« 散歩中に出会ったニャンコ 2007年早春  | トップページ | 初 拝謁  »

2007/03/17

菜の花で遊ぶ

蕾だけを10センチほど摘みとったものではなく、茎を長くして摘んだ「菜の花」を
スーパーで買ってきました。10本ほどの中から3本抜き取って切り戻し、水の中へ。
前に食べずに花を楽しんだ方のお話を拝見して、買うときからたくらんでいたのですよ。
 
みるみる ぐんぐん 茎が伸びて、あっという間に可愛い黄色の花を咲かせました。
 
070312nanohana_up1 070312nanohana_up3

ほら、こんな風。初々しいでしょう。
咲いたばかりの菜の花と、こんな至近距離で見つめ合ったのは初めてかも。
 
ジーッと見ていたら、オシベが二股に分かれているのと1本のものとがあるのを発見。
おもしろいなぁ。ナノハナのオシベはみんなこんななのかしら?
 
花びらが萎んで散る頃、真ん中のメシベが長くなっていました。
それがもっと伸びて太くなって、やがて種の入った莢になるのですね。
 
(やはり採取から長いこと経っていたせいでしょう、蕾が次々に咲くというわけには
 いきませんでした。切花長持ち剤を入れてやれば咲いたかもしれませんけれど。) 

|

« 散歩中に出会ったニャンコ 2007年早春  | トップページ | 初 拝謁  »

コメント

うわぁ〜!綺麗ですね。
花びらも葉も光に透けて。
まさに絵に描いたような「初々しい」のイメージですね。
(そして美味しそうと思ってしまいました)(^^;)
ポージィさんのライティングのセンスに拍手です。
外で見る時には、咲きたてをここまでマジマジと見られないし
これも部屋の中で咲かせてあげたからこそですね。
ところで、残りの7本の蕾はおひたしになったんでしょうか?(笑)

投稿: nanbu | 2007/03/17 11:32

ほう雄しべが二股に分かれるものと分かれないものがある。
これは多いに興味を持ちました。
でね、先日大阪城公園の入り口に植えられていた菜の花のマクロ写真をまじまじ見てみました。(ちょっとピンボケだったので記事には入れませんでした)
はいはい、確かに先端が2つに分かれているのと分かれてないのが写っています。
一つの花に一本だけが分かれているのかと思ったらそうでもないような。(写した位置が悪いので、分かれているのか、分かれていない二本の雄しべなのかが判断しづらい)
やはり、ポージィさんはお花研究家でいらっしゃる。ただ愛でるだけでないところが好き。
こういことがわかって写真を撮るのとそうでないのとではアングルに差が出ますね。

緑と黄色のコントラストが美しい。窓の光も適当に入れてさっすが~。
花の観察の次は種ですね。観察後は菜種油を作りましょう。
小皿に流し込んでローソクの芯を差して昔の人の灯りを楽しみましょう。
(3本の菜の花からどれだけの油が取れるのか知らんけど(笑))
私もnanbuさん同様に残りの7本が気になる気になる。
もうどうなったかはほぼ分かっているけどね(^^

投稿: あまもり | 2007/03/17 13:39

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

綺麗と言っていただけて嬉しいです~(^^)
うまい具合に光が入り込んでくれて透明感が出ました。でもね、実は
ただ単に窓辺の少し日が当たっているところに置いただけなんですよ。
やっぱり葉も花も初々しかったからこそこんなふうに写ってくれたんだと思います。

美味しそうに見えますか?食材として売られていたものですからねー。
残りの7本はおひたしになってお腹の中へと消えました~。nanbuさん大当たり!


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんが撮られた菜の花のオシベも、やっぱり1本のと二股に
分かれているのとがセットになっていました?わぁい♪(^^)
菜の花のオシベってそういう特徴があるのかもしれませんねぇ。
上の写真に写っている花はよぉーく見ると全部がそうなっています。

あのね、せっかく褒めていただいたのになんですが…、
このオシベの様子に気付いたのは、実は写真を撮ってパソコンに取り込んだ後
だったのです(^^;ゞ 
パソコンのモニタいっぱいにバ~ンと大写しされると拡大鏡で見る以上に
大きく見えて、それで気がついたのです~。 写真を撮るときのアングルは、
光がうまい具合に入り込んで綺麗に見えるような位置を探すことに専念してました。

花が次々に咲いてくれるかと思いきや、栄養不足で力尽きたようで
残りの蕾は咲かずにしおしおしお… 残念ながら菜種油を採るところまで
とてもいきませんでした。(採れてたとしても3滴ぐらいでしょうね~^^)
残り7本ですか?もっちろん食べましたですよ。調理法はおひたしでした♪

投稿: ポージィ | 2007/03/17 17:21

なるほど家で咲かせると、咲いたばかりの姿が見られますね。今まで見たことが無いように思います。
オシベのことも知りませんでした。近所でチェックしてみたいです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/03/17 18:46

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

だんだん黄色い色が見えてきて、それが丸く膨らんで…という過程を
見ることができました。しかもそれがみるみるですから楽しかったですよ。
オシベのこと、なかなかそんなに間近で菜の花を見る機会がありませんので、
おーちゃんにもぜひチェックしていただきたいです。
みんなそうだったら面白いですよね(^^)

投稿: ポージィ | 2007/03/17 19:51

柔らかい色合いの写真になりましたね。
春~~って感じです。

オシベのこと、ヘェーですね。
ほんとですね、二股になってるものがありますね。
それもたくさん。
機会があったら見てみます。

投稿: goro's | 2007/03/18 01:46

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

菜の花がちょっとばかりお洒落な花に見えたでしょうか~(^^)
悟郎さんの仰るように、お洒落というより、柔らかい光の加減で
春~~って感じですね♪

オシベのこと、大きな写真を眺めていて気付いたんです。
ひとつの花に4本のオシベがあって、二股になっているのとなっていないのが
2本ずつで、それぞれ向かい合わせに配置されていました。
オシベの先端の葯は6つ。この時咲いていた花の全てがそうなっていましたから、
これは法則性を感じますよね。
機会がありましたら悟郎さんもご覧になってみてください。

投稿: ポージィ | 2007/03/18 14:50

菜の花は群生しているのを遠景でボーッと眺めるのが好きです。でも、近くで詳しく観察すると、また別の発見があるのですね。ポージィさんのブログで花を観察する楽しみを教えていただきました。

投稿: 茂彦 | 2007/03/21 09:24

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

私も、広い場所一面に咲く菜の花をボーっと眺めるのが憧れです。
でも、近くにそういう場所はなく…
今回は食材として買った菜の花の一部を水に挿して咲かせてみました。
菜の花の一番花って、なかなか見る機会がないですから楽しかったですよ。
パソコンに大映しにした写真を眺めていたら、オシベの意外な特長にも
気付けましたし。よく知っているつもりの花でも、視線が変わると
何かしら新しい発見があるのが面白いですね。

投稿: ポージィ | 2007/03/21 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14269330

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花で遊ぶ:

« 散歩中に出会ったニャンコ 2007年早春  | トップページ | 初 拝謁  »