« アレチウリの侵食 | トップページ | 野菊 »

2006/11/13

イソギク …のはずだったけど

今年も近所の「イソギク」が咲きました。去年より少し早めでした。(撮影10/27)

061027isogiku1
 
 
  んんんん?
  あれれれ?
  え~っ、舌状花がある…
  どうして?
 
 
 
 
 
061027isogiku3 「イソギク」は舌状花が
 無いのが特徴なんですが…
 去年写真を撮ったのと
 同じ株のはずなんだけど。
 
 近くに咲いている菊と
 いつの間にか自然交雑してた?
 
 去年の記事はコチラです。
 比べてみてください。
 

|

« アレチウリの侵食 | トップページ | 野菊 »

コメント

こんにちは
前のイソギクも拝見いたしました。
まれに舌状花をつける場合があり、
ハナイソギクと聞いたことがあります。
でも昨年までなかったのに、交配してしまったのかしら?
だんだん純粋なものがなくなってしまうのかしら?
高知県や徳島県にはよく似たシオギク
と言うのがあるそうですが・・・

投稿: あやや | 2006/11/13 10:51

我が家のは去年とおなじですよ。

投稿: 近所のおばさん | 2006/11/13 11:29

交雑してハナイソギクか、それに近い株がが出てきたのかもしれませんね。
菊科は交雑しやすいと聞いたことがあります。
こうなると菊の仲間の名前や区別が覚えられないのも無理ないですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/11/13 13:19

◆あややさん、ありがとうございます ♪

あ、ハナイソギクの名前、私も聞いたことがあって、
時折り通る道路沿いのお宅では、白いハナイソギクらしき菊が
咲いているのも見つけました。
同じ種のものばかりがたくさん固まっているところ以外では
案外純血種を守るのは難しいのかもしれませんね。

上の写真の株の近くには、去年と同じようにイソギクの特徴だけ
現れているものがありましたので、そちらにも来年以降
変化が現れるかどうか、注目していきたいと思っています。


◆近所のおばさん、ありがとうございます ♪

初めまして。お名前に「さん」が付いていらっしゃいますので、
このままの形でお呼びさせていただきますね。
(もしかして、本当にご近所の…? 
 いえ、もし私の勘違いでしたら失礼ですね。すみません ^^)

はい、私も上の写真の株の近くでは去年と同じイソギクそのものの
花を見つけましたし、別のご近所のもやはりちゃんとイソギクでした。
もし、この株が自然交雑が進んでハナイソギク化したのだとしたら、
近くのイソギクも何年か後には舌状花が現れるかもしれませんね。
これからも毎年注目していけたらと思っています。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

イソギクが咲いた~とカメラを向けて「あれっ?」と驚きました。
黄色一色だったので最初は気づかなかったくらいです。
交雑が進んだのかもしれませんねぇ。

>菊科は交雑しやすいと聞いたことがあります
     ↑
まぁ、そうなんですか。とするとますます可能性は高まりますね。
この株の近くのイソギクが来年以降どうなっていくか、注目して
いたいと思います。
菊類の名前や区別、なかなか覚えられないのは、ほんと無理ないと思います。
私は覚える気ゼロのままでいます~(^^;ゞ

投稿: ポージィ | 2006/11/13 14:05

こんにちは。
近所の磯菊に異変ですね、でも可愛い感じもしますね。
マーガレットのような、皆菊科なので~
黄色がとても綺麗に写っています。
この頃いろいろと交配種など賑あわせている記事を見るにつけ寂しいような恐ろしいような妙な気持ちになります。
昨日の外来種とかなど勢いのいいものに摂って変わられてしまうことも含めて。
日本古来の淑やかな種よ、頑張ってくれたまえ。と願いたいですね。

投稿: | 2006/11/13 15:36

本当にハナイソギク風に咲いていますね。
葉はイソギクなのにね。
私も今、去年咲いていた近所に見に行ってきましたがイソギクとハナイソギクが仲良くそれぞれ咲いていました。
一体どうなってしまったのでしょう。

投稿: tona | 2006/11/13 15:59

この写真だけを見れば、このままでも充分渋くて粋な感じがしますけど。
去年の写真と比べると、確かに可愛くなってますね。(^^)
葉の縁から見える産毛も少なくなってるんでしょうか?
(まるで霜が降りたような感じで綺麗ですね)

ちなみに、ちょっと足を踏み入れただけでイノコヅチが襲って来たので、アレチウリ探索は諦めましたが、ウチの方ではまだみたいです。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/11/13 16:25

舌状花ってなんだ?ってことで
そこからお勉強したmikiでっす(^o^)

去年の記事を見て更に納得!
本来は無いものなんですね?
不思議だ~

投稿: miki | 2006/11/13 17:11

◆玲さん、ありがとうございます ♪

異変にびっくりですが、見た目はたしかに可愛らしくなりましたね。
小さな花びらがちょこんと囲んでいて。(^^)
黄色、玲さんのパソコンでは綺麗に見えていますか?
日陰で撮ったら少し黄緑っぽくなってしまったようなのですが…

