« さざんかさざんか咲いた道 | トップページ | 夕景 その1 »

2006/10/24

カマキリ、祈りを捧げる

061013kamakiri1
 フェンスにいた大きなカマキリ
 鎌をきれいに揃えて畳んで
 じっと動かない姿勢…
 大きなお腹は卵を抱えている?
 
 まるで無心に祈りを捧げて
 いるかのような姿でした
 
 
 
 
061013kamakiri2
 散歩に出かける前に気付いて
 帰ってきたときも微動だにせず
 さっきのままの姿勢…
 産卵前に息絶えてしまったかと
 思ったけれど大丈夫
 翌日はすぐ脇の
 フウセンカズラの茎に
 移動していました。
 
 
 
(その後、鉢植えの植物の茎に卵を産みつけて←切る予定だったのに…;
 2~3日したら姿を見なくなりました。一生を終えたのかもしれませんね。)

|

« さざんかさざんか咲いた道 | トップページ | 夕景 その1 »

コメント

面白い光景ですね。
出産前に、無事に生まれるように祈っていたか、それとも陣痛に備えて精神統一していたのでしょうか。
フウセンカズラに生んだのですか?

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/10/24 11:18

私も三日ほど前に、茶色いカマキリを見かけたんですけど。
写真を撮ろうとしたら、シッカリこっちを向いて睨み付けられました。(^^;)

このカマキリ、これだけ近寄っても首を真直ぐ前に向けているのが不思議ですね。
鎌を揃えて頭を垂れたポーズといい、それがなにか敬けんな雰囲気を醸し出しているようで。
ポージィさんが「祈り」と感じたのも分かる気がしました。

投稿: nanbu | 2006/10/24 11:31

カマキリの卵,広口の瓶に入れておくと,カマキリの赤ちゃんが孵りますよ.あのふわふわの卵から,わらわらと出てくるマメカマキリ,ちょっと気持ち悪いです.(なら言うなよ).

投稿: LiLA管理人 | 2006/10/24 12:28

ほんとに祈りを捧げている感じです。随分長い祈りだったのですね。
卵を育てるために雄も食べてしまう雌カマキリ。懺悔の思いもこめていたのか・・・擬人化するのが好きなあまもりで(^^ゞ
こうして祈りを捧げている(ような?)様子を見ていたら、卵を取り払うのはつらいですよね。
祈りの大きな目的は、この庭の家主、つまりポージィさんへのお願いだったかもしれない。
なんてまた擬人化しています。

投稿: あまもり | 2006/10/24 14:09

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

珍しい姿ですよね。カマキリと遭遇したら、キッ!と睨まれるのが普通なのに。
翌日もまた同じようなことしていましたよ。
祈りか精神統一か… つい擬人化して考えたくなる姿でした。

卵は、フウセンカズラではなく、びろびろに伸びて何とかしなくちゃ
と思っていたブルーデージーの茎数本にまたがって産み付けられていました。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

>写真を撮ろうとしたら、シッカリこっちを向いて睨み付けられました

それが普通ですよね。私も「無視」されたのは初めてでしたよ。
いつもキッ!と睨まれるのに、見向きもされないとかえって変な感じです。
おまけに鎌は綺麗に揃えられているし間近にカメラを近づけても微動だにしないし…
ついつい擬人化して考えたくなりました。
ちなみに、卵を産みつけた翌日、自転車の籠の中にいるのを見つけたときは
キッと睨みつけられましたよ(^^;)


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

家の中に置いておいて、わらわらと孵ってトンデモナイコトになったという
話をちょこちょこ聞きます(^^;)
私は、木の枝に産み付けられていた卵ら孵ったところを見たことありますよ。
もうほとんど終わりだったみたいで、まだ巣の近辺に残っているのは
うまく育たなかったかうまく孵れなかった子供たちがほとんどだったようで、
あまり目にしたくないようなベビーがかたまっている状況でした…

この卵、せっかくなので保護しておこうかな。あ、でも家の中に置くのはやめます。
それでなくてもいつの間にかカマキリベビーが入り込んでくる家ですから~


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

私もすっかり擬人化して眺めてしまいましたよ~
長ーい祈りを捧げて、翌日の昼間はフウセンカズラにいたのですが、
夕方からまた同じように祈りを捧げ、そのまた翌日くらいに
卵を産みつけていました。 あ…懺悔だったのかしら。

