« 庭に見つけた春 | トップページ | わが家の観葉シクラメン ~続編~ »

2007/03/07

わが家の観葉シクラメン

かれこれ1年と2ヶ月ほど前の、2005年は12月に買ってきたシクラメン。
一度はこんな心配もしましたがそのまま夏も生きながらえ、秋にはそのままの鉢で
申し訳程度の植え替えもし、葉ばかりをしっかり繁らせていました。
その様子に「観葉シクラメン」と呼んで機械的に水だけ与えていたところ… 
ある日ふと気付くと ガ~ン!ハダニ大繁殖で葉っぱが大いに損傷。
花が咲かないからと冷淡に機械的に世話していたツケが回ってきたのだヮ(-_-:)
せっせと葉を拭いたりなんだりしてはみたけれど、根絶には遠く、痛んだ葉も
元には戻りません。
それなのに あぁ それなのに。葉の根元には蕾がたくさん育っていたのです。 
 
 
070224cyclamen_ha 070224cyclamen_tubomi
 
 
この子達の運命やいかに…  (撮影:2/24 記事作成:2/28)
 

|

« 庭に見つけた春 | トップページ | わが家の観葉シクラメン ~続編~ »

コメント

「観葉シクラメン」ナイスな命名ですね!(^o^)
でも、確かに葉の模様は観葉植物にも引けをとらないほど美しいですもんね。
夏越しできただけでもスゴイと思ってしまいますが。
ハダニは困りますよね。
(写真では葉がそれほど痛んでるようには見えないんですが)
たくさん蕾が上がってきてるし、株自体に元気があるのが救いですね。

挿木したバラも良い芽を出しましたね。
去年、瑞々しい葉を繁らせていたのを覚えています。
きっと今年は、いっそう大きく育ってくれるでしょうね♪(^o^)

投稿: nanbu | 2007/03/07 10:51

うわー、けなげですね。
ハダニにもめげず頑張って、ようやく蕾をつけたのですね。
きれいに咲いて、観葉シクラメンを卒業するのが楽しみです。
いつか葉のほうも回復してくれることでしょう。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/03/07 11:27

ポージィさんの文章に、思わず笑ってしまった私です^^。

恵まれた環境でいると、案外花をつけなかったりするので、その厳しい状態が蕾をつけてくれたのかもしれませんね。蕾はつけたのに咲かずに枯れてしまったって経験があるので、このシクラメンちゃんにはちゃんと咲かせてもらいたいです。

ポージィさんの記事、いつも拝見しているのですが、コメントが追いつかずに読み逃げさせてもらっています。もうもうもう・・・自分がもどかしいっ!

投稿: koko | 2007/03/07 12:27

「こんな心配」に飛んで、ここへ戻って読み直して・・・
ポージィシクラメン物語はこれからも続く。
去年の厳冬で弱ってしまい、それでもめげずに世話をして、観葉植物化したシクラメン。
ポージィさんの思いに応えるべく、土の中でしっかり育っていたのね。
植物はこういう感動を時々もたらせてくれる。諦めないでと。
はかなそうで(掃除のほうじゃござんせんよ。下着でもないよ。←脱線)、たよりなげで(手紙を投げることじゃござんせんよ。←また脱線)、はて何を言いたかったのか?
そうそう、この淡い色の蕾が何ともいえない雰囲気を醸し出しています。
世間では、春の花が早く咲くものだから、のんびりしていたら本当に観葉植物になってしまうと慌てて出てきたのかなぁ。
いや満を持してゆっくりと出てきたという感じのほうがぴったり(^O^)

投稿: あまもり | 2007/03/07 14:24

観葉シクラメン。。。ナイスネーミングです(笑)
葉っぱも美しいから十分に値しますが、そこはそれ、やはり花を楽しみたいですね。
可愛い蕾がたくさん!
にっくきハダニにもめげず、健気なものですね。
うちのは蕾のままミイラ化しちゃってるものが続出中です(涙)
先日、傷んでる蕾、葉とすべて除去。
日光浴させてる最中ですが、問題は夏越し。。。
ポージィさんの「ロード・オブ・ザ・シクラメン」参考にさせて頂きます。

