« 冬の朝 | トップページ | ペンダントトップみたい »

2007/01/22

ジャムかプリザーブか

徳用袋詰めリンゴを買ったら、ガシガシに若すぎるものがいくつも入っていて失敗!
そこで、リンゴジャムを作ることにしました。熟していなくても大丈夫か…?

手順はいつもどおり。刻んで鍋に入れ砂糖を適当にふりかけ蓋をしてとろ火にかける。
そのうちリンゴの水分が出てきて時折かき混ぜながらコトコトコトコト。
でも、今回は何だか水分が少ない? ガシガシリンゴだったせいかなぁ?
刻んだ姿がこれっぽっちも煮崩れること無いまま水分が無くなりそうになってきて、
慌てて木杓子でつついて崩しました。レモン汁を入れて完成としたのだけれど…
 
061215apple_jam
 こんなのできました。
 色が濃いのは
 ブラウンシュガー使用のせいです。
 
 パンには「塗る」というより
 「乗せる」という感じ。
 まぁ、味はOKだから
 よしとしましょう。
 
 
 
ところで、こういうものを「ジャム」といったり「プリザーブ」といったりしますが、
両者の違いって何なんだろう?プリザーブド・フラワーってのもあるし… 
こんなときは辞書登場。早速調べてみました。
 「jam」=果物に砂糖を加えて煮詰めた保存食品
 「preserve」=保存する 砂糖漬け ビン(缶)詰 ジャム
プリザーブの方が広い意味なんですね。
ジャムの呼び名に飽きた誰かが、意味を違えることなくちょっと新しい響きの言葉を
求めてプリザーブと呼び始めたのでしょうか??
ジャムはジャムって呼べばいいじゃんって思う私は石頭かしら。
 
ちなみに、プリザーブド・フラワーとは「長期保存できる花」といった意味あいで、
生花に特殊加工を施したもののことです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
<追記>
 もう少し調べてみたところ、このような区分けの記述を見つけました。

■ジャム
 ジャム(JAM)は、日本では単に果実類を砂糖で煮たものという認識だが、
 厳密にいえば、果実をつぶして形がなくなったピューレ状のものに砂糖を加えて
 とろりと「ゼリー化」した状態のものをいう。
 (JAM=英語で押しつぶすという意味がある)

■プレザーブ(プリザーブ)
 ジャムのように果実をつぶすのではなく、果実の形をそのまま残すように煮たものを
 プレザーブ(PRESERVE)という。
 (PRESERVE=英語で保存する、砂糖煮するという意味がある)
 ※日本では、一般的にプレザーブもジャムと呼ばれている。
 
なるほど… してみると私の作ったのはどっちということになるのかなぁ?

|

« 冬の朝 | トップページ | ペンダントトップみたい »

コメント

「ジャム」と「プリザーブ」は同じような意味で使われているんですか!
ウチが買っているア○ハタのジャムの名称の欄には、
「ジャム(プレザーブスタイル)」と書いてあって。
もともとジャムは保存食なのに、どういう意味なんだろう?
と、以前から疑問に思ってたんですよ。
でも、そうだとしてもやっぱり分からなかったり?(笑)

投稿: nanbu | 2007/01/22 09:41

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

nanbuさんも「ジャム」と「プリ(レ)ザーブ」にちょっと疑問を感じて
いらっしゃったのですね。
両者が同じような意味で使われていることは事実のようです。
ただしこれ、日本では、ということみたいです。

記事アップ後にもう少し調べて、区分けが書かれているページを見つけ、
追記として↑まとめてみました。
結論、やっぱりちゃんとはわからなかったです(^^;)

nanbuさんのお宅でお使いの「ア○ハタジャム」は、果肉がゴロゴロと
入っているタイプなのですね(^^)
えーと…私もプレザーブスタイルのジャムのほうが好きです。(ん・なんか変?)

投稿: ポージィ | 2007/01/22 14:08

美味しそうですね~
日本に帰国してから、果物を食べなくなってしまいました。
理由は、果物は重い。。。笑

ジャムにシナモンを入れても美味しそうですよね~
この写真を見たら、急に何故かアップルパイが食べたくなってしまいました。

そういえば、今年はりんご巻き巻きは・・・??

