« アケビの花が | トップページ | 春風駘蕩 »

2007/03/23

簪にしましょか 暖簾にしよか

近くの、とある場所でまだ若い「キブシ」に、今年も花が咲き始めました。
 
070316kibusi_y 070318kibusi_y_yoko

070318kibusi_r 070318kibusi_y_1
 (3/16,18に撮影 薄黄色の3枚は色が違いますが、同じ株の花です。
              花穂の長さ:10cmほど、花の直径:5mmほど。)
 
「キブシ」:キブシ科・キブシ属 雌雄異株の落葉樹。たかさ2~3m
      (写真を撮った株の雌雄は、確認するのを忘れました)
      かってこの木の果実が、お歯黒などの黒色染料として使われた五倍子
      (ふし)の代わりに使われたことから、「木五倍子(キブシ)」の名前がついた
      そうです。
      
      形がフジの花を小さくしたようにも見えることから、「キフジ」と呼ぶことも
      あるようですが、正確には「キブシ」です。
 
小さな房形の花は、さりげなくかんざしにするのによさそう。色がちょっと地味かしら?
横に張った枝に等間隔で並んだ様子には… 縄のれんを思い出しませんか?(^^)
      

|

« アケビの花が | トップページ | 春風駘蕩 »

コメント

この花を見るといつもカンザシを思い出します。
でも芽が出て花が咲くまでの間は、まだ垂れ下がらないで横向きに延びているので、最初はキブシと気づきませんでした。
キブシは雌シベだけとか雄シベだけになっているわけではないので、雌雄を決めかねる花も見かけますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/03/23 12:16

相変わらず毎日読み逃げさせていただいてました。
ポージィさんには、ホント、滅多に見られないものを
みせていただいております^^。
写真を拝見したときは、フジだと思っちゃいました。
ところでポージィさんの植物に関する知識はどこから?

投稿: koko | 2007/03/23 12:47

この写真を見て、何となく京都を想像させるのは、舞子さんのかんざしが浮かんだせいかも。
並んで下がっているのを見ると玉暖簾のようで。花のあとはどんな実がなるのでしょう。丸かったらそれこそ玉暖簾かなぁ。
藤の実はお化けサヤインゲンのようでまるっきり花と結びつかなかったけど、このキブシの実も見てみたい。ぜひお願いします。
キフジじゃなくて、キブシ。
キブシ、コブシ、ノブシ、ナマブシのブシブシね。

投稿: あまもり | 2007/03/23 14:46

私もあまもりさんと同じで、舞子さんのかんざしを思い浮かべました。
(藤娘のユラユラ揺れるかんざしみたいな可愛さがありますよね)
縄のれんを連想させるような規則的な並び方も律儀な感じで。
通勤電車の女性専用車のようにレディース専用居酒屋があったら、そののれんにピッタリかもしれませんね。(^o^)

投稿: nanbu | 2007/03/23 15:25

昨日もページが開かなかったりで調子が悪く失礼しています。

昨日のアケビの花、こんなに中をきれいにみ見せていただいたのは初めてです。色がカンアオイみたですね。
キブシも今年は早いのでしょうか。
暖簾やかんざしと見立てたとは。ホントにそう見えますね。
果実がお歯黒に使われていたなんて、実は黒いのでしょうね。

投稿: tona | 2007/03/23 15:54

まずは「簪」って こんな字を書くんだ とお勉強_〆(.. )

私も「かんざし」を思い浮かべました
七五三の時 こんなのつけた幼少mikiの写真が残ってます
そして 縄のれんをくぐって熱燗グイっと飲みたくなりました(^^)

投稿: miki | 2007/03/23 18:32

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんはカンザシを思い出されるのですね(^^)
花が咲くまでの蕾は枝に寄り添うようにしているのですか?
そうでしたか、その姿は見落としました。
私が気付いたときは、すでに蕾がそれこそ縄のれんのように
下を向いてぶら下がっていました。
雄花・雌花は一目瞭然という姿ではないのですね。
去年実を見た覚えがないので、これは両方とも雄花なのかも…


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

kokoさんのところと、うちの辺りでは地理的に離れているので
中には分布の違うものもありますよね。
身近にあるものの方が親しみがわきますが、そうでないものも
ヘェ~と見ていただければ幸いです(^^)

え、私の植物知識ですか?
最初は「切り花図鑑」と父の形見の「野草図鑑」「樹木図鑑」を
見てて、最近じゃほとんどネットを頼りに渡り歩いてまーす。
園芸品種図鑑がないのでにはかなり弱いです(^^;)
図鑑も古くなっちゃったんだけど、買うとやたらと高いのよね…


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

あまもりさんもカンザシ派(^^)それも舞子はんのカンザシ♪
小さいのをいくつかぶら下げるのもいいかもしれませんね。
この木のどちらも、花の後に実がなったのを見た覚えがないのですよ。
両方雄株なのかも…
こちらの方が、キブシのいろんな姿を載せていらっしゃいました。
http://www.geocities.jp/greensv88/jumoku-zz-kibusi.htm
フジの実はインゲン豆のお化けですが(^^)キブシは違うようですよ。

