« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/27

また 来年

060725mitumata
 
 毎年楽しみに眺めるこの花木。
 今年は春の花の時期だけでなく、
 季節ごと時々立ち止まって眺めてきました。
 
 艶のない明るめのグリーンの細長い葉は
 すっきりとして暑い夏の間も涼しげでした。
 
 この木の正体は「ミツマタ」。
 枝分かれの部分にご注目ください。
 
 
 
 
 
060725mitumata_ha 061012mitumata
      < 7/25 撮影 >          < 10/12 撮影 いつの間にか蕾が >
061110mitumata 061203mitumata
   < 11/10 撮影 蕾生長中 >   < 12/3 撮影 黄葉して落葉します >
 
黄葉した葉を全て落としたあと、寒い冬の間、産毛に覆われた蕾を付けたまま、
じっと春を待ちます。そして3月末ごろになると、また愛らしい星のような花をたくさん
咲かせるのです。 ~…~・・ また来年。楽しみにしているよ ・・~…~
 
........................................................★
 
身近な限られた生活圏内から、話題をピックアップしてご覧いただいている当ブログも、
おかげさまで2年4ヶ月。皆さまに温かく支えていただいているおかげでここまで続けて
こられました。感謝の思いでいっぱいです。

身辺を眺めて探す自然、次第に重箱の隅をつつくがごとくなってきましたが(^^;)
それでも、いまだに意外な発見をすることがあって面白いものです。
この分なら、もうしばらくは続けていけるのではないかと希望的観測しています。
飽きたと仰らず、この先もお付き合いいただければ幸いです。

さて、今年はこれにて最後の記事とさせていただき、しばらく冬休みに入ります。
来年の初記事アップは自動投稿で。本当の初記事アップの予定はそのもう少し後に。
コメントをいただいてもお返事がかなり遅れてしまうと思います。お許しください。 

  それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。
  そしてどうぞ来年もよろしくお願いいたします。
  今年一年、ほんとうにありがとうございました <(_ _)>
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2006/12/26

かい間見る

いま在籍しているフラワースクールの花のデザインの中に、「かいま見る花」と
題されたものがあります。葉や枝越しに見え隠れすることで印象が和らいだり、
逆に強まったり、動きを感じられたり、といった美しさを楽しむデザインとのこと。

自然の中においても、ことさら意識することなくそういう光景に惹き付けられて
いるものなのだなぁ、と思うことがありますよね。先日見つけたこの風景も
それに当たるかな?と思いながら眺めました。 ちょっと無理があるかしら?
 
 
061219kesiki 061219sora
 
 
 左 : 葉を落とした木々の向こうに見える紅葉の彩り
 右 : 紅葉した桜の枝越しに見る冬空の小波のような雲
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/12/25

ゴディバチョコを味わう

毎年届く、兄夫婦からの贈り物。 
 
061209godiva_futa 
 
 今年は箱が小さいけど何だろう?
 と開けてみたところ、
 GODIVAのチョコレートでした!
 色々な種類のアソートです★
 美味しそう~~ 
 
 
 
 
061209godiva_chocolate
 
ゴディバといえば世界最高峰の
チョコレートと称えられ、
ベルギー王室御用達ともなっている
超有名・高級チョコレートです。 
自分で買ったことはありませんし、
食べたこともほんの数えるほど。 
一粒一粒大切に味わって
いただくことにします。

 
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
「ゴディバ」の由来について、ぜひこちらのページをご覧ください。
馬に跨った裸婦のシンボルマークは、こういう意味だったのかと初めて知りました。
愛・思いやり・敬意といった想いのこめられたチョコレートなのでした。
クリスマスに味わうのにぴったりかも!(^^)d
  

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/12/23

キャンドルアレンジ

メリー・クリスマス♪

幼少時東北に住んでいた頃、わが家にもクリスマスツリーが飾られたことが
ありました。種類は分かりませんが、本物の木だったのではないかしら。
オーナメントを飾り付けるときの楽しさがかすかに記憶に残っていますが、
母の健康が思わしくなく愛知に戻り、私にとってもそこが故郷になって以後は
一度も飾ることがありませんでした。多分母にその元気が無かったのでしょう。
 
さて、クリスマスのアレンジメントにはキャンドルを使ったものもよく登場しますが、
中でも「アドベンツクランツ」といって、ロウソクを4本立てクリスマスに向けて4週間前の
日曜日から日曜日ごとにロウソクに1本ずつ火を灯していく(灯す数が増えていく)、
というものが有名です。
(アドベンツクランツ=待降節のリースの意。ドイツの伝統的クリスマスリース)
1週ごとにともすロウソクの本数が増えていく…クリスマスを心待ちにしている
想いが伝わってきますね。

