« 産毛に包まれて | トップページ | 紫花菜、再び »

2007/04/21

今年のチューリップ

 
 070407tulip2  

 豪華に重なった花びらを
 ばーんと広げたこの花は、
 さて何でしょう?
 
 タイトルに答え書いていましたね。
 今年わが家のプランターで
 咲いたチューリップです。
 
 
 
 
070407tulip1 070414tulip
      < 4/7 撮影 >            < 4/14 撮影 > 
 
去年の秋、「アンティークブーケ」として袋詰めにされたミックス球根を買い、
長方形のプランターに植え込みました。「ミックスゆえ、咲く花の色は写真とは
違うかもしれません」との但し書き付きで、象牙色の地に細く赤いラインの
入った花の写真が付いていました。
 
球根は適当にばら撒いて埋め込んだと思ったのに、なぜかキッパリ色別に
分かれていましたね。 不思議…
しかも、アイボリー(実は花びらの外側に、赤い小さな点を少しばかり霧吹きで
かけたようになっています)だけが先にぐんぐん伸びて開花。1週間遅れで
やっと他の花色も咲きそろいましたが、なぜか背の高さが違います。 不思議…
 
袋に付いていた写真とはまるで違う花が咲きましたが、綺麗だものヨシとしましょう!
八重の大きな花がどうだ!と開いている様子は、チューリップではないような姿です。 
                                (ここまで 4/16 記)
 
日が経つにつれて、アイボリー色は薄れて白っぽくなり、外側の細かい赤の
霧吹きラインが色濃く目立つようになってきました。      (4/20 追記)
 

|

« 産毛に包まれて | トップページ | 紫花菜、再び »

コメント

アイボリーのチューリップ。色も姿も素敵ですね。
赤と黄色のチューリップの向こうに見えるのもそうなのでしょうか。どんな色が咲くのか分からなくて、こういう素敵なのが出てくると嬉しいでしょう。
色合いが変化していくのも花の楽しみのひとつですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/04/21 11:49

どうだ! と言っているアイボリーの花、もう絶対チューリップには見えない。
葉っぱを見ても、何このチューリップに似た葉は。と思う、私なら。
見本と色が違うかもしれない、これも一つの楽しみだけど、ここまで違うとはね。
近所のチューリップ。去年と同じ球根なのに全く違う色の花を咲かせていました。
先祖帰りかなぁ、とは、その持ち主の方の話。
ポージィさんちのこの「どうだ!」チューリップの来年の姿や如何に。

投稿: あまもり | 2007/04/21 14:02

あぁ…。タイトル読んじゃったから。
でも、きっと花だけの写真だったらチューリップだとは分からなかったかも。
ばら撒いて埋めたのに、色別に別れていたのも不思議ですね。(・o・)
写真と違ってても、これだけ豪華で綺麗だったら、やっぱり結果オーライですよね♪
球根を埋めてから水を切らさないように目をかけて、冬を越して咲いた花なら愛着もひとしおですね!(^o^)

投稿: nanbu | 2007/04/21 15:37

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

とろ~りと濃厚な練乳のようなアイボリー、なかなかいいですよね(^^)
見るたびにおいしそ~って、思ってしまいましたけれど。
あっ、そうなんです。赤と黄色の向こうに見えるのが、
日が経って白っぽくなってきた姿です。
どんなのが咲くか分からないのも楽しいものですね。
緑の蕾が出てきたときからワクワクでした。
咲き進むに従って変わっていく花色も面白いものですね。
今回は白っぽくなるのは予想できましたが、赤の霧吹きラインが
濃くなってきたのは意外性・大でした。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

豪華な八重咲きは、花だけアップにしたらチューリップとは思えない
ような姿ですよね。というわけで、わざと花だけドアップで撮ってみました~
アハハ まさか葉っぱをご覧になって『何このチューリップに似た葉は』と
お思いになることはないでしょうけれどネ(^^)
見本と似ていたのはアイボリーのものだけでしたね。
ほかは見事なまでに違って濃い色で…(^^;)びっくりでしたが、
アイボリーばかりでも寂しかったかもしれないので、まぁいいや、って感じです。
チューリップって、何年か植え続けていると先祖がえりしてそのうちに
赤ばかりになる、というような話を聞いたことがありますヨ。
品種改良を重ねたものほど、色が変化しやすいものかもしれませんね。
私は…球根を堀りあげて保管しておいてまた秋に植える、っていうの
成功させたためしがないんですよ。風通しがよくて涼しい場所、
というのが無くてカビたり腐ったりしちゃうんです。


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

わざと花だけドアップで撮りましたからネ。タイトルをお読みに
ならなかったら、ひょっとしたらお分かりにならなかった…かナ?