玲さんの仰ること分かります。
せっかくのこれまでの固有種が消えたり変わったりしていくことは、
やっぱりちょっと寂しく残念な気がしますね。
園芸品種は交配につぐ交配で次々と新しいものが生み出されて
いますが、せめて自然のものは変化があってもゆっくりであって
欲しいなと思います。
日本の淑やかな在来種は、外来種に負けることなく生き残って欲しいですね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

あらまぁ!tonaさんのご存知の場所でも同じようなことが
起きていましたか。仲良く並んで…
私が見たもの、葉はまだイソギクの特徴を残していました。
葉の縁取りが気持ち細くなってしまっているようではありますが…
来年以降も注目ですね。お互いに。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ちぃちゃな花びらが遠慮がちに囲んで、なんか可愛いですよね。
ワイルドなイソギクがちょっとオトメチックに変身。
そうですそうです。葉の縁取り(産毛)も細くなっていました。
去年のや、近くにあった別株のイソギクはもっとくっきりしていたのに。
(葉の裏までは確認しませんでした…)

ご近所の川べりのアレチウリ調査、いらしたのですね。
あららイノコズチに好かれてしまいましたか!たまりませんね~(^^;)
お疲れさまでした。でも、アレチウリはまだの様子でよかったです。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

舌状花!すみませ~ん。不親切でした。
私自身、植物専門用語に決して明るくはないのに、
説明なしでぽろっと使ってしまいました。反省。
お勉強お疲れさまでしたっ。

わざわざ、イソギクと一般のキクを人が交配させて作った
ハナイソギクっていうのがあるのですけれど、
今年は何故かそれになりかけのような形で咲いていたのです。
あっれぇ~?でした(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/11/13 22:18

こんなことってあるんですね、舌状花が突然現れるなんて。
葉っぱを見る限りではイソギクですものね。
キク科は交雑しやすいということですが、子孫に変化が出てくるということじゃなく、本来の株自体をも変化させるんですか?
凄い作用ですね。
でもポージィさんが見たのは、昨年と同じ株なんですよね。
それに舌状花が出ている…
不思議ですね。

ハナイソギクというのもあるんですね。
メモしとかなくちゃ。

投稿: goro′s | 2006/11/14 02:07

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

びっくりでした。
まさかこんなのを目にするとは思っていなかったので、
自分が何か勘違いをしているのかしら…と自信喪失しては、
いや、確かに去年見たのもこれだったはず、と思い直すのを
繰り返しています。
交雑した場合、どういう具合に変化が現れるものなのかは
知らないんです。知っていたらも少し確信も持てるでしょうに。

ハナイソギク、私が間近で見たことのあるのは1種類だけですが、
葉には産毛の縁取りがあり舌状花は白で、可愛かったですよ~
よそのお庭から顔を出しているもので、ちょっと写真が撮りづらく
画像は持っていませんが。

投稿: ポージィ | 2006/11/14 09:17

写真、本当にお上手ですね~。
手前の菊に焦点を合わせて、後ろをぼかした具合とか最高です♪
カメラがいいのかしら?一眼レフみたいなのを使ってるんですか?
最近自分の作品(花)の写真を撮るのに毎回四苦八苦なのですが
デジカメだとどうも奥行き感がでません。。。
今度コツを教えて下さい☆

投稿: tomona | 2006/11/16 17:24

◆tomonaさん、ありがとうございます ♪

背景がぼけるとカッコよく見えるでしょ~~(^^)
種明かしをしましょう。これはね、カメラさんのおかげです。
接写(マクロ)機能を使うと、自然とこうなってくれるのですよ。
望遠(ズーム)機能を使ってもカッコイイのが撮れますよ。
他にもピンと合わせの範囲を狭くして背景をぼけさせるとかも
あるようなのですが、まだその辺りは使えていません。
うちのデジカメは一眼レフデジカメじゃありませんよ。
コンパクトデジカメよりはちょっと機能が上かもしれませんが。

お花の作品の写真をうまく撮るのは難しいよね。
基本は自然光で撮ってフラッシュは使わないのが大原則っていうよね。
レースのカーテン越しの光など柔らかな光を、作品の背後あるいは
横から入るようにして、その反対側にレフ板(光を反射させる板)を
置いて光を回らせて撮るといいというよ。
レフ板は何か平らな板に、いちどくしゃくしゃに丸めてから伸ばした
アルミホイルを貼ってもいいし、パネル用のウレタンでできた白い
ボード(名前忘れた)でも柔らかい光が反射するよ。
アルミホイルをいちどくしゃくしゃに丸めてから伸ばすのは、
皺を寄せることで、光を乱反射させ柔らかくする効果をねらったもののようです。
ほかにも色々あると思うけれど、個人の家ではなかなか場所や道具を
揃えられないのが現実。まずは光の使い方を工夫してみてね。

投稿: ポージィ | 2006/11/16 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12459463

この記事へのトラックバック一覧です: イソギク …のはずだったけど:

« アレチウリの侵食 | トップページ | 野菊 »