« 紅葉進行中 | トップページ | 鈴生り »

2006/11/22

クックでっす

061110cook こんにちは。ボク、気分ささくれ立ちクック。
 ずいぶん寒くなったね。
 僕の寝床にはヒーターが入っているから
 暖かく眠れるよ。硬いのが難点だけどさ。
 
 この前からね、な~んか痒いなぁと思ってたら
 ノミって虫がついていたんだって。
 また病院に連れて行かれてさ、
 肩の間にプチューッて薬をたらされたよ。
 子供の頃に付けられた薬はすごくイヤな
 においがして、鼻をこすってもこすっても
 いつまでも臭うからどうかなりそうだったの。
 だんだんにおいが少なくなって、
 今回のは去年のよりもっと薄くなってた。
 よかった~
 
 
ノミは、クックの場合散歩中に拾ってきます。ブラッシング時にノミの糞(極小の黒粒)が
転がり落ち気付きます。 夏に1回付いたときは、ブラッシング中に偶然ノミ本体が
転がり落ちてきたので、すかさずプチッと退治して解決。
今年はもう大丈夫と思っていたのに、寒くなってきてからダメ押しのように…(-_-;)
ノミやマダニに効果があるこの薬、定期的に使い続けるのが本来のようですが、
できるだけ使う薬の種類を少なくしてやりたいと思い、ノミが付いたときだけ
付けてもらうことにしています。どうやら今回もこの1回で問題解決のようです。ホッ

|

« 紅葉進行中 | トップページ | 鈴生り »

コメント

 しっかりカメラ目線のクックちゃん、男前よ。(^^)b
お薬はイヤでしょうが、ノミはしっかり駆除してね。
痒いのはイヤだもんね。

投稿: Hiromi | 2006/11/22 12:47

お久~。
エンジンはまだアイドリング状態ですが、ぼちぼちブログ復帰です。
休暇届に暖かいコメントをおおきにね。
で、今来てみたら、クックちゃんの大アップ。可愛い~。
ノミですか。犬のノミは人にはつかないようですが、猫ノミは人にもつくからやっかいです。
うちのセピアは外に出していない座敷猫(?)なので、今はノミ無しだけど、拾ってきた時は大変でした。ノミと大格闘。お客様も呼べない状態。あれはひどかった。
セピアの最初の病院通いはノミ退治でした。次に避妊。
そして今回久々に病院通いのはめに。「耳血腫(じけっしゅ)」とかいう病気になってしまいました。薄い耳の中の血管が破れて血が耳の薄い皮膚の中に溜まるというものです。血を抜くために毎日病院通い。家では大きなエリザベスカラーを付けています。毛繕いができないと言ってストレスが溜まっているようですが、外すわけにもいかず、ちょっと可哀想。

投稿: あまもり | 2006/11/22 13:07

気分ささくれ立ちはノミのせいですか?
痒いのはイヤですね。
ふさふさ暖かい毛の中にもぐりこんだら薬で退治するしかありませんね。イヤな匂いはちょっとだけ我慢してね。
モミジバフウが強剪定されたとか、残念ですね。
うちの近所の航行のコブシが強剪定されたので来年の花は期待できなくなりました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/11/22 13:59

おやおや、こんなに寒くなってきてもノミが。
痒くてかわいそうです。
人間だって痒いと、引っかいたりわめいたりイライラしたりですもの。
ママさんにお医者さんに連れて行ってもらって全快ですね。
本当にいろんなことがあります。
昨日の紅葉の写真きれいですね。葉の付け根が緑というのがいいです。

投稿: tona | 2006/11/22 14:43

クックちゃん。ノミがついたんだって、かゆくて大変だったね。
家の中にいるから暖かいので、ノミも住み心地がいいんだろうね。
でも、お薬で退治してよかった。

リキは最初来たころは、散歩のときにダニがついて悩まされた。
次の年から毎年、5月から10月まで毎月「フロントライン」という薬を病院からもらってきて、首の後ろの舐められないところの皮膚に垂らしてもらっています。おかげで全くダニもノミもつきません。
その他、混合ワクチンの注射と、フィラリア予防の薬も5月から11月まで毎月飲んでいます。おかげで今のところ病気もしないで元気です。

