« これもセイタカアワダチソウ | トップページ | ポンポン模様 »

2006/11/27

残りもので遊ぶ

アレンジの残りものの花を使って、まぁるいコサージを作ってみました。
お椀を伏せたような小さなドーム型の形は基本の形のひとつです。
 
20061006corsage_parts まずは花と葉にワイヤリングと
 テーピングをしてパーツ作り。
 
 <使用した花>
  アルストロメリア、ネリネ
  スプレーカーネーション
  スプレーバラ、
  バラとアイビーの葉
 残りもの利用ですから、
 固い蕾もあまさずフル活用~
 
 
パーツを、一点から放射状に広がった花がドーム型を作るように、組んでいきます。
最後は纏めたワイヤを短く切り、テープとリボンで巻いて完成。
 
20061006nosegay_corsage 20061006corsage_fuku

  ↑完成したところ。   服につけるとこんな感じ↑(あっ"歪めてつけちゃった;)

残りもので作ったにしては、いい雰囲気にできました。(自画自賛~♪ ^^;)
 

|

« これもセイタカアワダチソウ | トップページ | ポンポン模様 »

コメント

ポージィさん おはようございま~す

やぁ、すごいわぁ とっても素敵
残り物で作ったとは思えません
お花たちもこんなにきれいにコサージに変身できて
お花冥利につきるのではないでしょうか

投稿: glenn | 2006/11/27 10:54

ネリネって彼岸花科の花なんですね。
(シュッと伸びた繊細なシベに面影があるような)
バラが脇を固めてるのも、とっても豪華な感じを受けました。
ほとんど白に近い花色が、アイビーの斑の白と相まって。
アルストロメリアの花がいっそう鮮やかですね。(^^)

それにしても、バラの葉を一枚一枚外してあるなんて。
一つ一つに手を掛けた、緻密な作品に感服しました。

投稿: nanbu | 2006/11/27 12:26

コメントありがとうございます。
よく考えたら、この記事ってコメントし難い内容ですよね。
にもかかわらず、ありがとうございますっ!

◆glennさん、ありがとうございます ♪

ちょろりんと残った花を、いつもなら無造作に花びんに挿して
おくのですが、今回はふと思い立ってコサージにしてみました。
分量的にもちょうどよかったので(^^)
持ちも良く、コサージの形でしばらく眺めて楽しませてもらいました。

「お花冥利につきるのでは」←嬉しいです(*^^*)
残りもの利用は、glennさんのご趣味のパッチワークと
通じるところがありますね。パッチワークも、元は端布の
利用などですものね。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ピンポン ヒガンバナ科です~(^^)
シュッと伸びたシベは、まさしくヒガンバナのそれですね。
今回使ったのは淡いアイボリーのもので、「白ヒガンバナですよ」と
言われても私には見分けがつかなさそうです。

じっくり見て頂いたようで、ちょっと恥ずかしいです(照れ;)
最初にHPの作品を見てくださったとき、イエロー系のグラデーションの
アレンジをいいと言ってくださったことを、ふと思い出しました。

ワイヤリングをするものはとかく作業が細かくなります。
バラの葉は2枚重ねなんです。表面を出したものと裏面を出したもの、
2種類を使ってみました。

投稿: ポージィ | 2006/11/27 13:56

全部で一体どのくらいあるのでしょうと数えちゃいました。
33くらいかしら。
それにしても1本1本丁寧にワイヤリングとテーピングぢて実の細かな作業なのですね。
とてもアレンジの残り物とは思えません。
薄いピンクとアルストロメリアの黄色がとても良くあっていて新しい発見です。
もしかしてポージィさんの結婚式のときもご自分でブーケやコサージュを作られたのでしょうか。

投稿: tona | 2006/11/27 15:03

おー!さすがポージィさん。
ラウンドのコサージですね、懐かしい。
アルストロメリアがポイントになってますね。
この前、お客さんからウエディングブーケとブトニアを頼まれて、私が受けたんですが、本人のお母さんがすごく心配していて「もっと詳しく話し合わなくて平気かしら?」とか気にしていたので、なんか怖くて私は作りたくないと思っていたら、社長が「作ってよ」って言ってきてやだな~と思っていたら、作る日はちょうど私が休みだったんで、作らずに済みました。
やっぱり人の結婚式のブーケって緊張します。
一時はそうゆう仕事に憧れたけど、今のたま~に作るくらいがちょうどいいなと思いました。

投稿: てる | 2006/11/27 17:13

淡い色系でお上品に作られていますね。
胸元で微かな香りがただよって生のコサージュは贅沢ですね。
生のお花をよく色々にお使いの方はどうなのでしょうか、
私などはそう思ってしまいます。基本的な作業とともに
繊細な才能も必要ですね。
素適なお作を見せていただきました。(^^♪

投稿: | 2006/11/27 17:31

残り物でこれだけ豪華なコサージュを、ちょちょいのちょいで作ってしまうのはさすがプロです。
自分に絶対にできない技を持っているポージィさんを尊敬です。
これって、頭の中で形を作って短くしたりワイヤーをかけたりするの?
それとも作りながら考えるの?
ポージィさんの頭と手が一体になっているのか・・・
私は頭の中と体が時々正反対のことをするので、困る。
これって病気だ~。

投稿: あまもり | 2006/11/27 20:39

素敵な生花のコサージュですね。
とても残り物の花で作られたとは思えません。
1個ずつの素材に、ワイヤーとテープを巻いていくなんて、根気のいる作業ですね。
薔薇の葉は2枚重ねるというコメントを読んで、プロの技を感じました。
胸元を飾る、ひとときの日溜まりです。