投稿: SAKURA-MOCHI | 2007/01/22 14:28

うわ~、ジャムだ。
私はもっぱら、ジャムはヨーグルトに混ぜていただきます。
りんごがたくさんあるので、私もジャムを…と思っているのですが、この冬はもう2回炊いているので、冷蔵庫にまだある。。。(^^;
ジャムとプリザーブの違い、よく分かりました。
形が入っているのがプリザーブ…と、ただ単に思っていた私です。
どっちにしても、自家製ジャムは美味しいですよね。(^^)b

投稿: Hiromi | 2007/01/22 14:37

りんごジャム、成功したことないんです。
ケチって古くなったリンゴを使うせいでしょうか?(笑)
水分がでません。
ほぼ切った状態のままに詰まったジャムもどき。
パンにのっけるって状態で食べてしまいましたが、家族には不評でした。
夫のファミリー、見慣れないもの、食べ慣れないものには手を出さないのです。
ジャムかプリザーブか。。。
ず~っとジャムで通してきたから今後もジャムって言い続けます(笑)
ダメ~?

投稿: ちょびママ | 2007/01/22 14:40

うちでも硬いリンゴは、薄く切って砂糖煮にして食べます。ジャムにはしない。プリザーブなんですね。オレンジマーマレードはどっち?
どっちでもいい。考えた事もない。おいしければいいのだと我輩は思う。

投稿: 夢閑人 | 2007/01/22 16:12

ジャムかプリザーブか・・・
って私自身、プリザーブという言い方があることを知らなかった。
ブリザードかと(ポリポリ)。これではジャムではなくかき氷だあ。
ついでに書くと、うちでは毎朝トースト。でもパンにつけるのは専らマーガリン。
年に一度京都の知人から夏みかんのマーマレードを貰うのでその時はマーガリンをつけてからマーマレードを乗せる。これ美味しい(^O^)
市販のジャムやマーマレードは甘過ぎて私はダメ。
じゃぁ自分の味好みで手作りをすれば。と言われそうだけど、最近そんなヒマはない(これ口実ね(笑))。それに夏みかんの皮独特の苦味を無くす技は難しいらしいし。
リンゴジャムは美味しかったんですね。それが一番。
でも私はリンゴが苦手です(^_^;
誰もおまえさんに食べろとは言ってないって?
そうですね、はいサイナラ(トットコ)

投稿: あまもり | 2007/01/22 16:36

こんにちは。
ジャムに関してわが夫はうるさいのですよ、男性のくせに~でしょう。
パンの時5種類くらい少なくても3種ないとご機嫌がよくない、自分で買ってきますから~
書いてあるものをしらべて一応カロリーなどもどうかなど、今度はお味がどうとか、よければそれをまた買います。
私はお任せしてしまいますもう~
前に頂いたもので「コンフィチュール」というフランス語でジャムの事ですがお砂糖を使わずその果実の甘みだけというのもあります。
このごろ人気が出ているみたいですね。

投稿: | 2007/01/22 17:04

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

あらら…今の時期せっかく蜜柑やりんごが美味しいのに…
苺もたくさん並んでいますよぉ~(って苺は私も買っていませんが ^^;)
例のお買い物事情のせいですね。自転車を1台手に入れてはいかがでしょう。
バスケット付きのを。手で持つよりはたくさんお買い物できますよ(^^)

この、ジャムもどき、美味しそうに見えました?よかった ホッ
アップルパイを思い出されたのは、きっとこの色合いのせいかもしれませんね。
たしかに、アップルパイに入れても良さそうな出来上がりでしたよ。

あら嬉しい!りんご巻き巻きのこと覚えてくださいましたね。
3回くらいは作って食べましたよ(美味かった ^^)
でも、2年連続でブログネタにしちゃったので、今シーズンは取り上げなかったんです。笑


◆Hiromiさん、ありがとうございます ♪

そうでしたね。Hiromiさんはヨーグルトに混ぜて食べる派(^^)
作られたジャムが冷蔵庫にまだあって、でもりんごもまだたくさん?
羨ましいなぁ~。

「形が入っているのがプリザーブ」細かいことはさておき、Hiromiさんの
思っていらしたので正しいんじゃないかしら。
自家製ジャムは甘さを好みにコントロールできるのがいいですよね。
味わいも、あれこれ入れない分素朴ですし(^^)