投稿: ちょびママ | 2007/03/07 14:44

こんなに蕾がついてるんだから
何とか咲いてほしいですよねぇ。。

この前買ったガーデンシクラメン
二つの内 ひとつはお亡くなりになりました(T_T)
ガーデンシクラメンって寒さにも強く
育てやすいと聞いたのに 何がいけなかったのか。。。
こんなだから普通のシクラメンなんて
私には育てるのは無理です(^_^;

投稿: miki | 2007/03/07 15:52

観葉シクラメンという命名いいですね。
我が家で花が咲かない面々にことごとくつけたくなりました。
葉ダニにどこをやられたのかと思うほど、立派な葉をつけて、その数の多いこと!
蕾までつけて、もうすぐ咲きそうですね。
何十年も夏を越したことがないので尊敬いたします。

投稿: tona | 2007/03/07 16:02

★皆さまコメントありがとうございます★

うちのシクラメンへ、あったかい激励をたくさん寄せてくださって
ありがとうございます。 
実は「わが家の観葉シクラメン」には続編があるんです。
明日アップさせていただきますね。(もったいぶってます~)
嬉しい続編です(^^)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

ですよね。シクラメンの葉っぱって、普段は花に主役を譲って脇役に
徹していますが、よくよくみればなかなかのユニークなお顔。
十分鑑賞に堪えてくれます。そこで「観葉シクラメン」と呼んでいたのですが、
構わな過ぎました~~ 家の中に置きっぱなしの鉢植えなので、ハダニが
発生するなんてことは頭に浮かびもせず。
葉はアップで見るとやられているのがよぉく分かります…

でも、実は嬉しい続きがあるのです(^^)
明日の記事でアップしますね。ご期待ください! 
(バラの今後も楽しみです)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

はい。健気で愛いやつです。ハダニにはもっと早く気付いてやれれば
こんなに葉を傷めずに済んだのですが…。気付いてからはせっせと
葉を拭いたり霧吹きしたりしています。

実は続編があるのです。明日どうぞ見てやってください(^^)


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

笑われちゃった~(^^;)
おっちょこちょいで怠けものですからね、「ぅわ~」とか「あ"ー」
とか叫んじゃう失敗しょっちゅうです。

シクラメンは夏越しさせられた例がなかった私ですから、
蕾まで付けたのにはもうびっくりするやら嬉しいやら!
さらに続きがあるのですよ。この記事は2月末に書いていますから…
… … …(^o^)v 明日も見にきてね。

あ~そんなに身もだえなさらないで。お時間のあるときだけでいいんですから(^^)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

さかのぼって読んでくださってありがとうございます。
一喜一憂してる私、傍から見ると可笑しいですよね(^^;ゞ
私の思いに応えてくれたのか、厳冬を乗り越えたら生命力が増したのか、
思いがけない感動をもたらしてくれました。
そうそう。植物のこういう健気な逞しさは、感動と喜びと元気を与えて
くれるんですよね。感謝です。
箒でもなくパンツでもなく投げ文でもない、この蕾ちゃんの醸し出している雰囲気、
よいですよね。昨日のクロッカスじゃないですけれど、この後劇的変身?を
遂げることになるのです。
シクラメン物語、明日に続く ということになりました(^^)ニヘラニヘラ


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ナイスネーミングでしたか?(^^)花のある時期は脇役の葉っぱを主役に
抜擢いたしました~。その割には注目度が低くてハダニをはびこらせて
しまいましたが…。
なにせ夏越しに成功したのですら初めてだったのですから、まさか蕾が
育ってくるなどという大それた(笑)期待は露ほども持っていなかったのですよ。
あ、うちのも年末頃に出てきていた蕾は1cmくらいの大きさでミイラ化
してました。(それでなおさら期待していなかったのです)
ちょびママさんのシクラメンも元気に復活してくるといいですね。
うちのがどうして夏越しできたのか謎です。夏は雨のかからない風通しのいい
日陰に置きなさい、ということになっていますが、うちにはそんな場所は
ないので、ずっと同じ出窓に置いて西日もカンカン当たっていたのです。
水は与え続ける方法で越しました。こんな乱暴なことしていて夏を越した
のですから、不思議でしょう?全然参考にもなりませんね(^^;)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