クックちゃんも病気しないように気をつけてね。

投稿: 夢閑人 | 2006/11/22 15:50

クックちゃん、この前のテーブルの下からのショットに引き続いて、今回も目線バッチリですね。
しかもアップだから、大きなお目めがいっそう大きく見えます♪

ノミ退治の薬、においが薄くなって良かったですね。
ただでさえ嗅覚の鋭いワンちゃんには、薬の匂いはキツイそうですもんね。
薬の種類を少なくしてあげたいとの、ポージィさんの思いが通じたんでしょうか。
1回で問題が解決したのも、なによりでしたね。(^^)

投稿: nanbu | 2006/11/22 16:34

クックくん、可愛い~☆

ノミの薬はイヤだけど、かゆいのはもっとイヤだよね。
我慢してね。

寒くなってきたけど、まだノミがいるんだね。

投稿: こぶめろ | 2006/11/22 17:15

◆Hiromiさん、ありがとうございます ♪

男前ですか? きゃぁ~ クック、よかったね!(^^)
去年までは薬をつけると、それこそもげて落ちるんじゃないかと
いうくらい、座布団やらクッションやら玄関マットやらに
鼻をこすりつけ続けて嫌がっていたのですが、今回は少しやっただけで
収まりました。ノミもいなくなったようでホッとしています~


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ブログ復帰、お待ちしていました(^^) 嬉しぃ~☆
まだアイドリング状態とのこと、無理なさらないで下さいね。

クックのアップ、その辺をふんふん嗅ぎ回っているクックの背中に
ピントを合わせておいてから名前を呼んで、見上げた瞬間にパシャッ!
なんとかあまりぶれずに成功~という写真です。

クックが拾ってくるノミは多分ネコノミだと思います。
部屋の中で繁殖されでもしたら、クックだけじゃなく人間も
たまったもんじゃありませんよね。
セピアちゃんは捨てられていた間にたかられてしまっていたんですね。
わかります~。子供のとき捨て猫をちょっと家に入れたら、ノミの卵を
大量に落とされそれが孵って…
(後ろ足でカッカッカッと掻いたとき、白い小さな卵がパラパラと落ちるのを目撃。
そのときはそれが何か分からず、後で思い知らされました ^^;)
足がノミの刺し跡だらけになるというひどい目にあったことがあります。
(その猫はうちの親にまたまた追い出されてしまいました… -_-;)
あまもりさんも、セピアちゃんが仲間入りした当初は大変な思いをされたのですね。
そのセピアちゃん、耳血種ですか?何らかの理由で耳を掻きむしってでも
いたのでしょうか?お仕事がお忙しいときに病院通いが重なりましたね。
エリザベスカラー着けられて毎日注射の針を刺されるのは、ストレスが
溜まりに溜まりそうですが、仕方ありませんね。早く治りますように…


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ノミの痒みが気分ささくれ立ちの原因というわけでもないようなんです。
薬のおかげで、どうやらもういなくなったみたいですし。
去年のも人間の鼻には嫌なにおいとは感じられなかったのに、クックは
すごく嫌だったみたいで、鼻がもげるか赤剥けになりそうなほど
擦りつけて…(^^;) 
今年はまた改良されたのか、擦りつけも短時間でおさまりホッとしました。

モミジバフウ、ほんと残念です。パッツンパッツンに切られ、残っているのは
中心の幹と太い枝が何本かだけ。残った葉が数枚ぴろぴろ~と付いています。
来年どれくらい回復できるでしょうか。
おーちゃんのご近所のコブシも強剪定ですか… 残念ですね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ほんとに…こんな寒くなってからつかなくてもいいのに、
と思いました。でも、幸いそんなにひどく痒がってもいないようでしたし、
一度の薬でいなくなったようなのでホッとしました(^^)

ドウダンツツジの紅葉も見てくださってありがとうございます。
全て赤く変わったのもきれいですが、緑から赤へのグラデーションに
なっているところ、すごく気に入ってしまったんです。きれいですよね。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

