« シラカシの落とし物 | トップページ | 秋の田で »

2006/11/09

野生のマルバルコウソウ

散歩で歩く小道の脇の小さな小さな空き地に、マルバルコウソウの花が
咲いているのを最初に見つけたのは、去年のこと。何気なく顔を向けた場所から
朱色系の赤い小さな朝顔のような花が、目に鮮やかに飛び込んできたのです。
けれど、通るとき通るとき、なぜかいつも風が風が吹き抜けていて、小さな可憐な花は
ぷるぷると震えどおし… 写真は諦めたのでした。
 
さて今年はどうだろう、と待っていたところ、夏の終わり頃、多分あれがと思われる葉が
伸びてきました。 が、運命は過酷。草取りの際に一斉にむしりとられてしまいました。
けれど、取り残された根が生きていたのですね。
先日、20~30cm伸ばした蔓に花を咲かせていました。ついに撮影成功です(^^)v

061027rukousou 061027rukousou_up

「マルバルコウソウ」:ヒルガオ科・ルコウソウ属、 花の直径2cmほど
             熱帯アメリカ原産
江戸時代末期に観賞用として持ち込まれたものが野生化した帰化植物だそうです。
「ルコウソウ」「ハゴロモルコウソウ」は栽培されている方も多いようですが、
「マルバルコウソウ」は栽培しているという話を聞きませんね。
 

|

« シラカシの落とし物 | トップページ | 秋の田で »

コメント

一年がかりで撮影に成功したなんてスゴイですね♪
「ルコウソウ」って知らなかったので検索してみたら、
葉っぱがコスモスみたいに細くて驚きました。
とても同属とは思えなかったんですが。
それとの交配でできたのが「ハゴロモルコウソウ」だとか。
ちょうど中間の、春菊のような葉になるほどと思いましたけど。
やっぱり不思議です。(^^;)

投稿: nanbu | 2006/11/09 16:32

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

エヘヘ 1年がかりと言うとものすごい労力を費やしたみたいですが、
実際は去年と今年のほんのいっとき、注目しただけです~。

ルコウソウ、検索でご覧になったのですね。
なんとも繊細な葉っぱのつる草ですよね。気に入って栽培される方が
多いのもうなずけます(^^)
(マルバルコウソウ+ルコウソウ)÷2 でちょうど中間のような
葉っぱの形になるのが不思議でもあり面白くもありますよね。
どちらかに偏らず、ちゃんと中間辺りっていうのが不思議…
栽培農家さんがちょうどその辺りのものを固定させた(←と言うのかどうか?)
ってことになるのかな。
先祖返り現象が出ることはないのでしょうかね… 
私も植物の不思議の一環を見た思いでした。

投稿: ポージィ | 2006/11/09 18:09

風邪にゆれる花の撮影はほんと、大変ですよね。

先日もゴローさんの店で話題になりました。
“息は止めても、心臓の鼓動は止められない”
ポージィさんの名言を肴に飲みました(笑)。

投稿: noodles3 | 2006/11/09 18:15

マルバルコウソウですね、小さいので見過ごしているかもしれません。
可愛いお花なのに草刈されていたのですか。
自然は強かに生きていますね。よかった!
小さいだけに健気で、それに画像がいいのかな、いいお花ですね。
このような色を見るとホッとするのですが、小さいだけに~

投稿: | 2006/11/09 20:19

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

風と暗さにはどれだけ泣かされてきたことか…。
暗さについては、今年レンズ口径のもうちょっと大きなカメラを
手に入れたら少し改善されましたが、風にはお手上げです~
そうそう、手ぶれもですね。そして鼓動!
“息は止めても、心臓の鼓動は止められない”
あれれ~私の「名言」として肴になったんですか~?アハハ(^^;ゞ


◆玲さん、ありがとうございます ♪

はい、マルバルコウソウです。覚えやすい名前ですよね。
小さいですけれど、緑の中に鮮やかな朱の花が咲いていると
すごく良く目立ちます。もしお見かけになっていたら、
きっと玲さんもお気づきだと思いますよ(^^)

草刈のとき、こんな可愛い花が咲くとはご存じなかったのか
あるいはご存知でも他の草と区別するのが面倒だったのか…
でも生きていました~。嬉しかったです♪
小さいことがこの花の魅力をより引き出しているような気がしますね。

投稿: ポージィ | 2006/11/09 21:09

フェンスに囲まれた空き地一面、マルバルコウが咲いているのに出会って、感動しました。
好みからいうと、あまり好きな色ではありませんが、なかなかどうして、この朱系のオレンジっぽいマルバルコウソウはいいですね。

フフフ、そうなんです、ポージィさんの話題で、noodlesさんと盛り上がったんですよ。
話の内容はですね…内緒(笑)。

投稿: goro′s | 2006/11/10 03:41

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

空き地一面のマルバルコウソウですか。 見事でしょうね…(想像中)…
グリーンの地に朱の花柄が点々と散って、ツルの曲線がデザイン
されているような絨毯を思い浮かべました。(←って、まんまじゃん)

私も濃い花色はあんまり好みじゃないのですが、小さく点々と
咲いている姿はなかなか可愛く見えます。
朱とオレンジと白いオシベノ葯の取り合わせも綺麗(^^)

おっとっと。肴になったのは「名言」だけじゃないのですか?
内緒?あら、気になりますワ(笑)

投稿: ポージィ | 2006/11/10 09:54

マルバルコウソウは栽培されなくても刈り取られても、たくましく生き続けていますね。
うちの近所でも同じです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/11/11 08:51

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

マルバルコウソウ、今年もすっかり諦めていたのですが、
自然が味方してくれて、ついに写真に残すことができました。
仰るとおりで、逞しく生き続けていますね。
おーちゃんのご近所のも同じで、やはり野生なのですね。
来年も是非かわいい花姿を見せてねー、
と心の中で声をかけながら撮ってきました。

投稿: ポージィ | 2006/11/11 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12499566

この記事へのトラックバック一覧です: 野生のマルバルコウソウ:

« シラカシの落とし物 | トップページ | 秋の田で »