« クック受難 | トップページ | 路傍のボケ »

2007/03/13

ヒメオドリコソウのしべ

以前、「池田姫のきままLife」の池田姫さんが「ホトケノザの雄しべが見たい」という
記事をアップされていたのに刺激されて、ヒメオドリコソウの雄しべを見てきました(^^)
 
070301himeordorikosou2_1
 
 まずは「ヒメオドリコソウ」の
 全体的な姿を…
 
 
 ホトケノザとよく似た
 花の形をしています。
 
 
 
 
 
 
070301himeodorikosou3_1それでは花の中を拝見。
ごめんね、仰向いてね。
 
何とかしべの部分が撮れました。
オレンジ色の葯(花粉)の色が
見えます。雄しべに並んで
雌しべもあるはずですが、
オリジナルサイズの写真でも
そこまでは見えませんでした。
拡大鏡が必要ね。
 
 
 
小さくてよく見えないので意味ありませんが、左の花にピントが合っています。↑
(パソコンのモニタ画面いっぱいの大きさで見てもよく見えなかったんです ^^;)
 

|

« クック受難 | トップページ | 路傍のボケ »

コメント

ヒメオドリコソウはまだ実際に見たことないけど、大きさはホトケノザの花と変わらない?
だとしたら、まぁ、写真に苦労のあとが・・・
恥ずかしげに俯いている姫を茎のほうから無理矢理に仰向けにしたというわけね。
やめて~とさけんでるような(^_^;
開けた口の上のほうにあるオレンジ色の葯をつけているのが雄しべですか。
雌しべが見えない・・・喉の奥のほうに隠れているのかなぁ。
ホトケノザもヒメオドリコソウも陽気な笑い顔の割には遠慮深い性格と見ゆる。

投稿: あまもり | 2007/03/13 12:37

つつましく咲いている花なのに,無理矢理中の写真を撮るなんて,かわいそう.姫踊り子さんは,今頃きっとお家で泣いていますよ.もうお嫁に行けないって....
あ,雄しべなら「もうお婿に行けない」か?

投稿: LiLA管理人 | 2007/03/13 13:31

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

ヒメオドリコソウとの出会い、まだでしたか… 花の大きさはホトケノザと
どっこいどっこいか、小さめなくらいです。
あ…そうなんです。姫を無理やり仰向かせました。グイッ!と。
やめて~という叫び声が聞こえますか。
はぁ、映画に出てくる悪漢の手下で、筋肉モリモリ禿頭で仏頂面、血も涙もない
憎まれ役になった気分です。可哀相なことしちゃいました。

花の中にもぐりこんできた虫の背に花粉をつけ、また別の花にもぐりこんだときに
そちらのメシベに背中の花粉をくっつけて受粉という仕組みになって
いるのではないかと思います。
さて、そうなると蜜はどこに溜めているのでしょう。やはりメシベのところ?
普段、植物の構造には無関心なのですが、今回は珍しく興味津々になって
覗き込んでしまいました。結果、見えなくて分からなかったのですから、
無理やり仰向かされた姫は立つ瀬がありませんね(;_;)


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

あ…LiLA管理人さんにも非難されちゃった。慎ましやかなお姫様の
スカートを公衆の面前で剥ぎ取った下衆野郎になった気分です。
どうしましょう、彼女がお嫁にいけなくなっちゃったら…
いやいや、もしかしたらもうお婿さんが来た後だったかもしれませんよ。
お婿にも行った後だったかも。だって、ほら、花粉がこすれたような跡が。
ふぅ…今度はだんだんキワドイ話をしている気分になってきました(~_~;)

投稿: ポージィ | 2007/03/13 15:05

いよいよヒメオドリコソウの登場ですね♪
青味がかった葉の先端に赤味が差してキレイですね。
あれからよく見てみたら、ウチの方では多数派のヒメ〜に対して、ちょぼちょぼホトケノザがあるって感じでした。

ところで「昆虫の背に花粉をつける」で、キンギョソウとか、コリセウムアイビーとかの花の構造を思い出しました。
花の両横を押すとアングリと口を開けるんですが、開けた時の感じに似てますね。
(体験者談)(^o^)

投稿: nanbu | 2007/03/13 15:20

面白そうなことに挑戦ですね。
こんどホトケノザもヒメオドリコソウも覗かせてもらいましょう。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/03/13 16:35

眼鏡をかけてルーペで見ましたが、この写真ほどは見えませんでした。
よくこんなに撮れたとただただ感心しました。
ついでにホトケノザを開いてみたら同じような色でした。
こんなに見えなくなるのならもっと若いうちに見ておけば良かった。
何て思ってもその頃は知らなかったのだから仕方ないですね。
お蔭さまで見られてありがとうございました。