そうそう。ブシブシです。あまもりさんの記事を拝見したばかりのせいか
武士武士と見えます~


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

nanbuさんも舞子はんのかんざしを(^^)
フジの花のカンザシの華やかさには欠けますが、十分に可愛いですよね。
アハハ レディース専用居酒屋!なるほど~グッドアイデアです。
レディース専用は味気ない縄じゃなくてちょっと綺麗に。
それいいですね。いただき!(って、居酒屋開店の予定はありませんが)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

昨日は開きませんでしたか?それは知りませんでしたが、
今日はいちいちスパムコメント防止のチェックが入りますね。
自分が自分のにコメントするのにもチェックされるので変な感じです~

ミツバアケビの花の色、そうですね、tonaさんがアップしていらっしゃった
カンアオイにも似ています。落ち着いた色合いがなかなかいいですね。
アケビの花も淡い紫系の色がしぶい染物を連想させていい感じです。

キブシの花、記事にしませんでしたが、去年は3/21に撮っていました。
今年は3/16.18に撮っていますから、すこぉし早かったみたいですね。
この二株には実が生った覚えがないのですよ…多分雄株なのではないかと。
実が熟すと黒くなるのかどうか、今のところ知識がありません~~


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

ね、こんな漢字をかくんですね!変換キー押したら出てきました(^^;)
一文字で「簪」って登場したら、私多分読めませーん。

きゃぁ♪七五三のmikiさんは着物を着せてもらってかんざしを。
可愛らしい姿でしょうねぇ。今度ぜひ写真の写真を撮って公開してください。
現在を生きるmikiおねえさまは、縄のれんを威勢良く払って熱燗一杯!
かっこいいですっ(^^)

投稿: ポージィ | 2007/03/23 18:43

あ~ららっと!
私も昨日付けで「キブシ」をアップしたところだったんですよ。
握手~~♪

私は暖簾は捨てて、花簪1本で勝負しました(笑)。

赤い萼のものもあるんですね。
初めて見ました。

同日同花記事をアップしたときには、TBさせていただくことに決めておりますので(勝手にです)、そこんところ、ヨロシク!(笑)

投稿: goro's | 2007/03/24 02:59

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

あらら~ そうなんですか?また気が合いましたね(^^)握手!
んん?TBは反映されてませんねぇ。またココログ・トラブルかしら?

今日は今からお出かけするので、悟郎さんの記事は夜にでも拝見しますね。
楽しみにしてまーす。

悟郎さんは花簪でしたか。簪派圧倒的多数ですよ~
赤いのは初めてご覧になったのですね。
この2本は2~3年前に隣り合わせで植えられたばかりのものなんです。
まだ私よりも背が低い若木で、おかげで花と向き合うことができました(^^)

投稿: ポージィ | 2007/03/24 08:48

キブシっておもしろいですね。
遠くからだとみんな蕾みたいで、山ぶどうでも生っているようなの。
昨日、初めて山にあるものを見ました。
今までは植物園でした。
ピンクもあるのですね!まさにかんざしです♪

投稿: 池田姫 | 2007/03/24 16:05

今晩は。
キブシのお花は可愛いですね、どこかで見たような~
一つ見るとヒイラギナンテンに似ていませんか、最初あっと思ったのですが下にぶら下がって咲いていますね(笑)藤の花のつき具合にも似ているような~
ピンクなどなかなかの簪ですポッ
縄のれんではいやに色っぽくないですか~(笑)ステキですけれど。

投稿: | 2007/03/24 21:27

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

面白い花ですよね。遠くからだと山ぶどうのよう。
ええ、ほんとそんな風に見えます。
ちっちゃな房がプラプラとたくさん♪♪♪
2色あわせのかんざしで飾ってみるのも良さそうですね。
あ、ショートの池田姫さんには、ちょっと洋風な形にして、
耳の後ろ辺りに垂らすというのはいかがでしょう?(^^)


◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんばんは、お帰りなさい(^^)
玲さん鋭~い。ヒイラギナンテンの小さな黄色の花とキブシの花、
ほんとだ、似てますよ~~。
小さなコロリンとした形、そっくりですね。
付き方は藤の花のようで、それで「キフジ」と呼ぶ方もいるようです。
ピンクの方はいっそう簪らしさがありますね(*^^*)
うふふ 縄のれんでは色っぽいですか?
艶やかな女将さんが出迎えてくれるかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2007/03/24 21:57

何回かTBやってみましたが、反映されません。
もし幾つか入っていましたら、削除してください。

投稿: goro's | 2007/03/25 03:42

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

何度か試みてくださったのですね。お手数おかけして申し訳ありませんでした。
やっぱり反映されていませんね… 理由が分かりません(><)
僭越ながら、代わりにこちらからTBさせていただきました。

投稿: ポージィ | 2007/03/25 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14313181

この記事へのトラックバック一覧です: 簪にしましょか 暖簾にしよか:

« アケビの花が | トップページ | 春風駘蕩 »