« 路傍のボケ | トップページ | 散歩中に出会ったニャンコ 2007年早春  »

2007/03/15

花を食す

私ではありません。花を食べたのは鳥さんです。その名はヒヨドリなり。

逆光でほとんどシルエットにしか撮れませんでしたが、どちらも高い梢でしきりに
むしゃぶり食べておりました。写真は束の間くちばしを休めているところです。
いずれもよそさまのお庭の木。塀の外からカメラを向け撮らせていただきました。
 
070307hakumokuren_hiyodori 
 どこにいるか分かるかな?
 右下に1羽写っています。
 
 あるお宅の庭に植えられた
 このハクモクレンでは、
 2羽のヒヨドリが蕾を
 むしゃむしゃと…
 あらら(^^;)
 (3/7 撮影)


 
 
070310kanhizakura_hiyodoriこちらは「カンヒザクラ」で。
小さなメジロと共に
ヒヨドリも夢中で。
ヒヨドリの食べ方は
豪快というのか
無造作というのか…
花を散らします。
 
 (3/10 撮影)
 
 
 
 
 
070314kanhizakura_hiyodori
 
 カンヒザクラを食す
 ヒヨドリをもう1枚
 
 花はもうほとんど
 咲き終わりです
 
 (3/14 撮影)

|

« 路傍のボケ | トップページ | 散歩中に出会ったニャンコ 2007年早春  »

コメント

桜・・・綺麗ですねえ。
それにしても、花って美味しいんでしょうか?
鳥の味覚ってどこまで分かるのかちょっと知りたいですね~笑

内容とは全然関係ないですけど、
私は今日、もくれん=マグノリアってことを初めて知りました。
英語だとlily magnolia って言う場合もあるそうですね。
lily・・・木に咲くユリ。。。
確かにそれだけの華やかさはありますよね。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2007/03/15 09:55

ハクモクレンもカンヒザクラも綺麗に咲いていますね。
カンヒザクラは俯いているので中がよく見えませんが、ポージィさんの写真、こちらを向いていますね。
ヒヨドリの食べ方、確かに豪快で、乱暴でもありますね。
あまりにがっついて、他の鳥を蹴散らすので漢字にふさわしいなんて思ったりしたこともありました。
でも生きるために必死で、もしヒヨドリがいなくなったら淋しいでしょうね。

投稿: tona | 2007/03/15 10:58

ハクモクレンの花はこちらでも目立ち始めましたよ。
あれはハクモクレン、と思っているんですが、ひょっとするとコブシかもと。なんせ遠目なので違いがわからない。
ヒヨちゃんは、花をむしゃむしゃと食べるんですか。
メジロのように花に頭を突っ込んで蜜を吸うのじゃなくて、頭が大きいから蜜ごと花を食べてしまうのね。手っ取り早い(笑)
青空をバックにしたカンヒザクラにヒヨドリ。
なかなか絵になってます。「梅にメジロ」と匹敵するかも。
先日、自宅裏のシラカシの木にツグミがとまっているのを発見。
最初はヒヨ?と思ったけど違った。webの鳥サイトでよく見るツグミとそっくり。私に気づいて飛び立ってしまったけど。
ツグミも渡り鳥なんですね。北へ帰る準備をしていたのかもしれない。

投稿: あまもり | 2007/03/15 11:57

えーーー、花まで食べちゃうんですか!
蜜のあるあたりをむしゃむしゃと?
ヒヨドリさんにはベランダのほうれん草を丸坊主にされたことがるのですが、下手したらお花も丸坊主にされちゃうかもしれないんですね・・・

投稿: koko | 2007/03/15 12:33

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

鳥達の味覚。人と比べてどうなんでしょうねー。
少なくとも甘いものは好きそうな気がしますが(^^)
ヒヨドリは、多分花びらを撒き散らしながら蜜の部分を食べて
いるんだろうなという気がします。

モクレン=マグノリア わぁ、私も初めて知りました。
翻訳ものの小説などにマグノリアという花が出てきたことがありましたが
調べてみることもせず… そうでしたか、モクレンのことだったのね!
lily magnolia ステキ~♪ 感動しました。教えてくださってありがとう(^^)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

