« ゆれるコスモスたち | トップページ | リンドウで遊ぶ »

2006/10/17

蜘蛛のカップル

わがやの周辺、8月の終わり頃からたくさんの蜘蛛が巣をかけています。
よっぽど邪魔でない限りそのまんまにしてあります。
(タカサゴユリの長い茎はぶっ倒れ、芝生はいつしか野草に取って代わられ、
 蜘蛛の巣はあちこちにかかり… ハハ すごい庭だヮ ^^;)
 
それはともかく、この秋になって目立つようになった蜘蛛。よくよく見たら大抵が
カップルなのです。大きなのと小さなの。数センチに接近しても相手を捕まえて
食べてしまうこともなく…
061007jyorougumo_couple 061007jyorougumo_up

ねっ、こんなふうに。(この写真は蚊に刺されながら夫が撮ってくれました)
そこで調べてみました。まずはこの蜘蛛の名前から。
「ジョロウグモ」でしたよ。大きいのが雌で小さいのが雄です。
雌の腹部には薄い青と黄色の模様がありますが、雄は全身一色で焦げ茶?
よく見えませんでした。
 
冬を卵で越したジョロウグモは春に孵り、成長するにつれて少しずつ網を大きくして
ゆくのだそうです。秋になる頃には体も網も大きくなり、よく目立つようになるのだ
そうです。参照:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ジョロウグモ

|

« ゆれるコスモスたち | トップページ | リンドウで遊ぶ »

コメント

あ、やっぱこれってカップルなんだ。
散歩コースは女郎蜘蛛の巣ロードになってます(笑)
大きな巣ですよね、しかも糸がしっかりしてる。
今ね、蜘蛛の巣が日に照らされてキラキラ光るのを撮影して喜んでるんです♪
虹色や金色に輝く蜘蛛の巣、キレイですよ~
って、蜘蛛がこの世で一番苦手な私なのに、キラキラを撮るためならかなり接近できちゃうから不思議。

投稿: ちょびママ | 2006/10/17 11:31

女郎蜘蛛、美しいですよね。嫌いだけど・・・。
私が中学生の頃、イナゴ捕りを学校あげてしていたのですが、よく稲穂に巣をかけている女郎蜘蛛をみかけました。もしかしたら、こんなカップルもいたのかもしれませんね。
いよいよ虫の季節も終わりという事なのでしょうか。
あっというまに冬が来る~

投稿: koko | 2006/10/17 13:03

寒っ・・・
ボクは苦手 No.1はクモ。。。
足を伸ばして2㎝ぐらいまでなら手にものせられます。
が、3㎝になると背筋にオカンが走り、
5㎝になると顔がヒキツリ
8㎝になると血の気がなくなり、
10㎝になると「でたっ!!」っと大声を上げて助けを求めます・・・
が、誰も助けに来ません(-_-;)
そして、15㎝オーバーのが出るとたぶん死んだふりをするでしょう(T_T)
ジョロウグモは家の外だけど、家の中に出るヤツは・・・

投稿: mone | 2006/10/17 13:15

ずっと前に、ポージィさんから「『小春日和』のことを『老婦人の夏』と言う。」とのコメントをいただいたことを思い出しました。
秋に生まれたクモの子が、糸を風に乗せて飛んでいく様が老婦人の髪のようだからとか。
そんな風に考えると、クモの巣もまた違って見えますね。

投稿: nanbu | 2006/10/17 17:11

子供の頃 玄関に大きな蜘蛛が出て
姉と2人で外へ追い出そうと箒で吐き出したら
お腹の下から蜘蛛の赤ちゃんの大群がぁ!(◎o◎)
「蜘蛛の子を散らす」を身を持って体験しました(^_^;

決してお友達にはなりたくないんですがぁ
家の中に出る(朝?夜?)蜘蛛は殺してはいけない 
と聞いてから外へ出すようにしています
外の蜘蛛は見て見ぬ振り~(^^)

投稿: miki | 2006/10/17 18:55

なるほど、ヤブミョウガの蜘蛛の巣をはらわなかった理由が解明した!
蜘蛛の巣と蜂の巣、もうポージィさんの庭は自然いっぱい(^_^)v
いやシチレイ。旦那様共々優しいんだね。
ジョロウグモの雌の大きさといったら!
ノミの夫婦はジョロウグモの夫婦と言い換えたほうがいいような気がする。
クモはハエや蚊を取ってくれるので、益虫と言ってもいいかも。でも蝶でもハチでも捕らえるから、やっぱり肉食の恐い虫か・・・。
でも一番恐いのは、食べる分以上に捕獲して絶滅に追いやるヒト科なんだな、これが。

