« 早春の色 ブルー | トップページ | 早春の公園にて -点描編- »

2007/02/26

ひだまりで

お日さまの光はやっぱり偉大ですね。
一日を通してよく日の当たるひだまりでは、春の訪れもひと足早いようです。
 
070216hananira 070216hananira1
      < 2/16撮影 あわーい薄紫色の「ハナニラ」  きれい… >
 
去年、同じ場所で満開の「ハナニラ」を見つけたのは3/18のことでした。
(記事にしたのは3/25 去年のハナニラもよろしかったらご覧ください)
 
 
070216hotokenoza_gunsei 070216hotokenoza
< 2/16撮影 「ホトケノザ」の群生とアップ(アップの手前はカラスノエンドウの葉) >
 
家のすぐ近くでは、まだチラホラとしか咲いていないのに、この場所ではたくさん
咲いていました。ホトケノザの花をみると、どうしてもパペットに見えてしまう私。
これだけたくさん咲いていると、にぎやかなお喋りまで聞こえるような気がしました。
 

|

« 早春の色 ブルー | トップページ | 早春の公園にて -点描編- »

コメント

ポージィさん こんにちは♪

日差しは春そのものなのに、昨日今日と風が冷たいです
忘れてしまった冬のキーンと引き締まった風です

でも、あちらこちらに春の足跡があるのですね
季節が前倒しになってきているような不安も感じますが
春はとにかく嬉しい(花粉症よ、去れ!)ですね

投稿: glenn | 2007/02/26 12:18

ほんとうににぎやかなパペットたちのよう.ホトケノザに似たのに,踊り子草というのがありますね.小さな踊り子の人形が春の日を浴びながらダンスしているような.

今日はちょっときれいにまとめてみました.

投稿: LiLA管理人 | 2007/02/26 12:34

◆glennさん、ありがとうございます ♪

この週末から冬が戻ってきましたね。ほんと風が冷たいです~
寒さに首をすくめ体をこわばらせて歩くのは久し振り。体が凝ります(^^;)

今年は記録的な暖冬ですが、去年は久し振りの寒い冬だ、と言われた
んですよね。寒くて春を待ちわびる気持ちがとても強かっただけに、
去年は、こうした道端の春の草花を見つけたときの喜びはひとしおだった
覚えがあります。その草花たちに早々に除草剤が撒かれたときには
ものすごく悲しくなったり…(^^;)
今年は去年のような激しい喜びは感じませんが、でも、もちろん嬉しくて
ワクワクしています(^^) 花粉症だけは~あれには「去れ」ですね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

パペットパペット と言われるとそう見えてしまいますよね(^^)
オドリコソウは… 残念ながら一度も実際に見たことがないんですよ。
他の方のブログ等で写真は拝見しましたが。
実物を間近で見て、本当に踊っているように見えるものか確かめたいのに。
ヒメオドリコソウはよく見かけますが、あんまり踊っているようには見えない…
私の想像力不足ですね、きっと。

なーんて、せっかくきれいに纏めてくださったのに~~ゴメンナサ~イ。

投稿: ポージィ | 2007/02/26 14:31

冬が去り、春が来た。
小鳥達は木々の中でさえずり、
花は咲き乱れる。
Winter was over.
spring has come .
The birds singing in the trees .
The flower is blooms.
こんなポエムが頭に浮かぶ。

この頃、ずいぶん日が長くなりました。もうハナニラが咲いているのですか。早いですね。薄紫にちょっと濃い筋がある。可愛らしい花です。

ホトケノザにヒメオドリコソウ、陽だまりに見かけます。
雪割り草もひだまりで咲き始めました。

おう春よ春、待ちわびた春。
私は君を待ち続けたのだ。
やっと回り逢えた春。
君は私に何を贈るのか。
それは風、甘い香り。
あなたを満たすすべてを贈る。

投稿: 夢閑人 | 2007/02/26 18:08

出たぁ。パペットマペット。
(最近、テレビで見ないけど、東京方面ではよく出てるのかな?)
これだけのパペットマペットが居たら、両手では無理!
それこそ千手観音様にお出まし願わなければ(笑)
うんうん、私も去年このホトケノザを見ておしゃべりしまくっている姿に見えましたよん。耳を近づけたけど、声は聞こえなかった。多分花語でしゃべっているのだぁ。かもね。