そこで私もキャンドルアレンジを作ってみました。といってもキャンドルは太い1本のみ。
クリスマスカラーも使ってませんしアドベンツクランツとはかけ離れた姿ですが…(^^ゞ
 
Pia640611_table
 
 
 アルミワイヤーをコイル状に
 巻いてキャンドルの周りを
 囲み、花留めにしています。
 花は茎の柔らかなカーブを
 生かしながら、キャンドルを
 囲むように同一方向に。
 
 
 
イエス・キリストの説いたような愛の実践される、平和な世界となりますように。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/12/22

今年の柚子

近くの造園屋さんストック場にある、大きな柚子の木です。
今年は柚子も豊作?枝いっぱいに実が付いていました。
一部葉が枯れ落ちてしまっている枝があるのが、ちょっと気になりますが…
 
061203yuzu 061203yuzu_up

今日は冬至。 皆さんのお宅では今夜は南瓜の煮物に柚子湯のお風呂ですか?
風邪を引かれませんように…暖かくしてお過ごしください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/12/21

ついに弾けた!

定点観測のご報告がやっと!できます。8月末から約4ヶ月…待ち長かったです。
 
8/29初めましての「ガガイモ」でアップしたガガイモの実がついに弾けたのです。
コニファーの苗木に絡みついていた蔓でしたので、刈り取られてしまうだろうと、
実を見るのは半ば諦めていました。 ところがどっこい、ついに弾けるところまで
見ることができたのです。嬉しかったなぁ~ どうぞ皆さんも見てやってください。
 
060920gagaimo_mi 060920gagaimo_mi_up
<9/20撮影 花を見てから約1ヵ月、実を発見!花に似合わぬ大きな姿 ^^;>
 
061020gagaimo_mi 061116gagaimo_mi
<10/20撮影 少しオレンジがかって><11/16撮影 さらに色付いてきた>
 
061203gagaimo 061203gagaimo_up
 <12/3撮影 乾いた感じになって割れ目出現。 旅立ちはもうじきだね>
 
061218gagaimo 061218gagaimo_up2
<12/18撮影 ついに弾けた!ふわふわの綿毛が風に煽られ今にも飛び立ちそう>
 
古事記の中に、異国から少名毘古那神(すくなひこなのかみ)=少彦名命(すくなひこ
なのみこと)という神が、ガガイモの実を割ったような形をした舟に乗ってやってきた、
という神話が載っているそうですが、弾けた莢の形はまさに舟のようでした。
頭上はるかの高みにぶら下がっていて、この舟の形の莢や繊細な綿毛を間近で
見られなかったのが残念といえば残念ですが、何せ今年が初めての出会いですから、
欲張りなことを言っちゃぁいけませんね。いつか手にとって見られる日もあることで
しょう。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/12/20

にょきにょき

数年前、友人がくれた「グリーンネックレス」の茎。
5cmほどのを何本か土の上に置いていたら、やがて根が出て少しずつ生長し、
ことしはぐんぐん伸び、こんなふうになりました。これぞ「グリーンネックレス」
 
061205green_necklace 061205green_necklace_tubomi

あるとき宅急便の配達にみえたオジサンが興味を示されたので、長~く伸びた茎を
ちぎって分けてあげました。あれはどうなったかなぁ。

さて、12月の声が聞こえ始めた頃から、茎の途中から何やらにょきにょきと
出てきたものがあるのに気付きました。なんだなんだ?
なんとコレ、蕾でした。あれから何日かたちましたが、まだ咲きません。
きっと小さな可愛らしい花が咲くのでしょうね。楽しみに待ち続けています。
 
「グリーンネックレス」は流通名だそうで、園芸名を「緑の鈴」というそうです。
どちらも可愛らしい名前ですよね。グリーンの丸い玉は葉っぱが多肉化したものです。
実は「キク科」なんです。キク科の花といえば… あ~んなふうな花が咲くのかしら?
ますます開花が楽しみ(^^)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006/12/19