うちって、カマキリにとって卵を産みつけたくなる環境のようなんですよ。
これまでにも外壁に何度か。今年も新たに産みつけられていました。
このカマキリ以外にもいたってことですね。外壁に産みつけられたのって、
孵った後で取ろうとすると塗装ごとはがれるんですよぉ…
仕方なくそのままにしてありますが、ちょっと困りものです。
このカマキリの卵は、祈りに応えて保護してやることにします。
といっても、卵付きの茎を捨てずにどこかに置いておくだけですけどね。
家の中に持ち込むと大変なことになりそうですから~(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/10/24 14:36

どうぞ来年も元気な子供をたくさん授かりますように「アーメン」。
彼女は神に祈りながら卵を生み、この世から去っていきました。
ある秋の日の出来事でした。

投稿: 夢閑人 | 2006/10/24 17:44

アンデスノオトメ(乙女)にあんな実がなるんですね!
サザンカ、僕も歌いながら撮りました(笑)。

本日やっと、蓼君達との格闘に終止符を打ちました。。
疲れた〜〜。。

投稿: noodles | 2006/10/24 19:30

今晩は。
カマキリになったような気になりましたよ。ポージィさんの
お写真とお話にすっかりはまったようで~
最後の大仕事の前のお祈りでしょうか、もうわずかばかりの命かも~

カマキリのタマゴは大事に~と、成虫になり害虫を食べてくれる庭の
ガードマン?ですって。ゴキブリとはえらい違いと思いませんか、
当たり前ですね。(ごめんなさい)
そう云われればどこか頼もしげに見えます。前は嫌いでしたが今は
何でもありません。近くは無理ですけれど。

投稿: | 2006/10/24 20:15

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

おぉ、このカマキリはクリスチャンでしたか。
きっと、神様とマリア様に祈りを捧げたのですね。
大きな立派な卵を産みつけてありました。
おそらく彼女の願いは聞き届けられることでしょう(*^^*)


◆noodlesさん、ありがとうございます ♪

アンデスノオトメの実、ちょっと想定外でしたよね~(^^)
花姿とも名前ともイメージかけ離れてます。

noodlesさんもサザンカ撮られたんですね。
撮りながら口ずさまれたのは、やっぱり童謡「たきび」の方ですか?

あ、苦労なさっていた蓼科の植物達、決着が付いたんですね。
お疲れさまでした~ おめでとうございます!
また楽しみに見せていただきまーす。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんばんは(^^)
すっかりカマキリの身になってご覧くださいましたか。
ウフ 一緒になって祈りを捧げたくなりますよね、この姿。
最後の大仕事の成功と卵の無事と一生の懺悔の祈りを捧げていたのかも。

そうですね。カマキリは益虫といわれますね。
アハハ ゴキブリは人の役には立ってくれませんね~
草食の虫ばかりでは、草花はレース状になるばかり。肉食のカマキリもいて
自然界のバランスが取れているのですよね。
(自分は生まれ変わってもカマキリに食べられる虫には
 なりたくありませんが… ^^;)
私も捕まえるのはできませんが(幼稚園児のときオニヤンマに噛み付かれて以来
 あごの発達した虫も苦手の一種になりました 汗;)見るだけなら平気です(^^)
卵は捨ててしまわないよう、傷つけないよう、残しておこうと思います。

投稿: ポージィ | 2006/10/24 21:25

ポージィさん こんばんは~

祈りを捧げている・・・本当にそんな姿です
つい、数ヶ月前には生まれたての小さなカマキリだったのに
もうお母さんになって、子孫を残しその一生を終えるのですね~

カマキリのたまごが低いところに産みつけられている年は
暖かいといいます 家ではボウボウになったチェリーセージの茎に
産み付けられていました 

投稿: glenn | 2006/10/24 22:08

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。

祈りを捧げる姿に見えますよね(^^)
ほんとですよねぇ… あんなにちっちゃく可愛らしかった子カマキリが、
いつの間にか堂々たる姿ですものね。この間にどれだけが生き残れたのでしょう。
そして生き残ったものも子孫を残して早くも一生を終えていく…。