写真のハクモクレンもカンヒザクラも、3月初旬が満開のときだったようです。
写真を撮ってから数日経つうちに、もうすっかり花の盛りを過ぎてしまいました。
ヒヨドリって本当に食いしん坊な鳥に思えますね。
実でも花でも野菜でも、手当たり次第に食べちゃうって感じ。
人の近くで暮らしているので余計に目に付くのでしょうけれど。
花や実や野菜を食べ散らかされる方は嫌でしょうけれど、
でもだからといって、いなくなってしまえとは思えませんね。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

いつもの年だとまずコブシが咲いて、一呼吸遅れてハクモクレンが咲くと
思うのですが、今年は競い合うようにして咲き始めました。
どちらも白くて、遠目にだと区別が付きにくいですね。
花びらがびらびら~とした感じに見えたら、コブシだろうと思いますが。

ヒヨちゃんたち、蜜を吸っていたのかもしれませんが、蕾をムシャムシャと
嘴で引きちぎっていましたよ~。体の大きさにもの言わせてます。
確かに手っ取り早い(^^;)
真ん中のヒヨドリ、ポーズが決まってますね。もうちょっときれいに写せたら
よかったのに、ちょっと残念です。

あら、あまもりさんはシラカシの木にツグミを?ツグミも渡り鳥ですか。
もう旅立ったかもしれませんね。
今年の冬は私はツグミはほとんど見かけませんでした。たまに見るのは
いつも地面の上で餌を探しているところ。
あまもりさんのお話に、木の枝にもとまるのね、なんて思ってしまいました。
当然なのに。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

そうそう。蜜のあるあたりをむしゃむしゃと~(^^)
花びらがバラバラと落ちていましたから、花びらは食べないのかも。
あは そうでしたね。kokoさんはほうれん草を食べられちゃったんでした(^^;)
この写真の木はどちらも大きくて花もたっぷりでしたから、被害は
目立っていませんでしたが、私が毎年楽しみにしていた造園屋さんのストック場に
植えられているピンクのシデコブシは、蕾をぜ~んぶ齧られて、
つんつるてんの花(あれも花といえるなら…)を咲かせていました。
たかさ1mほどの小さな苗木ですから、見事丸坊主でしたぁ(;_;)

投稿: ポージィ | 2007/03/15 16:42

こういう場面に遭遇することに いつも感心してしまいます(^^)
白と濃いピンクが対照的で綺麗だなぁ、、
鳥には「色」がわかるんでしょうか

>無造作というのか…
>花を散らします。

あ~、、食事中にこぼす私みたいです(^_^;

追伸
クックちゃんのカラーは まだ外れませんか?

投稿: miki | 2007/03/15 18:07

先日、寒緋桜にメジロが群れているところへヒヨドリがやってきて、しばらくは一緒に食べていましたが、ヒヨドリが枝から枝へ動くと次第にメジロが散っていきました。
ちょっと撮り仲間の中では乱暴者なのでしょう。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/03/15 20:49

鳥仲間でした。
すみません。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/03/15 20:50

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

うちの近辺が田舎で、こんな場面に遭遇する機会も多いという
ことなのかもしれませんね。
昔からここに住んでいます、という雰囲気の広い敷地の家もたくさんあって、
そういうお宅には育った大きな木が植えられています。
そしてそこには鳥達が集い…(^^)

鳥の色覚ってどうなんでしょうね。赤い実ばかりではなく地味な色の実も
目ざとく見つけて食べますから、人間の目に映るのとはちょっと違う
見え方をしているかも知れまえんね。
ハクモクレンの白、カンヒザクラの濃いピンク、それぞれどんなふうに
見えているのか分かったら面白いのに。

ウクク(^^) mikiさん、お食事中にポロリとされやすいほうですか?
そんなことをお書きになったら、これからヒヨドリを見るたびに思い出すかもですよ。

クックのカラーについて、ご報告が遅れましたが、昨日の夕方から
外してやっています。嬉しそうでしたよ~(^^)
今日はもうすっかりきれいに引いています。
ありがとうございます。ご心配おかけしました。

投稿: ポージィ | 2007/03/15 21:02

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

あ~、やっぱりそういうことが。
このカンヒザクラでも、上のほうの細い枝のところでは
メジロがしきりに飛び交って食べていましたが、ヒヨドリのこの大きな体で
周りをうろうろされては、メジロとしては身の危険を感じますよね。
餌台でもヒヨドリは体の小さな鳥達を追い払うと聞いたことがあります。
おーちゃんの仰るとおり、ヒヨドリは乱暴者なのかもしれませんね。
少なくともデリカシーには欠けるように見えます(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/03/15 21:07

タイトル見て、ポージィさんも遂に!!!!