投稿: あまもり | 2006/10/17 19:04

おお!
いいなあ、蜘蛛を堂々とアップできて!
僕も一杯ストックあるんだけれど。。。

コスモスも綺麗でしたね♪

今、あちこちのホトトギスを貯め撮りしてるんですが、細かい判別が難しいです。。

投稿: noodles | 2006/10/17 20:13

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

カップルなんだそうですよ~。雄は雌が成熟するのを待っているらしい…
(紫の上の成長を待つ光源氏かいな)

「女郎蜘蛛の巣ロード」ね!うちの近所もですよ。いたるところに巣を張ってます。
最近じゃ大きな巣なので目につくことつくこと。(^^;)
あら、ちょびママさん蜘蛛の巣撮りに凝っていらっしゃるの?
確かに光を浴びて輝いているのはきれいですよね。
蜘蛛と太陽光の共同芸術作品にホレボレと見とれてしまいます。
その美しさを写し取るためなら蜘蛛はいないことに?
そのうちご披露くださるのかな?楽しみにしてま~す。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

薄い青と黄色の色合いがとてもきれいですよね。
レモンイエローに、少し灰色の混じった薄い水色。これ、腹部の背中側かな?
お腹側の先っぽには赤い色も見られますね。
色はきれいだけど、私も好きにはなれないなぁ…あの形はどうも(^^;)

学校でイナゴ捕りなんてやってたんですか。食害を防ぐのと佃煮作りのために?
それはともかく、ジョロウグモはゆらゆら揺れる稲穂にも巣をかけるんですね。
ジョロウグモもカマキリも卵を産んで、季節はいよいよ晩秋へと移っていきます。
寒い冬はすぐそこに…


◆moneさん、ありがとうございます ♪

アハハ 苦手No.1をドド~ンとお見せしてしまってすみません(^^;ゞ
えーっと、このジョロウグモは5cmくらいはありましたから…それでも
顔が引きつるレベルで済みましたね。良かったヨカッタ。
私も蜘蛛はかなり苦手の部類に入ります。
トビグモというのか、家の中でピョコピョコしてる小さいのは平気ですが、
10cmとかになるアシダカグモがワサワサワサと壁を這っていると
考えるより先に「ぅわっ!!」と声が出ます。
ぎょぎょっ…15cm超え、なんて巨大なのもいるんですか?タラリ…;


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

「老婦人の夏」来月になると、そんな日が恋しくなりますね。
(nanbuさんは、本当によく覚えていてくださいますね ^^)
風になびく蜘蛛の糸を老婦人の髪の毛に例えてそう言うようになったと…?
銀髪の後れ毛が晩秋の日差しを受けきらりときらめきを放つ様、
蜘蛛の細い糸が一瞬のきらめきを放つ様… 美しい絵を見るようでしょうね。

蜘蛛も闇雲に嫌うのでなく、別の観点から見ると新たな発見がありますね。
張りたてのピカピカの蜘蛛の巣を見ると、芸術性の高さと共にその労力を思って、
無造作に取り払えなくなります。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

うひゃ~ 目の前で蜘蛛の子が散ったのですね(^^;)
私は、どこかで孵った蜘蛛の子が壁の隙間からうじゃうじゃ出てきているのを
目撃したことがあります~。ぎゃ~!!でした。

蜘蛛に関する俗信って、結構あるみたいですよ。
mikiさんの仰るのは「朝蜘蛛を殺すな夜蜘蛛は殺せ」っていうのですね。
私も子供のとき親にそういわれました。もっと過激で「夜蜘蛛は親でも殺せ」って。
うちでも外へ出すことにしています。
そのために¥100ショップで捕虫網買ってきて置いてありまーす(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

蜘蛛の巣だらけの骨董品になる訳、ばれましたか…(^^;ゞ
蚊や蛾が多いせいか何のせいか、今年はジョロウグモの巣がほんっと多いんですよ。
あんまり多いので、まじまじと見たらカップルでいることが多いのに
気づくことができたというわけです。
メスとオスの大きさ、違いすぎるくらい違いますね。
ほんと、ノミの夫婦はジョロウグモの夫婦に変えたほうがいいかも(^^)

蜘蛛は人にとっては益虫だそうですね。人に害をもたらす蚊や蛾だけじゃなく
蝶も蜂も捕まえてしまいますが、致し方ないことなのでしょう。
そうそう。いちばん怖いのはヒト科の動物です。見栄などというものの
ためにも殺しますからねぇ…