>カマキリのたまごが低いところに産みつけられている年は暖かいといいます

まぁ、そうなんですか。glennさんのお宅でもチェリーセージに。
すると、この冬はまた暖冬になるのかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2006/10/25 13:11

私の友達の息子が小学生の頃 カマキリを庭で飼ってました
卵を産ませるまで それはそれは熱心に庭に出てましたよ
でも親の方は 家の中にまで赤ちゃんが入って来て
ギャーギャー騒いでましたけど(^o^)

投稿: miki | 2006/10/25 13:33

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

虫好きな少年って多いですね。もちろん虫愛ずる姫もいますが。
え~っ、庭で飼うってどうやって飼っていたのでしょう?どっか行っちゃいそう。
ワンコみたいにリードで繋いでおくわけじゃありませんよね。まさかね。
ともあれ、そうやって何かに夢中になっている少年、いいですね。
きっとキラキラした目をしていたでしょうね。

うちも家の中にカマキリの赤ちゃん入ってきてましたよ~。
うちも庭で飼ってるってことになるのかしら???

投稿: ポージィ | 2006/10/25 13:52

本当にひざまずいて、手を組み合わせて祈りを捧げている姿そのものですね。私なら思いつかないです。
今年はカマキリをよく見ましたね。
この間取り込んだ洗濯物の中から出てきてびっくりしてしまいました。
すぐ近くの草むらへ置いてきましたが。
卵はたくさんありましたか?
虫も卵を産んで一生を終えるのですね。

投稿: tona | 2006/10/25 16:35

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

こんなふうに鎌を揃えているのを見るのは初めてで、
祈りの姿に見えてしまいました(^^)

tonaさんのお庭周りでカマキリ多かったですか?
餌になる側の虫も多かったということかもしれませんね。
えっ?洗濯物の中にカマキリがいたんですか!?
もちろん成虫ですよね? びっくりしますねぇ。
tonaさんのお宅の洗濯物は、蜂が紛れ込んでいたり
カマキリが寛いでいたり、よっぽど気持ちがいいのですね(^^)
今年見つけたカマキリの卵は、今のところ3ヶ所です。
玄関部分の外壁(;_;)とパーゴラと、このカマキリが産んだもの。
卵を産んで一生を終えるもの、魚だけでなく虫にも多いのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2006/10/25 21:04

ご無沙汰していました。

こうして見ると、カマキリって美しいですね。
産み付けられた卵はそのままに?
我が家では飼育ケースの蓋の内側に産みつけられたので、
来年までそのまま、赤ちゃんカマキリを楽しみにしています。
モンシロチョウ(たぶん)のさなぎはあのままです。
だいぶ色が変わってきて、
目や口がわかるようになってきましたが、
こんな寒くなっても羽化するのか、
来春までこのままなのか、
ちょっとドキドキしながら見守っているところです。

投稿: koko | 2006/10/26 12:04

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

調子はいかがですか?無理しないでくださいね。
(こちらからのコメントもちょっと控えていました…)
毎日の習慣になっていると、1日離れるだけで気になって
仕方ありませんけれどね(^^;)

カマキリ、美しいですか? …そうですね。今改めて写真の
カマキリを眺めて、納得です。
kokoさんちのカマキリの卵は屋内で越冬ですか?
暖かいと早く孵るものでしょうか?それともちゃんと来春まで
待ってから孵るのかな。孵化のスイッチって何でしょうね。
うじゃうじゃでてきますよぉ~ 楽しみ♪ 
部屋の中に散り散りにさせないようにお気をつけください(^^)

モンシロチョウ(多分)の蛹も同居しているのですね。
やや、今にも羽化しそうな状態になってきていますねぇ。
どうなるか、こちらも楽しみ。羽化しちゃったらどうしたらいいのかな。

投稿: ポージィ | 2006/10/26 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12304174

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリ、祈りを捧げる:

« さざんかさざんか咲いた道 | トップページ | 夕景 その1 »