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ちょびママさんがりんごジャムに成功したことがないって、意外でしたよ。
だって、あんなにいろんなジャムに成功していらっしゃるんですもん。
それはやっぱり、りんごのせいですな。今回の私同様に(?)。

>「水分がでません。ほぼ切った状態のままに詰まったジャムもどき。」
それそれ!まさにそうなるところだったんです。それで水分が底を付く前に
慌てて木杓子で無理やり潰して…(^^;)
それでもやっぱり「塗る」ことは無理で「乗せて」食べましたよ。
あら~ ご家族には不評でした?お味は美味しいはずなのにね。

ふふっ、私も「ジャム」って言い続けると思います(^^)


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

>薄く切って砂糖煮にして食べます

こういうのは「コンポート」って呼ぶのかもしれませんね~(^^;)
果物の砂糖煮または砂糖漬けをコンポートと言うようです…
(切らずに丸ごと煮るんじゃないといけないのかしら?)
この食べ方もときどきしますよ、私も。サツマイモと一緒にほんの少し
バターの風味をつけて煮ることもあります。美味しいですね。

マーマレードはジャムの一種ですが、「柑橘類」の「果肉と果皮」で作ったものを
区分けしてマーマレードと呼ぶらしいですよ。

あはは 確かに美味しければ呼び方はどうでもいいですよね(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ブリザード! あはは ほんと、それじゃカキ氷ですよぉ~(^^)

毎朝トーストでマーガリン、ってうちと同じです。握手!
うちの場合はその上にジャムが乗っかりますが。
あんまり甘ったるいのは私も苦手です。市販のを買うときは甘さ控えめを選びますが、
そういうほうがお値段高いんですよね。自作も甘さを控えて酸味を利かせます。
あまもりさんのお宅でも、夏蜜柑マーマレードが乗っかる季節があるのですね。
夏蜜柑といえばそうとう皮の苦味が強いですよね。それを上手にマーマレードに
されるとはすごいです。きっとかなりの手間ひまかけて作っていらっしゃるのでしょう。
柑橘類の苦味が苦手な私は、やっと市販のほとんど苦くないオレンジマーマレードが
食べられるようになったところです。

えーりんご苦手でいらっしゃるですか??LiLA管理人さんと話が合いますよ(^^)
ひょっとしたらご覧になって「でた~!」とのけぞっていらっしゃるかも…


◆玲さん、ありがとうございます ♪

まぁ、そうなんですか!
ご主人がジャムにこだわり有りの方とは。3~5種類も並べたいのですね(^^)
お好きなんですね。その日のご気分で、今日はこれにしよう、今日は全部にしようと
お選びになるのがまた楽しみでいらっしゃるのかも。
でも、あれこれみつくろってご自分で買ってきてくださるのなら、喜んで
お任せできますよね。玲さんも今度はどんなのを見つけてきてくれたかしら?と
楽しみになりますね。

「コンフィチュール」というものもあるのですか。初めて知りました。
保存料代わりのお砂糖を使わずにということは、もうできたての美味しさを
それも果実本来のお味でいただくものなのですね。
美味しそうです。人気が出ているのですか。う~ん、食べてみたいですぅ。

投稿: ポージィ | 2007/01/22 18:37

プリザーブって知りませんでした。
料理もしないし食材の買い物にも行かないのが分かってしまいますね。
どちらかというとジャムのほうが好きです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/01/22 20:07

コンポート、なるほど解りました。ありがとうございました。
なんだかややこしくなりました。あんまり考えず、なんでもおいしく食べましょう。そのほうが消化がいいようです。

投稿: 夢閑人 | 2007/01/22 20:14

朝食はパンなのに
一応料理もする主婦なのに
「プリザーブ」という言い方は知りませんでした!
そして あまもりさんのコメントを読んでから
ユーミンの
♪ブ~リ~ザ~ド ブリザ~ド
が頭の中で鳴り響いています(^^)

私は基本的にはジャムはつけません
でも たまぁに食べたくなるんですよね
マーガリンを塗った上にジャムを乗せるので
カロリーが高いったらありゃしない(^_^;

投稿: miki | 2007/01/22 21:29

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

私も本当は、料理の名前ってとんと疎いのですよ~(^^;)
でも「プリザーブ」という名前が、「ジャム」と思っていたものに
付いているのを見たことがあって、頭の隅にクェスチョンマークと
ともに残っていました。