去年のハナニラ、もう一度見に行きました。
そうそう、この紫のグラデーションに、何と美しいのだろうと思ったのでした。
そんで、ニラともネギとも関係ないことも(笑)
今年は1ヶ月も早いのね。
淀川べりで去年ホトケノザを見たところを何度も通りましたが、全く花の陰は無し。
やはり、淀川べりは川風で気温が低いようですね。
オオイヌノフグリはどれだけ増えたか、他の春の花は咲いているのか。
気になりますが、なかなか行けない今日この頃(^_^;

投稿: あまもり | 2007/02/26 18:10

1ヶ月以上も早いのですね。
桜が東京では12日開花だそうですから、以前の勤務先は20日が卒業式なので桜を見ながらとなって変です。

ホトケノザも今年は大群生ですね。植わってない畑一面がホトケノザでした。
耕運機で耕されてしまったのですが、肥料になるのでしょうか。
葉をみないと蘭のようですね。

投稿: tona | 2007/02/26 19:23

そうそう。日当たりの良い場所は張るの訪れが特に早いですね。
最近ハナニラを何ヶ所かで見ましたが、色が少しずつ違いました。それをデジカメで撮ると肉眼とちがった色になるので弱りました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/02/26 19:58

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

わぉ 前半は英訳付きの詩ですね!

夢閑人さんの詩は私の乙女チックな詩もどきと違って、
男性的などっしりとした印象を受けます。
バリトンでろうろうと歌い上げていただきたいような詩です(^^)

ほんとうに、この頃では随分日が長くなりましたね。
まさに今日の夕方、私も実感していました。
17:30過ぎから外出したのですが、まだ明るかったですから。

ハナニラは去年より随分早く咲き始めていてちょっと驚きました。
形も色もすっきりとした綺麗な花ですね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

エヘヘ(^^;)また出しちゃいました、パペット。
パペットマペットは、はて?そういえばとんと見かけなくなりましたね。
あの牛さんとカエルさんは故郷の牧場に帰ったのかもしれませんね。(?)
こんだけたくさんいては、あまもりさんの仰るように千手観音様にお出まし願うか、
パペット劇団で群像劇を演出しなきゃいけませんね。
う~ん、お喋りは、なにやらトゥルルントゥルルン軽やかなベルのような
微かな音が幾重にも重なっているような感じに聞こえました。
きっとあれが花語なんですね。(ゴメンナサイ、私は嘘つきです;)

去年のハナニラも見に行ってきてくださってありがとうございます(^^)
今年は随分咲くのが早くてびっくりしてしまいました。
もっとも、ハナニラの方も土日の寒さにびっくりしたでしょうけれど。
大阪も週末は寒かったですか?淀川ベりの草花達もびっくりして、
ちょっと足踏みかもしれませんね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

他の花も早め早めではありますが、ハナニラの早さにはちょっとびっくりでした。
東京のサクラの開花予想、19日かと思っていましたがまた早まったんですか!?
ヒェ~~ 桜といえばかっては入学式の風物詩でしたのに、関東ではもはや
卒業式の風物詩と変わりつつあるとは。なんだか変ですね。

ホトケノザの花、ほんとだ~ 花だけを見ると蘭のようにも見えます(^^)
鮮やかなピンクと面白い形ですものね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

お日さまの温もりの力は偉大ですね。おーちゃんがご紹介くださっていた
お義父さまの俳句を思い出します(^^)

ハナニラの色は薄いのから濃いのまで色々あるようですね。
私も今日よそのお宅の花壇に2輪、藤色のようなのを見かけました。
また上の写真の同じ場所ではほとんど真っ白なものも。
こうした微妙な色変化をカメラで見たままに再現するのは難しいですよね。
日が当たっている、いない、でも色合いが違ってきてしまいますし。
おーちゃんのお悩みはよく分かります。
そうそう、去年同じ場所では、今年のこの↑薄い紫よりもほーんの僅かばかり
青みが強かったような記憶があるのです。咲く年による、微妙な色変化も
あるものかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2007/02/26 22:31

ほんとだ、ハナニラだ~~(笑)。
ポージィさんは、薄紫のに出会ったのですね。
咲き始めでだからでしょうかね、私が出会ったものも、茎の短いものでした。
最盛期になると、もう少し長くなりますよね。

ホトケノザ、なかなか群生しているところに出会えないんですよ。
見てみたいのですがね。
私の行動範囲では、ヒメオドリコソウのほうが、多いような気がします。

投稿: goro's | 2007/02/27 01:42

こちら、ハナニラはまだですぅ~
早いですよね。
ホトケノザはもう冬場も花をつけたまま大群生でしたよ。
今年は暖冬だったからペンペングサもノボロギクも澄まして冬越ししました。
あの群生してるホトケノザが全部喋ったらウルサイでしょうね(笑)

