« 庭で色づく秋 | トップページ | ゆれるコスモスたち »

2006/10/14

美術工芸品<ヤブミョウガの実>

8月にアップさせていただいたわがやの「ヤブミョウガ」。その後も長く咲き続け、
実をつけました。去年、玲さんのブログで初めて拝見したとき「美術工芸品のよう」
と感想を持った青黒く艶やかな実です。

060920yabumyouga_mi_w 060920yabumyouga_mi_b
< 花が終わるとまずはこんな風 >→< やがて色づきメタリックな艶が >

見事な「美術工芸品」になるはずが、すでに大分実がこぼれクモの巣まで張ってます。
大事にされている「美術工芸品」じゃなくて、物置の奥に忘れ去られていた壊れかけの
骨董品のようだ…(^^;)

写真は9/20の撮影です。今日10/14現在は、2株とも右の写真のような姿。
じっくり時間をかけて熟していくようですね。

|

« 庭で色づく秋 | トップページ | ゆれるコスモスたち »

コメント

ヤブミョウガって馴染みがなくって
前も話したけど金毘羅さんでたくさん見かけたっきりです。
縁あってポージィ家にやってきたヤブミョウガですが、この後、どうされるんでしょう?
優しいポージィさんの事、そのままにして置くのかな?
青花、青い実と興味津々の私としては、是非とも我が家の子になって欲しいくらいです(笑)

投稿: ちょびママ | 2006/10/14 11:17

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

あのとき群生をご覧になったあとは出会いがありませんか?
もっとも、私もご縁ができたのは去年の秋からですが…
えっとね、今後のことは今の狭い範囲のみでガマンしてもらって、
可哀想ですけどそれ以上に範囲を広げた分は引っこ抜かせてもらいます。
猫どころかネズミの額ほどの狭い庭、ヤブミョウガに占拠されるわけには
いかないので…(ほっておいたらみるみる占拠されそうな勢いですよ;)
この、濃いメタリックブルーの実は魅力的ですよね~
ちょびママさんの「おいでおいで」なさってる声が聞こえてきます(^^)

投稿: ポージィ | 2006/10/14 11:26

おお、実が生ったんだ。これがヤブミョウガの実なんだ。艶々している。
あら、蜘蛛の巣が・・・とそう思ってたら、物置に奥に忘れられた骨董品と(笑)
いえいえ仕舞い込んで忘れられた骨董品の中には値打ちのある物もありますよん。
花期はそうとう長いようですね。実が一杯なのにまだ咲き続けている。
この宝石にちりばめられたかんざしを守っていくのね。運のいいヤブミョウガ。
でも庭を占拠されないように常に見張っておかねば。
庭の手入れの仕事が増えましたね(^_^)

投稿: あまもり | 2006/10/14 13:12

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんもヤブミョウガの実をご覧になるのは初めてですか?
紫陽花を見に行かれたあのお寺への道の途中の群生、今じゃきっと
みんなこんなになって、ツヤツヤ光を放っているのでしょうね。
あはは、忘れ去っていた価値ある骨董品の類ですか、この実。
はい、葉も花も実も、結構気に入ったので少しだけ残すことにしました。
冬の間は、霜に当たると地上部が消滅するので、忘れてそこに何か
植えてしまわないようにしなくちゃ(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/10/14 18:04

ヤブミョウガの実は深みのある色になっていきますね。
ちょびママさんもあまもりさんも、皆さんのところではあまり見かけないそうですが、うちの近所は背の低いもの高いものいろいろ見られます。
やはり蜘蛛の巣を見ることが多いです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/10/14 20:01

今晩は。
「我が家のヤブミョウガ」がご立派になって。ご謙遜、でも
見るからに本物の工芸品ですよ。
私もですが一年で知ってから物にするなど楽しいですね。
私は随分そういう経験をブログで感じ取りました。
特にポージィさんにはお世話になっている5本の指。
今日は私の名前をリンク頂いてうれしはずかし、有難うございました。
明日はお返し、では無いですが一寸考えております、よろしくです。

投稿: | 2006/10/14 20:35

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんのご近所では、よりどりみどりでヤブミョウガの観察が
できそうですね。(^^)
うちの方ではそんなに見かけないのですが…。
去年生えてきたこれは、もしかしておーちゃんのご近所から運ばれてきた?