おーちゃんは、果実がしっかり潰れて形が残っていない方が
お好みなのですね(^^)


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

料理の世界も、植物の世界に勝るとも劣らぬ複雑な迷路のような
部分があるようですね。素朴な疑問だったのですが、うっかり踏み込んだら
ややこしくてこんがらがってしまいました(^^;)

ほんとですね。あんまり悩まず、美味しいものは美味しいと
素直にいただくのが消化にも良さそうです(^o^)

投稿: ポージィ | 2007/01/22 21:34

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

あらら、今夜はユーミンの歌声が離れなくなりましたね(^。^)

私は料理の名前など、とんと疎いくせにプリザーブという名前は
何かで見たことがあったのですよ。そのとき「ジャムとどう違うのかな~」と
不思議に思ったのを今回思い出しました。

カロリーが高いったらありゃしないこと、私毎朝やってますぅ(^^;ゞ
6枚切り食パンを2分の1枚だけではありますが。
甘さの濃い安ーく手に入るジャムだと、すぐ嫌になっちゃうんですけれど、
果肉がたくさん入っていて甘さの抑えられたのだと、たっぷり乗っけて
食べたくなります。

投稿: ポージィ | 2007/01/22 21:44

私も「プリザーブ」という言葉、初めて目にしました。
タイトルをちらっとみて、ジャムがどんな変身をするんだろうって、そう思ってしまいました。
雪嵐にもみくちゃにされたジャム・・・ 私もブリザード派?でした(笑)。

ポージィさんの説明で、両者の違いがわかりました。
プリザーブのほうが好きかな?
滅多に食べませんけど。

投稿: goro's | 2007/01/23 01:12

手作りは最高ですね。
糖分もおさえられますし好みに合わせて作れます。
私はブリザーブが好きです。
リンゴも角きりで、イチゴも丸のまま
でも自分で作りますとなんだかシロップ煮・・
軽井沢のジャム専門店には、凄い種類のジャムを売っていますので
ここでは自分では作れないようなものを買ってきます。
ちなみに私の好きなのはルバーブです。

投稿: あやや | 2007/01/23 08:24

「プレザーブスタイル」の意味がよっても良く分かりました。
はい!ウチで使ってるジャムは果肉がゴロゴロ入ってま〜す。
(ポージィさんのジャムの色を薄くした感じです)
ひっかかっていた疑問が解決してスッキリできました♪
ありがとうございます。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/01/23 09:11

おはようございます。
そういわれてみると、私は両方の区別が結構あいまいでした。
ポージィさんが調べてくださったことをよく読んでみると、やっぱりこれらの考え方が混ざり合っていたということでした。

ジャムって簡単に作ることができますね。柿や蜜柑はちょびママさんに教えていただいてからレパートリーになりました。
納豆問題の一連の中にブルーベリーがありますが、毎日食べているヨーグルトにこれをその辺りから入れて食べていたのですが、全然効き目がないようです。
そこでこれを機にやめて手作りジャムでいきたいと思っています。

投稿: tona | 2007/01/23 09:18

ジャムという言い方がもともとの呼び名「名詞」だと思います。
プリザーブという言い方は多分「和製英語」だと思うのです。Preserveは「動詞」で保存する、保護する、貯蔵するという意味ですね。名詞として使うならば Preservesと(s)をつけると思います。
Preserves ならば、砂糖漬け、びん詰めのくだものなど意味になりますね。カタカナ語(和製英語)にすると、しゃれて聞こえるので、メーカーの方とか、そういう方がこんな呼び名をつけたのではないでしょうか?和製英語=その外国語を母国語とする人には理解できない、日本で作られた英語、結構多いです。パソコンと言っても、アメリカ人には通用しませんね。それと同じですね。(Personal Computerを勝手にパソコンと言うのと同じ)
ポージィさんの楽しいブログに余計なつまらないコメントをしてしまってゴメンなさい。

投稿: 茂彦 | 2007/01/23 09:20

実家にいた頃は、山形の祖父母からダンボールいっぱいのりんごが毎年
送られてきて、(庭にりんごの木があったので)いつも食べ切れなくて
最後はジャムになってました!