『ありがとう。変なもの付けられて嫌だったけど
 痒くなくなってよかったです。 (by クック)』

拾ってきてしまったら、ノミにとって家の中は暮らしやすい環境ですよね。
すぐにいなくなってくれてよかったです。
クックのノミ退治&予防に使う薬は、リキちゃんと同じフロントライン。
同様の薬が、10年余り前はまるで農薬のようなひどいにおいがしたんです。
その後フロントラインが出て、におい自体はひどくなくなったのですが、
クックにとっては慣れないにおいがいつまでも体にまとわり付いて離れないのが
どうにも嫌なようで… でも今回は鼻擦りもじきに収まってホッとしました。
混合ワクチンとフィラリアの薬はうちも同じです。
フィラリアの薬は、今年最後のひとつを24日に与えて終了でーす。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

今回のアップは、地面のにおい嗅ぎをするクックの背中に至近距離から
ピントを合わせておいてから呼んで、こちらを見た瞬間にシャッター押しました。
そうしたらどアップに(^^;)

薬のにおいが薄くなったこと、ほんと助かりました。
去年付けてもらったときは、延々と鼻を擦りつけ続け、止めたと思ったら
また思い出して擦りで…ハラハラしてしまいましたから。
1回で問題解決に至ったのもホッとしました~(^^)


◆こぶめろさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。 今日はこっちのHNなのね~(^^)
ノミの薬、今回はちょっとの我慢で済んでホッとしました。
ノミ自体も、もういなくなったようだし。

もういいかげん外で拾ってくるようなことはないだろうと
思っていたのに、ちょっと甘かったみたい。
いったん拾ってきてしまったら、家の中は暖かいから冬でも
繁殖してしまうことがあるので要注意なのよね。
薬と同時にクックの寝床なども掃除して、繁殖予防の対策をしたよ。
 

投稿: ポージィ | 2006/11/22 18:22

今年から ノミ、ダニ退治の薬が替わったんですけど
効果のほどはよくわかりません
ただでさえ皮膚が弱いラムっちは
春~夏にかけて最低3本は使ってます

クックちゃんは匂いがダメなんですね
ラムっちは 注射された時もそうだけど
背中を地面に擦りつけまくります
だから液体を垂らす時は散歩の前
そうすると意識が外に向くので、、単純な奴です(^o^)

投稿: miki | 2006/11/22 18:56

今晩は。
ノミは夏と思っていましたが~しつこいですね。
クックちゃん可愛そうに、つぶらな瞳がウルウルしてくるではないですか。
チーコの時も同じ肩の間に少し薬を垂らしてもらい、あと私が間隔を置いてつけて上げました今は全然いませんね。
随分前の事でしたが何年もノミは付いてきませんので、薬が皮膚から入って体内に免疫をつけて行ったのでしょうね。
ペットがいると色々出てきますね。お大事に~

投稿: | 2006/11/22 20:19

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

あれ、去年と変わったのですか?って、病院が違うんだから分かりませんね。
私は薬の名前聞き忘れてフロントラインと思い込んでましたし(^^;)
クックにこの前垂らしてもらったのは、三角フラスコをぺちゃんこに
したような形の容器に入っている薬でした。(フロントラインもそうですね)

あ、ラムっちは皮膚が弱いから、ノミになんぞ食われたらアレルギー性皮膚炎に
なってしまいかねないのですね。
その点はクックは大丈夫なようなのですが、神経質なヤツなので鼻をこすって
こすってこすりまくります。(鼻に垂らしたんじゃないっつーに)
ラムっも付けられたら気にするんですね。(ちゃんと背中をこすりつけてる…)
そうそう、注射のときアルコール綿で拭かれたあとも気にしますねー

ノミもダニも、許可なくくっついてくるなーと言いたいところです。
もちろん尋ねられても許可しやしませんが。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

今年はしつこくいました~ 10月が暖かかったせいかもしれません。
チーコちゃんもノミがついたことがあるのですね。
やはり同じような薬で退治されましたか。
今はもうすっかりいなくなって良かったですね。

クックは散歩で歩いているうちに、地面で待機していたノミに
ぴょんと乗られてしまうようなのです。稀になんですけれど。

うふっ クックの瞳のうるうるは、たまたまですー。
ご心配ありがとうございます(^^)

投稿: ポージィ | 2006/11/22 21:41

あは~~(*^∀^*)超かわいい~~!!!!!

