« 青空に月夜を見る | トップページ | 早春の色 白と黄 »

2007/02/22

桃とシジュウカラ

先日の梅のメジロに続いて、今度はわが家のハナモモにとまったシジュウカラも
撮る事ができました。私の場合、小鳥を撮れるのはとっても珍しいこと。
ちょっとボケていますが嬉々としてアップすることにいたします~。
窓からこっそり覗き見ての撮影です。
わが家のハナモモは、開花まではまだまだ間がありそうです。 
 
070209sizyukara2
 それにしても
 野生の小鳥というのは、 
 まぁーじっとしていることの
 ほとんどない生き物ですね。
 ただ動き続けるだけでなく
 すごいスピードで
 動き続けています。
 疲れないかしら…
 
 
 
 
070209sizyukara1 070209sizyukara3

「シジュウカラ」:スズメ目・シジュウカラ科 体長14~5cmほど

(撮影は2/9、記事を書いたのが2/13。その頃は毎日目にしていたシジュウカラ
 ですが、このところ見かけなくなりました。餌場を変えたのかもしれませんね。
 ハナモモの芽は、あれからほんの微かに膨らんだようです。花はまだ先ですね。)

|

« 青空に月夜を見る | トップページ | 早春の色 白と黄 »

コメント

おおーー。
よく撮影できましたね!
私もお正月にメジロが柿を食べているところに出くわし、シャッターチャンスと思ったものの、すぐどこかへ行かれてしまいました。
かわいらしいですね、小鳥は。
首の後ろに黄色い羽があるのですね。

投稿: koko | 2007/02/22 12:20

野鳥の撮影ってタイミングが難しいですよね.すぐに飛び去ってしまうし.木に餌になるものを刺しておくと,もっと来るかもしれませんよ.

ところでこの鳥,巣を作っても殆どそこにいないという習性があるそうです.「始終空」……なんちって.
お後がよろしいようで....

投稿: LiLA管理人 | 2007/02/22 13:59

頬におしろい塗って、ネクタイつけて可愛い野鳥。
野鳥って一時もじっとしてないのに、ナイスシャッターチャンス。
うちにも以前はメジロもシジュウガラもよく来てましたけど、今は下をウロウロしている番人?がいるので来なくなりました。
一度だけ、シジュウガラを撮りました。

投稿: 夢閑人 | 2007/02/22 15:23

プロだって鳥にくい(?)というこのシジュウカラをよくぞこれだけ撮れたものです。拍手拍手。
それに背中の黄色もばっちり入ってるし。可愛い。
あのね、私ね、このシジュウカラが、縁日などでおみくじを運んでくる小鳥だと思ってました。(ポージィさんは知らないかな、おみくじ鳥)
違ったんですね。あれはヤマガラだと笑われた。
でもね、子供の頃、夜店で見たおみくじ鳥の名を親に尋ねたら「シジュウカラ」と言ったんですよ。それからずーっとシジュウカラはおみくじ鳥だと思い込んでしまったのだ。
ははは・・・LiLA管理人にざぶとん5枚!

投稿: あまもり | 2007/02/22 15:25

ポージィさん、メジロと同じく一時もじっとしてないジジュウカラをよくはっきりと撮られましたね。
首のところ黄色までとは凄いと思います。
鳴き方がツーツーピィーで金属音的なのが好きです。

あまもりさんも愉快な方ですね。
男の方かと思っていたら今ちょっと覗かせていただいたら女性だったのですね。

投稿: tona | 2007/02/22 17:59

シジュウカラ、よく動くのが撮れましたね。
下の2枚の写真を見ると、足のところに何か小さな実のようなものを押さえていて、つついて食べているのでしょうか。
我が家にもときどき来るので、ピーナッツリースを作ってみましたが気づいていないようです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/02/22 18:44

 へー、シジュウカラってこんな色をしているんですか。しかもスズメの仲間だったなんて知りませんでした。いま辞書を見たら「シジュウカラ【四十雀】」とありました。
 おお、スズメの字が入っていたんですね。

 本家スズメは迷彩ルックなのに、シジュウカラさんネクタイをして正装なんですね(笑)。なんともふしぎ。
 お写真、とってもよく撮れてますよ。

投稿: ろぷ | 2007/02/22 18:45

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

ねー、あ小鳥が!と思ってもすぐどこかへ行っちゃいますよね。
ほんとにはしこいんだから(^^;)
それだけに、撮れたらたまらなく嬉しくなります。

小鳥達のつぶらな瞳、柔らかそうな胸元の羽毛、ちっちゃな嘴などなど
と~っても可愛らしいですね。
シジュウカラの黄色の羽毛は私も初めて目撃しました。


◆LiLA管理人さんさん、ありがとうございます ♪

そうそう、LiLA管理人さんのお宅にはハチドリのための餌場が
吊るしてあるんでしたね。
うちの木にも果物でもつけておけば…ヒヨドリがいっぱい来そうです(^^;)

あ~!久し振りにLiLA管理人さんのお笑いが炸裂しましたね。
思い切りウケて爆笑でした。うまい!
座布団何枚差し上げましょう、と思っていたらあまもりさんが5枚!と
おっしゃってます。よって座布団5枚進呈!!