フキノトウでも食したのかと、思ってしまいました。(笑)

ハクモクレン、カンヒザクラ、どんな味なんでしょうね??(食べませんが)

投稿: noodles3 | 2007/03/16 00:44

noodlesさんと同じです。
とうとうポージィさんもこちらの住人になったのかなって、タイトルみて思いました。
何の花を食したのだろうって、期待してしまいました(笑)。

あ、そうか、昨年チェックしてたシデコブシを食べた犯人は、ヒヨドリだったんだなって、やっと納得した次第です。
メジロたちが、サクラの花を姿のまま舞い落とすのは、風情があって好きなのですが、ヒヨドリはちょっとですね。

桃の花の蜜を吸ってるメジロに、今日遭遇しましたよ。

投稿: goro's | 2007/03/16 03:22

ヒヨドリは花ごとむしるから、確かに豪快ですよね。
でも、ハクモクレンみたいな大きな花まで狙うとは驚きました。
ウチのストック、去年は丸坊主にされましたが、今年はそこまでされなくてホッとしてます。
濃い色の方が無事だったのは不思議なんですが。色によっても違うんでしょうか。

クックちゃん、カラーを外すことが出来て良かったですね!(^^)

投稿: nanbu | 2007/03/16 08:14

ハクモクレン、カンヒザクラともに綺麗ですね。見栄えのする花で、大好きです。しかし、その花を鳥たちが食べるのですか?いやー、びっくりしました。まだ、そんな光景にめぐり会ったことがないです。
タイトルの「花を食す」を見て、えっと思ったのですが、読んで納得。ポージィさんに一本取られました。

投稿: 茂彦 | 2007/03/16 08:41

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

あはは~ そう思われるんじゃないかと思ってました(^^;)
私が食べる花は、せいぜい桜餅の上に乗っていたりお茶に浮かんでいる
塩漬けの桜の花どまりです~ あ、それとあとは菜の花♪
フキノトウは今年もまた食べず仕舞いになりそうです。

モクレンやカンヒザクラはどんな味でしょうね。
モクレンの厚みのある花びらは案外素揚げにでもしたら、パリッと
お煎餅のようになるかもしれませんね。モクレンチップス、なんちゃって。
(お試しにならないでくださいね)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんも~(^^) 私が食べたと思われるだろうなと予想してましたよ~
ご期待を裏切ってすみませーん。
noodles3さんへのお返事にも書いたのですが、私が食べる花はせいぜいが
菜の花、塩漬けの桜程度。あ、カモミールティーやジャスミンティーも
入れていいかな。でもみんな、たまーにです。
エディブルフラワーって、見た目はきれいでも美味しいものではないので
あんまり興味もないですし~

悟郎さんチェックのシデコブシを食べちゃったのはきっとヒヨさんですね。
今年は私がチェックしていたのもやられてがっかりでした。
ほんと…ヒヨさんたちの食べ方には風情のかけらもありません。
食い散らかすという表現がぴったり(^^;)

メジロも蜜が好きですね。梅に目白、桜に目白、桃に目白、ですね!


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

そうそ、nanbuさんは大事なガーデニングのお花をヒヨさんに食べられて
しまうのですよね。今年はそこまではいきませんでしたか。よかった~(^^)
いろんな花木の開花が早かったからかもしれませんね。
でもヒヨさんたちの食欲は旺盛ですから、まだまだ油断はなりません。

色の違いは何でしょうね。好みの色があるのかしら?

クックのカラー、おかげさまでよそうより早く外してやれました。
ありがとうございます(^^)


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

大きな木の枝いっぱいに花を咲かせている様子は見ごたえ十分ですね。
これらは茂彦さんもお好きな花木なのですね。

鳥が花(の蜜)を食べている様子、目撃されたことありませんか?
ソメイヨシノのお花見に行くと、ヒヨドリや他の鳥が食べている様子を
ちょくちょく見かけますから、茂彦さんも今年のお花見をなさるときに、
ちょっと気をつけてお探しになってみてください。
もしかしたら、花を食す鳥達にお会いになれるかもしれません(^^)

投稿: ポージィ | 2007/03/16 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14248392

この記事へのトラックバック一覧です: 花を食す:

« 路傍のボケ | トップページ | 散歩中に出会ったニャンコ 2007年早春  »