チャンスをものにされたのですね。
残念ながら私の間近にはあまり来てくれません~私ってよほど怖いのかしら…


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ろうそくの灯が消える直前にふっと炎が大きくなるように、蝶たちも
いよいよ活動期が終わるという直前に急いで蛹から孵るラッシュ時期が
あるんでしょうか~
この頃、ほとんど見かけなくなりましたね。日中の暖かい時間にちらほらくらいで。
ウラギンシジミは私も初めてでしたよ。はい、嬉しかったです(^^)
nanbuさんが書いていらっしゃるのがズバリ当てはまりますね。
羽根の表裏で色が全然違って、しかも雄と雌でも全然違いました~。
虫の名前は(も^^;)、放棄することが多いのですけど、ウラギンシジミは
試しにネットの昆虫図鑑を覗いてみたら、運良く見つけられたんですよ(^^)v
nanbuさんは、今年はたくさんの蝶のモデルさんに恵まれましたね♪

投稿: ポージィ | 2006/10/20 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12132165

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーミングアップ:

« リンドウで遊ぶ | トップページ | 空に映すきもち »