ヤラレましタ~~♪たまらず今日もまたコメントしてしまいました。。
すごいカメラ目線、ステキです☆かゆいのかゆいの飛んでいけ~~ですよ^^。
癒されました。クックちゃんありがと~~。
ウチのネコにゃんは元気にしてま~す。ポージィさんありがとうございます☆

投稿: えりえり | 2006/11/22 23:47

そうか、外を散歩させてると、ノミとかマダニとかがくっついてくるんですね。
フカフカの毛のクックくんだから、1匹でもいるとなかなか見つけられませんものね。
黒い小さな糞で気付くというポージィさんの心遣いをきいて、ペットを飼うということの大変さを、改めて思いました。
それにしてもクックくんの目、大きいな〜〜

投稿: goro′s | 2006/11/23 03:21

◆えりえりさん、ありがとうございます ♪

いつも見にきてくださってありがとうございますっ(^^)
珍しくどアップが撮れたので載せちゃいました。
おかげさまで、痒いの痒いのはとんでいった~~みたいです。

ご無沙汰ばかりでしたが、久し振りにmixiのえりえりさんのとこ
ご訪問させていただいてきました。
「きよ」ちゃんに「いの」ちゃん(←合ってますか?)の姿を
さかのぼっていっぱい見て、ふと気付いたらニタニタよだれ
垂らさんばかりの顔してました。(あぶない…)
でも、あまりにもかわいいんですも~ん。
えりえりさんもニャンコちゃんたちも元気そうですニャン=(^・・^)=

そうそう、夫は「つるや」を知らないそうです。


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

さすがチワワ。クックの目はおっきいです~ 鼻と合わせて●三つ(^^)

そうなんです。散歩させるとこういった吸血虫がくっつくこともあれば、
命に関わるような伝染病のウィルスを拾っちゃうこともあるんです。
蚊に刺されればフィラリアの恐れがありますし…
ブラッシングはクックの体をチェックできる数少ないチャンスでもあります(^^;)
うちは、普段ノミ・マダニの予防対策はしていないのですが、
伝染病予防には混合ワクチンの注射、フィラリア予防には予防薬を
実施しています。
義務付けられている狂犬病予防注射は、病気犬ということで特別免除。
狂犬病といえば、このところ立て続けにフィリピンで犬に噛まれた人が
日本で発症。一人は亡くなりましたね。
日本国内では狂犬病は撲滅されているそうですが、いつなんどき海外から
狂犬病の動物が入ってきて広まるかしれない、という恐れは常にあるんだそうです。

投稿: ポージィ | 2006/11/23 10:12

口元がうつっていませんが、
もしかしてこゆきのように牙むいてます?^^

ノミやダニがついたことを認識したことはないのですが、
ついたらわかるものですか?
すごくかゆがるとか。
その土地にもよるのでしょうか?

それにしてもクックちゃんの瞳・・・悩殺!

投稿: koko | 2006/11/25 15:18

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

アッハッハ(^^) このときは牙剥いていませんでした。
牙剥いている時は大抵鼻にも皺がよって、悪魔の目つきになります~
悪魔の目つきには絶対悩殺されそうな気分になれません(;_;)

うちはダニは、1回ひげの根元にもぐりこんでいたのと、毛の上を這って
いるのを見つけたきりですが、ノミは毎年1回は拾ってきます。
ノミは、普段より体を掻くのがちょっと増えるのと、ブラッシングのとき
ノミの糞が落ちるのとで気付くんです。
ノミはどうかわかんないですけど、マダニは西の方へいくほど多くいるようですよ。

こゆきちゃんはどちらとも縁がないんですね。それがいちばんですよ。

投稿: ポージィ | 2006/11/25 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12718966

この記事へのトラックバック一覧です: クックでっす:

« 紅葉進行中 | トップページ | 鈴生り »