リースを作ろう

ドライ物と家にあったものを組み合わせてリースを作ってみました(^^)d
 
061212w_wreath★その1★ 直径26cmほど
 残りもののシルバーブルニアをドライにしてあったので、
 これを使ってちょっとホワイトクリスマスっぽいイメージで
 作ってみました。家にあった材料の寄せ集めです。
♪シルバーブルニア、ラグラス、何かの実(金着色)
 ヤシャブシの実、晒しミツマタ、リボン、星型オーナメント
 ミツマタはトナカイの角や橇のわだちのイメージ、
 星型オーナメントは聖夜のベツレヘムの星のイメージ。
 でもこの星型、夫には不評です~(;_;)
 
 
 
061212b_wreath_up★その2★ 直径15cmほど 
 拾った木の実を使ったミニリースを作りました。
 ベースは蔓物をくるくるっと丸めた簡単なもの。
 それにナツツバキの実を花のような感じに2ヶ所に配し、
 他の実を適当に散りばめました。
♪ナツツバキ実、シラカシどんぐりの帽子、ムクロジ種
 フウセンカズラ種
 硬い棒状のベースに球状の実をつけるのは大変。
 木工用ボンドでは時間がかかってたまらないので、
 グルーガンという道具を使って接着しました。
 
 
クリックで大きな画像です→061213w_wreath_up_1 061213b_wreath_1
 
木の実のミニリースは素朴な味わい出ています。
でも、ホワイトクリスマスリースはちょっと地味だったかな~
ありあわせ寄せ集め材料のせいということにしておこう!
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006/12/18

衝羽根 追羽根 作りましょ

今年はきれいな状態のものを見つけることができました。
これ、何だかお分かりになるでしょうか~(*^^*) ヒントはタイトルに。
 
061116hanazonotukubaneutugi1
 
 
 
 ジャジャ~ン こんな感じ
 小さいですよ
 ひとつの放射状のものの
 直径 せいぜい1cmほどです
 
 
 
 
061116hanazonotukubaneutugi2もったいぶらずに答えを
書きましょう。
「ハナゾノツクバネウツギ」こと
「アベリア」の萼片です。
花後に長く残る、この実付きの
萼片の形が「衝羽根(つくばね)」に
似ているというのが、この花の
名前の由来になっています。
見づらいですが萼片の根元には
小さな実の膨らみも見えます。
 
 
くすんだ赤い色味の萼片が、花のようにも見えてきれいです。
この小さな萼片から衝羽根を思い起こして命名したのはどんな方だったのでしょう。

東京・浅草では羽子板市も開かれたようです。
間もなくクリスマス、クリスマスが過ぎればすぐにお正月ですね。
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/12/16

都会の香り

友人が横浜の海辺にできた新しいマンションに引っ越したので、先日新居に
お邪魔してきました。日頃、家の近辺に引きこもって生活していますから、
久し振りに見る横浜の風景が目に眩しく、ほんのいっときでしたが都会の香りを
味わってきました。
 
061206cotton_harbor3
  お邪魔した部屋から
  見た風景。
 
  曇っていた空が次第に
  晴れてきましたが、
  海の向こうに見える
  みなとみらい地区は
  靄に霞んでいました。
 
 
 
 
061206cotton_harbor4 061206cotton_harbor5

マンションの建物。すっかり晴れた青空に、白い建物がくっきりと映えていました。
こんな風景にもやっぱり都会の香りを感じます。普段、自然の香りがたくさんの生活を
楽しみつつ、時には都会の香りにも憧れる自分がいます。
 
4年半ぶりに会った友人に、美味しい手作りのランチとデザートをごちそうになり、
久し振りのお喋りをして、楽しいひとときを過ごしてきました。 
 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/12/15

イルミネーション

クリスマスまであと10日となりましたね。
12月の始めに、東京・新宿までイルミネーションを見に行ってきました。
新宿駅南口付近の「新宿サザンテラス」と「TAKASHIMAYA TIMES SQUARE」のもの。
せっかく撮った写真はぶれてしまって(無謀にも手持ちで撮りましたので…)今ひとつ。
小さくしてごまかしてありますが、雰囲気だけご覧ください。
「新宿サザンテラス」側は寒色系のLEDで幻想的に。
「TAKASHIMAYA TIMES SQUARE」は恒例の?サーカスのテーマで華やかに。

Illumination1 Illumination2
Illumination4 Illumination3
Illumination5      Illumination6
Illumination7 
 
     すぐ上の写真(コレ↑)だけ
     「TAKASHIMAYA TIMES SQUARE」
     のものです。
   
     左←のテディベアのクリスマスツリーは
     高島屋オリジナルの「LOVE BEAR」
     (てっぺんちょん切れてる…)
     1体¥1000で買うことができるようです。
     可愛かったですよ。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006/12/14