投稿: ちょびママ | 2007/02/27 02:00

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ねっ ハナニラ~(^^)
本来ならもう少し花茎が長いのに、ちょっと短かったですね。
咲きながらなおも伸びて、すらり美人になるかもしれませんが。

私もホトケノザの群生は初めてかもしれません。でも細くて弱々しい群生でした。
去年まで群生といったらヒメオドリコソウのほうでしたから。
悟郎さんもなんですね。
ところが、ことしはヒメオドリコソウの元気なのがあまり見られないんです。
去年の早春にびっしり葉っぱを出していたところでさえ。
どうしてだろうと首を傾げています。
ひょっとして、春と秋に撒かれた除草剤で根までやられちゃったのかなぁ…
それとも去年の秋に蔓延っていたウドンコ病が関係しているのかなぁ…(;_;)


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

こういうことがあるから不思議なんですよね~
いえね、ハナニラの開花のこと。ちょびママさんのお散歩写真を拝見する限りでは
松山の方が春が進んでいるのに、こちらの方が開花が早いものもある。
体内の温度センサーの設定が違うのか、桜のようにある一定の寒さを経ないと
動き出さないのか…、面白いですね。
ひょっとしたらソメイヨシノも開花順序が逆転するかも!

ホトケノザは冬場も花をつけたまま大群生!?すごい。さすがにそれはなかったです。
この↑群生も、葉も茎も花もどこかいじけたような姿でした(^^;)
それでも群生のホトケノザの一斉お喋りはさぞかし賑やかでしょうね~。
寮監の先生がすっ飛んできそう。(??)

投稿: ポージィ | 2007/02/27 09:46

春の訪れですね。素敵な花の写真だったので、私のパソコンに保存させていただきました。機会があったら、また、ポージィさんのお花で、フォトムービーを作ってみたくなりました。いいですか?

投稿: 茂彦 | 2007/02/27 11:09

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

暖冬の今シーズンといえども、やはり月日が進むにつれて
植物達の勢いも増してきたのが感じられます(^^)
また私の写真でフォトムービーを作ってくださるのですか?嬉しいです。
気に入られたのがありましたら、ご自由にお使いください。
作られましたら教えてくださいね。

投稿: ポージィ | 2007/02/27 17:09

このところ寒さがぶり返して来ましたけど、もうハナニラまで咲き始めたんですね。
自分がこの間見つけたと思ったのは、「ホトケノザ」だったのか「ヒメオドリコソウ」だったのか。
また確信が持てなくなってしまいました。
今度よく見てみようと思います。(笑)

投稿: nanbu | 2007/02/28 10:01

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

このところ寒かったですね。特に日曜の風の冷たさには、
久し振りに体中がコチコチに固まってました。
今週末はまた暖かくなるとか。寒暖の差が大きくなってきて、
季節の変わり目なんですね。

nanbuさんもピンクの小さな花を見つけられたのですね。
ホトケノザとヒメオドリコソウは葉っぱを見ると区別が付きやすいです。
ホトケノザは1枚が茎をぐるりと囲んでいて、真上から見ると蓮華座のよう。
ヒメオドリコソウは茎全周を囲んでいるようなことはなく、葉の先端が
ちょこっととがっています。葉が紫味を帯びていることも多いです。
さて、nanbuさんが見つけられたのはどちらだったのでしょう(^^)

投稿: ポージィ | 2007/02/28 10:13

 陽射しが暖かそうですねぇ。。。
花たちも、どこか微笑んでいるように見えます。(^^)
ハナニラ、去年、ポージィさんチで見せて頂いて、覚えたお花の一つです。
私は今年はまだ見ていないのですが、去年見かけた場所は覚えているので、通った時には探してみましょう。(^^)b

投稿: Hiromi | 2007/03/02 08:47

◆Hiromiさん、ありがとうございます ♪

この日は、公園のときとは打って変わって、暖かく柔らかな陽射しが
気持ちのいい日でした(^^)
そうですよねー。暖かな陽射しを浴びていると、やっぱり花たちも嬉しそう♪
ハナニラ、このブログで知ってくださったんでしたっけ。嬉しいなぁ。
そちらでも咲き始めているといいですね。

投稿: ポージィ | 2007/03/02 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/13983003

この記事へのトラックバック一覧です: ひだまりで:

« 早春の色 ブルー | トップページ | 早春の公園にて -点描編- »