« ラナンキュラスで遊ぶ | トップページ | やっぱり可憐 »

2007/04/13

今年も会えた ムラサキケマン

去年初めて出会った(私の目にも見えるようになった?)「ムラサキケマン」が、
今年もあちこちでその姿を見せてくれました。わが家に隣接した空き地でも、
葛が芽吹く前の今の時期、ムラサキケマンとヤエムグラが精一杯に生を謳歌
しています。
(去年アップのムラサキケマンの記事はこちらです。よかったらご覧ください。)
 
070405murasakikeman1 070405murasakikeman2
 
この↑2枚は散歩コースの道端でさいていたものです。去年とデジカメが代わって
ムラサキ系の色が目で見た色とほぼ同じように撮れるようになりました。
メーカーの技術の進歩ですね~。やれ嬉しや~~(^^)
 
 
070406murasakikeman_niwa
 なんとなんと!
 うちの庭にもいらしてました。
 あらら、いつの間に
 
 種がアリによって運ばれることで
 生息範囲を広げる特性を持っている
 そうですから、もしかすると
 フェンスの基礎を乗り越えてきた
 アリさんが持ってきた種が
 芽吹いたのかもしれません。
 
庭に置いてあるベンチの下の日陰で、もやしっ子に育って少しばかり花を付けて
いました。 うちの野草園化しつつある庭にまたひとつお仲間が増えたようです(^^;)
 

「ムラサキケマン」:ケシ科・キケマン属
            仏殿の欄間などにかける装飾(仏具)=「華鬘(けまん)」に似た
            紫色の花、といった意味合いの名前のようですが、
            私にはいまだもって華鬘のなんたるかがよく分かってません。
            アリによって生息範囲が広がるのは、種についている
            エライオソームという物質のせいです。
            詳しいことは去年の記事をご覧くださいませ。
  

|

« ラナンキュラスで遊ぶ | トップページ | やっぱり可憐 »

コメント

私も去年よりたくさん目に入ります。まだ咲く前に、茎先につく蕾の姿も可愛いと思いましたよ。
お庭のアリも散歩コースまで行っていたのですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2007/04/13 12:22

確かに去年のと比べると今年の方が自然に見えますね。
去年のはなんだかくすんでいるような・・・と言ってもこのように
直接比較しないとなかなか分からないんだよね(^^;)
特にこの紫色はモニタで見ると青っぽく見えるから写しているときはなかなか分からない。

投稿: 平家蟹 | 2007/04/13 12:22

おお、いきいきと映っていますね〜♪
なんと、お庭いも登場しましたか!

>私の目にも見えるようになった?

このお言葉、痛く同感です♪

投稿: noodles3 | 2007/04/13 13:21

おお、ムラサキケマン。
赤紫の綺麗な色が出てますよ。去年のは細長く伸びた花の中心辺りが白っぽくて、これはこれで綺麗な花色なんですが、今年のとは違うように見えますね。
あら~ポージィ野草園(他人が言うな!冗談ですよん。私は調子乗り)にも進出してきましたか。
アリさんが運んでくると去年の記事にもあったけど、アリは障害物があっても深く潜り込んでやってくるようだ。
おめでとう!(何が?)
そうそう、吉野でね、見た花、最初ムラサキケマンだと思ったんだけど、葉っぱが違うと。そこでWeb検索してヤマエンゴサクと決定したんだけど、またまた覆ってジロボウエンゴサクかもしれないと。
ポージィ先生のご教示を待ってます。help me!

投稿: あまもり | 2007/04/13 13:45

ムラサキケマン、実はロココの庭、北側にもあります。最初、何かに混ざって1株でけだったんですが、今、数えてきたら6株ほどになっていました。まだ芽が少し伸びてきた程度で、蕾らしき物がのぞいています、咲くのは何時の事やら。

投稿: ロココ | 2007/04/13 14:11

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

去年、なんだなんだこれは、こんなにたくさんあるなんて!と
半ば狐につままれたような気分でしたが、今年はさらにたくさん目に入ります(^^)
先っぽに蕾だけ付けた姿ですか?あぁ~それは見えていなかったようです。
まだ間に合うかなぁ。それとも来年へ持ち越しの課題かしら。

わが家に種を運んできたアリさんが、いったいどこのものを持ってきたのか
聞けるものなら聞いてみたいものです。


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

去年の写真と比べてみると色の違いがはっきりですよね。
同じように日陰で撮ったのですが、今年のほうが断然色が綺麗(^^)
レンズの口径が大きくなったのと技術進歩による改善のおかげ
だろうなーと思っています。
去年はパソコンに取り込んでから、なんとか見た色に近づけられないかと
いじってみましたがダメであきらめました。
カメラのモニターでもちょっと違って見えることが確かにありますね。
カメラの特性をつかむまでがっかりすることもよくあります(^^;)


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

ちゃんと赤紫が出てくれて嬉しかったです(^^)
そうなんです、庭にも生えてきてびっくり。見慣れないものが生えてきたら
すぐに抜かずに様子を見るのですが(=怠慢の言い訳です)、
花が咲くまで思い至りませんでした。
見ているのに見えていない(かった)植物、たくさんありますよね。
私はいまだにあります(^^;)


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

そぉなんです。去年は撮る時も撮ってからも、どういじろうと出なかった
赤紫の色が出てくれて、嬉しかったです(^^)