討ち入りの朝

宇部の両親から送ってくれた荷物の中に入っていた「しほみ饅頭」なるお菓子。
説明文を見ると赤穂城主・浅野内匠頭ゆかりのお菓子であることが分かりました。
(右下の説明文は、写真クリックで大きな画像をご覧いただけます。)
 
061123sihomimanjyu_hako 061123sihomimanjyu_setumei_1

061123sihomimanjyu_tya 061123sihomimanjyu_up
 
赤穂四十七士の討ち入り物語「忠臣蔵」は、詳しい内容はともかくとして、
知らない人がいないくらい有名ですよね。
ドラマや映画に登場する討ち入りの日の朝、江戸は白い雪に覆われています。
この「しほみ饅頭の」真っ白な姿に、その雪の情景を思い描きました。
赤穂義士たちは、主君の命によって生まれた、「しほみ饅頭」を味わったことが
あったのだろうか。主君の仇討ちに向かう途上、真っ白な雪を踏みしめながら
「しほみ饅頭」をちらと思い出した人がいたろうか… 
 
饅頭と名が付いていますが、半生菓子というか半干菓子というか、かなり乾いた
皮と餡です。皮もよくある饅頭の小麦粉を練って蒸したものとは全然違います。
材料は「砂糖・和三盆糖・寒梅粉・小豆・還元水飴・塩」となっていました。
かなり甘味が強い中に、ほんのり塩味が感じられます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/12/13

今年のモミジバフウ

近所のモミジバフウの並木は、今年は強剪定され裸ん坊になりました。
おぉ 寒そうな姿。 どっちにしろ、時期が来ればすべての葉が落ちて
冬枯れの裸ん坊になってしまうのですけれどね。それでもやっぱり寒そ ブルルッ
 
061121momizibafuu 061123momizibafuu_ha
 
左:剪定後のモミジバフウ(これは他の仲間より枝がたくさん残されていました)
右:虫害を免れた葉が綺麗に紅葉して舞い落ちていたのを拾って新聞紙に挟んで
   おいてみました。  綺麗な色にうっとり…
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/12/12

ひっそりと紅葉

もうそろそろ紅葉・黄葉の季節も終わりを告げようとしています。
色付いた葉っぱたちが散っていってしまうと、残るのは裸木とくすんだ緑、枯れ草色。
色彩の乏しい数ヶ月が待っているんですね。う…辛いです。
 
華やかで注目を集める紅葉・黄葉の脇で、ひっそりと美しく紅(黄)葉している葉に
注目してみました。以前アップした「アカザ」の紅葉にも負けていませんね。

061129tuta2 061129yamanoimo_3mai

061130dokudami_kouyou
 左上:ツタ 何という種類?
     木や電柱に這い登って
     いる姿をよく見かけます
 右上:ヤマノイモ
     トランプみたい ハートの3
 左  :ドクダミ
     これは多色混在タイプ
     赤錆色のものが多いようです
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/12/11

夕日と散歩

 
061124cook_zoom
 
 11月下旬、午後3時半頃
 撮った写真です。
 その日は田んぼの方へ
 足を向けてみました。
 夕日の光に
 クックの顔も染まります。
 ちょっと目が小さいのは
 眩しいせい?
 
 
 
 
061124cook1(^^;)プライベートなご用中…
 
10倍ズームのおかげで、
再びカメラ目線のクックを
撮れるようになりました。
そっぽを向いているクックに
シャッター半押しでピントを
合わせておいて、名前を呼び
こちらを見た瞬間にパシャリ。
失敗も多いですが。
 
 
この記事の写真、うちのデスクトップパソでは夕日らしく赤っぽい光なのですが、
ノートパソで確かめてみたら白っぽい昼間のような光に見えます。
皆さまのお使いのパソコンではどのように見えるでしょうか~~

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/12/09

ムクロジの黄葉

実が、羽子板遊びの衝羽根の玉に使われる「ムクロジ」覚えていらっしゃいますか?
その「ムクロジ」は、秋から初冬にかけ綺麗な黄葉を見せてくれるのです。
短い期間ですが、黄葉が進む様子を追ってみました。
 
061122mukurozi_kouyou
 
 
 
 
  11月22日撮影
 
 
 
 
 
 
061124mukurozi_kouyou_1
 
 
 
 
  11月24日撮影
 
 
 
 
 
 
061129mukurozi
 
 
 
 
  11月29日撮影
 
 
 
 
 