咲いてくれることを祈ってくださってありがとうございます。
実は、続編があるのです~~ ニャハハ(*^_^*) 明日アップいたします。

あ、ガーデンシクラメン、私も11月に1株買ったんですよ。
ビオラとアリッサムとシルバーレースと寄せ植えにしたんですが、
12月にはガーデンシクラメンさんだけお亡くなりになりました。
うちの場合は根ぐされです。水遣りのときに球根に水をかけちゃいましたから。
シクラメンは球根に水をかけるのはご法度というのに…。
彼女だけは盛り上げるように高く植えてやらなくてはいけなかった
のだろうと反省しました…。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

何故夏を越せたのかとっても不思議なんですよ。夏の西日がカンカン
当たるような場所に置きっぱなしでしたのに(^^;)
水をやり続ける方法で夏越しさせましたから、ずっと葉が繁った状態で、
自然と観葉シクラメンという名前が浮かんできました(^^)
シクラメンの葉はよく見ると面白い模様があって面白いですし。
アハハ 花の咲かない面々に。そうですね。うちには観葉水仙も
たくさんありますよ~。
ハダニ被害はあえて写しませんでしたが、アップで見ると一目瞭然なんです。
さんざん汁を吸われてもがんばって繁っていますね。だからこそ蕾も
育ってこれたのでしょう。
この蕾、続編があります。明日アップしますから見てやってくださいね。

投稿: ポージィ | 2007/03/07 17:50

観用シクラメンですか〜!
これも、楽しみですね♪

可憐だけれど、強い花なんだなあ。。。

投稿: noodles3 | 2007/03/07 19:09

きれいなツボミですね。無事咲いてくれそうな感じに思えます。
私も12月にシクラメンの小さな花を買いました。
時々水やリを忘れて、茎がお辞儀しています。(ーー;)
まだ花が咲いてくれますが、夏を越して冬を迎えた例がありません(汗)。

ポージィさんのシクラメンはきっと咲いてくれるような気がします

投稿: てるてる | 2007/03/07 21:31

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

観葉シクラメン♪
どうせ花は咲かないだろうと割り切って、葉を楽しむことにしていたのですよ。
そうしたら、暑さに弱いといわれているのに、私の過酷な管理の下夏を越すわ
蕾までつけるわでビックリ!!(・o・) 
たまたま生命力の強い個体なのかもしれませんねぇ。

すでに続編が完成しています。見にいらしてくださいね~


◆てるてるさん、ありがとうございます ♪

きれいで可愛い蕾でした。私もこの姿を見たときは、これはきっと!と
期待しましたよ~ (^^)
実はすでに続編の記事が完成していて、明日アップ予定です。
さて、いかがなりましたか。ぜひ続きも見にいらしてくださいネ。

てるてるさんのお宅にもシクラメンがあるのですね。
5月頃までは花を楽しませてくれますよね。
水遣りは私もくたっとお辞儀をし始めてからですよ。
そうなってから、おっとっと…と鉢底から流れるまでたっぷりあげています。
夏越しは去年が初めての成功でした。真夏の西日をカンカン当てていたのに
どうして無事越せたのか不思議です~(^^;)
もしかするとてるてるさんも、今年は初めての成功例になるかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2007/03/07 21:47

観葉シクラメンってどんなもんじゃって、皆さん同様考えちゃいました。
ポージィさんの造語だったんですね。
いかにも存在していそうな気がします。
実際花のない時期のシクラメン、観葉に値するくらいの存在感ありますよね。
蕾がいっぱい!

コメント読んじゃったので、ウフフな気分で、記事のアップ楽しみにしてます。

投稿: goro's | 2007/03/08 02:39

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

あはは~ 本当に「観葉シクラメン」っていう種類があるかと
思われました? しっくりきてたんですね(^m^)
そう、私が勝手にそう呼んでいただけなんです~。
そう呼んでいたわりにはあんまり観葉してませんでしたが(^^;ゞ

蕾いっぱい出てきました。薄いピンクが初々しくて可愛いでしょ~~
これがどうなったか、見てやってくださいね!

投稿: ポージィ | 2007/03/08 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14076693

この記事へのトラックバック一覧です: わが家の観葉シクラメン:

« 庭に見つけた春 | トップページ | わが家の観葉シクラメン ~続編~ »