投稿: goro′s | 2006/11/28 00:16

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

わぁ~数えてくださったんですね。
どれどれ… ほんとだー30本ちょっとですね!(^^)
これだけの本数を使ってのコサージとなると、どうしてもただ束ねる
というわけにはいかずワイヤリングが必要になってきます。
ワイヤリング&テーピング、これは「慣れ」です。
うんざりするほどやったので、このくらいの本数なら楽勝~(^^)v

tonaさんのパソコンでは、薄いピンクに見えたものがあるのですね。
スプレーカーネーションかしら?実は、アルストロメリアの黄色が一番濃く、
他は白に近いアイボリーまでの濃淡、つまり黄色系の花ばかりなんです…(^^;)

自分の結婚式のときは、まだアレンジメントを習ってもいませんでしたし、
アートフラワーのブーケが一般的だった時代。式場で、私の寸法に合った
唯一のドレスのデザインに合わせてアートフラワーのブーケを選んでおしまいでした。


◆てるさん、ありがとうございます ♪

うはは 懐かしの形でしょ~(^^)
ピンクのカーネーション一色じゃダサいけど、こうすると結構いけるね。

あら、その心配性のお母さまが一緒だったお客様のブーケ&ブートニア、
てるさんが作ったのかなーと思いきや、うまいことすり抜けられたのね。
そうだよね。お客さんの人生一度きりの晴れ舞台のもブーケとなると、
手に入る情報は限られているし、気心知れてないし、緊張するよね。
いつもいつもそういう緊張を強いられていたら疲れてしまうかもしれないね。
かといって慣れきって、今度は心が鈍感になってくるのも困るしね。
時折、というのは程よい刺激でちょうどいいのかも(^^)


◆玲さん、ありがとうございます ♪

ちょうど淡い黄色系のお花たちばかりでまとめることができました(^^)

>胸元で微かな香りがただよって生のコサージュは贅沢ですね。

ほんと、そのとおりですね。そのときだけの世界で唯一つのものですし。
香のあるお花ばかりを使って作る「ノーズゲイコサージ」というのも
あるんですよ。昔、ヨーロッパの方の女性のたしなみだったのですよね。
玲さんには生花のコサージがお似合いになりそうな気がします。
あ、でもダンスのときは激しい動きにちぎれてしまいますね…


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

そ…尊敬だなんて。ありがとうございます。
でも、実際は尊敬していただくほどの技は持っていないんですよ。
ちょっとやり方をお知りになれば、あまもりさんだって
ちょちょいのちょいでお作りになれますよ~

コサージの場合は出来上がりが小さいので、全部短く花冠でカット
してしまいます。
出来上がりのことは、パーツ作りの段階では『メインの花はどれにしようかな』
程度であんまり考えてません。(あくまでも私の場合ですけど)
最終的には組みながら同時進行で考えているって感じです。

「頭の中と体が時々正反対のことをするので、困る」ですか?
ありゃ、私もそんなことしょっちゅうです。それって病気だったんですか~(^^ゞ


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

残りもので形になっちゃった、っていうのがこのコサージの価値です。
素適に見えますか?ありがとうございます~
「胸元を飾る、ひとときの日溜まり」素適な表現ですね(*^^*)

花ひとつひとつにワイヤー&テープを巻いていくのは、慣れてしまうと
このくらいの本数なら意外と短時間で簡単にできるんですよ。
前に作ったリンドウのワイヤー掛けはちょっと面倒でしたけれど…。
私の場合、パーツを組む時のほうが時間がかかりますし苦手です(^^;)
バラの葉は2枚重ね。そうですね。こういうのは教えてもらって初めて
気付く部分かもしれません。私も教えていただいたことですヨ。

投稿: ポージィ | 2006/11/28 10:36

おひさしぶりです!epcot ふろーむカルガリーです。

すてきなコサージュですね〜☆ さすがです!!

昨日、母親の誕生日だったんです。実は、日本を離れる前から、この母親の還暦の際にはポージィさんに豪華なアレンジメントをお願いしようと企んでいたんですよ。でも、ちょっとお休み中だとのことで残念。おはなやさんに2つアレンジメントを頼んだのですが、あたし的にいまいちで。。。母親は気に入ったみたいなのでいいのですが。きっと、また別の機会にポージィさんにお願いできることを楽しみにしてます。

日本もそろそろ本格的に寒くなって来たようですので、お身体にお気を付けて、よいクリスマスを♪

投稿: epcot | 2006/12/08 11:51

◆epcotさん、ありがとうございます ♪

まぁっ!お久し振りです(^^)嬉しいィ~
カルガリーで頑張っていらしゃいますね。気温の予想以上の低さに
記事を拝見するだけで凍える思いですよ。

昨日はお母さまのお誕生日でしたか。☆おめでとうございます☆
ご利用を考えてくださっていたですね。申し訳ありませんでした
あれこれ考えた末ネットショップは閉じてしまったのです…

お母さまへ、おめでたいカラー・紅白のアレンジメントを贈られた記事、
拝見しましたよ。私は英語はからっきしダメなので、niftyが無料で
提供してくれている翻訳にかけてみました。
なんともヘンテコリンな日本語に訳してくれましたが、だいたいの意味は
わかりました~(^^)v
アレンジメントは、ちょっとepcotさんの好みとは違うかなと感じましたが、
でもお母さまが喜んでくださったのがなによりでした。

年が明けたら一度ご帰国なさるのですね。久し振りの日本で
どんなふうにお感じになられるか楽しみですね。
厳寒のカルガリーの冬、どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。
epcotさんも、どうぞよいクリスマスを! (^^)

投稿: ポージィ | 2006/12/08 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12791157

この記事へのトラックバック一覧です: 残りもので遊ぶ:

« これもセイタカアワダチソウ | トップページ | ポンポン模様 »