◆noodles、ありがとうございます ♪

noodlesさんの虫写真コレクションは、硬く封印ですか?
アップなさったらトンデモナイことになってしまうのでしょか。
私は案外お構い無しに載せてしまうので、悲鳴が上がることも…(^^;ゞ
この先もカマキリとか予定してます~~

コスモスも見てくださってありがとうございます(^^)

ホトトギスの判別に悩んでいらっしゃるんですね。紫系のも黄色系のも難しそうです。
私はタイワンホトトギスだけなんとか、といったところです。
頑張ってくださいね~~

投稿: ポージィ | 2006/10/17 22:26

そうそう、そうなんですよ。
2匹が立体的に巣を張ってるところ、ここんところ目にしてたんです。
大きなほうに寄生してる小さな蜘蛛だと思ってましたが、カップルだったんですね。
それと、これがジョロウグモだったんですね。
私が子供の頃ジョロウグモと呼んでたのと違いました。
ではあれは、何という蜘蛛だったんでしょうか?
宿題が残りました~

投稿: goro's | 2006/10/18 02:38

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんも気がついていらっしゃいましたか。
中には、大きな蜘蛛の巣を利用して自分の巣をかける、ちゃっかり蜘蛛や
巣の隅っこに居候する蜘蛛もいるそうです。
でも、こんな感じ↑のは、まずジョロウグモのカップルですね。

私は黄色い縞の蜘蛛を見ると、どれでもジョロウグモと思っていた口です~(^^;)
それで、今回は間違いないか確認しました。
悟郎さんがお子さん時代に馴染んでいらしたのは、何という蜘蛛だったのでしょうね。
コガネグモ?

投稿: ポージィ | 2006/10/18 09:44

ああ、うちのゴーヤ用のネットにもいます。
親子かと思っていました。大きさが随分違いますよね。
大きくてきれいな方がメスですか☆
先日の雨・風・大荒れな時でも巣は健在でした。(汗;)
私も写真に撮っていますよ~♪

投稿: 池田姫 | 2006/10/18 11:07

このごろはやしに入ると女郎蜘蛛の巣がいっぱいで、油断していると頭にまとわりつきます。
カップルになっているのは気づきませんでした。今度いったら確かめます。ありがとうございました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/10/18 17:39

◆池田姫さん、こちらにもありがとうございます ♪

ゴーヤのネットにも!?
成長したジョロウグモはかなり大きな巣を張るようですけれど、
ゴーヤのネットで楽したのかしら?

池田姫さん、「大きくてきれいな方がメスですか」の
「きれいな方が」の部分に力入っていらっしゃいませんか?(^^)
そっ、人間と一緒ですね。(んん?)
なんと、池田姫さんも写真に撮られたんですね。拝見したいです。
私は巣はまだうまく写し取れたためしがないんです。


◆横浜のおーちゃん、こちらにもありがとうございます ♪

分かります~。散歩途中に横を通る竹林の中にもいっぱいあります。
おーちゃんは、野草の花を撮られるとき林の中に足を踏み入れられますものね。
1本スーッと張られた糸にぶつかっただけでもかなり鬱陶しいのに、
大きく張られた網がもろに頭や顔にくっついたら…想像しただけで嫌です(^^;)
メスのそばに小さなオスがいる確率、今の時期はかなり高いようです。
今度林に行かれたら、目線を足元から頭の上にも向けてみてくださいね。

投稿: ポージィ | 2006/10/18 20:05

おはようございます
今年はクモが多いとよく聞きます。やはり天候のせいでしょうか?
朝引っかかるのが先ず私です。
クモの巣に掛かるのも嫌ですが、
クモが生まれたときを見たことあります??
あの袋状の中から、クモの子を散らすという言葉のそのままでした。
それからクモは大嫌いです。

投稿: あやや | 2006/10/19 06:04

◆あややさん、ありがとうございます ♪

おはようございます(^^)
クモが多いという話をお聞きになりますか?やっぱり~
並木などの虫害が多いということは、蛾などが大量発生ということで、
網にかかった蛾などを食べるクモも増えたのかな、と思っていますが
どうでしょうか。蛾が増えたのは天候のせいかな、と…

あややさんは朝がお早いですものね。それで最初に引っかかるのもあややさん(^^;)
クモが生まれたときの「クモの子を散らす」様子、見たことあります。
それも家の中でやられて、ギャ~ ゾォォォ… と途方にくれました。
そのままにしておくわけにもいかず、かわいそうでしたが掃除機で
吸っちゃいました…。私もあれは二度と見たくないです。

投稿: ポージィ | 2006/10/19 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12252594

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛のカップル:

« ゆれるコスモスたち | トップページ | リンドウで遊ぶ »