不思議でしたよ~ そもそも付いていた写真から、みな似たような
色だと思っていましたから、ランダムに埋め込んだつもりだったのに
ここまではっきりと色別に分かれて。
無意識のうちに大きさ別にでもしていたのかもしれませんね(^^;)
こういう色だと分かっていたら、アイボリーを真ん中か両端にした
でしょうけれどね。でも、なにはともあれ綺麗だったので結果オーライです。
チューリップやヒヤシンスは、球根を買ってきて埋めれば、あとは
水切れに注意するだけで立派な花を咲かせてくれるので安心して
待っていられます(^^) (球根の越年は私には無理ですが)

投稿: ポージィ | 2007/04/21 16:26

一瞬、バラの花かと思っちゃいました。すごくゴージャスなチューリップですね。原種系のかわいらしいもの~こんなゴージャスなものまで、チューリップも中々奥が深い。

投稿: ロココ | 2007/04/21 17:47

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

八重咲きの豪華な花って、バラに見えることがままありますね(^^)
このアイボリーのチューリップには私もびっくりしました。
赤白と赤黄も八重なのに、アイボリーがゴージャスなせいで、
何だかごくフツーに見えてしまいました(^^;)
ロココさんのところで咲いたような原種系の小さな可愛らしいのも
いいですよね。私も1回白の原種系を小さな鉢に密集させて
植えてみたことがありますがいい感じでした~
そういう可愛いのから大輪ゴージャスなのまで、ほんとチューリップも
いろいろで奥が深いですね。

投稿: ポージィ | 2007/04/21 20:06

チューリップ、色も形もとても多くなりました。
アイボリー色のボタンみたい。変り種の部類でしょう。とても花だけ見たらチューリップには見えません。

同じ色を纏めて幾つか植えるのもいいけど、ミックスもいいですね。
うちは昨年はサボってしまって、一昨年に植えたのが申し訳なさそうに3本くらい咲いています。

投稿: 夢閑人 | 2007/04/21 21:41

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

チューリップは(というか「も」ですが ^^)多彩になりましたよねー。
歌の赤白黄色♪だけじゃとてもじゃないけれど収まりません。

アイボリーは牡丹のようにお見えになりましたか。ふわっと広がって
そんな風にも見えますね。
今回はどんなのが咲くかお楽しみ、ということでmixのものを買ってみました。
全部アイボリー系のもののmixのつもりだったのですが、咲いてみたら
かなり違う花色で… でもま、それもまた楽しかったです(^^)
だんだん球根が痩せていくので、なかなか次の年も同じように大きく
咲かせるのは難しそうですね。

投稿: ポージィ | 2007/04/21 23:20

花色といい、形といい、丈もそれぞれで、チューリップの世界は毎年変化?進化?していますよね。
今年も驚かされたチューリップに出会いました。

ポージィ家にやってきた八重のアイボリーには、出会ったことないですね。
派手だけど、どことなく清楚さも感じられるのは、花色のせいでしょうか。

マイチューリップコレクション、アップすることが出来るのか、悩んでいます。
どんどん他の花たちに追い越されていきます(泣)。

投稿: goro's | 2007/04/22 01:41

お早うございます。
ばら撒いたのにまとまって咲いていますね。
やはり時期が来るとおりこうさんに咲いてくれて嬉しいですよね。
もともと元気なDNAでしょうがそれなりに気を使ったりしたでしょうから~方々の公園はチューリップ畑で凄いですね。
ブログで見られるようになり更に地方地方で頑張っている様子が分かってきました。
お庭に咲いてくれると可愛らしく愛しくなりますね。
昔子供の頃の絵のお花はチューリップでしたから~

投稿: | 2007/04/22 08:36

素敵に綺麗なお花がいっぱい
どう見てもバラのお花と思っていました。
今はチューリップもいろいろな品種があり
これがチューリップと思うような驚きがあります。

投稿: あやや | 2007/04/22 09:43

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

年毎に変化(進化?)を遂げるチューリップの世界、ほんと驚きですね。
でも、私がこの春行った公園にはチューリップが植えられていなかった
こともあって、この↑写真が唯一です(^^)
悟郎さんの周辺では、きっと「リビング」だけでも多種多彩のチューリップが
咲き乱れているんでしょうね~
コレクションの数、どれだけに上っていることやら…
小さな写真をポンポンポン…と並べてご披露してくださっても楽しいかな♪

そのコレクションの中にもアイボリーの八重はありませんでした?
そうですか。となるとこのアイボリーこそが、表示されていた
「アンティークブーケ」そのものでちょっと珍しいものだったのかも
しれませんね。
もちろん(?)、咲いた3色の中の一番のお気に入りです。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

そうなんです~適当にばら撒いたつもりだったのに、無意識のうちに
球根の大きさ別に纏めるなどしていたのかもしれませんね(^^;)
買ってきたチューリップの球根は、水切れさえ注意すればまず間違いなく
咲いてくれるのが嬉しいです。玲さんの仰るとおり、おりこうさんです(^^)