おやおや、所変われどやはりクモの巣がかかっていることが多いですか?
せっかくの綺麗な実でも、クモにとってのヤブミョウガは、糸を張りやすく
獲物がかかりやすいというだけの存在なのかもしれませんね(^^;)

私としては、この深みのある綺麗な色、実物を見ることができて嬉しかったです。
未だにリュウノヒゲの実が見られないだけに。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

ウフフ 面白い工芸品のようとは思うのですが、クモの巣がかかっている様子が
なんとなく…。(^^;)
玲さんのお名前ご紹介だけにしようかとも思っていましたが、結局
リンクを貼らせていただきました。ありがとうございます。
明日、何かご計画が?楽しみです。ワクワク

お世話だなんて、とんでもないです。玲さんはもう独自にすばらしい
ブログの形を確立なさっていますし、写真はずっと先を行っていらっしゃいます。
私の方こそ密かに(?)お世話になっています(^^)
でも、本当に!同じ植物の季節ごとに違う顔を見つけるのも、楽しいものですね♪

投稿: ポージィ | 2006/10/14 21:19

あらら~、久々の偶然です。
私も本日ヤブミョウガの実をアップしたところでした。
でもポージィさんの感性とはまったく違ってました(笑)。
美術工芸品ですね、成る程です。
ポージィ家に突然やってきたヤブミョウガ、骨董品になるまで可愛がってください。

久々ついでに、TBさせてくださいね。

投稿: goro's | 2006/10/15 02:05

夏に咲いた白い花は、清楚なお嬢様って感じでしたけど。
秋の実は、美術工芸品の形容がピッタリな艶っぽさで。
少女の髪飾りから、円熟した女性の首飾りになったようですね。(^.^)

投稿: nanbu | 2006/10/15 11:18

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

あら、偶然ですか?久し振りですね~(^^) 
TBもありがとうございます。

悟郎さん青黒い実もお好きですもんね。
ヤブミョウガのほかにどんなのがお仲間に加えられているか
楽しみです。後で伺いまーす。

うちのヤブミョウガ、花が咲いていた間中、見るたびに必ず
小さな虫(ヒラタアブみたいな虫)が蜜を吸っていました。
虫にとっても鳥にとっても魅力的な食材のようですね。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

そうですね、あの白い花は清楚でお姫様の形容がぴったりの
感じでした。毎日蜜を吸いにきていた小さな虫の力添えがあって
こんなツヤツヤの実がなりました。
実の付き方や見た雰囲気が、ね、美術工芸品ですよね(^^)

>少女の髪飾りから、円熟した女性の首飾りになったようですね。

おぉ!nanbuさん、その例えいいですね。ステキ♪
首飾りは、青みがかったブラックパール、ってとこでしょうか。

投稿: ポージィ | 2006/10/15 15:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12158271

この記事へのトラックバック一覧です: 美術工芸品<ヤブミョウガの実>:

» 青と黒の実 [goro's Diary]
私の中では、この秋の青い実といえばあれなんですが、どうも先行きに暗雲が垂れ込めています。一喜一憂しているうちに、他の青い実たちも見られるようになりました。 黒い実も一緒に紹介いたします。 名前をクリックすると、花のページに行きますよ。 「ヤブミョウガ・藪茗荷」ツユクサ科 なんてったて、このメタリックブルーの輝きは個性的です。重金属の色ですよ。鉄色と言えばいいのかな。実物を見ても、植物の実だとは�... [続きを読む]

受信: 2006/10/15 02:06

« 庭で色づく秋 | トップページ | ゆれるコスモスたち »