投稿: tona | 2007/03/13 16:51

ポージィさん、リンクまでしていただきありがとうございます。
ヒメオドリコソウは・・・まだ見ていませんでした。汗;
こちらの方が小さくて大変そうですよ。
なのにきれいに写っています、見えます!
花さえも知らない人が多い中で、こういう花のシベに興味が
湧いてもいいですよね?少しくらい無理な体勢をさせてしまっても、
そこは強い植物だからそれほど感じてはいないんじゃないかしら^^
私もホトケノザで思いましたが、オシベということはメシベはどこ?
もう限界かしら?(笑)


投稿: 池田姫 | 2007/03/13 21:27

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ホトケノザは小さな姿でしたが、ヒメオドリコソウは思い切り近寄って
みました。
寄り過ぎてちょっとはしたなかったかも…(^^;)
それはともかくヒメオドリコソウの色合いの変化はきれいですね。
nanbuさんのご近所でもヒメオドリコソウのほうが優勢でしたか。
あぁ!うんうん、そうですね。キンギョソウなどの花の作りとも似ていますね。
うっふっふ 口の横を押さえて じゃなかった花の両脇を押さえるとアングリ
nanbuさんは試してごらんになったのですね。
(思わず自分の口の両脇を押さえてみたポージィでっす)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

花の構造などにはあんまり関心を持たないほうなのですが
(うっかり踏み込むと難しくて深くて大変なことになりそうで…)、
他のブロガーさんに刺激されてのにわか関心です(^^;)
ホトケノザとヒメオドリコソウ、よく似た構造でしたから
おーちゃんもそっと覗かせてもらってみてください。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

実物のをご覧になってみてくださったのですね。
さすがは行動の方tonaさんです。ホトケノザの花粉も同じような色ですね。
検索していましたら、花をナイフで縦割りなどにして構造を調べて
載せている方のページがヒットしましたが、そこで拝見しても
メシベの様子がよく分かりませんでした。
花の中には特定の虫や鳥だけを誘い寄せて受粉する構造のものもあるようで、
本当は、色々と調べると面白いのでしょうね。

目は私も早くも怪しくなりつつあるのを感じるこの頃です。
今のうちに小さなものを色々見ておかなくては~


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

お呼びたてしましてすみませんでした(^^;)
ホトケノザは見るだけで良しとして、ヒメオドリコソウはしばらく道端に
しゃがみこんで粘りました。その間、顔見知りの新聞配達の方が後ろを
走っていきましたが、何と思ったことやら…

ときには花の構造に興味が湧くこともありますね(^^)
TVで特定の鳥や虫だけを対象にして受粉システムを確立させてきた花を
見たこともありますが、とても不思議で面白かったです。
でも、ホトケノザもヒメオドリコソウもメシベの存在は確認できませんでした。
この中に確かにいるようなんですけれど… やっぱり限界ですね。
ナイフで花を切って構造を紹介している写真をネットで見たのですが、
それでもやっぱりよく分かりませんでした~

投稿: ポージィ | 2007/03/13 21:55

覗くの大好きで、執拗に覗いてますが、ヒメオドリコソウを覗くという発想はありませんでした。
こんな風に見えるんだなって、確認させていただきました。
撮影は難しいそうですが(デジカメに限界あり)、今度会ったら、是非覗いてみます。

投稿: goro's | 2007/03/14 02:11

ひえー、非難だなんて、冗談だったんですよー。ごめんなさい。

投稿: LiLA管理人 | 2007/03/14 03:37

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

俯いて咲いている花を見るとついつい覗き込みたくなる、はい、同じです。
でも、ヒメさまや仏さまを、そのままの姿で覗くのは難しいかも。
悟郎さんが上向きで寝転がらないと…(^^;)
オシベの存在だけでも確認できるとちょっと嬉しい気持ちではありますが~


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

あ~~ 冗談をおっしゃってるってのは分かっていたんですけど…
私の使った「非難」て言葉はきつかったですね。反省。
こちらこそご心配おかけしてしまって、ごめんなさーい。<(_ _)>

投稿: ポージィ | 2007/03/14 09:40

ヒメオドリコソウは、小さ過ぎて肉眼は勿論、接写にも限界があります(コンパクトデジカメじゃ)。

それにしても、ポージィの周りでは今年はどうですか?

我が家周辺は去年のヒメオドリコソウが咲いた場所で、ホトケノザがのしています。

投稿: noodles3 | 2007/03/14 17:53

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

今日散歩しながら改めてヒメオドリコソウの花を眺めていたのですが、
確かに小さいですね!ちょこんと顔を出しているのみです。
私のは最短距離4cmのスーパーマクロ撮りですが、やっぱり限界が…

おや、noodles3さんのご近所では勢力交代が見られたのですね。
うちの近所では特にそういうことはないみたいです。
ただ、去年の春、やっと大分咲いてきたな~というところへ除草剤が
撒かれた場所は、どちらも激減しています(; ;)

投稿: ポージィ | 2007/03/14 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14157256

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメオドリコソウのしべ:

« クック受難 | トップページ | 路傍のボケ »