そうそう。ブログで拝見する各地の大きな公園は、チューリップ畑が
すごいですね!私は近くに広い公園がないこともあって、一面のチューリップ畑
というのは写真意外では見たことがありません。
玲さんのお近くのひたち海浜公園も素晴らしいのではないでしょうか?
わが家ではこのプランター1つ分のみです(^^)でも小さな玄関を
飾ってもらうにはこれで十分ですね。ちょっと色変わりですが赤白黄色♪の
歌のようになりました。
幼いときに最初に描いたお花の絵といったら、やっぱりチューリップ。
そして花の歌もチューリップ。愛しの原点ですね!


◆あややさん、ありがとうございます ♪

アイボリーの八重は「アンティークブーケ」の名前に相応しく
豪華でなかなか素適な姿を見せてくれました(^^)
あややさんの目にもバラのようにお見えになりましたか。
この頃ではチューリップも、原種風の小さなものから大輪の豪華なもの、
花びらの形が変わったものなど、ほんと多種多彩ですね。

写真ではいっぱいのように見えますが、プランター1つで
15輪くらいなんですよ。わが家の今年のチューリップの全部です。
でもわが家にはこれで十分♪
寒かったせいか長い間咲き続けてくれて嬉しかったです。

投稿: ポージィ | 2007/04/22 14:48

♪咲いた~咲いた~ツーリップの花が~

とても チューリップには見えませ~ん(^^)

♪な~らんだ~ な~らんだ~
♪赤~白~黄色~

見事 この3色が揃いましたねぇ(^^)v
チューリップって可愛いけど花期は短いですよね?
だから毎年 よそ様のを見て満足させてもらってます♪

投稿: miki | 2007/04/22 15:51

事故レスです!

ツーリップって・・・(ノ;_ _)ノ

投稿: miki | 2007/04/22 15:53

今日はスムーズにいきました。
ご心配かけてすみませんでした。

春はやっぱりチューリップがないと寂しいかも。
本当に同じ種類のが並んでいますね。
不思議、不思議。ばらばらよりよかったですね。
チューリップらしくないのが増えましたね。
クリーム色のがとても豪華です。
クリーム以外のは似たのが我が家にもあります。親近感が湧きました。

投稿: tona | 2007/04/22 16:55

私が知っているチューリップとは大分趣が違うようです。チューリップはわずかながら我が家の庭にもありますが、およそ違うイメージです。ポージィさんが今回見せてくださったチューリップというのは、本当に豪華絢爛と云った感じがします。アイボリーのチューリップ、実物は素敵な色でしょうね。

投稿: 茂彦 | 2007/04/22 18:44

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

でた~、mikiさんの「事故レス」。うまいネーミングですよね!
ツーリップの花が~♪って歌うひと、絶対にいそうです(^^)

咲いてみたら、歌のように赤・白・黄色の世界になっていましたョ~(^^;)
アンティークブーケのイメージが…
そうそう、チューリップの難点?は花期が短いこと。
でも、咲くまでの過程もまた楽し、ということでたまに買ってみます。
今年のこちらの4月は寒い日が多かったので、例年よりはずっと
花期が長く、たっぷり2週間は楽しませてもらってます。
寒い春というのも、いいこともあるんですね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

チューリップは春の草花の代表格といっていいでしょうね。
これだけ花の世界が多種多彩になっても、公園などではやっぱり
チューリップが咲きそろってとても綺麗。ほかの花たちに押されて
見られなくなってしまったら…うぅそんなの寂しくて嫌です…

ほんと、どうして色別に分かれてしまったんだか(^^;)
どうせグルーピングすることになるんだったら、アイボリーを真ん中にして、
両脇に色物が並ぶようになればよかったかな、などと思います。
2色のものはtonaさんのお宅にも似たのが咲いているのですね(^^)


◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

茂彦さんのお宅にもチューリップが咲いているのですね(^^)
どんなのが咲いているのでしょう。
うちのは「アンティークブーケ」と書いてあった、その名前に惹かれて
買ってみましたら、こんなふうな3色が咲きました。
アイボリーだけがアンティークブーケに該当していたみたいですヨ。
これはまさしく象牙色。艶もあってとっても素適でした。
チューリップは最近はいろんな大きさ・咲き方・色のものが登場して
多種多彩ですね。

投稿: ポージィ | 2007/04/23 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14700311

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のチューリップ:

» モチノキ【黐の木】の花 [自然と緑と環境と、たま~に本のウェブログ ]
よく庭木などで見られるモチノキの花。 雌雄異株で、4月頃に4枚の花弁を持つ花を咲 [続きを読む]

受信: 2007/04/24 21:00

« 産毛に包まれて | トップページ | 紫花菜、再び »