あら、いいんです。本当のことですから。「ポージィ野草園」と
呼んでやってくださ~い。昨日改めて見てみたら、勝手にいつの間にか
生えるようになった野草たちが、みな思いのほか背丈を伸ばしていて
あ~こりゃこりゃな状態になっていました。網目シートで繫がった石を
敷いているところなんて、その隙間からびっしり生えちゃって、引っ張っても
葉がちぎれるだけで抜けやしません(^^;)
あ、うちにムラサキケマンをもたらしたアリさんは地下道をたどって
やってきたのですか。なるほど!アリに不可能の文字はない、ってくらい
どんなところでも歩いていきますものね。

吉野で見つけられた○○エンゴサク、先ほどあまもりさんのところで
コメント書かせていただいてきたのですけれど、どのエンゴサクも
直に見たことすらない私にとって、やけによく似たこの方達の区別など無理ムリ~
全然分かりませんでした。でも、あまもりさんがご自分で答えを
出されたようなのでホッと胸をなでおろしましたヨ。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

ロココさんのお庭にもあるんですね。やっぱりアリさんによって
運ばれてきたのが最初だったのかもしれませんね。
その後は最初の1株の種が弾けて殖えたのかも。
芽が伸びてきたばかりで、もう蕾がのぞいているのですか?
春を告げる春植物のひとつで、夏が来る前に次世代の準備を
全て終えて地下生活に入るそうです。色々な花がいちどきに咲き競う
妙高の地では、ムラサキケマンも急いで急いで種を残そうとしそう。
もうそれほど待たされないうちに咲くような気がします(^^)

投稿: ポージィ | 2007/04/13 17:24

毎日々々見事な花がアップされるので、なかなかついて行けません。皆さんから一寸遅れながら、やっとこさ拝見しているような、情けない有様です。花のことはさっぱり分からないので、ほんとはコメント書くのも気がひけます。いろいろ拝見していれば、少しは分かるようになるかもしれません。まあ、そう思って今日もお邪魔しています。

投稿: 茂彦 | 2007/04/13 20:23

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

茂彦さん、もっとお気を楽~にいらしてください。
花の名前なんかご存じなくても、すぐにお忘れになっても、
見ていただいて、「これは見たことあるぞ」「これは知らないな」
「こういう花は好きだな」「こういうのは好みじゃないぞ」
なんて思いながら見ていただければそれでいいのです~~(^^)
それでもって、お散歩やお仕事で出かけられるときにちょっと辺りを
見回されて「この前見たものだ」なんてことがあったらバンザイ!
私も他の方のブログへお邪魔して「初めて見ました」ばかり繰り返し
書いてます。茂彦さんも気が引けるなどと仰らず、どうぞ思った
とおりのことを書いてくださいね。
それが私の大きな喜びとなります(*^^*)

投稿: ポージィ | 2007/04/13 21:24

ムラサキケマンという名前を見た瞬間,しょーもない事を
思いついたんですが,やっぱり書くのを止めておきます.
ちなみに,ヤッターマンとガッチャマンが実写化されるそうです.

投稿: LiLA管理人 | 2007/04/14 00:47

きれいな花色に撮れてますね。
仰る通り、昨年の画像とはあきらかに違いますね。
今年のものほうが、実際の色ですものね。

あらら、ポージィ家の庭にもやってきましたか。
でもこのお方なら、少しだけならよろしいのではありませんか。
大勢さんになると困るでしょうが(笑)。

投稿: goro's | 2007/04/14 04:08

こんにちは
可愛い素敵な色をしたお花
ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ムラサキケマン
みな同じようなお花でよくわかりません。
かろうじて葉の形でみきわめていますが、
今はこのムラサキケマンがいたるところに咲いています。
今年はいろいろ繁殖率が高くて、可愛そうですが、
抜くのもいたしかたないかな・・と
やっぱり可愛そうですね。
きょ庭の隅にまたまた珍客を見つけました。

投稿: あやや | 2007/04/14 11:02

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

え~~、どんなこと思いつかれたんでしょ?
お笑いのセンスが足りない私の脳は混乱するばかりで答えが分かりません。
あのぉ…紫頭巾となんか関係あります?
ヤッターマンとガッチャマンが実写化、これを読んでもまだ分からない~(;_;)
知りたいなぁ。教えていただけません?


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

カメラによる色の出方の違い、確認することができました。
去年のはみょうに色がくすんで見えますものね。
今年はまともな赤紫が出てくれました(^^)

そうなんです。うちにもやってきてました。
なにしろ春先のわずかな間だけですものね、歓迎よ♪ってきぶんです。
他の野草たち同様、あんまり多くなりすぎたら、
そのときは数量調整させていただくと思いますけれど。


◆あややさん、ありがとうございます ♪

ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ムラサキケマン。
みんな同じような色の同じような形の花ですね。
私自身も、一昨年まではムラサキケマンのことが
ホトケノザに見えていたのではないかと思っています(^^;)
あややさんのお庭にはムラサキケマンも咲いているのですね!
ムラサキハナナもたくさん咲いて、ムラサキケマンもたくさん。
とっても春らしい光景が目に浮かびます。
可愛くて素適でも、あまりにたくさんになってはお庭が台無し。
やっぱりある程度抜いたりして数を調整させてもらうのは
いたしかたのないことですよね。
私も可哀相と思いつつ、抜いています。

おや、珍客ですか?いったいなんでしょうか(^^)

投稿: ポージィ | 2007/04/14 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/14641887

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も会えた ムラサキケマン:

« ラナンキュラスで遊ぶ | トップページ | やっぱり可憐 »