プリザーブという呼び名は知らなかったのですが、
我が家のジャムは、ペースト状というより、単にりんごを甘く煮た甘露煮?
に近かったので、きっとプリザーブだったんですね~。

結婚して実家を出てからは、果物はもっぱら買わないと手に入らないので
煮るなんてもったいなくて普通に食べて終わってしまうのが常ですが
ポージィの日記見て、私も久しぶりに食べたくなりました♪♪

投稿: tomon | 2007/01/23 10:16

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

うはは 悟郎さんもブリザード派でいらっしゃいましたか(^o^)
雪嵐にもみくちゃにされたジャム? どんなもんでしょ~?
(ここでまた疑問が…ジャムって凍るのかな。凍るとしたら何℃くらいで? ^^;)

悟郎さんが色々お作りになったお手製のジャムはプリザーブの方ですか?
私もプリザーブのほうが好きです。


◆あややさん、ありがとうございます ♪

そうそう、手作りは好みに合わせられるのがいいですよね。
あややさんもプリザーブのほうがお好きなのですね。
角切りりんごで作られますか。これはやったことなかったです。
熟した瑞々しいりんごで作る機会があったら、角切りで作ってみますね。
苺は私も丸のままで作ります。

軽井沢にはジャム専門店があるのですね。私など見たことも聞いたこともない
ジャムが山と並んでいそうです。見てみたいなぁ。
ルバーブというのも見たことはもちろん味わったこともありません。
葉っぱで作ったジャムなんですね。検索したらレモンに似た酸味と載ってました。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

日本ではイマイチはっきり区別されていないようですが、
それでも何となく分かりましたよね。私もこれで良しとしました。
nanbuさんにもすっきりしていただけてよかったです。
ちなみに、うちでちょうど今食べているcoopの苺ジャムも、
よくよく見ましたら、(プレザーブスタイル)と書いてありました(^^;)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

おはようございます(^^)
tonaさんの考えていらした「両者が混ざったようなような感じという」区分けが、
日本での区分けそのものという気がしますね。
もともとは北ヨーロッパで生まれた保存食品だったそうで、日本でジャムが
作られるようになったのは明治に入ってからですって。
さらに一般に広まったのは第二次世界大戦後のことだそうで。

柿や蜜柑のジャム、tonaさんのレパートリーにしっかり仲間入りしたのですね。
私は、滅多に作らないのですが作るのはりんごか苺で、酸味をつよーくします(^.^)

納豆問題の一連の中にブルーベリー… に笑っちゃいました。
ブルーベリーのアントシアニンにはちゃんと効果があるのでしょうけれど、
きっと山ほど食べないと実感できる効果はないんですよ。
ブルーベリーにしたり、お手製ジャムにしたり、変化を楽しむのもいいですね。
わが家では、ヨーグルトにはレーズン、パンにジャムです(^^)


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

語学(英語)の方面から鋭い切り込みをなさいましたね(^^)
茂彦さんが書いてくださったとおりで、英和辞典にも「複数形で名詞」で
(果物の)砂糖漬け・ビン(缶)詰・ジャム と出ていました。
ですから本当は、プリザーブス(ズ?)って言わなくちゃいけないのでしょうね。
でもカタカナになると複数形の部分は省略~!
そういうの多いですし、元の英語とは似ても似つかぬ和製英語に
変身したのもたくさんありますね。

ただ「jam」と「preserves」は、作り方(というより出来上がりの形態?)に
実際に違いがある食品のようです。厳密に言えば、とのことですけれど(^^)


◆tomonaさん、ありがとうございます ♪

段ボール箱いっぱいのりんご…わぁ 羨ましい。
かっては「りんごは買う物じゃなかった」のですね(^^)
食べ切れない場合は、やっぱり保存できるようジャムにするのが
いちばんなのでしょうね。アハ「りんごの甘露煮」には笑っちゃった。
ご実家のはプリザーブになるんでしょうね。
(実はコンポートとの違いがこれまたよく分かっていませんが)

そうなのよね、果物って結構いいお値段するでしょう?
だからうちでもほとんどの場合、そのまま生で食べちゃいます。
安~い苺でも手に入ったら、酸味の利いた果肉ゴロゴロの
手作り苺ジャムを作りたいんですけどね。1パック¥400もするのを買って
作っていたら、超高級ジャムになっちゃう…(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/01/23 10:32