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

ほっぺの白丸と胸元の黒いネクタイ、特徴的ですね。
今回写真に撮れたからこそ、細かいところが色々分かりました(^^)
それまでは白・黒・グレーの3色のようにしか見えなかったのが、
黄色の羽毛までよく見えてラッキーでした。
夢閑人さんもお撮りになったことがあるのですね。
うふふ リキちゃんに恐れをなして小鳥達の足が遠のきましたか。
リキちゃんはきっと小鳥になど見向きもしないでしょうに。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ほぉんと鳥にくいですね!ウケケケ(^^)あまもりさんにも拍手です~♪
背中の黄色も撮れたのは嬉しかったです。でも、下の2枚は本当はぶれて
いるんですよ。このサイズにしたのでよく撮れている様に見えますが(^^;)

おみくじ鳥ですか。はるか昔TVで見たことがあるようなないような…
記憶がひどくおぼろです。間近で見たことは一度もないんですよ。
本物の小鳥を訓練しておみくじを取ってこさせるんですか?すご~い!
そんなわけで鳥の種類もあまもりさんのコメント拝見して初めて知りました。
でね、私はヤマガラが分からなかったので、ネットで見てきました。
なかなか素適な綺麗な小鳥さんですね。シジュウカラ科となっていました。
あまもりさんの親ごさんが間違えられたのも無理なかったのかもですね。

LiLA管理人さんの「始終空」には笑えましたね~ 座布団5枚進呈しました。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

今回も偶然に助けられましたね。黄色の羽毛が撮れたのもラッキーでした(^^)
実は下の2枚はぶれているのですけれどね。サイズを小さくしているので
いいように見えています。

私の聴力だと鳥の鳴き声は鳩とカラスくらいしか聞こえないのですが、
シジュウカラは金属的なんですか。澄んでよく通るきれいな声なんでしょうね。
ツーツーピィー ですか…想像中…(*^^*)

あまもりさん、楽しい方でしょう?バリバリお仕事していらっしゃる女性です。
あまもりさんとLiLA管理人さんを、密かにお笑い2天王と考えている私です。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

滞在時間がちょっと長めだったのがラッキーでした。
実はピントがちゃんと合っているのは上の1枚だけなのですけれど。

おーちゃんよくお気づきになりましたね。
そうなんです、しきりに足元の丸っこいのをつついていました。
飛び去った後、枝を見ても何もありませんでしたから、何かを運んできて
あそこでつついていたんでしょうね。

おーちゃんのお宅では、せっかくご馳走を用意してあげたのに気付いて
くれませんか。殻付きではダメなのかしら。
カラスはよく収穫後のピーナツ畑でついばんでいますけれど…


◆ろぷさん、ありがとうございます ♪

私も調べたときにヘ~ッて思いました。スズメ目・シジュウカラ科ですね。
確かに大きさはちょうどスズメくらい。衣装を変えたらスズメで通りそうです。
(実はかぶりものだったりして;)
「四十雀」の漢字が当てられている由来は諸説あるようですけれど、
本当のところは何なんでしょうね。

そうですね、スズメは目立たないのに、こちらさんはよく目立ちます。
スズメは人家の近くに棲むそうですから、その辺に秘密があるのかも。
自然界が作り出すいろんな模様や色はとっても不思議&楽しいですね。

投稿: ポージィ | 2007/02/22 19:33

メジロは、ときたま目にすることがあるんですけど。
シジュウカラは、めったにお目にかかれません。
それを写真に撮れるなんてスゴイと思いました。
ちっともボケてるようには見えませんよ〜。
(私のだったら、これはピントバッチリの部類に入りますね)(笑)

投稿: nanbu | 2007/02/22 19:39

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

一時、メジロもシジュウカラも毎日のように見ていたのですが、
このところはヒヨドリだけになってしまっています。寂しい~
nanbuさんのご近所ではメジロの方が多いんですね。

窓から見えるところにいたからこそ、撮れたんですよ。
この時は滞在時間がちょっと長めでしたし、ほんとラッキーでした(^^)
上の1枚はピントばっちりなんですが、下の2枚は実はブレてるんです。
この大きさにしたのであんまり目立っていませんがー(^^;ゞ

投稿: ポージィ | 2007/02/22 19:47

鳥の見分け、何種類くらいできるんだろうって、そう思っちゃいました。
ハト、カラス、スズメ、インコ、メジロ、ブンチョウ・・・
オナガになると、もう自信がありません。
シジュウカラも名前は昔から知ってますが、へぇー、こんな鳥だったんだって、見させていただきました。
ほんとに不案内なジャンルです(鳥だけじゃありませんが)。
この冬は野鳥の姿を見ることが例年以上にあったのですが、全て「ヤチョウ」で片付けてます。

投稿: goro's | 2007/02/23 03:54

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

鳥の見分け~~ 私も悟郎さんと似たり寄ったりです。
ハトも種類はよくわかんないですし。
悟郎さんの挙げられたリストに加えるなら、コゲラ、ヒヨドリ、ムクドリ、
ツグミ、オナガ、ツバメ、トビ、シジュウカラ、くらいかなぁ。
愛玩用も加えるなら 十姉妹、セキセイインコ、カナリア、九官鳥
そんなところかもしれません。これらは悟郎さんもご存知でしょう(^^)
シジュウからは時折り身近で見かけるようになってから名前を知りました。
はっきりした模様なので見分けが付きやすいと思います。
今後は公園などでシジュウカラを見かけられたら、「野鳥」グループから
抜け出して名前を貰えそうですね。

投稿: ポージィ | 2007/02/23 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/13892413

この記事へのトラックバック一覧です: 桃とシジュウカラ:

« 青空に月夜を見る | トップページ | 早春の色 白と黄 »