« 菜の花で遊ぶ | トップページ | ウォール・アート »

2007/03/19

初 拝謁 

先日、小さな空き地の隅に2株ばかり、黄色い花を付けた野草を見つけました。
 
070305kusanoou_hana
 
 
 近づいてみるとこんな花が…
 え~初めて見る花
 これはなに?と
 とりあえずは写真をパチリ♪
 帰ってから調べましょう。
 
 
 
070305kusanoou_hana_up 070305kusanoou_tubomi

分かりました!「クサノオウ」でした。他の方のブログなどで拝見したことがあった
はずなのにすっかり忘れていました(^^;) 実物に出会うのは初めてです。
ぽちんぽちんと2株だけ、どこからやってきたのでしょうね。

「クサノオウ」:ケシ科の多年草
  薬効があり、皮膚病の治療薬として使われたことから、「くさ(湿疹)」を治す
  「くさ(瘡)の王(おう)」と呼ばれるようになったという説があるようです。
  毒性が強いとのことですから、絶対に食べないでください。
  この株は、花の直径:2cmほど、草丈:15cmほどでした。
 
「くさの王」との初めての出会いということで、「初 拝謁」ですよん。

|

« 菜の花で遊ぶ | トップページ | ウォール・アート »

コメント

花は菜の花のような葉っぱは菊のような・・・。
下の菜の花と照らし合わせて見ていました。
食べられないみたいですが、花といい葉っぱといい
食べられそうな雰囲気ですよね^^
まだ見たことはありません。どこかにあるといいな~♪
最近、草紅葉が気になります。

投稿: 池田姫 | 2007/03/19 10:26

子供の頃、友達にクサというものができているのをよく見ました。
今はアトピーなどは聞きますが、クサは死語になったかと思うようです。
前に近所でクサノオウを見ましたから、こちらでも咲いているでしょうか。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/03/19 10:36

仙台にいた頃はよく見ていたのにこちらに帰ってから一度も見ていない。
調べてみたら全国的に分布しているそうなのになんでやろ。
そう言うのがほかにも幾つかあるけどまた見てみたいです。

投稿: 平家蟹 | 2007/03/19 11:47

見覚え無いです.あまり九州には無いんでしょうか.それとも普通の黄色なので,つい見逃したのかな.芥子科ということは,何やらありそうです.

投稿: LiLA管理人 | 2007/03/19 13:12

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

菜の花の黄色に引きずられたかのように、連続で黄色の花を
アップしてしまいました。
形だけ見ると菜の花に似ていますね。大きさは大分違いますが。
(花の大きさを追記しました。)
葉っぱは柔らかそうで、見るからに食べられそうな様子に
見えましたよ~ 実際には食べたらマズイことになるようですが(^^;)
私も今回が初めての出会い。池田姫さんもそのうちどこかで
あら~、ということになられますよ、きっと。

草紅葉が気になっていらっしゃいます?
まだまだ、紅葉のままのがありますものね。
どんな草紅葉に引きつけられていらっしゃるのでしょうか。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんの子ども時代には、まだクサという言い方が一般的に
使われていたのですね。私はクサノオウで初めて知りました。
クサノオウも草の王だと思っていたくらいで、
なんでどちらかというと平凡なこの植物が草の王様なの?なんて…(^^;)
瘡蓋という言葉は今も使われていますが、皮膚病全般を指す「瘡(クサ)」は
もはや死語なのでしょうね。

おーちゃんのブログで、クサノオウを拝見したこと、覚えています。
肝心の花の様子は黄色の花、という以外すっかり忘れていたのですが。
去年ご覧になった場所でも、咲いているかもしれませんね。


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

全国的に分布とされていても、身の回りではとんと見かけない、
というもの、結構ありますね。
たまたま行ったことのない場所では当たり前に繁殖していたり
するものなのかもしれませんけれど。
けれど、仙台と山口では機構が結構違うのに、クサノオウは
適応範囲が広いんですね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

全国的に分布しているそうですが、LiLA管理人さんも初めてでしたか。
私も初めてなんですよ。仰るように見落としたという可能性も有りますよね。
特に子供の頃は気にも留めずに通り過ぎそうな気がします。

そう、ケシ科ということでなにやらあるのですよ。(思わせぶり)
かっては胃の薬として使われたこともあるようですが、薬効より毒性のほうが
強くて、現在は使われていないのだとか。

投稿: ポージィ | 2007/03/19 16:56

ポージィさん、よかったですね。
私も是非是非会いたいです。
ある女性画家が息子さんにつけた名前がこれだったかしら、と思ったのですが思い出せなくなりました。
葉は菊の葉みたいに見えますが、ケシ科だったのですね。
ナガミヒナゲシの葉に近いですか。

投稿: tona | 2007/03/19 21:02

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

一緒に喜んでくださってありがとうございます(^^)
tonaさんもお会いになれるといいですね。
検索してあれこれ見てみると、全国的に見られ群れて生えている
ようなのですが…?

漫画家さんが息子さんに付けられた名前…。はて、なんでしょう。
似た響きの名前だったのでしょうね、きっと。

クサノオウの葉っぱとナガミヒナゲシの葉。
切れ込みがあるところは似ていると言えなくもないかしら。
もっと深く細かい切れ込みですが。

投稿: ポージィ | 2007/03/19 21:15

初 拝謁、おめでとうございます。
緊張なさいましたか?(笑)

こちらでもそうですよ。
あるところにはたくさん見られますが、かといってどこでも見られるかといったら、そんなこともないですしね。
一昨年初めて出会って、名前がわからなくて往生したことを思い出しました。
まさかケシ科だなんて。

投稿: goro's | 2007/03/20 01:35

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

アハハ 全然緊張しませんでした~
人間の王様だったら、初拝謁でいきなりカメラを突きつけたり
した日には、酷い目に合わされそうですが~~(^o^)

悟郎さんのエリアでは、たくさん見かけたり全然見かけなかったり
なんですね。ねー、まさかケシ科とは思いつきませんね。
私は最初、オトギリソウかなぁ…と思いました。
オトギリソウともご対面果たしていませんのでね。
でも、写真を見たら随分違っていました(^^;)

投稿: ポージィ | 2007/03/20 08:22

おお。クサノオウ咲いていましたか〜〜!
ってことは、同じ横浜市だし。。。
メモ、メモ。(笑)

投稿: noodles3 | 2007/03/20 19:48

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

咲いていましたよ~ (^^) 
その場所にあったのは2株きりでしたが。
初めての出会いに感動しました。
noodles3さんは場所の心当たりが?
おありでしたらきっと咲いていますね。
(当方、横浜とはお隣どうしの、藤沢市でーす)

投稿: ポージィ | 2007/03/20 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14175522

この記事へのトラックバック一覧です: 初 拝謁 :

« 菜の花で遊ぶ | トップページ | ウォール・アート »