 りんごジャムでもう一言。。。
私、今ではあまり失敗することなく炊けるようになりましたが、飴状になって、くっついたりんごが鍋から取れなくなるほどの失敗を2度やっております。(^^;
もう二度と作るまい!と思っていたのですが、気を取り直して一昨年から再挑戦!
んで、気づいたこと。
りんごは小さく切り過ぎるとだめで、六つ切りか八つ切りくらいがいい。
厚めの鍋で、弱火から中火で、落し蓋をするか少し開けた蓋をして火にかける。
時々覗いて、りんごのご機嫌伺い。
水分が足りなかったら、私はりんごジュースをジャ~。
砂糖は早く入れちゃだめ。
りんごがへなへなになって、水分が抜けてきてから入れる。
そしてレモン果汁と防腐剤代わりにホワイトリカーを少々。
私は少しつぶれていたほうが好きなので、軟らかくなってきたら木杓子でトントン果肉を潰します。
冷めると糖分が固まってくるので、少々ゆるい目で火からおろす。
…以上、私の失敗から学んだりんごジャムの注意事項です。(^^ゞ
 マーマレードは、まだ成功したことがないんよね、実は。。。

 (ちょびママさんのコメントを見ていて、私自身の失敗を思い出しました。^^)

投稿: Hiromi | 2007/01/23 14:12

このジャムはプリザーブのようでもありますね。りんごの形が残ってるし。

でも、これとっても美味しそう☆パンに塗って(乗せて)食べたいですよ。

りんごが古くなったり、余ったりすると煮ちゃいます。煮たりんごって美味しいよね~。

写真も雰囲気があって素敵です。

前のぜんざいも美味しそうに写っていましたね。私も真似て、鏡餅でぜんざいを作ったのですが、家でついた餅だったので、餅が細かく砕けて、バラバラ。それをつい火にかけ過ぎてしまったもんだから、鍋の中でドロドロの餅と餡がグチャグチャ。大福を煮て食べているようで、美味しくありませんでした。ガックリ(-_-;)

投稿: こぶめろ | 2007/01/23 17:41

◆Hiromiさん、再訪ありがとうございます ♪

飴状になって鍋にくっついたのを取るのは大変だったでしょう…(;_;)

作り方を教えてくださってありがとうございます。
Hiromiさんの作り方を拝見して、私のと違~う、というので
リンゴジャムの作り方を検索してみたところ、色々あることが分かりました。

私は6つ割りにしてさらに薄くいちょう切りのようにしますし、
砂糖をまぶしてから弱火にかけます。途中何度もご機嫌伺いするのは同じですね。
りんごの水分が出てくるので、それを煮詰めていってもうじき水分が
なくなるぞーというときにレモン汁を入れます。
今回も作り方はそれですが、使ったりんごが若くてガシガシだったせいか、
水分が少なくて…。いつもなら自然と煮崩れてくるのが
しっかり形を保ったままだったので、いくらか木杓子で潰しました。
やっぱりちゃんと熟して水分をたっぷり含んだりんごのほうが、
美味しくできるんだなぁと思いましたヨ。
水分が足りないとき、りんごジュースを入れるというのはグッドアイデアですね♪

Hiromiさんの作り方は、りんごの切り方が大きいし砂糖を入れるタイミングも
違いますね。次の機会にはHiromiさん風で作ってみようかな。


◆こぶめろさん、ありがとうございます ♪

今回私が作ったのは、形がかなりしっかり残っているので
プリザーブのほうってことになるでしょうね(^^)
美味しそうに見える? んふ、味は美味しかったですよ~
パンへの馴染み具合は今ひとつで、気を抜くと転がり落ちましたが。
果物はたいてい生で食べるのだけど、りんごだけは私も時折煮て
食べたくなります。美味しいね。

おやおや、鏡餅、文字通り「鏡割り」になっちゃったのね。
今の家はエアコンなどで空気が乾燥しているから、昔以上に
カピカピに乾くのが早いのかもしれないね。
かって実家では、カピカピになってきたお餅は水につけて少しふやかしてたよ。
大福餅をにたみたいなぜんざい、しっかり想像できました~(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/01/23 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャムかプリザーブか:

« 冬の朝 | トップページ | ペンダントトップみたい »