« ひっそりと紅葉 | トップページ | 討ち入りの朝 »

2006/12/13

今年のモミジバフウ

近所のモミジバフウの並木は、今年は強剪定され裸ん坊になりました。
おぉ 寒そうな姿。 どっちにしろ、時期が来ればすべての葉が落ちて
冬枯れの裸ん坊になってしまうのですけれどね。それでもやっぱり寒そ ブルルッ
 
061121momizibafuu 061123momizibafuu_ha
 
左:剪定後のモミジバフウ(これは他の仲間より枝がたくさん残されていました)
右:虫害を免れた葉が綺麗に紅葉して舞い落ちていたのを拾って新聞紙に挟んで
   おいてみました。  綺麗な色にうっとり…
 

|

« ひっそりと紅葉 | トップページ | 討ち入りの朝 »

コメント

ポージイさんおはようございます。
モミジバフウ?
私なんかカエデかと思ってしまいます。
今はキレイな葉っぱを拾う楽しみもありますね。
これ以上寒くなったらわたし冬眠します。ZZZ・・・

投稿: 池田姫 | 2006/12/13 09:56

最近は落葉する木は思い切った剪定されて楽しみ半減。
木の方も不完全燃焼な気持ちじゃないのでしょうか?
確かに、場所によっちゃ掃除が大変ってのもあるんだろうけど、身ぐるみ剥がされた感は否めません。
(そう言いながらも庭のハクモクレンの落葉に日々振り回されており、うんざり気味ですが)
楓の紅葉はキレイですよね~

投稿: ちょびママ | 2006/12/13 11:17

強剪定・・・・。
経費削減のためなんですよね?
以前テレビでやってました。
人間の都合で虐げられる木々。
それでもけなげに葉をつけ紅葉し・・・。
こうしてポージィさんが葉を保存し、記事にしてくれて、
モミジバフウも幸せを噛みしめているかもしれませんね。

投稿: koko | 2006/12/13 12:13

大学のキャンパスが,かつて米軍の基地だったそうで,アメリカを懐かしんでか,構内にモミジバフウの並木道があったんです.11月末には赤と黄色に色づいてとても奇麗ですよね.まさにこんな写真の落ち葉を集めて押し葉にしてたんですよ.ロマンチックな青年も,今じゃむさ苦しいオヤジですが.

投稿: LiLA管理人 | 2006/12/13 14:05

右下の一枚は、ちょっと白を混ぜたような色合いがまた綺麗ですね。
それぞれの葉に、いろいろなトーンがあって。
ポージィさんがうっとりしたのも分かります。(^^)

トップの写真、木彫りのサンタさんですか?
ちょっと洋書の挿し絵のような雰囲気がありますね。
ベンジャミンにかけてあるのもオシャレな感じがしました♪

投稿: nanbu | 2006/12/13 17:59

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

カエデの仲間ですからカエデでOKですよ~(^^)
カエルの手よりはちょっと肉付きのいい形してますけどね。
綺麗に紅葉した落ち葉を見ると、なんだか無条件に
拾いたくなっちゃいますが、持って帰ってどうするんだー、
と考えて何とか踏みとどまっています。
コラージュ作りでもするといいのかもしれません。
もうじき、そんな落ち葉も見られなくなりますね。
池田姫さんは寒いの苦手ですか?
私は大の苦手。冬眠できるものなら本当にしたいです。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ここまで切るか!?っていう強剪定が当たり前になって
しまっていますよね。
じゃぁ、なんでこういう木を植えたの?と聞きたくなります。
せっかく紅葉や黄葉を楽しめる木なのに、楽しむ間もなく
切っちゃうんですもの。
確かにお掃除は大変ですけれどね…。
右の写真の葉は、剪定前に落ちてきていたのを拾いました。

ちょびママさんのお宅では、ハクモクレンが落葉中ですか?
大きな丸っこい葉っぱが降ってくるんですね。
その落ち葉掃きに振り回されるほど降ってくるって、かなり大きな
木なんですね。ある程度溜まってからのほうが効率いいと思いますが、
ちょっとでも落ちているとダメという声が上がるのでしょうか…


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

うぅ…経費削減のため。そうなんでしょうね。
きっと落ち葉の季節には「道路の落ち葉をなんとかしろ!」
というような苦情の電話をする人もいるでしょうし。
役所としては落葉前にバッサリやってしまった方が都合が
いいのでしょう。気の毒な木たち。
よく切られる並木は、不自然な木の形をしています(; ;)

モミジバフウの並木、来年はどんな運命が待っているでしょう…


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

まぁ、そうだったんですか。構内に並木が。そしてノートに…。
LiLA管理人さんにとってモミジバフウは青年時代と密接に繫がった
思い出の木なんですね。
私は、切られずに綺麗に色付く様子を去年初めて見たんですけれど
濃い赤から黄色までの色が混じった彩りは本当に綺麗でした。

まだ青年期とおっしゃるには無理がありますか?それじゃ浪漫オヤジを
目指してくださいな。(なんたって井上揚水さんですし ^^)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

落ち葉で形が綺麗で傷ついていないのはあまり無くて…
実際に枝で紅葉しているものは、もっと色変化に富んでいて
もっと素適なんですけれどね。
nanbuさんご指摘の右下の1枚は、優しい色合いですよね。
ほんと、ちょっと白が混じっている感じです。

あ、サンタさんにお気づきになられましたね(^^)
何年か前にいただいたものなんです。木彫り風樹脂製ってとこでしょうか。
素朴な雰囲気です。
あ、ベンジャミンとよくお分かりになりましたね。さすが~(^^)v
乱れて惨めな姿なので、全容はお見せできないのですけれど、
サンタさんを撮るのをちょっと手伝ってもらいました。

投稿: ポージィ | 2006/12/13 18:43

去年見せてもらったモミジバフウが見事にサッパリしてしまいましたね。
黄色から紅までの葉っぱ、木にたくさん残っていれば綺麗だったでしょうね。
来年を楽しみにします。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/12/13 18:43

今晩は。
まあ~ポージィさんらしい感性、私もうなずけます。
綺麗ですものね。一つと同じ物がないわけで、愛おしく感じます。
あれだけ葉があり色も色々と染めてくれて楽しませてくれましたね。
なかなか貫禄ある堂々とした樹で紅葉も素晴らしいものが有りました。
また来年見せていただきましょう。楽しみに~

投稿: | 2006/12/13 20:00

モミジバフウの葉の形特徴があるのですね。
この写真でわかりました。
あとでまたカエデやモミジやモミジフウについて復習します。
毎年忘れてしまうのが/(-ゝ-)\

うっとりしていらっしゃるポージィさんの姿を想像しています。

投稿: tona | 2006/12/13 20:16

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

去年は自転車を駆って見にいらしてくださったモミジバフウ。
今年も、切られる前には虫害から立ち直った葉っぱたちが、
綺麗に色付き始めていただけに、作業が始まったときは
がっかりしました~
変化に富んだモミジバフウの紅葉、来年は見られるように
期待しています。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
ほんとですねぇ。紅葉・黄葉といっても、ひとつとして
同じものはありませんね。それぞれが独自の美しさで
楽しませてくれます(^^)
玲さんが見せてくださったモミジバフウの紅葉を楽しませて
いただきましたが、近所の並木はこれからというときに
剪定されてしまいました。
来年はどうでしょう?期待しています~


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ちょっと肉付きのいい手のようなこの形、面白いですね。
私はついついカッパを思い出してしまいます(^^;)
カエデもモミジも広義があったり複数の意味があったり
なかなか複雑。私も調べてもすぐに忘れてしまいます~。

うっとりしているときの私の顔、力の抜け切ったまぬけ顔らしいですよ。
夫が言ってました(~_~;)

投稿: ポージィ | 2006/12/13 21:14

先日の箱根では行く先さきで、落葉を拾いました。
同じモミジや、楓でも皆違った形に驚きました。
家に持ち帰りすぐに押してみましたが、雨にあった後でしたから
ちょっと残念な色になってしまいました。
赤や黄色、オレンジの絨毯を強いてくれていましたが、
後のお掃除を考えるとふと現実に戻されました。

投稿: あやや | 2006/12/14 07:10

◆あややさん、ありがとうございます ♪

箱根の紅葉落ち葉を拾っていらっしゃいましたか。
よく見ると、ほんと色も形も様々で面白いですよね。
押し葉といえども、やはり湿気は大敵なのですね。

落ち葉の絨毯、素適ですよね。
お掃除は大変ですが、本来なら落ち葉たちも
そのまま土に還してあげられたら、それがいちばん
いいのですよね。

投稿: ポージィ | 2006/12/14 12:12

ほんとですよ、どうしてここまでやるんだってくらい、寒々しい風景を見させられると、つい憤ってしまいます。
私のミモザたちも、ばっさりやられてしまいました。
せめて剪定の時期、もっと考えて欲しいですよ。

モミジバフウの色付き、黄色から赤まで、きれいですね。
あるところはわかっているんですが、今年は見られないで終わっちゃいそうです。

(昨日入れたつもりだったのですが、反映されてませんでした)

投稿: goro's | 2006/12/15 02:40

モミジバフウというのですか?なかなかに形がいいですね。そして色合いも・・・ ポージィさんのブログから随分いろいろなことを学びました。おかげさまで、今年は今までになく、しっかり紅葉を楽しめたと思っています。いつも楽しい心暖まるブログを有難うございます。

投稿: 茂彦 | 2006/12/15 07:18

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

おや?反映されなかったんですか…どうしちゃったんでしょ。
もう一度書いてくださってありがとうございます(^^)

ねぇ… こういう剪定は木のことを考えてのじゃなく、
あくまで人間の都合での剪定なんですよね。
ミモザもまた切られちゃったんですか!?
もう来年の蕾が用意されていたでしょうに…かわいそう。

以前用事で車で東京へいったとき、どこかの道路の並木が
モミジバフウでした。ちょうど風の強い日で、たくさん舞い落ちた葉を、
ガソリンスタンドのお兄さんが掃こうとしている姿に笑った覚えがあります。
だってね、完全に風に負けていて、箒を動かしている意味がまったく
なかったんですもの(^.^)
悟郎さんも今年はご覧になれないかもしれませんが、またいつかに
お互い期待しましょう。


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

こちらこそ、いつも温かいお言葉をありがとうございます(^^)

今年は茂彦さんも、例年以上に紅葉をお楽しみになれたとのこと
よかったです。
モミジバフウを漢字で書くと「紅葉楓」なんですよ。
漢字で書くと、なるほどとうなずけますよね。アメリカ東部やメキシコ
あたりが原産地で、アメリカフウとも呼ばれるそうです。
楽しい形の葉っぱ、綺麗な色。並木が紅葉するとなかなかに素適です。

投稿: ポージィ | 2006/12/15 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/12842466

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のモミジバフウ:

« ひっそりと紅葉 | トップページ | 討ち入りの朝 »