 
まだ緑の葉も残る中、すっかり黄色く色付いた葉から順々に散り落ちていきます。
道路にかさかさと落ち葉の触れる音、踏みしめたときの柔らかさにも、
秋の豊かさを感じます。(ここまで 11/30記)

12月8日の時点で、木に残った葉はほとんど全て黄色く染まっていました。
今日は冷たい雨。この雨で残った葉たちも、大方散ることでしょう。(12/9)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/12/08

残念なこと

私が暮らす町の家から駅まで歩く道沿いには、越してきた13年前には
3本の大きなイチョウの木がありました。1本は広い幹線道路に架かる歩道橋の脇。
もう1本はある通り沿いに建つアパートのすぐ脇。そしてもう1本はT字路の角地に。

引っ越して来てまだあまり間がなかったころ、まず歩道橋脇の大きな1本が切り倒され
姿を消しました。小さな鳥の形の黄葉を楽しめたのは何回だったでしょうか。
それから数年、他の2本がかなりの強剪定を受け、去年辺りからやっとまた
芽吹きと緑の葉と黄葉を楽しめるくらいに伸びてきたところでしたが…
アパート脇の1本は高さ3メートルほどの切り株になり、残るもう1本は
 
061129ityou_kirikabu
 
 
 
 こういう姿になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
切り株姿だけではあまりに寂しいので、近くの神社のイチョウの写真を…。
写真は明と暗のコントラストが強すぎてイマイチですけれど、このイチョウを見たことで
ホッと気持ちが救われました(^^)
 
061201zinzya_ityou1 061201zinzya_ityou2
 
………………☆
長時間にわたるココログのメンテナンス、終わった~と思ったら、どうやらメンテナンスに
よって障害が出ることが分かったらしく、メンテ以前の状態に戻された模様。
ということは、後日もう一度今回のメンテナンスのやり直しがあるのでしょう。
おや… ココログさん、非難轟々雨霰浴びせられてます。
そこまで言う?っていうような言葉まで。ちょっと気の毒…

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/12/04

おちょぼ口ですの…ほほ

散歩コースの一つの道沿いのお宅で、クチナシの実がたくさん色付いていました。
こんなにたくさん生るほど咲いていたかなぁ…?写真を撮ったのはほんの一部です。
 
オレンジ色の鮮やかな実は、クチナシの4つあるといわれる徳の一つ。
ちなみに4つの徳とは「純白の花・清純な香り・冬でも青々と茂る葉・橙色に熟す果実」
だそうですよ。
 
061116kutinasi_mi1 061116kutinasi_mi2

角(実は萼片)のある独特のこの形、面白いですね。
クチナシの名前は「実が開裂しない=クチナシ(口なし)」から名付けられたとの
一説があります。名前の由来の説は他にもあるのですが、この説を読んで以来
クチナシの実がおちょぼ口のように見えてなりません(^^;)

よく熟すと濃いオレンジ色になり、食品の着色料としても使われますね。
おせち料理の定番「栗きんとん」や「栗の甘露煮」の発色を良くするのにも使われます。
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/12/02

ナツツバキの花後

< 愛しの(^^)ナツツバキの実の様子を追ってみました >

 060722natutubaki_mi 落花直後の様子 (7/22)
 
 061007natutubaki_mi 知らぬ間に茶色に (10/8)
 
 061113natutubaki_mi 橙色は紅葉した葉色(11/13)
 
 061113natutubaki_tane 
 実は乾くとぱっくり口を開け
 中に籾殻付きの米粒ほどの
 種がいくつか入っています。
 地面に落ちた実から種が
 こぼれ出て、次の世代へと
 命を引き継ぐのでしょう。
 枝に付いたまま何年も
 そのままの実もあります。
 
 
 12月を前に葉はすっかり落ち、冬枯れの姿になりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/12/01

夕暮れ時の空

まだ3時台4時台の話なのですが、日の短いこの季節には、
すでに低く位置した太陽のの光は目に眩しく、空は夕景色を呈しています。
そんな夕暮れ時の空を三景お届けです。
 
061124yuuhi_yamanoha_2
 

 西の空 

 山の端にかかる夕日 
 
 
 
 
 

 
061124hikoukigumo_1

 
 
  東の空に 
 
  飛行機雲真っ直ぐ
 
 
 
 
 
 
 
061112yuuhi

 
 
 
 そして 燃える夕日

 
 
 
 
 
 
今日から12月。上旬には、1年で「いちばん昼間の時間が短い冬至」を前にして、
1年で「いちばん日没時刻の早い日」が訪れます。(何日なのか知りません…)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »