« 旅のご報告 その2 | トップページ | 開きました »

2007/01/11

旅のご報告 番外編

やっぱり番外編アップしちゃおーっと!

昨年末から花や自然の話題激減の当ブログ。「ポージィのetc.記」になってます…
帰省旅の途中も植物の写真は一枚も撮らずじまいでした。
車の中から『あれは?』『山茶花が綺麗』なんて思ってもあっという間に後方に
飛び去ってしまいますしぃ~ (言い訳 言い訳)
でも、その飛びすぎる景色を眺めながら少々気がついたことがありました。

●前年の帰省旅のときより、山茶花がたくさん咲いていたこと。
●とくに山陽道で目に付いたのですが、枯れて真っ茶色になった松の木が多いこと。
●竹で覆われた山がいくつかあったこと。

高速道路沿いに植えられている山茶花は花盛りの観でした。

松枯れの話は、ひところマスコミで散々取り上げられ、松くい虫や酸性雨、
複合原因などなどいろいろなことが言われたものの、このごろではとんと聞かなくなり、
正直言って忘れていました。今回、ぱっと目を向けただけでも点々と真っ茶色に枯れた
松が目に付くほどでしたから、かなりの数に上るのだと思われます。

私のイメージでは、山といったら木々で覆われ、竹林は裾野の方にあるというもの
でしたが、裾からてっぺんまで山一つ全体が竹林で覆われ、そのなかに木がポツポツと
生えているものを数ヶ所で見かけました。元々竹山だったのか、手入れできない竹に
侵食されたのかどうか。
 
以上、寝不足を助手席で補う(居眠り)合間に、景色を眺めながら感じていたことです。
 (無理やり植物の話題を持ってきたともいえる… ^^;ゞ )

<おまけの写真>
 クリックでちょっぴり大きくなります。ポップアップウィンドウになっています。
061230kyouto_aosagi 061230togetukyou 061230benkei
 左:12/30朝、京都の桂川にいたアオサギ?ゴイサギ?
 中:スリップ事故で欄干が壊された渡月橋。松の幹のすぐ横辺りが損壊箇所です。
 右:偶然見られた、注文おせち料理の作り手の料亭「嵐山辨(弁)慶
 
061230sa_cook_1
 
 
 山陽道 岡山県内
 吉備SAにて休憩中のクック
 

|

« 旅のご報告 その2 | トップページ | 開きました »

コメント

昨日の記事にコメントつけそこねちゃったのでこちらに(^^)。

山茶花の花がたくさん咲いていたのは暖冬のせいですか?
松枯れは沖縄に行ったときにも目を引きました。
高速道路から見える松林がところどころ赤くなっていて
「沖縄で紅葉かと思った」と言う人がいたほどです。
手入れのされない山が竹に覆われてしまっているのも
よく耳にしますね。

日本に生えている木はほとんどが人の手によって植えられたもの、
という話を最近テレビで耳にしました。
こうしてみると、本当の意味での自然というのは日本には少なくて、
自然との共生なんだなーと気付かされます。
そしてその微妙なバランスの上に、
人間も動物も植物も暮らしているのですね。

これからもポージィさんの視点からいろいろな記事を書いてくださること、
期待しています。
そして、かわいいクックちゃんのこともね!

投稿: koko | 2007/01/11 12:27

鳥はアオサギだと思いますが。確かに首を折りたたんで立っている姿はゴイサギにも似ていますが、ゴイサギはアオサギに比べると小さく短足です(^_^;
渡月橋の事故現場。バックの紅葉をすぎた嵐山もなかなかのもんです。
おお!弁慶。このお店なら知ってます知ってます。渡月橋を過ぎて亀山公園方向に向かってすぐですね。この店の先の角を右に折れると天龍寺塔頭寺院の宝厳院です。
クックちゃん、今でもバンダナまいているのかなぁ。可愛い(^O^)
松枯れの原因はやはり酸性雨のようです。酸性雨にやられた松は抵抗力が弱まり虫に浸食されやすくなるようです。
日本ではかなり排ガス規制や工場の排気煙が規制されて一時期より少なくなったのですが、まだまだ大気を汚しています。その上、中国大陸の産業発達が酸性雨を作っているという指摘もあります。西日本は去年の中国大陸からやってくる黄砂も半端じゃありませんでした。大阪でもこの黄砂で霧がかかったような夜もありました。

投稿: あまもり | 2007/01/11 13:08

本当だ。渡月橋の欄干が欠けているのが分かります。
その向こうに見えている山には猿が餌付けされていると思います。
昔に比べて街中でも松が少なくなりましたが、郊外や地方でも寂しくなっているのですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/01/11 15:20

枯れた松の木が増えたな~って、私も感じてます。
手入れされてないせいかな、なんて素人考えでいたのですが
そっか、酸性雨の影響かぁ。。。
それに引き替え竹の元気な事。
竹だけ紅葉の時期が違うので黄色くなった時、目立ちますよね。
わぁ~、こんな竹ばっかだったのかぁってビックリします。

休憩中のクックちゃん、何思ってるのかな~?

投稿: ちょびママ | 2007/01/11 16:04

山口県は全国でも何番目かの竹林面積があるそうです。
でも有効利用されているよりは放置状態の方が多いんだろうな。
色々な利用法が考えられているようですが、現代の日本では竹そのものの利用が大幅に減っているからなかなかですね。
竹林は放置しておくとどんどん広がるし、下草は全く生えないし、
根が浅いから土砂崩れを起こしやすいし困ったものです。
(こんな竹林に誰がしたと竹自身は言っているだろうけど)

投稿: 平家蟹 | 2007/01/11 17:22

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

山茶花の花盛りは、どうでしょ。もうたくさん咲いていていい時季では
あるんですけれど、去年の帰省旅のときはこれほど目に付かなかったように
思うのです。やっぱり早いのかな。
松枯れ、沖縄でもですか… 残念ですね。
今回あまりに目に付いたのでとても気になりました。
かっての日本は自然に手を加えつつも、自然を支配してねじ伏せようなどとは
思っていなくて共生のバランスをとることができていたのかもしれませんね。
いつからか思いのままにできると勘違いして、結果バランスが崩れて
しまったことがたくさん。
共生の道を探らなくちゃいけません。ドイツなどはそれを実践しているのですから。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

お、これはアオサギの方ですか。とうとうと流れる川の水の中で
彫像のように佇んでいました。魚でも待っていたのかしら。
あの山が紅葉で燃え立ったところはさぞかし綺麗でしょうね…
静かな冬の景色もそれはそれでいいものでした。
これ、朝8時半過ぎくらいの光景です。まだ晴れきらず少し雲が残っていました。
わぁ、「弁慶」ご存知でしたか!宝厳院もそのすぐ先だったとは。
あぁ~前日予定通りもっと早い時間に到着できていたらなぁ。

松枯れの原因はやはり酸性雨の影響が大ですか。
日本で松はほとんどどこの山でも見られるような気でいましたが、
この先は見られなくなる日が訪れても不思議ではありませんね。
中国の公害は深刻なようですね。かっての日本の実例が参考にできるの
ですから早く手を打たないと、大変なことになるでしょうに。
黄砂もすごいですね。特に去年は酷かったのですよね?
愛知・豊橋(豊川の隣市)の友人も嘆いていました。今年はどうでしょう…


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

渡月橋の損壊、かろうじてお見えになりましたか。
橋の上を歩いている人たちがみんな見下ろしてました。
橋の背景に見える山には餌付けされた猿がいるのですか?そうでしたか。
この写真の画面から外れた上のほうには、前日降った雪がまだ白く
残っていました。猿達も寒い夜をすごしたことでしょう。

枯れた松の多さには驚きました。松もまた人の文明の犠牲者ですね。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

松枯れ、ちょびママさんも感じていらっしゃいましたか。
酸性雨が木を弱らせ、松くい虫の被害も出やすくなっているとのこと…。
やっぱり人間のせいなんですねぇ。
竹も、手入れされないと雑木林などをどんどん侵食したりして問題になって
いる所がありますね。私が目撃した竹の山ももとは木々で覆われていたのかも。
竹林をもっと管理して、生長の早い竹を上手に生活の中で利用できるように
なるといいのになと思いますが、そういう仕事はやっぱり人気がないのでしょうね。

この時のクック、結構マジな顔してますよね。
何を思っていたのでしょう。風のにおいを嗅いでいたと思いますが…(^^)

投稿: ポージィ | 2007/01/11 17:32

◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

>山口県は全国でも何番目かの竹林面積があるそうです。

まぁ、そうなんですか。
手入れのされない竹林の侵食、あちこちで問題になっていますね。
竹に覆われて雑木たちが枯れてしまったら、その山は一見緑豊かでも
危険な山と化してしまうのですね。
竹は生長も早いし、よい特質も備えているし、もっと利用できるように
なるといいのに。割り箸だって、中国に頼らず竹を利用できたら…
などと私は簡単に考えてしまいますが、なかなか進まないのには
理由があるのでしょうねぇ…

やっぱり人間のしたこと、しないことが問題。
竹にしてみればほんと「こんな竹林に誰がした」ですよね。

投稿: ポージィ | 2007/01/11 17:38

渡月橋、何度か渡りました。嵐山と相まって日本的風景ですよね。
車で、しかもお正月に欄干を壊されるとは台無しです。
紅葉の名所、嵐山もすっかり冬山の景色ですね。

渡月橋を渡ったところに、五木ひろしの奥さんのやってた店がありましたけど、今もあるのかな?

クックちゃんのバンダナ、かっこいいよー。

投稿: 夢閑人 | 2007/01/11 18:02

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

何度か行かれたことがあるのですね。長い気の欄干の橋がなんとも
日本的情緒を醸し出していて素適でした。
私たちは時間がなく、車の中からちょっと見ただけでしたが、
いつの日かぜひ川沿いと橋を歩いてみたいと、そう思いました。
嵐山の紅葉の頃はものすごい人出と聞きましたから、紅葉シーズンは
外していった方がのんびり楽しめそうですね(^^;)
おや、五木ひろしさんの奥さんのお店、なんてのもある(あった)んですね。

クックのバンダナ姿、すっかり気に入ってくださってありがとうございます。
着けてやったときに「クックいいよぉ~すごく似合うよ」と言ってやると
クックもまんざらでもないように見えました(^^)

投稿: ポージィ | 2007/01/11 21:25

冬場に花の話題が少なくなるのは仕方ないですよ。
じっと我慢の日々を過ごしましょう(自分にも言い聞かせてます)。

松の立ち枯れ、そんなに目に付きましたか。
松喰い虫の被害で、日本の風光明媚な景色がなくなると騒がれてから久しいので、もう沈静化したのかと思ってました。
コメントを読ませていただくと、酸性雨が影響しているということのようですね。
こんなグローバル化は、嬉しくありませんね。
公害先進国の日本は、アジアに貢献できるたくさんのデータを持っていますからね。
訳のわからない援助より、こちらでの貢献のほうが、ずっと感謝されると思うのですが・・・

竹はね、そのうち「美しい日本」を破壊してしまいますよ。
わかっているんでしょうかね、あの人は。 

投稿: goro's | 2007/01/12 01:26

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

花の話題減少は仕方ありませんねぇ。その分、etc.に注意を向ける
時期ということで割り切ります(^^)

松には今回「えっ!?こんなに枯れていたの?」と驚くと同時に
心配になりました。最近マスコミの話題にはとんと上りませんでしたものね。
竹の侵食も含めて、日本の自然のバランスがじわじわと崩れ続けているみたい。
本当の意味での美しい日本が何なのか、あの人だけでなくあの人の周りの人たちも
しっかり目を見開いてあたりを見回し考えていただきたいものです。
本当に…公害対策・低公害のための対策ノウハウとか、国を越えて大いに
協力し合うべきだと思いますし、どの国のどの政治家も、目先の利益や
個人の欲に汲々としてないで、広い視野とまっとうな自覚を持っていただきたいです。

投稿: ポージィ | 2007/01/12 10:23

 ポージィさん、随分遅くなりましたが、今年も仲良くしてくださいね。m(_)m
よろしくお願いします。(^^)
 なが~いご旅行だったんですね。
そしてお体の具合は、その後いかがでしょうか?
旅疲れ・気疲れ、そしていつもと違う日常に身体が付いてこなかったのかもしれませんね。
 晴れた空に雪を被った富士山、ステキです!
見ていて気持ちがいいです。
いい物を見せて頂きました。\(^0^)/
 山陽道の松、ホントにかわいそうなくらいですよね。
私も年末に通りましたが、母がいつも外を眺めてはそう言います。
(私はもっぱら運転中なのでチラ見です。^^;)
それでも、花が目に入るとホッとしますね。
見える景色が道路と前方の車だけ…ってのは、疲れてしまいます。
 吉備のサービスエリアでは、塩味饅頭は売っていなかったかな?
いつの記事でしたっけ?塩味饅頭が紹介されていましたよね。
あの塩甘さが私も好きです。(^^)b

投稿: Hiromi | 2007/01/22 14:28

◆Hiromiさん、たくさんコメントをありがとうございます ♪

私にとって、ブログ上のお友達も大事なお友達。こちらこそよろしくお願いします(^^)

7泊8日、長いですよね。でも過ぎてみれば意外とあっという間で、
帰宅したとき松の内が残り2日となっていたのがなんとも不思議な気分でした。
体調へのお気遣いありがとうございます。
いまだに軽い咳が出るのですよ。アレルギーとか咳喘息とかになっていないか、
注意深く様子を見ていこうと思っています(酷くはないので大丈夫 ^^)。

山陽道の枯れた松、Hiromiさんもお気づきでしたか。お母さまも心を痛めて
いらしたのですね。痛々しい茶色の枯れ松の後で満開の山茶花を目にしたときは
ほんと、ほっとしました。高速道路は目を休め楽しませるものが少ないですね。

吉備サービスエリアでは、キビ団子には気付いたのですが、しほみ饅頭は
どうだったのでしょう… クックを連れているしゆっくりお店を見ることもなく
SAで停まっても、ほとんど外ばかりうろうろして休憩していましたヨ(^^;)
思い出してサーッと見てみればよかったな。Hiromiさんもお好きなんですね。


投稿: ポージィ | 2007/01/22 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/13399581

この記事へのトラックバック一覧です: 旅のご報告 番外編:

« 旅のご報告 その2 | トップページ | 開きました »